海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
【告知】ブログ名が変わります。
近く引っ越しをします。今度は海辺から川辺です。引っ越し後の更新からブログ名を変えることとしました。
と言っても、「海辺で気まま日記」で検索されやすいよう以下の通りとします。

「海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記」


スポンサーサイト
【2016/05/09 00:24】 未分類 |
本日で満50歳、昔だったら寿命ですね
早いもので本日で半世紀生きたこととなりました。子どもの頃、ノストラダムスの大予言1999年7の月には34歳、そんなのまだまだ先だと思っていたのが、それを優に超えてしまったわけです。

誕生日というわけではなく本日は休みを取り、宅地建物取引士法定講習を丸一日かけて受けてきました。今の仕事とは関係はないものの法改正などに興味があるのと、昨年3月に有効期間が過ぎそのまま放置はもったいないと更新することとしたからです。

講習が終わった後は疲れたのと、ひじの痛みがあるため接骨院に直行。今は猫3匹と過ごしているところです。

ブログは以前ほど更新はしなくなりましたが、今年は公私ともに大きな変化がありそうなので、話せるときがきたらご紹介したいと思います。



【2015/05/13 22:25】 未分類 |
大阪のユーザーの人へ
ホスト: 101-50-231-185.osaka.otk.vectant.ne.jp
ニックネーム/IPアドレス: 101.50.231.185
プロバイダ:VECTANT

上記のユーザーがYahoo検索で「海辺で気まま日記の2チャンネル」にてアクセスしています。



【2014/05/10 17:16】 未分類 |
2ch ID:1KJVFV2m0に答えておく
ID:1KJVFV2m0の疑問について。

全生活の中で全身THOM BROWNE.で過ごすわけがない。毎日適当な格好で過ごしている。また、全身トムでないと「黄金比」が崩れるという一部の偏った輩に対して「何でもトム・ブラウンだという考え毛頭なし」とした。それより不思議なのは2chのような掲示板でゴチャゴチャで書いている輩の方がよほどどうかしているということは、わざわざ言うまでもないまでもないが言わないとわからない輩のようなのであえて言っておく。



【2014/05/09 00:14】 未分類 |
2chのID: rU0I6Z3t0, 1KJVFV2m0
メモメモ。ブログ名は省いてきましたね。それにしてもよほど当ブログが気になってかチェックしているのでしょう。無関心であれば熱心に読まないのでしょうから。私なら読みませんが。いちばんは無視ですよ。アクセスログは大体わかっています。

追記

一応当ブログ、Google等で伝播するの早いです。初回アップして数分で上記2つのIDは引っかかっています。言わないとわからないから言いますが、あなた方が毎日かどうか知りませんがしょっちゅう当ブログをアクセスすることでアクセス数は増え、Googleロボットやfacebookロボットの巡回も増え、検索サイトで当ブログは上位に来てしまうんですよ。そうならないためには、当ブログのチェックを今すぐにでもやめ、アクセス数を減らせば今より見過ごされるブログになるのですからよくよくお考えの上。要はあなた方が図らずも当ブログを盛り上げているという愚かなことに気づいた方がよいですよということ。












【2014/05/08 23:24】 未分類 |
捻挫cheapness からリンクしてきた人へ
捻挫cheapness からリンクしてきた人のIPアドレスは残らず記録します。もちろん張本人のアドレスも判明済みです。


【2013/10/09 00:21】 未分類 |
捻挫cheapness へ
うるさいぞ、お前!がたがたリンクするなっ!!


【2013/10/08 20:07】 未分類 |
PCとうとう壊れました。
8年使ったDELLのパソコンがとうとう壊れました。スマホもないので当分新しいのを入手するまでお休みします。



【2013/08/15 22:17】 未分類 |
『海辺で気まま日記』の人は私のことですか?
こちらからクレームです(笑)。たしかに似合わなかいかもしれない。でも29インチをはく人がデブとは言えませんよね。


【2013/07/30 22:58】 未分類 |
出版社も昼間は暇ですか
私は昼間働いていて人のブログなど見る暇はありません。少年ジャンプの出版社が暇とは思えないが周りの目は気にならないのか。人のブログではなく自分のブログで言いたいことは言えばいいのです。該当者のコメントすべてを削除します。


