海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
本国HMVが経営破綻
1921年創業英国の老舗レコード販売チェーン「HMV」が経営破綻した模様。日本国内の46店舗はローソンの傘下にあり、「イギリスのHMVとは資本関係がなく、破綻による影響はない」とのことなのでひとまず安心。日本法人の方が、リストラなどの合理化、ネット販売に注力するなど、時代の変化に対応できたから生き残ったのでしょう。タワーレコードにしてもこのHMVにしても、日本法人は本国を上回るビジネスモデルを構築しています。



スポンサーサイト
【2013/01/15 22:44】 ビジネス |
いいかげんにしろっ!Dell(デル)とDyson(ダイソン)!
パソコンのDell、掃除機のDyson(ダイソン)ともに量販店ではポイントのつかないメーカーです。デルのモニターが故障したのでサポートセンターや販売に0120で電話すると、謎のシナ人がおかしな日本語で対応します。調べてみると、大連がどこかで対応しているとのことです。故障の部品交換をすると2万5千円、モニターを新品にすると1万4千円、新品にした方がお得ときます。カードで払おうとすると、何と口頭で注文を受け、カードの番号を聞いてきます。サポートセンター、販売ともに川崎市所在としているのに、シナで電話対応する事自体信用がおけません。しかも一連の作業に30分以上かかります。

Dysonも壊れにくい印象がありますが、よくつまりがおこります。ホースの穴の直径が小さく吸引力が強いのでちょっとしたゴミがつまりやすいのと、ホースが本体に固定されているのでそのつまりゴミが取り除きにくいのです。電話して用件を話すと、500円玉を用意させそれでもって本体底のネジを回すよう指示してきます。しかしそのネジはプラスティック製で強くするとつぶれそうです。「つまらないようにするには最初に大きなゴミを取った後にダイソンで取る」ようアドバイスしますが、普通掃除機をかけるのにいちいち分けたりしないし、日本製の掃除機でダイソンみたいにつまるものはありません。最近日本製のサイクロン方式のものが1万円前後であります。10年は寿命は持つと言いながらしょっちゅうつまるのであれば、日本製のものを何台か買い換えた方がストレスが少ないです。

今度デルパソコン本体がいかれたらもうデルでは買いません。VAIOにします。掃除機も上記のように日本製のものにします。結論として言えるのは、海外メーカーの電化製品は以後買わないということです。なぜなら、売ったら売りっぱなしですからです。あとスピーカーのBOSEも買いません。BOSEもDyson、Dellと同じく、家電店をショートカットする商法をし、売ったら売りっぱなしだからです。家電もそう、食品もそう、服もそう、Made In Japanにこだわっていきます。アフターも日本人に限ります。


【2010/05/22 01:52】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
MKスエマツが倒産
猫のえさ等MKスエマツの通信販売で購入していたのですが、当社が12月19日に破産手続きを申立てをしていたと知りビックリ。詳しくはこちら。負債は20億なので帝国データバンクの倒産情報にはない模様(負債30億以上)。この通信販売事業のほか、閉鎖したいぬたおよびねこたま、池袋東急ハンズのねこぶくろ、お台場キャッツリビング等の経営も行っていましたが、今ではそれぞれのHPにもアクセスできないようで様子です。広島のアニマルパークみたいに動物を放置しないといいのですが。通販の電話受付は行っているようですが、カードでの支払いはしない方がよさそうです。

数年前にねこたまでスコティッシュ・フォールドを購入する際に、奇形(停留睾丸)がある旨を事前告知せず買わされたことがあったのですが(最終的には返品および返金)、社員のモラルの低下はこの頃からあり、さもありなんという感じです。
【2006/12/24 08:40】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
日本企業の工場移転に仏議員がハンスト
                         Toyal_img_fr

日本企業東洋アルミニウムがアクース郡にある仏工場を移転しようとしたところ、仏議員が39日間のハンストで反対、フランス政府が介入して移転撤回となった記事をご紹介しましょう。この記事はNIKKEI NETでも報道されているのでご覧ください。

海外メディアで日本企業を批判すれば、そのまま右から左に我が物顔で語る日本のメディアが多い中、この記事は今までとは違う報道の仕方がなされています。日本企業が海外に進出すると何かと批判が多いのですが、工場移転を計画するや、ちょっと待った、とハンストをする議員がいるほど、現地の人たちにとって生活の糧となる役割を果たしています。在日の外資系企業が日本の従業員のことなど考えず、好き勝手に撤退することを考えると、この妥協は相当現地に貢献していると思います。まぁ、ちゃっかり仏政府の支援もとりつけますが。

別の見方をすると、いやフランスは議員がハンストまでしたり、政府が介入したりするとも言えますが、また別の見方をすると、そこまでしないと仏企業では国民を養えない、政府が介入しないと何でも解決できないお国柄とも言えます。CPEの問題にしても、日本では民間である程度落ち着く問題も、政府が法律まで作らないと収まらない事情がフランスにはあるはずですが、それを報じず、最近の日本の若者はだらしがない、とハッパをかける日本のメディアは団塊の世代が仕切り、実はその世代の子供がだらしないのでは、といぶかしむ今日この頃です。

TF1元記事

[READ MORE...]
【2006/04/19 06:16】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(3) |
アシェットグループが世界第3位の出版社に
                        HACHETTE Livre


