海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
勉強になったKeith Cahoon選曲「The Selector」
先ほどのKeith Cahoon選曲の「The Selector」は聴いていて非常に勉強になりました。パンク登場前の元祖パンクとも言うべき音楽がこんなにも立て続けにかけられるとは。最近癒しを求める風潮がありますが、自分としては激しい音楽に向かっていたので波長のあった音楽群でした。メモとして以下InterFMブログより引用します。

Keith Cahoon キース・カフーン
カリフォルニア北部育ち。9歳の頃から音楽に没頭し始め、サンフランシスコの音楽シーンが最盛期を迎えていた1960~70年代に多感な時期を過ごす。大工として働き出すが、店員と仲が良かったこともあり地元のTower Recordsでクリスマスのヘルプとしてアルバイトをする。それをきっかけに、その後25年に渡って勤務。’84年から’03年まで、Tower Records JapanのCEOを務める。その後、自ら音楽出版社『Hotwire K.K.』を設立。
Grew up in Northern California. Began digging music from around age 9. Brought up in the late 60′s-early 70′s when SF was a hotbed for music.Started working as a carpenter, however knowing most the staff at his local Tower Records, one day he got a part-time job as “Christmas help” in 1977, which turned into a 25 year stint with the company, including 1984 to 2003 serving as CEO of Tower Records Japan.After this he started a music publishing company called Hotwire K.K.

<好きなアーティスト(Favorite artists)>
David Bowie, the New York Dolls, Mott the Hoople, Frank Zappa, the Rolling Stones, Little Feat, Joe Walsh, Johnny Winter, the Ramones, the Dictators, Patti Smith, Roland Kirk, Charles Mingus, etc.

■ 選曲テーマ/roots of punk
What is punk anyway? It became associated with everything from skinny ties and fashion to nihilistic bellowing calls for anarchy. For me it was a music with a primal appeal, which carried a healthy disrespect for authority, a defiant and ambitious strength, and sense of humor to keep sane with. When punk emerged as a musical style in the 1970’s it was a reaction to corporate rock, pop bands playing with symphonies, music with huge production but flimsy content and jetting about in private planes to play enormo-domes “for the people”. In my youth, the punk music that emerged from NYC in late 1975- early 1976 was brilliant and exciting, and tied together music in this vein that I had loved earlier.
パンクとは何なのか。とかくスキニーなネクタイのファッションと結びつけられたり、ニヒルでアナーキーな咆哮だと思われがちだ。私にとってパンクとは、権威に対してNOを突きつける反抗的で勇敢な、根源的な力を持つ音楽であり、なおかつ理性的なユーモアを兼ね備えたものだ。パンクという概念が音楽の1スタイルとして確立された1970年代、パンクは当時主流だったロックや、調和を保ったポップミュージック、よく作られてはいるが中身の薄っぺらい、“人々のため”に作られた音楽への反動の産物であった。私が若かった頃、特に1975年末〜1976年初頭にかけてニューヨークで生み育てられたパンク音楽などは素晴らしく刺激的で、それ以前に私が愛していた音楽の流れが脈々と受け継がれていた。

■ 選曲リスト(曲名/アーティスト名)
M1:C’mon Everybody/Eddie Cochran
While he died at age 21, he managed to have a number of enduring rockabilly-flavored hits. This evergreen from 1958 has been performed by Led Zeppelin, Humble Pie, Iggy Pop, NRBQ, Hotei Tomoyasu, the Roosters, UFO and Sid Vicious amongst many others.
彼は21歳にして亡くなったが、決して衰える事のない数々のロカビリー・ヒットを生前に生み出した。1958年に作られたこの不朽の名作は、のちにLed Zeppelin、Humble Pie、Iggy Pop、NRBQ、布袋寅泰、the Roosters、UFO、そしてSid Viciousなど、多くのアーティストたちにカヴァーされることとなる。

M2:Breathless/Jerry Lee Lewis
A wild man from Louisiana, playing piano with a style and pounding velocity that had never been seen before, he managed to be in the news for both his long string of hits, and for his often scandalous behavior, this was a hit in 1958, on the pop, R&B and country charts, and in the UK.
ルイジアナ出身、ピアノの鍵盤をぶっ叩くように弾く、前代未聞のスタイルを生み出したワイルドな男。彼は数々のヒットを生み出し、またスキャンダルでもしょっちゅう話題を生んだ。この曲は1958年、ポップ、R&B、カントリーのチャートで、そして、UKでも大きなヒットとなった。