【2013/01/17 20:13】 未分類 |
新○鉄ソリューションズ株式会社の社員の方へ
この二日間、日中に当ブログへ40アクセスとは多過ぎではありませんか。お仕事ちゃんとやっているのか心配です。


【2013/01/16 22:32】 未分類 |
Twitterリンクテスト
ずっと停止していたTwitterをブログ更新のリンクのためだけに再開します。スコティッシュ・フォールドの長女「みみ」のニックネーム「みーこ」で登録しました。ですのでツイートできません。


【2012/11/29 01:14】 未分類 |
『GANGNAM STYLE』全米大ヒットを考える
韓国のアーティスト、PSYの『GANGNAM STYLE』がビルボードHOT100で2位に位置していて1位に到達する勢いです。きゃりーぱみゅぱみゅのYouTubeアクセス数を遥かに超える4億以上のアクセス数には驚きです。私個人はこの曲のPVが面白くて結構観ています。登場人物がすべて韓国人であることと、ハングル語の歌詞であるにもかかわらず違和感なく観られるのが自分でも不思議です。しかしこの楽曲については、日本のイエローハットのCM音楽と酷似していることが指摘されています。聴き比べてみましょう。





オケやブレイク挿入、馬乗り振り付けは明らかにイエローハットの引用でしょう。イエローハット自体がKOYOTEというグループのパクリだと唱える人がいますが、馬乗りダンス自体は昔からよくあるもの。むしろ、イエローハットのCMが流れた後の絶妙なタイミングで『GANGNAM STYLE』がリリースされたあたり、確信犯であろうかと思います。

服の話をすると、最近は韓国でも人気のTHOM BROWNE.ですが、シャツの前立て裏のトリコロールのグログランテープは実はTHOM BROWNE.がするずっと以前からあるものであり、目新しいものでも何でもありません。ただ、先般のロンドンオリンピックで日本選手団が着たトリコロールのグログランテープ付きのシャツは、昔からあるそのスタイルの踏襲というよりは、明らかにTHOM BROWNE.あるいはセレクトショップなどのもどきシャツの流行を受けて導入したものだと言わざるを得ません。

それと同じように『GANGNAM STYLE』のリズムや曲構成、振り付けなどはずっと前からあるスタイルの寄せ集めに過ぎませんが、これらの要素をPSY自らが組み込んだというよりは、不完全ながらもこれらの要素を上手に取り入れたイエローハットのCMからヒントを得て手っ取り早く作ったというのが本当のところではないでしょうか。それにしても、一体どうやってPSYがこのCMを知ったのか不思議でなりませんが。

私がここで言いたいのは、日本人だから、韓国人だからパクリをやっていると罵ているわけではなく、ヒット曲の多くは日本だけでなく、アメリカにおいても実は多くあるということです。有名なのは、1984年に全米1位となったレイ・パーカー・ジュニアの『ゴーストバスターズ』は、「半年前にリリースされたヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのヒット曲『アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ』(1983年発表のアルバム『スポーツ』に収録に酷似していたことから裁判沙汰となり、結果敗訴(Wikipedia)」した経緯があります。ヒューイ・ルイスだけでなく、Mの『ポップ・ミュージック』にも似ていることからロビン・スコットからも訴えられていました。しかしそれだとヒューイ・ルイスもMをパクッたことにならないのか。







ここで気になるのが、そのイエローハットのCMを作曲したEager Lush(イーガー ラッシュ)/ Take Igarashiの動向です。実はEager LushとPSYの共通点があって、二人ともバークレー音楽院で学んでいることです。Eager Lushは二十歳の頃に入学、PSYは彼よりも3歳上ですが、バークリーよりも前にボストン大学で国際事業を学んでいますので、ひょっとしたら在籍期間がかぶっていて顔見知りなのかもしれません。ちなみにバークリー音楽院といえば、90年代頃より入学するのはアジア系ばかりだと聞いたことがあります。あまりにアジア系が多くて知り合いではないかもしれませんが。Eager Lushの作品でオノマトペのヴォイスが印象的なBVDのCMを聴いてみましょう。