仏アシェット・リーヴルグループがタイムワーナーブックを買収することで世界の出版界で第3位に躍り出るという記事です。アシェットって日本ではフランス語学習者が参考書を買う際に時々目にする程度ですが、ヨーロッパでは本国の他、英、独、西、豪、ニュージーランド等各国の出版界では上位に位置するグループのようです。フランスの新聞、出版界が低迷する中、一人元気がいいのがアシェットグループです。カルチエ・ラタンの小さな書店が第一歩だったとのことです。

元記事
http://www.hachette.com
[READ MORE...]
【2006/02/12 14:30】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
ブリリアント・クラシックスから超激安モーツァルト全集発売
                 MOZART

激安ボックスセットで知られるオランダのクラシック音楽レーベル、ブリリアント・クラシックスを紹介する記事です。私もブラームスの室内楽全集を持っていてその激安ぶりにはビックリします。安いからといって侮れませんぞと記事は伝えます。昔の廉価盤の方がひどかったみたいですね。

とにかく驚くのは、モーツァルトのコンプリートがCD170枚とCD-R1枚のセットで99ユーロ(1ユーロ142円として約14,000円、1枚当り約82円!)で売られていることです。まだ日本の大手ストアで見ていませんが赤いボックスに入っているそうです。

ところでこの記事を理解するのに結構時間がかかりました。興味のある音楽なのですが必ずしも理解しやすいとは限りませんね。お気づきの点があったらご遠慮なくどうぞ。ただし明らかな誹謗中傷はご遠慮ください。


[READ MORE...]
【2005/12/10 20:29】 ビジネス | TRACKBACK(3) | COMMENT(4) |
フランス新聞界低迷
                       la Face cachée du “Monde”

以前ル・モンドが仏週刊誌レクスプレスのお家事情を伝える記事を紹介しました。その際予告したとおり本日は仏週刊誌ヌーヴェル・オプセルヴァテールがル・モンドのお家事情を伝える記事をご紹介します。この記事にあるとおりル・モンドも火の車で現在の2大株主のうち一方は外資系(スペイン)です。面白いことにル・モンドとヌーヴェル・・・は僅かながらも株の持ち合いをしています。

ル・モンドと言えば一部のインテリが読む新聞というイメージがありますが、最近『ル・モンドの裏面』という突っ込んだ内容の批判本が出版され、読者が離れていったとこの記事にあります。確かに「朝日新聞」とよく似た仮面左翼的なところがあります。両新聞は確か提携関係があり、極東(いやな言葉)特派員のフィリップ・ポンス氏も朝日あるいは岩波にも顔を出すところあたりその思想は推して知るべしところがあります。私はル・モンドの記事を「活用」することはあっても「信奉」することはありません。常にニュートラルな立場でいたいだけです。

危機にある新聞
フランスにおける発行部数
2004年第二四半期~2005年第一四半期
(10の位端数切り下げ)

Le Parisien/
Aujourd’hui   496 000 ↓
Le Figaro   326 800 ↓
Le Monde 324 000 ↓
Libération 134 600 ↓
La Croix 96 400 ↑
France Soir 58 500 ↓
L’Humanité 49 500 ↑

[READ MORE...]
【2005/12/03 23:46】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
レクスプレス、ベルギーのメディアグループへの売却準備
           L'EXPRESS

以前から当ブログでも扱っているフランスの総合情報週刊誌「レクスプレス」。日本でいうと「アエラ」とか「読売ウィークリー」みたいなものでしょうか。日本とはメディア界の仕組みが違うので一概には言えませんが。国内の洋書コーナーに行けば必ずある仏週刊誌が何と小国ベルギーのメディアグループからの買収準備をすすめています。フランスではネットの影響もあり軒並み新聞・雑誌の発行部数が減りつつあります。日本と違ってマスコミだからって給料がそんないい訳でもないようです。

他人事のようにこの記事を書いているル・モンドもル・ヌーヴェル・オプセルヴァテール11月10-16日号によると苦戦を強いられているようです。またそう言うヌーヴェル・オプもそうでは。この記事は後日アップします。

ライブドアや楽天で大騒ぎするどころではないですね。この話は欧州憲章国民投票にも影響があるかもしれないですし。別の見方をすれば欧米のメディアは買収売却を繰り返していて方針もしょっちゅう変わるので、彼らの記事を真面目にありがたくご拝読することは全くナンセンスのように思います。私は読解力アップのため利用しているに過ぎません。メディアに影響を受けるのも程々にしないといけませんね。

元記事


[READ MORE...]
【2005/11/26 11:49】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
語学学校の行方
            某喫茶店内

最近喫茶店に入ると目に付くのが、外国人と日本人との二人組みがなにやら周りと違うやりとりをする光景です。どうも喫茶店の中で語学を教えあっているようです。タンデムといってバーターで教えあうのもあるのでしょうが、どうも商売でやっているのもあるようです。この1年くらいで急速に増えているようです。場所代はコーヒー一杯分でいいので格安で商売ができます。その他どうみても勧誘としかみえないものも見ます。

多くの語学学校が会話を中心とするものであれば、何も経費のかかることをしなくても、色々な伝を使ってこういうやり方をした方が教える方も教わる方も得だと思います。学生さんなんかはこういう機会に恵まれているのではと思います。こんなことを言うと信用がないじゃないかとおっしゃる方もおられるでしょうが果たしてそうでしょうか。語学学校を検証してみます。




[READ MORE...]
【2005/10/15 10:55】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。