M3:Brad New Cadillac/Vince Taylor
A Brit who grew up partly in the States, for most of his moderately successful career he was most popular in France, he was known for his leather stage clothes, and his dynamic, unpredictable stage behavior, fueled by both drink and psychedelics, and perhaps a touch of madness. Nonetheless, he is said to be an inspiration for David Bowie’s Ziggy character, and the Clash covered this 1958 Taylor B-side. The guitar player here Joe Moretti also played on on Johnny Kidd’s “Shakin’ All Over”.
イギリスに生まれ、アメリカに移住、フランスで成功を収める。レザー生地の衣装や、酒と薬と怒りの入り交じった、ダイナミックで予測不能なステージパフォーマンスでよく知られた。彼は、David Bowieのあの『Ziggy』というキャラクターのヒントとなったとも言われており、the Clashもこの曲のB面をカバーした。この曲でギターを担当したJoe Morettiは、Johnny Kiddの『Shakin’ All Over』のギタリストでもある。

M4:It’s My Life /Animals
While today not nearly as well known, in real time the Animals went head to head with the Rolling Stones as the most popular blues –based rock band. They had an incredible string of hits, doing both originals and covers. They have recently had a small uptick in popularity after Bruce Springsteen publicly raved about them, for having great uplifting, soulful songs, and how he was inspired by their unhandsome, non-dancing, but solidly cool singer Eric Burdon.
現在はそれほど知られていないが、当時the Animalsは、the Rolling Stonesと並ぶ人気を見せた、ブルーズ・ベースのロックバンドだった。彼らはオリジナル、カバーも含め非常に多くのヒットを残した。最近、Bruce Springsteenが「彼らの音楽は感情を昂らせ、ソウルフルであり、イケてなくてノレないにも関わらず、ソリッドでクールなシンガーEric Burdonには大きな影響を受けた」と公の場でベタ褒めしたため、また彼らに注目が集まっている。

M5:Whatcha Gonna Do About It/Small Faces
Went to #14 in the UK, but was not a hit in America, I discovered belatedly after hearing the Sex Pistols and Pretenders cover it. The Pistols guitarist Steve Jones was a huge Small Faces fan, and their material remains popular to this day, as does their latter day incarnation as the Steve Marriott-less Faces.
UKでは14位にチャートインするも、アメリカではヒットせず。自分自身、この曲を知ったのは、Sex PistolsやPretendersがカヴァーした後だった。PistolsのギタリストSteve JonesはSmall Facesの大ファンであり、彼らの作品は今もなお人気を博している。つまり現代にSmall Facesを甦らせた、いわば“Steve(Marriottならぬ、Jones)Faces”と言えよう。

M6: Wild Thing/Troggs
Written by American Chip Taylor, and turned into a #1 hit by the British band the Troggs, it combines heavy rock chords, an ocarina interlude, and breathy vocals. It became another garage band standard, and given new live when covered by Jimi Hendrix and Monterey.
アメリカ人Chip Taylorによって書かれたこの楽曲。イギリスのバンドTroggsの手によって、ヘヴィーロック感とオカリナ、ブリージーなボーカルがうまく組み合わされ、めでたくナンバーワン・ヒットとなった。この曲もまたガレージ・バンドのスタンダードとなり、のちにJimi Hendrixのカヴァーによって新たな息吹を吹き込まれることとなる。

M7:Can’t Explain/The Who
The debut single from the Who, also from 1964, some say the brutal power chord style was inspired by the Kinks sound, Pete Townsend explained it as “it came out of the top of my head when I was 18 and a half”.
1964年リリース、the Whoの記念すべきデビュー・シングル。荒々しく力強いコードはKinksの影響では、とも言われているが、Pete Townshend自身は「このサウンドは、18歳半ばのころにふと思いついたんだ」と話す。

M8:Sometimes Good Guys Don’t Wear White/Standells
While they are better known for their bigger hit “Dirty Water”, this song for the underdog went to #43 in 1966, and I requested it many times to my local radio station. It has been covered by Minor Threat, the Nomads, and the Cramps.
1966年リリース、チャートでの記録は43位に留まった、抑圧された最下層のための楽曲。彼らはヒット曲『Dirty Water』の方でよく知られていたが、当時私は地元のラジオ局にこの曲を幾度となくリクエストしたものだ。のちにこの楽曲はMinor Threat、the Nomads、そしてthe Crampsにカヴァーされることとなる。

