海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
NHK出版進呈の図書カードで買い物
                    NHK出版進呈図書カード

NHKラジオフランス語講座テキストにあるクロスワードパズルに応募したら運良く図書カードをいただくことができました。初めて応募して当ったので驚きました。「正解者の中から抽選で10名」というからかなりラッキーだったんでしょう。一応番組に対する意見として「時事問題を扱う講座がなかったので是非開講してほしい」と書いてはいましたが。

届いたのはもう2ヶ月前になのですが、なかなか使う機会がありませんでした。今日たまたま丸善丸の内本店に行くことができたので、どうせならフランス関係の本で図書カードを利用しようと洋書コーナーで数冊買いました。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2005/08/31 21:43】 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
世にも不思議。動く人工島(仏検読解対策⑧)
AZisland

今回はフランスの人工島計画の記事をご紹介します。こういう動く島って日本じゃありえませんな。台風や地震が来たらひとたまりもありません。

ついこの間もフランスはミヨー橋で大きな話題を提供しましたが、ここでも建設業の目玉物件を提供していますね。ドゥバイ首長国でも人工島計画が進んでいるそうです。

しかしこの人工島、一般庶民には門前払いのようです。2010年には完成、1万人が住めるようですが船酔いしそうですね。こんなの本当にできたらすごい。
この頃に行けるようにしこたまお金でも貯めておこう。

元記事
[READ MORE...]
【2005/08/30 23:02】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
辞書いろいろ②
                      仏仏辞典等

今回は辞書特集の第2弾。原語で引く辞書をご紹介します。

写真左より『PETIT ROBERT2 DICTIONNAIRE UNIVERSEL DES NOMS PROPRES』『ラルース現代仏仏辞典』『LAROUSSE DE POCHE 2000』『オックスフォード現代英英辞典』『Langenscheidt Großwörterbuch Deutsch als Fremdsprache』『Larousse FRANÇAIS-ALLEMAND/DEUTSCH-FRANZÖSISCH』『il mio primo Dizionario』『IL BOCH MINORE DIZIONARIO FRANCESE-ITALIANO/ITALIANO-FRANCESE』です。

[READ MORE...]
【2005/08/29 22:01】 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
フランスの就職先企業ランキング(仏検読解対策⑦)
                     Danone

先日『フランスで報道された日本の就職事情』をご紹介しましたが、今度はフランスで報道された国内就職事情を取り上げてみます。

読みながら色々知ることができ面白いと思いましたね。フランスの学生も企業イメージに魅かれたり結構ブランド志向だったりするんですね。あと文系理系ランキング共にソニーが日系企業として唯一ランクインしています。

彼の地に行ったことがないので不明な点があります。こういう就職先企業ランキングの回答者は日本だと新卒予定者つまり現役学生ですよね。この記事ではdiplômésが使われていてすでに卒業した人が対象となっているようでよくわかりません。日本と違い卒業できて活動を始めるのでしょうかね。また欧米ではいるみたいですがキャンパス・マネージャーって何者でしょうね。日本ではOB訪問はありますが、企業側が積極的にキャンパスに乗り込むのですね。なんてわからないまま訳してしまいました。

日本のランキングもリンクしましたのでご参考に。

元記事
(日本の)大学生が選んだ就職先人気企業ランキング2005



[READ MORE...]
【2005/08/28 23:20】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
辞書いろいろ①
                     仏和辞典等

今続けている仏検読解対策は翻訳と言える代物ではありませんが、今回参考にしている辞典をご紹介してみようかなと思います。

上の写真左から『小学館ロベール仏和大辞典』『ディコ仏和辞典』『ランダムハウス英和大辞典』『講談社英和中辞典』『独和大辞典』『プログレッシブ独和中辞典』『伊和中辞典』です。


[READ MORE...]
【2005/08/27 09:54】 | TRACKBACK(1) | COMMENT(21) |
フランスで報道された日本の就職事情(仏検読解対策⑥)
Fuji-Yama