そうれはそうと、ヒューイ・ルイスがレイ・パーカー・ジュニアに訴えたように、Eager LushがPSYを訴えるのであればタイミング的には今ですが、静観を決め込んでいる模様です。相手がパクリでヒットしようが資金力はあるのであろうし、かたや米国在住とはいえ日本国内でCM音楽で生計を立てている程度では太刀打ちできない、イエローハットのCMの知名度が全米にないなどの理由があるのでしょうか。

いずれにしても今回のPSYの『GANGNAM STYLE』、今は楽しく観させてもらっていますが、いずれはカマオの『LAMBADA』(1989年、ロス・カルカス (Los Kjarkas)のオリジナル曲「Llorando se fue(ジョランド・セ・フエ:泣きながら去った、日本語題:『泣きながら』)」を無断で盗用)、ロス・デル・リオの『恋のマカレナ』(1993年)、スキャットマン・ジョンの『スキャットマン』(1994年)のような運命をたどることでしょう。日本でヒットするかというと、日本人にはこの楽曲を洋楽として捉えることができないのと、PVにしてはあまりにも下品なので女性受けも悪く、ヒットすることは困難だと思われます。










【2012/10/10 22:51】 未分類 |
アラシに注意
当ブログでアラシが出てきたので以下のホスト、IPアドレスにご注意ください。

ホスト p005207.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp
IPアドレス 221.113.5.207
プロバイダ ASAHIネット
地域 日本
都道府県 不明
OS MacOSX
ブラウザ Safari 5.0
ディスプレイ 1920×1200/ビット数(色の深さ):24 bit

この人のホストおよびIPアドレスが変動してコメントしても内容を読まずしてすべてアクセス拒否とコメント削除をします。書くだけ無駄なので、念のため。

ちなみにこの人の本日のアクセス履歴は以下の通り。ストーカーですよ。仕事やってろ!

12/07 (水) 06:46:06 不明 未登録ページ
12/07 (水) 06:46:46 00:00:40 未登録ページ
12/07 (水) 06:54:34 00:07:48 未登録ページ
12/07 (水) 06:55:06 00:00:32 未登録ページ
12/07 (水) 08:33:51 01:38:45 未登録ページ
12/07 (水) 08:34:01 00:00:10 未登録ページ
12/07 (水) 08:54:19 00:20:18 未登録ページ
12/07 (水) 10:44:19 01:50:00 未登録ページ
12/07 (水) 10:44:21 00:00:02 未登録ページ
12/07 (水) 10:48:02 00:03:41 未登録ページ
12/07 (水) 16:05:41 05:17:39 未登録ページ
12/07 (水) 17:59:27 01:53:46 未登録ページ
12/07 (水) 21:20:17 03:20:50 未登録ページ
12/07 (水) 21:20:28 00:00:11 未登録ページ
12/07 (水) 21:32:23 00:11:55 未登録ページ
12/07 (水) 21:32:38 00:00:15 未登録ページ
12/07 (水) 21:49:11 00:16:33 未登録ページ
12/07 (水) 21:49:41 00:00:30 未登録ページ

また今後、自分はブログなど書かずに楽をして、他人のブログを掲示板にする人のコメントは一切受け付けません。また、連絡先を知らせない人のコメントも一切認めません。コメント欄も削除する方向で考えています。



【2011/12/07 22:14】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
おい!表に出てこい!So-netユーザー!
毎回毎回嫌がらせワード検索に来るSo-netユーザーへ、発言の機会をやるから表に出てこい!
ダサくて悪いな。ではお前がどれだけダサくないかここで証明しろッ!