M9:QUESTION MARK & the Mysterians/96 Tears
An unlikely hit, a Mexican-American teen band from Michigan, named after a Japanese sci-fi movie, with a no name singer, recorded a poem turned song about revenge on somebody’s porch, for an indie label, and it became #1 in 1962. A simple song with a great vocals, it was covered by bands everywhere.
ミシガンで結成されたメキシカン=アメリカンのティーン・バンドによる、到底ヒットするとは思われなかった楽曲。『Mysterians』という名前は日本のSF映画のタイトルからとられたもの。無名の歌手を迎えての、このインディーズ・レーベルの復讐歌は1962年、ナンバーワン・ヒットとなった。シンプルな歌ながらボーカルラインは力強く、世界中で様々なバンドにカバーされている。

M10:Psychotic Reaction/Count Five
A hit by a San Jose one-hit wonder, a Yardbirds-esque rocker going to #5 in 1966. The band were teenagers when it hit, and the band broke up when further hits did not materialize and the members decided to go to college.
一発屋の“囚人”ロッカー、San Joseによるヒット。1966年、5位にチャートインした。ヒット当時、バンドメンバーはティーンネイジャーであり、その後目立ったヒットを残すことなく、彼らは大学へと進学、バンドは解散した。

M11:The Witch/The Sonics
A local hit in the Seattle/Tacoma area in 1964, on Etiquette Records, an indie owned by the Kingsmen (of “Louie Louie” fame), Jack White credits the Sonics as an inspiration calling them “harder than the Kinks, and punk long before punk”.
1964年、『Louie Louie』で有名なKingsmen率いるEtiquette Recordsよりリリース。シアトル/タコマ周辺で局地的にヒットした1曲。Jack Whiteをして「Kinksよりもハードで、パンク史誕生より遥か以前にあったパンク」と言わしめたバンドだ。

M12:Pushing To Hard/The Seeds
Written by singer Sky Saxon, the song has only two chords, the songs soars based on the sneering vocals and high tension guitar work.
作曲は、シンガーSky Saxon。たった二つのコードのみで構成され、冷笑的なボーカルと緊迫感のあるギター・ワークが高揚させる1曲。

M13:American Ruse/MC5
From their second album, a political rant against the US military complex, married to driving beat in 1970.
1970年リリース、2ndアルバムより。米軍勢力に対する政治的批判を猛烈なビートに乗せた1曲。

M14:Death May Be Your Santa Claus/Mott the Hoople
1971, while better known for their later material, this from is the album that made Bowie love them “Brain Caper Kids”, produced by genius madman Guy Stevens, who would later produce the Clash. This sounds something likes “Main Street on Exile” era Stones crashing sideways thru Dylan’s “Blonde on Blonde”.
1971年リリース。後年の作品の方が世間には知られているが、この曲が収録されているのは何を隠そう、あのBowieが愛してやまないアルバム『Brain Caper Kids』だ。プロデュースは、のちにClashのプロデューサーとなる天才的な狂人、Guy Stevens。Dylanの『Blonde on Blonde』に突っ込んでいった『Exile on Main Street』の頃のStonesを彷彿とさせる。

M15:Suffragette City/David Bowie
Bowie as Ziggy Stardust married a Little Richard type rocker to lyrics influenced by “A Clockwork Orange”. He is said to have offered this song to Mott the Hoople, who turned it down in favor of “All the Young Dudes”. At least 40 artists have covered it, but none have touched the original.
Little Richard的なロッカーと『時計仕掛けのオレンジ』的なリリックとを併せ持つBowieのキャラクター、Ziggy Stardust。彼はのちに『All the Young Dudes』をMott the Hoopleに提供するが、もともと提供していたのはこの曲だったと言われている。40以上のアーティストによりカヴァーされているが、オリジナルを越えるものはない。

M16:Personality Crisis/NY Dolls
At their heart they were a raw, amped up R&B band in the realm of the early Stones, but many people never got past their semi-drag album art photo. Famously, they were voted the best and worst band by Cream Readers in 1973. They were a love’em or hate ‘em band for most people. Malcolm McLaren loved them, and used them as a model when trying to shape the Sex Pistols. Here a modern blues about social pressures, their first single.
初期Stones全盛のころ登場した、自称“粋でイカした”R&Bバンド。しかし多くの人は、彼らの半女装的なアルバム・ジャケットの印象が拭えないだろう。1973年、雑誌『Creem』の読者投票で彼らが『最高なバンド』と『最悪なバンド』両方に選ばれたのは有名な話で、それほど好き嫌いの分かれるバンドというわけだ。Malcolm McLarenは彼らを愛し、Sex Pistolsのモデルにもしたほど。彼らのファースト・シングルは、社会的圧力を歌ったモダン・ブルーズだった。