Tf1.fr Newsを見ていたら日本の就職事情を報道していました。image.netなんて会社聞いたことありません。調べたら同社は英国生まれのPR素材サイトで2002年に日本上陸を果たした会社。さらに企業からPR業務の一部を請け負い,ジャーナリスト向けに画像などの素材をオンラインで提供。現在は世界30ヵ国に展開し,大手映画会社やテレビ局,レコード会社などを主要顧客としている、らしい。HPを見てもほとんど実態の見えない会社です。
バブルの頃にアパレル業界の自衛隊研修があったけれど、それに比べればこの就職難では富士山登頂など大したことないように思います。それでは登ってみろと言われても困りますが・・・
でもこれ外資系企業がやっているのにね。こういうどうでもいいことを報道するんですね。

image.net
元記事
-----------------------------------------------------------------
就職試験に富士山登頂

ある日本の企業が大卒就職希望者採用を決める独自のメソッドを開発した。それは標高3776mの日本一高い山を登頂させるものだ。

[READ MORE...]
【2005/08/25 23:06】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |
アヴァンギャルドな歌謡曲
                  物語のようにふるさとは遠い

                  物語のようにふるさとは遠い
唄・作詩/富岡多恵子
作曲・編曲/坂本龍一
坂本龍一 keyboard,percussion,drums,vibraphone
吉田 建  electric bass
岡井大二 drums
斉藤伸雄  percussion
茂木由多加 electric piano,acoustic piano
川端民生  acoustic bass
武川雅寛  violin
杉本喜代志 electric guitar

ミレーヌ・ファルメールの狂気に結びつくのかわかりませんが、日本でも昭和51年に「謀反を企てる文筆家(歌手)と野心に満ちた若き音楽家」(田口史人評)のコラボレーションがありました。富岡多恵子と坂本龍一による「物語のようにふるさとは遠い」がそれです。たまたまタワーレコードでかかっていたのですが、その男性のような低い声が怪しげで異様な世界を「語り」、それを支える音楽がどこかで聞いたシンセサウンドとアグレッシブな雰囲気だったので即買いとなりました。

[READ MORE...]
【2005/08/23 22:40】 日本の音楽 | TRACKBACK(2) | COMMENT(26) |
幻のミレーヌ主演映画『ジョルジーノ』(仏検読解対策⑤)
Giorgio

先日ドイツ在住のNoriさんがミレーヌ・ファルメール主演の幻のビデオを解説したサイトをご紹介して下さいました。拙訳ながらチャレンジしてみました。しかしミレーヌってナルシストの権化みたいな人だよね。映画の興行収入が思わしくなく怒って2度と作るもんかということらしいです。その点ビョークは成功した歌手と言えるんでしょうね。

元記事:http://www.ame-stram-gram.com/Giorgino.html
-----------------------------------------------------------------
ジョルジーノ

これがカルト映画ジョルジーノだ!カルト映画というのも一般大衆や一部の評論家から素晴しいけど近寄りがたいと言われているからね。個人的にはこのロラン・ブトナ監督の映画の雰囲気が大好きだったな。ミレーヌがその中で当惑した子供っぽい女性を見事に演じている。でもここではっきりさせておかないとね。もうミレーヌを映画館で観ることができないって…劇場で見損なった人がビデオで遅れを取り戻すこともできない。何せカナル・プリュスで放映された以外ビデオ・リリースされたことがないのだから!でも落胆しないで。マリリーズ、マリ=ロール、ジェニーの助けも借りながらこの映画の(再)発見ができるようみなさんをご案内するから!

[READ MORE...]
【2005/08/22 23:54】 映画・ドラマ | TRACKBACK(1) | COMMENT(18) |
仏音楽記者危うし(仏検読解対策④)
今日は読解対策に戻りまたもやフランスの音楽事情について。
今回はフランスの音楽業界が記者や評論家にサンプルCDの提供を中止するという記事です。日本ではまだここまで至っていませんが、よく中古CD店に行くとサンプル盤がありますよね。あれって本当はレコード会社に返却しなければならないのに市場に出回っているんですよね。それを時々高く売っています。と言いながら私は加藤和彦の『ボレロ・カリフォルニア』を買ったのですが・・・廃盤に限ってそんなこともあります。でしょ?

