海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
日本語になったフランス語19
本日で32年の歴史に幕を閉じた「プランタン銀座」。80年代に全盛のダイエーがフランスの百貨店「オ・プランタン」と業務提携。「プランタン銀座」は4番目の国内店舗でした。読売新聞社の傘下でしたが、「オ・プランタンとの商号および商標の使用契約を2016年12月末で終了」のため、「プランタン銀座本館を「マロニエゲート銀座2」、プランタン銀座アネックスを「マロニエゲート銀座3」に変更する(Wikipedia)とのことです。

プランタンprintempsは、ラテン語ではprimus tempus、フランス語ではle premier temps、すなわちla première saisonであり、第一の季節春を意味します。



スポンサーサイト
【2016/12/31 20:03】 フランス語 |
今年は仏検1級目指します
宣言しちゃいました。といっても「合格目指します」じゃないところがミソですが。とりあえず受験できるレベルにしたいなと思っています。ずっと前にフランス語とか仏検のことばかり書いた時期があって、いまだに「仏検1級」で検索してアクセスされる方が多くいらっしゃいます。何年ぶりでしょう、おそらく5年ぶりくらいでしょうか。

一昨年夏ぐらいから秋にかけて、投稿が滞っていた時期がありました。この時期はですね、宅建の勉強をしていたのです。今の仕事とはまったく関係のない資格なのに、です。実は妻がその前の年に宅建と管理業務主任者の試験に合格し、宅建は講習を受け主任者証まで取得しました。妻も同じく仕事とはまったく関係がないのに受験したのです。じゃあ私もと一昨年必死に勉強してどうにか一発合格できました。次に昨年妻が、できたばかりの貸金業務取扱主任者資格試験を受験し何と合格。うーん、でも貸金業なんて面白くなさそうだし今度は何を受けようかと考えた結果、まだ合格していなかった仏検1級を受験することに。これだって仕事とはまったく関係がありません。

仏検ってTOEICみたいなビジネス色はなく、やはり一つの教養認定試験といった趣で、1級にいたってはかなりマニアックな問題が出たりと、実用からは遠いところにある気がします。私は宅建の他国家資格を3つ持っていますが、そんな実用色の強い資格ではなく、あるいは合格したら終わりでもない、一生勉強したいことを試験という切り口で継続したい、そう思うにいたりました。ずーと不合格だと勉強し続けられる、そんな声も聞こえてきそうですが、とにかく、歳を取ると頭が悪くなってさ~、などと言って若い人に何でも振るようなオッサンにはなりたくないのです。

私は宣言します。「今年は仏検1級目指します」(苦笑)。

【2010/01/04 22:12】 フランス語 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
フランス語で名乗る会社名、ブランド①シャノアール:Chat Noir
               シャノアール

90年代に入るまで、若い人の小遣いで行ける喫茶店といえば、シャノアールぐらいしかなかったような記憶があります。その後は、ドトールコーヒーが現れ価格破壊がコーヒー業界にも起こりました。少し経ってProntというのも現れました。株式会社シャノアールもこれに負けじと、Caffè Veloceというイタリア語のブランド名で、価格が安いコーヒーを出す喫茶チェーンを展開しました。そして、スターバックス、タリーズと外資系の付加価値のあるコーヒーを提供するチェーン店が現れ、世はまさにコーヒー戦争の時代といっても過言ではありません。

そんな環境下にあって、中村歩社長が率いる同社は、10年以上も店舗数と売上を伸ばし続け、今では飲食店以外にも、あゆみブックスという書店まで展開しています。

ところでシャノアールのマークは今では黒猫ですが、かつてはなぜかラクダだったのです。まだラクダの頃、バイトをしていた知り合いに、何でラクダなんだ、と聞いていみると、なぜだかわからない、という答えが返りました。気になったその人は、上司の店長に意地悪く聞くのですが、そんなの知ってて当たり前、とばかりに理由を聞かされる羽目になります。しかし残念なことに、その理由を聞いたのですが、今の私が忘れてしまいました。一体なぜだかわかる人いらっしゃいますか(笑)。


【2007/01/03 22:44】 フランス語 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
野崎歓『翻訳びくびく日記』について
                             NHKテレビ フランス語会話1月号

NHKテレビフランス語会話のテキストに、仏翻訳家の野崎歓による『翻訳びくびく日記』という記事が連載されています。今出ている1月号で連載10回目となります。野崎歓については、何度か当ブログでも扱ったことがあり、氏の実績については十分承知ですが、今回の記事には首を傾げざるをえません。

今月号について述べさせていただく前に、野崎が過去語っていたことを引用してみます。

[READ MORE...]
【2007/01/03 16:32】 フランス語 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
意外な人が・・・
                    長塚京三