M17:Cars and Girls/Dictators
A fabulous if often overlooked early punk band, they informed the punk ethic, and served as a bridge between glam and punk, and between pioneers like the Dolls & Iggy to the Ramones (who liberally borrowed from the Dictators). They released their debut album in 1975, an unholy mix of metal guitars, surf music, pro wrestling, recreational drug use and Jewish humor.
初期のパンク・バンドは見落とされがちだが、彼らがパンクの基礎を築き上げ、グラムからパンクへの流れを作ったと言っても過言ではない。1975年にリリースされたデビュー・アルバムは、メタルやサーフ・ミュージック、プロレスからドラッグ、ユダヤ的ユーモアをめちゃくちゃに織り交ぜたものだった。

M18:I Need a Million/The Laughing Dogs
By 1976 CBGB’s had become the world HQ for punk in its widest definition. Here a simple chords, frantic funny lyrics about the stress of modern life, live version of this song appears on the CBGB’s compilation. Nick Cave later covered it.
1976年、クラブ『CGBG』はパンクにとって世界の中心であった。シンプルなコードと滑稽なリリックで現代社会のストレスを描いたこの楽曲は、ライヴ・バージョンがCGBGのコンピレーション・アルバムに収録。のちにNick Caveにもカヴァーされた。

M19:Search & Destroy/Iggy & the Stooges
This song appeared on the album “Raw Power”, which barely charted, crawling to #182 in Billboard in 1973. It is now widely considered a classic. In the late 70’s many punk bands covered this song, amongst others who have covered iy the Red Hot Chili Peppers, the Dictators, Pearl Jam, Sid Vicious, Soundgarden and Turbonegro.
この楽曲が収録されたアルバム『Raw Power』は、当時チャートでは目立たず、1973年にビルボードで182位。しかし、現在ではクラシックとの呼び名も高い。70年代後半、Red Hot Chili Peppers、Dictators、Pearl Jam、Sid Vicious、Soundgarden、Turbonegroなど多くのパンク・バンドによってカヴァーされた。

M20:Let’s Go/Ramones
The Ramones released their debut album in May 1976, all the songs were less than 3 minutes long, had simple chords and melody, and loud distorted guitar. They were decidedly anti-fashion, wearing jeans, t-shirts, leather jackets and sneakers (although this later became part of punk fashion). The drums were totally primal, the guitar sounded like a chainsaw, and the lyrics were a mix of Dee Dee’s grim street life sagas and Joey’s more pop and romantic tendencies. The album only went to #111 in Billboard, but it changed the course of music.
1976年5月にリリースされたRamonesのデビュー・アルバムは、収録されたどの楽曲も3分未満、コードやメロディーも至ってシンプルで、ギターには激しいディストーションがかかっていた。彼らは当時、意図的に流行に逆らい、ジーンズやTシャツ、レザーのジャケットにスニーカーという出で立ちだった(しかしこれがのちにパンク・ファッションの典型となる)。斬新なドラム、チェーンソーのようなギター、ストリート・ライフを描くDee Deeと、よりポップでロマンティックなJoeyの歌詞が混ざり合う。当時のビルボード・チャートでは111位と振るわなかったが、のちの音楽史に大きな影響を与えた。



スポンサーサイト
The Animalsの『 It's My Life』とThe Human Leagueの『(Keep Feeling) Fascination』
先ほどInterFMの「The Selector」を聴いていたら、アニマルズの『It's My Life』がかかっていました。最初GSみたいだなと思っていると、途中でギターのリフがどこかで聞いたことがある、何だろう。ヒューマン・リーグの『ファッシネーションズ』じゃん。あまりにも意外で驚きと同時にスッキリ感も味わえました。

     

     



BRIAN ENO『SOMBRE REPTILES』はYMO'ウィンターライブ1981の『Happy End 』
もう一つ「Evryday Music」でイーノの『SOMBRE REPTILES』もかけたのですが、このジャングルビートはYMOのウィンターライブ1981で演奏された『Happy End』がその影響を受けていると思われます。当時「OMIYAGE」というワールドツアー1980ツアーの写真集とインタビュー記事で構成された特集号があり、坂本龍一が好きなアルバムとしてイーノの「Another Green World」をあげていたことを思い出します。



     



高橋幸宏、Psychedelic Fursシンセ裏メロを研究
                      220px-Tpfmm.jpg

先ほどの高橋幸宏「Everyday Music」でサイケデリック・ファーズの『The Ghost in You』をかけた際に、「この曲のシンセの裏メロを聴き込んでいた」との発言がありました。『The Ghost in You』はアルバム「Mirror Moves」(1984)に収録のシングルカットでした。当時私は地方から上京したばかりの時で、MTVを紹介している番組でこの曲がしょっちゅうかかっていたのを思い出します。仲間内でも話題になっていたグループでした。同じサイケがついてもPsychic TVとは大違いのポップな音楽でした。