元記事:http://news.tf1.fr/news/multimedia/0,,3210879,00.html
-----------------------------------------------------------------
SNEPが批評家へのサンプルCD提供を中止

音楽記者たちはCD業界の決断に怒りがおさまらない。というのもCD業界は担当記者へのサンプルCD提供をやめネット上のリスニングシステムへ転換しようとしているからだ。1通の請願書が月曜SNEPに送られる。
[READ MORE...]
【2005/08/20 23:57】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |
みみももツーショット
たまには彼奴(Cats)らのことも書かないとね。ちょうどみみともものベストショットが撮れました。この2匹は1年違いの本当の姉妹。アメショー風がみみ(長女)、三毛がもも(次女)です。
写真をクリックすると大きくなります。
みみもも


【2005/08/19 20:13】 ねこ | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
ついに見つけた!仏米男女裸ん坊デュオ
同じFC2ブロガーHiroshi-Kさんの記事にM...iN FRANCEというお店がご紹介されていました。早速HPを見るとウワーオ!シャンソン・フレンチポップスのDVD、ビデオ、楽譜、書籍、雑誌、ポスターなど、多彩な関連商品を揃えているではありませんか!エーッ!しかもしょっちゅう行っている渋谷にある。1997年に開店しているからもう8年も経っているお店です。いや~ほんとに知りませんでした。店長は元「ピテカン」のDJとな?ウヒョー、なつかしー!これはとにかく行くしかない!と夏休み最後の昨日お店を訪問しました。
http://www.minfrance.com/
[READ MORE...]
【2005/08/18 22:54】 フレンチポップ | TRACKBACK(0) | COMMENT(29) |
フランス音楽業界好調(仏検読解対策③)
少し前の記事ですがフランスの音楽業界について。
世界主要国のオーディオレコード売上比率ドメスティック/インターナショナル)によると米(39.8%)、日(14.8%)、英(9.2%)に続き仏・独(共に6.4%)の順となっています。
国内アーティストが占める割合は米(94%)、日(74%)、英(52%)、仏(62%
)、独(48%)となっています。
詳しくは下記サイトをご覧ください。

文化審議会文化政策部会文化多様性に関する作業部会<参考資料>
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/019/04112601/005.htm

元記事:http://news.tf1.fr/news/economie/0,,3214177,00.html
-----------------------------------------------------------------
音楽業界、好調なすべり出し
音楽業界にとって危機的状況だった昨年から1年、2005年度第1四半期で業界に好調の兆しがみられる。売上金額は5.8%、売上枚数は16.3%上昇した。
[READ MORE...]
【2005/08/17 12:56】 文化面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(18) |
辞典なんていらない!?(仏検読解対策②)
辞典をめぐって賛否論争が繰り広げられます。日本でもたくさんの辞典が出版されていますが、フランスではロベール社、ラルース社、プロン社から各種出揃っているようです。日本の本屋さんの洋書コーナーにもいっぱいありますよね。
外国語を勉強している私には辞典は必需品で、現在20種類以上は所有しています。だから私は「辞典が多すぎる」とは思いません。
みなさんは賛成派、それとも反対派?

元記事:http://www.lexpress.fr/info/societe/dossier/langue/dossier.asp?ida=434297
-----------------------------------------------------------------
辞典の数が多過ぎはしないか?

テーマ別辞典は読者からも高く評価され本屋のショーウィンドで多く見られる。流行りとなるとお気に召さない人もいるようだ。



[READ MORE...]
【2005/08/16 17:00】 社会面 | TRACKBACK(1) | COMMENT(8) |
ヨーロッパのグーグル(仏検読解対策①)
 今日から新たに仏検読解問題対策として続けていきます。
 今回の記事はTF1から。分量もほどよく仏検準1級対策としてよく利用しました。
 内容は、グーグルがアメリカの図書館でのデジタル化成功をいいことにヨーロッパでも同様の試みをしますが、猛烈な反発を受け一時中断をしたものです。かなり前からこの記事はフランスの新聞や雑誌で取り上げられてきましたが、日本ではあまり話題にはなっていませんでした。またグーグルが日本の図書館に進出する気配もありません。
 ホリエモン、今なら間に合うよ!