長塚京三(ながつかきょうぞう)
本名同じ。1945年(昭20)7月6日、東京都生まれ。早稲田大学文学部中退。大学在学中に劇団「砂」を結成。68年同大学を中退し、フランスのソルボンヌ大学に入学、文明講座や演劇史を学ぶ。74年パリ在学中にフランス映画「パリの中国人」の主役オーディションに合格し映画デビュー。ソルボンヌ大学卒業。帰国後、TBS「樹氷」で国内デビューを果たす。
映画界では、ベルリン映画祭銀熊賞受賞作『絵のなかのぼくの村』出演ほか、1992年、平山秀幸監督映画『ザ・中学教師』で、毎日映画コンクール主演男優賞・高崎映画祭主演男優賞を受賞。
1998年、映画『瀬戸内ムーンライトセレナーデ』日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。
2003年、平山監督映画『笑う蛙』ではヨコハマ映画祭主演男優賞受賞。『理想の上司』、『夢で逢いましょう』など数多くのテレビドラマでも活躍。ほかCMにも多数出演、 サントリー「ニューオールド」は時代の名作に。
現在オンエア中のCMに大正製薬「大正漢方胃腸薬」、住友信託銀行「信託世代」。また、読売演劇賞優秀賞受賞作『オレアナ』、『DEFILED』など舞台にも出演、多方面で活躍中。

今日テレビのコマーシャルを観ていたら長塚京三が出ていました。忘年会シーズンなので胃腸薬のCMが多いですよね。大正漢方胃腸薬のCMに長塚は出ています。

上の略歴にもあるように長塚京三はソルボンヌ大学在学中に現地フランスで映画デビューしています。しかもちゃんと卒業をしたようです。特技・趣味としてフランス語をあげていますがあまりそう感じさせないのが岸恵子と違うところ。そういうこともあってかサントリーのフランバン茶のCM起用は以前からサントリーであったとはいえ、彼にぴったりの役どころでした。現在は徳光和夫が起用されています。ずいぶんとキャラクターを変えましたね。

今でこそ「理想の上司」のイメージを持たれている長塚も、かつてはいかにもフランス帰りの嫌味な奴というイメージがあったのか意地悪な役が多かったです。長塚京三を私が知ったのは今から20年近く前にフジテレビ系で放送された「愛の嵐」ででした。エミリー・ブロンテの「嵐が丘」を翻案したものでした。そしてそのドラマに出演していた人の中にも意外な人が意外なことを・・・



[READ MORE...]
【2005/11/27 21:12】 フランス語 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
都知事発言
今東京都知事の発言が物議をかもしていますが私はあまり頓着しません。

理由は
①自分の母国語ではないこと。ゆえにこの件については傍観者。
②スイスでは80をhuitanteという(らしい)。フランスでは4×20。
③ドイツ語も21(einundzwanzig)以上は1けた目を先に言いundも加え結構面倒。
④英語の方がむしろ難しい。数字は簡単だがフランス語ほど文法が厳格ではな
いのによく国際語として通用するなぁ、と仏語、独語、伊語を勉強してわかったこと。要は英語は文法よりボキャブラリー重視だと思う。
⑤「日本語だって1個、1匹、1羽、1冊…と言い国際語になりえない!」などとロイター以外海外から聞こえてこない。なぜならそれ以前に我々日本人が海外での日本語教育、日本文化の普及をフランス語やドイツ語ほど積極的に展開していないため知名度が低いし話題にならない。日本ではなるが。普及率が高まるほど文句も多くなる。
⑥仮にパリ市長が⑤のことを言ったとして、日本語教師が果たして市長に抗議
するのか、と疑問に思う。
⑦日本人がこの件でフランス語を擁護あるいは話題にするほど、フランス人が日本語に対してむきになって同じように擁護するかどうか疑問。

むしろ仏・独・伊語学習者として問題提起したいのは
①100人中99人が女性で1人しか男性がいなくても仏語ではils(彼ら)と言う。英語は they、独語はsieの中性、日本語は多い方で言うので彼女ら。
②仏語にはmedecin(医者)とprofesseur(教授、教師)の女性形がない。
③日本語には看護師という中性名が言われるようになったが、仏語(infirmier,infirmiere)、独語(Krankenpfleger,Krankenschwester)、伊語(infirmiere,infirmiera)には今も男性形、女性形がある。
④日本語で「人は・・・」というとき英語はman、仏語はhomme、独語はMensch、man、伊語はuomoを用いる。

私が都知事だったらこっちを言いますね。いづれにせよ少し冷静になった方がよいようです。それぞれの言語それぞれの事情があるということで。



[READ MORE...]
【2005/07/23 01:51】 フランス語 | TRACKBACK(2) | COMMENT(5) |
仏検我流対策①
今日は特別なことはなかったので仏検のことを。

仏検準1級を受けて気づいたことを書きます。

まず第1問の名詞化は配点が結構高い(2)。第4問の動詞(選択活用・記述)も高いです(2)。私はこの動詞が1問しかできなかったので痛かったです。

それに比べ第2問多義語や第3問前置詞は配点が低い(1)。ということは第1問と4問に集中した方が効率がいいようです。多義語の勉強は労多くして配点低しです。







[READ MORE...]
【2005/07/19 21:32】 フランス語 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12) |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。