高橋幸宏が意識して使ったのは、アルバム「Once A Fool,…」(1985年11月1日)収録の冒頭の3曲、すなわち『遙かなる想い』『冬のシルエット』『Providence(素晴らしき幻想)』にかけてのオブリガードだと思われます。当時高橋幸宏はCASIOシンセのモニターをやっていて、このシンセのプリセット音にこのサウンドが入っていた覚えがあります。

     
Psychedelic Furs - The ghost in you 投稿者 Tunashaker

     


トム・スコットとヘアカット100のフィル・スミス
まったくどうでもいい話ではありますが、トム・スコットの昔の動画を観て、誰かに似ているけれど誰だっけ、と考えていたら思い浮かびました。ヘアカット100でソプラノ・テナーサックスを担当したフィル・スミスです。トム・スコットはアルト主体だから多少の違いはあれ、フィル・スミスはトム・スコットを意識した格好だったのかもしれません。あくまでも想像の範囲ですが。

トム・スコットの『Street Beat』のライブ動画とヘアカット100の『Favourite Shirts(Boy Meets Girl)』PV動画を見比べてみてください。

     

     



元祖「ヒットエンドラーン」、ケイト・ブッシュ
あらためてケイト・ブッシュの作品を聞き返すと、アルバム「The Dreaming」(13 September 1982)が個人的にはいいなと感じました。特に冒頭の『Sat in Your Lap 』(21 June 1981)は、音楽、PVともにインパクトがあったのをお追い出します。でPVを見直すと、冒頭のケイト・ブッシュの頭の振り方や目張りが誰かに似ているなと思ったら、鳥居みゆきであることを思いつきました。声、特に高音は矢野顕子に似ていますね。

それとローラースケートはその後の光GENJIにも影響か。ま、光GENJIはミュージカルのスターライト・エクスプレスからきているのですが。しかしその「スターライト」、初演は1984年ロンドンのウエスト・エンドでなので、ひょっとしたらこのPVがモチーフになったのかもしれません。

     

     


THE BURMOE BROTHERS / SKIN
80年代FM東京系列で日曜深夜0:00から始まる小林克也の音楽情報番組「ナガオカ・ザ・ワールドミュージック」のことを以前にお話したことがあります。そこでかかる楽曲はどこよりも早く聴くことができるものばかり、特にロンドンからのサウンドはいつも楽しみにしていました。当時インターネットやYouTubeなんかなかった時代ですから、かかった曲はテープに録ったり、アーティスト名と曲名を控えて輸入盤専門店にかけつけたりしたものです。

1985年のいつだったかわかりませんが、まさにこれから秋に向かおうとした今ぐらいの時分だったのでしょう、秋の夜長にふさわしい渋めの楽曲が流れてきました。イントロまでそう思っていたら、どこかで聴いたことのある声、何とあのソフトセルのマーク・アーモンドだとわかったのですが、なかなかこんな雰囲気にマッチした歌い方のできる人なんだなと思いました。

実はこの楽曲、マーク・アーモンドのソロ作品ではなく、新人グループTHE BURMOE BROTHERSのデビュー12インチシングル"SKIN"という曲でした。マーク・アーモンドはゲストボーカルで参加していたのです。マーク・アーモンドはソロアルバムではかなりくせの強いボーカルのイメージがあったのですが、この楽曲同様、PSYCHIC TVの"STOLEN KISSES"やBRONSKI BEATの"I FEEL LOVE"でゲストボーカルをした時の方が非常にリラックスして歌っている気がします。

そしてこの楽曲の作品名とアーティスト名を控え、私はしばらく後に新宿のUKエジソンに直行して探し手に入れることができました。当時のUKエジソンは今みたいに日本のインディーばかり売っておらず、イギリスのインディーズが主体だったと記憶しています。

それにしても残念なのが、このTHE BURMOE BROTHERSの"SKIN"はCD化されることもなくずっと誰にも聴かれることなくここまできました。幸いなことにYouTubeで最近アップされたのでご紹介する次第です。

THE BURMOE BROTHERSと聞いてもピンと来ないでしょうが、これ1曲で消滅したグループなので誰も記憶にあるはずがありません。日本では輸入盤のみで国内盤ではリリースされませんでした。しかしこのグループに参加したGuy Chambersはその後、元TAKE THATのRobbie WilliamsやKylie Minogueなどのプロデューサーやソングライターとして売れっ子となっているようです。