元記事:http://news.tf1.fr/news/multimedia/0,,3237313,00.html

-----------------------------------------------------------------

グーグル世界図書館プロジェクトを中断

検索エンジン世界一位のグーグルが、本のデジタル化「グーグル・プリント」として物議をかもしたプロジェクトを中断する。版権所有者である出版社と妥協点を探る段階となった。


[READ MORE...]
【2005/08/15 12:13】 マルチメディア | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
箱根小旅行
一昨日から昨日にかけて1泊2日で箱根旅行をしました。お得情報かどうかわかりませんがご紹介します。

泊まった宿は「塔の沢一の湯本館」というところです。何でも寛永6年から続く由緒ある旅館とのこと。「個室露天風呂付き特別室」が売り物でそこに泊まりました。
一の湯露天風呂①

一の湯露天風呂②


[READ MORE...]
【2005/08/14 10:29】 まち | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
仏検結果通知
今日1泊2日の小旅行から帰ると仏検の結果通知が届いていました。とりあえず合格でホッとしています。とはいえ今回課題がないかと言えばかなりあります。
①「語彙と文法」の「動詞の選択活用・記述」の問題で5問中1問しかできなかった。
②「和文仏訳」「書き取り」で各々何点取れたか不明だが、併せて7割もいかなかった。


[READ MORE...]
【2005/08/13 20:09】 語学検定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12) |
トリュフォーから影響を受けたジャズピアニスト、リタ・マルコトゥッリ①
1959年ローマに生まれたイタリア人女性ジャズ・ピアニスト、リタ・マルコトゥッリはフランスの映画作家トリュフォーに触発され、方法論を自分のアルバムに持ち込み名盤をつくりました。そのタイトルも「Woman Next Door(隣の女)」です。日本での知名度がなくて惜しいですが、実はかつてあった日本のレコード会社NECアヴェニューからフランスの女性ジャズベース奏者エレーヌ・ラ・バリエールとのデュオ「ファンタスツ」を発表し宮崎駿のアニメ挿入曲「風のとおり道」他映画主題歌を演奏しました。このアルバムはフランスのアミアン市文化会館内のCD制作会社「ル・ラベル・ブリュ」から出ています。CDの第1曲目の冒頭には「アメリカの夜」のシーンが挿入されています。全体に音楽は言われるほど即興が少なくメロディーがあって聞きやすくパット・メセニー風なところも時おり顔を覗かせます。今回はアーティスト本人と音楽評論家によるライナーノーツをご紹介します。

http://www.ritamarcotulli.com/


[READ MORE...]
独身女性:生涯の伴侶を探す方法⑤(仏語記事9)
この記事の最終回です。今日から私は夏休みですが昨日まで仕事をしながら続け結構ハードでした。記事では女性は男性と駆け引きするぐらいがちょうどいい、全身全霊で打ち込むと相手が逃げるので距離感を持ちましょうとあります。フランスの女性ってそんなにまっすぐなんでしょうか。

元記事:http://www.lepoint.fr/societe/document.html?did=165215

-----------------------------------------------------------------

男性は途方に暮れる!イレーヌの話はよくあることだ。リサ、36歳も我慢強さを学ばねばならない。「以前、社会的地位の高いお婿さんを探していました。相手と会って一時間後には、結婚してるの?どこに住んでるの?付き合おうと思ってる?と聞いていました。それで敬遠されるようになったのです。
[READ MORE...]
【2005/08/11 16:25】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
独身女性:生涯の伴侶を探す方法④(仏語記事8)
今回で4回目の特集記事です。訳しているうちにそれぞれの登場人物の気持ちがひしひしと伝わってきます。

元記事:http://www.lepoint.fr/societe/document.html?did=165215

-----------------------------------------------------------------

合言葉は「ご用心」。警戒するのもネットでは当てにならないからだ。「最初のうちは全て順調です。」とジャン=クロード・カウフマンが分析する。「支えあうだけに互いに身を委ねるのです。最初の交際でうまくいく気がしてきます。でも実際に相手と会うとあれは何だったのだろうと気づくのです。」
[READ MORE...]
【2005/08/10 23:31】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
独身女性:生涯の伴侶を探す方法③(仏語記事7)
結婚問題の第3回目です。ネットで知り合った人と実際に会うと幻滅する。ちょっとリアルな話が出てきます。やはり会わない方がいいんでしょうか。他人事ではありません。