以下アクセス解析メモ

ホスト p854fdd.tokynt01.ap.so-net.ne.jp
IPアドレス 223.133.79.221
プロバイダ So-net
地域 日本
都道府県 東京都
OS MacOSX
ブラウザ Chrome 13.0
ディスプレイ 1280×800/ビット数(色の深さ):24 bit

本日アクセス履歴
09/17 (土) 11:00:25
09/17 (土) 11:00:28
09/17 (土) 11:01:09
09/17 (土) 11:02:43


【2011/09/17 14:12】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
カルピスソーダよりも絶対スコール
             Skal.jpg

最近卓球の練習をし終わった後に「乳性炭酸飲料」を飲むのが常となっています。今日は午前と午後の2回も練習したので2本飲んじゃいました。私にとって「乳性炭酸飲料」といえばスコールに他ありません。九州の方は当然ご存知でしょうが、スコールは南日本酪農協同がカルピスソーダよりも1年早い1971年に始めたものです。子どもの頃に風呂屋によく行っていて、風呂上がりにはそこの冷蔵庫からスコールを取り出してぐびぐび飲んだものです。東京でも最近よく自動販売機で売られているのを見かける人も多いことでしょう。カルピスソーダと飲み比べたもですが、スコールの甘酸っぱさはマネできません。乳性飲料はカルピスが元祖なのでしょうが、炭酸入りとなると南日本酪農協同の方が勝ちだなと個人的には思います。単に慣れ親しんでいるだけなのかもしれませんが。

ところでWikipediaで調べていたら、タケカワユキヒデがスコールのCMで楽曲提供していたみたいです。かなり前のもので、本人は歌っていません。こんなローカル仕事も請け負っているのですね。

     





【2011/09/11 21:27】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
まる6年にして1000記事目
2005年7月15日から始まった当ブログも今回で1000記事目を数えます。もちろんその中には警告記事も含んでいますが。だとしても自分としてはまだ1000記事なんだといった感じです。当初は今のtwitter並みにブログを始めた人が多く、私もまたその一人でした。お互いがコメントやトラックバックをしあい、当ブログもコメント数が50近くに及んだこともあります。しかし1年経つか経たないぐらいで閉鎖したり音信不通になったりする人が増え、今もなお継続している人は私の知る限り半分も満たない気がします。

「海辺で気まま日記」というタイトルは、気が向いたままに何でも書けるようそのままにしています。ドラム、猫、筒美京平、THOM BROWNE、高橋幸宏、フランス関連などなど、あまり脈絡もなく好き勝手に書いてきました。FC2のブログのジャンルとしては「日記」にしてあります。アクセス数は日によってまちまちで400~800ぐらいで推移しています。「音楽」とか「ファッション」とかのジャンルにしているとアクセスランキングの上位にくるのでしょうが、あまり興味がないのとノンジャンルなので「日記」のままにしています。200位~500位を行ったり来たりでしょうか。ちなみに「日記」の参加者は1,391,048人に対し、「音楽」は32,009人、「ファッション」は22,940人です(2011年6月16日現在)。

最近は以前ほどコメント数がないので、人のためにというよりも自分の覚書としての役割をブログに持たせています。FC2は始めた当初は使いやすかったのが、最近は他のブログからの移行組の方が増え、それに伴いサーバーが増えたとはいえ、作業をしていて重さを感じています。それと、このブログサービス会社がいつ何時やめると言い出すか分からないのが少し不安です。データのバックアップを定期的に行う必要があります。

「海辺で」とあるのでビーチかどこかで書いているような雰囲気ですが、実はコンクリートジャングルのオフィス街です。「準工業地域」と指定されているところです。海は近いといえば近いですが窓からは見えません。

2000まで持つか分かりませんがもう少し続けてみようかと思います。一時期1年ぐらい休んでいたことがありました。いったん書かなくなると面倒になって書かなくなるんですよね。いずれにしてもお気が向いたら寄っていただければ幸いですということで、引き続き1001回目の投稿にかかります。




【2011/06/16 20:23】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
いずれはすべてなくなる
   728px-Solar_Life_Cycle_svg.png

太陽は50億だか75億年後だかには寿命を迎えます。当然地球はそれよりはるか以前に死滅することでしょう。そして地球が滅びたときには、歴史、モノ、家系図、文化財、悩み、憎しみ、愛情、思い出、子孫などいっさいがっさいが無の状態になります。これは地球が温暖化しようがしまいが必ずくることらしいです。人類のせいでも何でもなく、太陽という一恒星の一生と関る限り避けられないことです。