それではTHE BURMOE BROTHERSの"SKIN"とB面収録の"Under The Blanket Of Love"をお聴きください。







もう1曲発見。だが源流はSteely Danかも
前回の続きです。『愛したのが百年目』と似た雰囲気の曲にBASIAの"Cruising for Bruising"(1990年)があること思い出しました。ポップなラテンジャズ調の楽曲で、当時開局したばかりのJ-WAVEなどでよくかかっていた覚えがあります。聴いてみましょう。



BASIAはMATT BIANCOのメンバーでもありました。2005年に「MATT'S MOOD TOUR(マット・ビアンコ フィーチャリング バーシア)」で東京と大阪、2009年には「IT'S THAT GIRL AGAIN TOUR」で東京と名古屋での公演のため来日していたようです。ついでながらMATT BIANCOの代表曲"Whoose Side Are You On?"も聴きましょう。



このように加藤和彦は1983年の時点で、その後イギリスの80年代を代表するアーティストよりも早く、ラテンジャズ調のポップスを生み出していたのです。

まぁでもよくよく思い起こしてみると、Steely Danの"Do It Again"に行き着くのではないかと思う次第です。





偶然の一致?2つの曲のエンディング
前々からザ・キュアーの"Let's Go to Bed"とYMOの『ビハインド・ザ・マスク』の83年散開ツアーバージョンの途中で切れるようなエンディングが似ていて、どっちが先にしたのか気になっていました。YMOのエンディングといえば『ビハインド・ザ・マスク』の「ソリッド・ステート・サバイバー」原曲で聴かれるスネアドラムの♪♬で終わるものが有名ですが、散開ライブではそれではなくブチッと切れた感じで終わります。

調べてみると、"Let's Go to Bed"が収録されたアルバムJapanese Whispersがイギリスでリリースされたのが1983年の12月6日、YMOの散開ツアーが1983年11月23日から12月19日にかけてなので、ひょっとしたらこれは偶然の一致だったのかもしれません。ただこの時期の高橋幸宏は意外にもザ・キュアーが好きだったというので、これまたひょっとしたらひょっとするかもしれません。

     

     


バート・バカラックも大絶賛の英歌手、ルーマー
TVKの音楽番組を観ていたら、今度はバート・バカラックみたいな音楽が聞こえてきました。Rumer(ルーマー)というイギリスの歌手のファーストアルバム"Seasons of My Soul"に収録の""Am I Forgiven?"です。国内盤にはこのようなコピーが載せてあります。

あなたを包む、イノセントな歌声
バート・バカラックをも魅了した歌姫ルーマーが日本デビュー!!
全英アルバム・チャート初登場3位を記録!!
<日本盤のみ、ボーナス・トラックを収録>


バカラックのお墨付きです。筒美京平、林哲司、高橋幸宏、ピチカートⅤ、スィングアウトシスターも羨む話ではありませんか。

先のカロ・エメラルドは28歳、ルーマーは31歳でソロデビューと遅咲きのこと、どちらも懐かしい音楽をベースにヒットしていることなど共通点がある気がしてなりません。こういったことは日本では起こらない現象です。二人とも自然体で音楽を楽しんでいる感じよいのでしょうね。

     


デヴィッド・パーマー(David PALMER)特集11
元ABCのメンバーで、83年の高橋幸宏ツアーおよびYMO散開ライブのサポートドラマーとして「一部に」知られるドラマー、David Palmer(デヴィッド・パーマー)がリーダーを務めたグループ、PERSON TO PERSONのYouTube音源があるのを発見しました。

久しく「デヴィッド・パーマー特集」をおろそかにしていましたが、PERSON TO PERSONの音源がなかったのでアップされるまで気長に待っていました。昨年の10月頃にアップされていたようです。取り急ぎ今回はその音源の埋め込みをしようかと思いました。またいつ削除されるか分かりませんからね。急遽同特集11をアップする次第です。

ではひとまず彼らのシングル、"High Time"、"Love On The Rebound"、"Reputation"の3曲をお聴きください。シングルとしてはこの3曲がすべてだと思われます。

1曲目の"High Time"を聴いてどこかのグループのサウンドに似ているとお気づきではないでしょうか。The Systemという、アメリカのテクノファンクバンドのサウンドによく似ています。それもそのはずでThe Systemのメンバー、David Frankがプロデュースを担当していたからです。今聴くといかにも80年代らしいキラキラしたサウンドで時代を感じずにはいられませんが、いずれにしてもこの楽曲が彼らのデビュー曲です。

     

2曲目の"Love On The Rebound"は音質がかなり悪いですが、聴けないよりましだと思いましょうか。これもいかにも80年代的なキラキラ感のある楽曲ですが、1曲目よりもこちらの方がよりポップで彼らのやりたかったことに近かったと思われます。

     