元記事:http://www.lepoint.fr/societe/document.html?did=165215

-----------------------------------------------------------------

自ら運命を切り開く。独身者はそうだと分かってきた。彼らはインターネットに殺到し、自ら運を切り開き、機会を増やし、出会う前に知り合う。こうして毎晩10時に盛り上がるころ、3万2000人を上回る人がミーティックでアクセスし合う。ミーティックはヨーロッパの出会い系サイトの中でも先頭を走る。1万8000人の男性と1万4000人の女性がチャットの相手を選び、「マジ」に会ってみようと決心するまで書面で相手を品定めする。出会い系サイトはその後悪い評判のイメージがなくなってきた。みなこれこそ真の生き方のように全てを見出す。それ以外はみな同じことを探し求める。価値観がより同じ人とめぐりあうことだ。
[READ MORE...]
【2005/08/09 23:20】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
独身女性:生涯の伴侶を探す方法②(仏語記事6)
原文の記者が早くも熱くなってきました。因みに女性記者です。伝統回帰を訴えてきました。

元記事:http://www.lepoint.fr/societe/document.html?did=165215

-----------------------------------------------------------------

下準備に新たな価値を見出す。年齢がどうあれ、独身女性は苦労を惜しまず出会い系業者がすすめることに熱心に取り組む。こんなお膳立てでは余計問題を悪化させるだけなのだが。その問題とは、監視や評価をし合い「ビビビ」とくるものも少ない中、初対面でワクワクできるアヴァンチュールをどうやって演出するのかといことだ。
[READ MORE...]
【2005/08/08 22:56】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
独身女性:生涯の伴侶を探す方法①(仏語記事5)
先週からフランスの記事をご紹介しています。あまりニュースや他のブログで扱わない、かつ時代を通じた内容のものを選んでいます。今日は結婚にかかわる記事。どこの国でも同じ悩みを抱えていますが、多少日本とは事情が違うところがあるようです。数回に渡ってお届けします。

元記事:http://www.lepoint.fr/societe/document.html?did=165215

-----------------------------------------------------------------

その女性たちは自ら生計を立て友人もいるのだが彼氏がいない。独身クラブ、出会いパーティ、ネットでの「チャット」。男女の出会う商売が急増する一方、注文が多くロマンティックな独身女性の希望を満たすことはない。すてきな王子さまを探す独身女性の調査。


[READ MORE...]
【2005/08/07 23:40】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
フランスのブログ(仏語記事4)
フランスは意外とブログ先進国のようです。それゆえ色々な障害も乗り越えてきました。ブログサイトが監視組織を持っていたり救助団体と提携したりしています。フランス第一位のブログサイトがラジオ局だというのもユニークです。

元記事:http://www.lepoint.fr/societe/document.html?did=165860

-----------------------------------------------------------------

デジタル世代の私的日記

12秒に1つの割合でブログが作られる。ブログ中毒の若者は250万を数え、フランスはこのネット上の私的日記についてはトップである。露出、告白、暴露・・・若い世代の現象を解読する。

「プラネット・スカイブログへようこそ」は、国内最大のブログサイトだ。「プラネット」は驚異的に増加した250万のブロガーが共有する領域を表すにふさわしい言葉であり、その集団は10代やそれ以下の少年少女から成る。彼らはネット上での露出にせきたてられ、ある者は思春期の悩みを、またある者は婚約者、アイドル、友人の家族、飲み会等の写真を載せる。「デジタル世代」は臆せずつづりや文法を無視しても夢中で心のうちを明ける方を楽しむ。

[READ MORE...]
【2005/08/06 23:46】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ミシェル・ルグランインタビュー(仏語記事3)
フランスというより世界を代表するコンポーザー、ミシェル・ルグラン。映画音楽の作曲も多くどちらかというとそのイメージが強いですが、れっきとしたジャズピアニストです。デビュー当時の彼は別人なくらいやせてて髪の毛もふさふさしていました。また少年のころ、お金がなかったのでインチキをしてただでジャズライブを見ていたと告白します。どちらにしろ今では考えられません。


[READ MORE...]
【2005/08/05 20:50】 文化面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
離婚とペット(仏語記事2)
私も猫を飼っていますので他人事とは思えません。フランス人は犬よりも猫の方を多く飼っているようです。日本の法律ではペットは「器物」ですがフランスでは「動産」として扱われています。ま日本ではここまで問題とはなっていません。