一方、「未来に」とか「子どもたちに」のような言葉を使って語る人たちがいます。しかしそれはせいぜい数世代先のことしか考えていません。自分の目の届く範囲、要は自分中心です。人のエゴです。地球が滅びる直前の人類がどれだけの恐怖に見舞われるかは興味の対象にはありません。そんな先でも、都合よくノアの箱舟のように脱出することはできないことでしょう。なぜなら、1969年に人類が「行ったこと」になっている月に、40年以上経っても気楽に行けるような環境は整っていないのですから。行き場がないのです。

一寸先は闇です。今日、明日何がおこるかわかりません。しかしいつか宇宙に大きな変化があることだけは確かです。今できることは、今を生きること以外ないのです。


【2011/04/12 21:36】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
つっぱりCDラック無用の長物
11日(金)の地震は、地震に慣れている関東人にとってもはじめて経験したほどの大きなものでした。私はその時たまたま埼玉にいました。そこから歩いて帰宅するつもりでいたら車で池袋まで運んでくれることとなってラッキーでした。渋滞でなかなか前に進みませんでしたが、途中で興味深い光景に出くわしました。空手教室で子ども達が稽古をしていたのです。あんな大地震の直後に稽古するんだ、と。それと食器などに被害がなかったのか、飲食店がいたるところで営業されていたのは驚きました。私も埼玉を出たのが17:00前後、池袋に着いたのが23:00前後であまりに空腹だったので営業していたラーメン屋に迷わず入りました。

そうして池袋から品川方面へバスを使って帰ろうとしました。池袋駅~渋谷駅を都営バス、渋谷駅~大井町駅を東急バスではしごしようと考えたのです。しかし池袋駅のバス停は人でごった返していました。しかたがないので明治通りを歩いて新宿方面に進んでいくことにしました。歩道は左右とも大勢の人が行きかい、まるでお祭りでもあったかのようににぎやかでした。不謹慎かもしれませんが活気があるようにさえ感じました。おかげで歩くのに気が紛れてよかったです。歩いているうちに前に走っていたバスに追いつき、新宿の伊勢丹とタカシマヤの間ぐらいのところで大勢の中に乗り込みました。都営バスの車内は絶えず地震情報を流し、また運転手も臨機応変に乗客を拾っていきました。原宿と渋谷のあたりで渋滞が長く続き、バス停までの途中ですが私を含め乗客が下車して、歩いて渋谷まで向かいました。

渋谷に着いたのはよいものの、大井町駅行きのバスはすでに最終を終え、大崎駅行きぐらいしかありませんでした。先のバスで東急線が復旧したとの情報を得たので、東急東横線に急ぎました。するとその改札口前は今まで見たことがないほどの人の群れで覆われていたのです。これだったら歩いて帰ろうと思い、山手線に沿って南下していきました。すると環6(山手通り)の目黒付近で、渋谷で乗り損ねた大井町駅行きのバスに追いつきました。これも大勢の中に押し入りました。大崎駅付近までは順調に流れましたが、そこから先は第一京浜の渋滞による影響のためか、ほとんど動かなくなりました。時間は26時を回ろうとしていました。運転手もこれが長くなるだろうと途中でドアを開いたので下車し、その後は自宅まで歩いて帰りました。

さあ今度は自宅の中がどうなっているか恐る恐るドアを開けると部屋は次の写真のようになっていました。

      2011_03140704070007.jpg 2011_03140704070008.jpg 2011_03140704070009.jpg
      2011_03140704070010.jpg 2011_03140704070011.jpg 2011_03140704070012.jpg

CDラックは無残にも倒れ、CDはあちこちにちらばっていました。つっぱり付きのものを買ったのにこれでは商品に偽りありです。天井いっぱいまでの高さに対し、底面の接地面積があまりにも狭いためにバランスを崩したのかもしれません。土日はこれを片付けるのに苦労しました。

                            2011_03140704070013.jpg

スーツなども悲惨なことになっているかなと思ったら、なぜか衣裳ラックの方はびくともしていなかったようです。

そして何といっても猫三姉妹の消息が気になるところです。先のCDラックのあるリビングに彼奴らはいたので圧死していなければと思っていたら・・・無事であること確認でき安心しました。