3曲目の"Reputation"は、個人的にこの曲の12インチシングルを新宿のUKエジソンで買ったのがはじめてでした。おそらくこの曲が3曲の中でいちばんデヴィッド・パーマーのドラムの特徴をうかがうことができるのではないでしょうか。私はこの"Reputaiton"と12インチシングルB面収録の"Running Out"と"Right From Wrong"の耳コピをしていたものです。

     

80年代、FM東京系列で日曜深夜0:00から始まる小林克也の音楽情報番組「ナガオカ・ザ・ワールドミュージック」をいつも楽しみにしていました。主に米音楽業界誌Cash Boxのヒットチャートを紹介していたのですが、私はそれよりもその合間に紹介される音楽界のエピソードをおもしろく聞いていました。当時はインターネットなんかなかったので貴重な情報源でした。そしてそのエピソードのなかにこういうのがあったのです。「元ABCのドラマー、デヴィッド・パーマーがPERSON TO PERSONというグループを結成。ABCのマーティン・フライがレコードショップでこっそりと彼らのレコードを買っているのが目撃された・・・」みたいなことだったと記憶しています。要はマーティン・フライがレコードを買って参考にしようとしたと噂されていたわけです。しかしマーティン・フライ率いるABCはその後何枚もアルバムをリリースしたのに対し、PERSON TO PERSONはシングル3枚とアルバム3枚をリリースして解散するのでした。


FLYING LIZARDS(フライング・リザーズ)のCD揃う
                          20100820_597903.jpg

皆さんこの子をご存知でしょうか。1980年代に少年ジャンプで掲載された『Dr. スランプ』に登場していた皿田きのこです。「ナウい」「イモ」「ダサい」「イケてる」など多用するませた少女でした。後を刈り上げちょっとスノッブなところは当時の文化○○学院のパロディでしょうか。

さて皿田きのこが上の絵のようにしてよく聴いていた音楽がありました。何とフライング・リザーズやスロッビング・グリッスルだったのです。ところがそのフライング・リザーズ、今ではファーストアルバムの「ミュージック・ファクトリー」しか手に入れることができません。

                          2010_12120704070034.jpg

どうにかこうにかしてセカンドとサードのCDをゲットしました。何年か前からフライング・リザーズの音楽を無性に聴きたくなって必死に集めました。とりわけサードの「TOP TEN」を手に入れられたのは奇蹟に近いです。近くアルバムレビューを考えています。

それではその「TOP TEN」の中でもいちばん私が好きな『what's new pussycat』をお聴きください。

        


やっぱりニューウェーブ①スロッビング・グリッスル
                          

最近80年代のいわゆる「ニューウェーブ」ものをよく聴いているのですが、今でも刺激のある音楽が多かったなと改めて思うこの頃です。

今回最初にご紹介するThrobbing Gristle(スロッビング・グリッスル)の音楽は、聴いていて懐かしいという感じよりも、今聴いてもハードコアだなぁという気がしてなりません。彼らの最後のオリジナルアルバム「20 Jazz Funk Greats(1979)」より『Still Walking』をこの後お聴きいただきますが、何かによく似ているなと思ったら、坂本龍一のアルバム「B-2 Unit(1980)」のサウンドが思い浮かびました。改めて確認したところ、『differencia 』『participation mystique 』『not the 6 o'clock news 』などのアナーキーなサウンドは、先の『Still Walking』の影響下にあると考えられます。実際当時の坂本は、ローリングストーンズ以上にスロッビング・グリッスルやフライング・リザーズの方が絶対にかっこいいみたいなことを公言したり、80年YMOの世界ツアーロンドン公演の楽屋に来たジェネシス・ポーリッジとシャツを交換したりと、かなり接点があった気がします。また、「YMOのアルバム『BGM』はボクのアルバ『B-2 Unit』の影響を受けている」ことを発言していることからも、スロッビング・グリッスルのサウンドがYMOに少なからず影響があるものと推測されます。『U.T.』なんかはポップな『Still Walking』かもしれません。

B-2 Unitの先の3曲はこちらで試聴してみてください。

     

同じアラフォーでもこの人は別格、カイリー・ミノーグ
テレビを観ていたらKylie MinogueのPVが流れていました。『All The Lovers』という曲です。カイリーもう42歳になっていたのですね。もちろんビデオですから顔などに修正も加えていることでしょうが、スタイルも表情も若々しく見えます。ビデオで人の山となっているラヴァーズ達のその多くが20代としても、カイリーが40代のおばさんのため一人浮き立つ、ということはないようです。やはりここまで努力すれば周りも認めることでしょう。多くの人にとっては絶望的なことかもしれません。しかし何ごとも楽していい思いはできないのではと。ラヴァーズ達の中にアラフォーらしき人が見られないことから、恋だ愛だのに浸れる特権は20代、せいぜい30代前半、もしくはカイリーのように40代でも努力している人に相応しいのではないでしょうか。なので一般人でアラフォーラブアゲインは周りから見ても美しいものではないのです。映画「男と女」の抑制された恋愛感こそ、熟年世代に相応しいのではと思う次第です。いい歳こいて子どもっぽいのはみっともないです。

     

     

新宿駅3番線メロディーとAshes to Ashes
前から気になっていたJR新宿駅3番線の発車メロディーとデヴィッド・ボウイの『Ashes to Ashes』が重なることに本日気がつきました。ボウイのYouTube音源0:53あたりのメロディーです。

        

        


クリスマスが近づくとやっぱりこの曲
                           

上の写真は『Peace on Earth/Little Drummer Boy』のジャケットです。向かって左がデヴィッド・ボウイ、右がビング・クロスビーで、テレビショウでの共演の模様を撮ったものです。ビング・クロスビーは英語圏の国々では『ホワイト・クリスマス』を歌った歌手で有名ですが、日本の若い人にはなじみがないかもしれません。

このシングル、クロスビーが亡くなる一ヶ月前に収録されたイギリスのテレビ番組"Bing Crosby's Merrie Olde Christmas"の中で二人が歌った部分を切り取った感じです。聴くと曲の前後に番組の雑音が入っているのがわかります。収録されたのが1977年9月11日、クロスビーが亡くなったのが10月14日だったわけですから、非常に貴重なものだといえそう。実際にこの番組が放映されたのは同年11月30日だったようです。でシングルリリースされたのが1982年10月、この次のボウイのシングルが『Let's Dance!』ですからあまりにも大きなチェンジ。といっても録音当時はアルバム『Heroes』の頃ですからね。全英チャート3位まで上るヒットなりました。

当時私はNHK-FMのリクエストアワーで初めて聴きこのシングルを入ゲット。今と違ってYouTubeなどなかったので、どんな番組だったんだろうと想像したものです。バックのドラムのロールが印象的でしたね。

『きよしこの夜』や『ホワイト・クリスマス』でクリスマスシーズンの顔だったクロスビーが、十八番というわけではなかったクリスマスソング『リトル・ドラマー・ボーイ』をボウイとのデュエットで挑戦したのも感慨深い。死ぬまでクリスマスに関わったわけですから。ボウイは『ピース・オン・アース』でクロスビーが歌い続ける『リトル~』に絡んでいきます。プロデュースはボウイ本人とトニー・ヴィスコンティ。思い出しました。当時坂本龍一がDJをしたラジオ番組「サウンド・ストリート」でゲストの人がこの曲を聴きながら、「さしずめ日本なら森繁さんとあなた(坂本)がやるようなものだね」というようなことをコメントしていました。

                    


Showpeople / Mari WILSON
                                                    Showpeople

マリ・ウィルソンの『ショウ・ピープル』がついにCD化になりました。82年ぐらいに登場した蜂の巣ヘアーで知られた人でしたね。このアルバムはニュー・ミュージックというイギリスのバンドのリーダー、トニー・マンスフィールドがプロデュースしたものです。同じ頃に、キャプテン・センシブルの『ハッピー・トーク』、その後Ah-haを世に送り出した人です。とりあえず、マリ・ウィルソンの代表曲『Just What I Always Wanted 』を観てみましょう。

       

初期のシーナ・イーストンに似てなくもないですが、非常にイギリス的な良質なポップが聴けるアルバムです。この中に『Beware Boyfriend』という曲があって、フィリピン出身の歌手マリーンが『ボーイフレンド』としてカバーしたものだったんですよね。

その他このアルバムでは、ハル・デヴィッドとバート・バカラックのコンビによる『Are You There With Another Girl 』のカバーを披露しています。原曲のディオンヌ・ワーウィックのバージョンではわからなかったことが判明しました。まずはマリ・ウィルソンのバージョンをご覧下さい。

       

                         薔薇色の明日


高橋幸宏の「薔薇色の明日」の3曲目に『蜉蝣』という曲があります。Aメロはそうでもないのですが、Bメロがそっくり。そしてBメロからAメロに戻るときのベースラインまでもがほとんど同じです。幸宏はこのアルバムで『The April Fool』という、今度はバカラック・ナンバー
のカバーを披露と、バカラックづいていたのがうかがえます。

最後にマリ・ウィルソンが意外なグループのPVでゲスト出演しているのがあります。ご覧下さい。

       




PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/03 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。