      2011_03140704070018.jpg 2011_03140704070020.jpg 2011_03140704070016.jpg

今ではそんな大地震があったことなど忘れているかのごとく過ごしています。しかしちょっとでも余震があると、すばやく安全な場所に逃げ込むところなど、飼い主としては頼もしい限りです。




【2011/03/14 22:51】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
e-mobile.ne.jpユーザーの方へ
同じIPの持ち主なのに3人の投稿者としてコメントしている方がいます。すべて削除しますのであしからず。



【2011/02/20 13:57】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
mixiユーザーの方へ
当ブログはすでにHPやブログなどでリンクされていますが、それらはリンク先が明確であり勝手にリンクされてもお互いさまの身分なので特に申し上げることはありません。

ただしmixiについてはクローズな世界でリンク先が明確でないため、以前より当ブログでお願いしております通りあらかじめ当方にお断りを入れていただければ幸いです。mixiについて「一方的で卑怯」「ねずみ講」という私見があるため、mixiユーザーからの相互リンクは望まない故でもあります。

ついでながら当ブログは、初回コメント投稿者様のリンク先あるいはメールアドレスなどをいただけない場合はすべて削除する所存ですのでご了承願います。



【2010/11/24 00:05】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
panda-world.ne.jpユーザーの方へ
当ブログは「海辺で気まま日記」です。「海辺の気まま日記」ではありません。あいにく「ツイッター 海辺の気まま日記」でtwitterは検索できません。それにしても勤務時間中にご苦労さまです。


【2010/10/15 22:03】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
要注意ホスト①
zaq771a8610.zaq.ne.jp

上記のホストに対し、あらかじめコメントブロック設定することをお勧めします。


【2010/07/26 23:21】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
当ブログ1日限定でアクセス数急増
昨日はブログをはじめて以来最高のアクセス数でした。トータルアクセスで1266、ユニークアクセス1129、つまり1129人(実はダブリもあり)の人が当ブログを閲覧したのです。FC2ブログランキングジャンル「日記」で167位 (前日:1023位) / 1246237人中、サブジャンル社会人で6位 (前日:104位) / 27130人中でした。

何で突如ここまでアクセス数が上昇したか原因ははっきりしています。こちらのページからのアクセスが多いのです。「アットウィキ」の「海外での日本人気@まとめwiki - フランス 101-150」というページ、そこの上から二つ目の「≪再掲≫日本かぶれの仏ベストセラー作家」、ここからのリンクだけで931アクセスです。以前から「日本かぶれの仏ベストセラー作家」からのリンクは多かったのですが、≪再掲≫がついたとたんにものすごい勢いでアクセスが。では今日はというと激減(苦笑)。ということはこのページには1日につきおおむね1000~2000ほどのアクセス数が安定してあるのかもしれません。一通り常連さんは目を通したのでしょう。このページだけでもこれだから「アットウィキ」全体でははさらなるアクセス数が見込まれます。私自身このサイト利用したことはないのですが、思った以上に利用者が多いことに改めて驚いているところです。


【2010/01/17 08:50】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
伊勢丹ならぬ「クセタン」はご存知?
最近伊勢丹の話題をしていたり、「伊勢丹」をキーワードに当ブログにアクセスしている方が多かったりで、思い出し笑いをしていることがあります。1980年代前半に「おじゃまんが山田くん」というナンセンスギャグのアニメがありました。どの回か忘れましたが、山田家がお歳暮だかお中元だかをセコくもらい物で人に渡そうと企て、先に別の人からもらった品を包んでいた「クセタン」の包装紙はどこにいったと大騒ぎをし、ついにそれを見つけてもらい物に包むというくだりがありました。私はこれを苦笑せざるを得ません。なぜなら、今でこそ話しますが当時うちの親がやっていたからです。でもバレバレですよ。自分ではきれいに包んだつもりでも包装紙は浮いてきますからね。いくら当時貧しかったからってセコイ話でお恥ずかしい反面、今ではお歳暮などする人も稀なのである意味もっとケチなのかもしれませんが。あと当時地方に住んでいたので「クセタン」って何だと思い続けて上京し、新宿のかの地で「これか~」と思ったのでした。そうそう、野球少年で次男の山田みのるの声は雷門ケン坊だったんですよね。他にも「おはよう!こどもショー」のおっとくんや「ダメおやじ」のタコ坊の声もやっていました。芸能界がいやになってサラリーマンをしているそうです。

         


【2010/01/03 01:34】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
記事の設定を変更しました
今日自分で使っていて初めて気づきたのですが、月別の記事表示件数の設定が1件になっていました。これでは、たとえば実際には17件ある「2009年11月」の記事が1件しか表示されないことになります。設定を30件に変更しました。お時間ありましたら過去記事もご覧下さい。


【2009/12/30 18:17】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
Twitterはじめました
Twitterはじめました。ブログなんかと違ってカジュアルな感覚でできるのがいいですね。文字数が限られていて、auのCメールみたいにさくさくやれるのもいいです。最近ブログで写真をアップロードしたりするのが面倒だったのでちょっと気づいたことがあったら、Twitterでつぶやくことでしょう。これは病みつきになります。ブログとは違うものにしたいので「居所」は秘密です(笑)。


【2009/12/03 23:04】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
ぷららネットワークスがドメインの人へ
ぷららネットワークスがドメインの人で当サイトでうろうろしている人がいます。かつて迷惑なコメントをいただいた人ですよね。アクセスはご遠慮願います。


【2008/01/14 18:25】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
『室内』の52年展
                           『室内』の52年展

故山本夏彦が編集兼発行人として地道に歩んできた『室内』の52年展がINAXギャラリー1(東京・銀座)にて6月18日(月)~8月25日(土)(日・祝日休館日)の期間で催されます。昨年大阪と名古屋のショールームにて催された内容と同じもののようです。東京のショールーム改装後第一弾として今回の展示が選ばれた模様。

『室内』という名はいたってシンプルですが、メーテルリンクの戯作タイトル『L'interieur』からいただいたものだそうで、山本のフランス趣味(メーテルリンクはベルギー人だが)が何気に含まれていたわけです。

『室内』は夏彦の逝去後、息子であり元『フォーカス』の編集長山本伊吾が引継ぎましたが、昨年の3月号で休刊、実質廃刊へと至りました。伊吾が編集兼発行人となって床屋政談的な要素が強くなり、かつての読者が離れたのだと思うのですが、「50年やってきて、雑誌の天寿をまっとうしたと思ったが、まだやりようがある。いったん休刊して考えてみたい」と中途半端な態度を取っているようです。因みに『フォーカス』が廃刊になった当時の編集長は山本伊吾であることも考え合わせると、先代の持っていた継続することへの執着が感じられないどころか、物事を終わらすことが多いのを遺憾に思います。というのもインテリアに対する関心は年々高まるばかりで、老舗の『室内』が新しく生まれ変わることのできるチャンスだったのに、本人が専門外であったこと、あるいは編集部内で確執があったかことに起因するのかわかりませんが、とにかく投げてしまったのですから。先代が信頼していた古参の編集長が定年を機に退職したことがこの雑誌の命運を決めてしまったのかもしれません。

かつては才媛の女性編集者で賑わっていた『室内』も今は昔のこととなりました。この方々のその後が気になるのは私だけではないように思います。工作社(『室内』の出版社)は存続しHPも残っているのですが、例えば元編集者塩野哲也さんは独立して事務所を構えるなど人材が流出し、山本伊吾のもとでの再出発はとても望めない状態ではあります。




【2007/06/11 20:00】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
「ナタリー・バイ」検索で何度もアクセスされる方へ
DIONをドメインとする方が1時間のうち何十回もグーグルからアクセスされています。良いように解釈をすれば当ブログのアクセス数を増やしてくださり、ひょっとするとそのおかげでグーグル検索の上位に来るのかもしれませんが、本人はあまり興味がありません。当ブログがRSS情報更新をしていて参考にされるのならわかりますが、一つのキーワードで一つの記事に何度もアクセスされるのは無駄に思います。



【2007/05/15 22:18】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。