-----------------------------------------------------------------

「あなたには車、私には犬を!」離婚する夫婦が今後は裁判所でペットの親権をめぐる問題を解決していく。

モザール(Mozart)は愛嬌のあるやつだ。とりわけウェスト・ハイランド・ホワイトテリア種の中では。アリエ県裁判所は、小さな犬の身の上について裁定を下すべき際手際よく応じることできた。問題の核心は親権を互いに激しく要求する彼の元飼い主の間で争いが行われたことだ。それを犬に対する熱烈な愛情のしるしあるいは争う言い訳としてとらえるべきか。男性側に有利な一審だっただけに法廷では激しいかみつきがあり、第二審高等裁判所はモザールの親権を女性側に認めた。判決理由:証言者の全てが当該犬は夫から妻へプレゼントしたものと言うことで一致していた。また彼らは「はっきりした」表現で当該犬を妻の所有と認めた。メモが決定的となる:「モザールを表現する際、彼は次の言い方で自分の考えを述べた:『彼女は自分の犬が逃げた話を私にしますよ。』」上記に相違ありません。

[READ MORE...]
【2005/08/04 14:30】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
殴られる夫たち(仏語記事1)
日本ではあまりテーマとならないものがフランスではなるのです。日本のマスコミは一部の団体に訴えられるとすぐに引っ込めます。日本は十分言論の自由が保障されていますが、この手の内容となると非常に臆病になります。マスコミはおろかフランス系ブログでも伝えない情報をあえてお伝えします。

-----------------------------------------------------------------

心理的そして肉体的暴行:想像以上に虐待を受けた男性は多い。といのも、こういったことは触れてはならない話題とされ、被害者は隠したがるからだ。    

シルヴィ(仮名)は料理が下手でも、電話中に友人と料理の話題で盛り上がる:「やつのタマタマを包丁で切って、コンポートでも作ろうと。」その夜、イヴァンはその電話に居合わせ膝が震えた。本日のおすすめ料理は自分だ。朝の6時に、家から逃げ出す。と言うのも「もう一晩いたら、あの世行きでした。」子供のことで8年も口論をした。妻のビンタや爪の引っ掻きに耐えた8年だ。妻は食器を投げ、夫の顔を爪で引っ掻き回し、包丁を振り回し、夫が自分にうそをついたことを説明させる。彼は口が固く、彼女を愛していた。明け方になってイヴァンは決心し、救世軍に避難した。「私はかなり動揺していました。子供たちを連れて来られなかったからです。青少年保護センターは、一体どこに殴られる男がいるのだね、と言いました。」                       

[READ MORE...]
【2005/08/04 14:06】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ドラムあれこれ
ドラム小僧といいながらまだドラムのことを語っていません。今日は少し書いてみましょう。

ドラム(セット)は英語でdrums,仏語でbatterie,伊語でbatteria,独語でSch-
lagzeugといいます。
ドラマーは英語でdrummer,仏語でbatteur,伊語でbatterista,独語でSchla-
zeugerといいます。
スティックを英語でstick,仏語でbaguette,伊語でbacchetta,独語でStockといいます。


[READ MORE...]
【2005/08/03 22:12】 ドラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
三姉妹


夜になると大暴れをするので毎晩ケージに入れています。いつ下の階の方から
文句を言われるかひやひやしています。奥に見えるのは私のクラシックCDの
棚です。
【2005/08/03 00:18】 ねこ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
高田馬場の隠れた名店カーザ・ビアンカ
フランスやイタリアのポップスのCDをみなさんはどこでお買い求めになりますか。東京であればタワーレコード、HMVショップ、ヴァージンメガストアなどなどありますが、ワールドミュージックの一部として扱われているためご不満な方もいらっしゃるかと思います。実は高田馬場駅の近くに専門店があるのです。


[READ MORE...]
【2005/08/03 00:02】 ショップ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
仏検二次対策はコメント力ですぞ。
ある在仏ブロガーの方が一部フランス人から色々質問されうんざりしているという記事を読みました。私は右上のプロフィールの通り外国に行ったことはありませんが、東京のフランス語学校においてもフランス人の先生が生徒に質問攻めすることはよく見、そういう人はどこにでもいるもんだなと思いました。
そうこうするうちに明治大学教授齋藤孝先生のことを思い出しました。


[READ MORE...]
【2005/08/01 22:47】 語学検定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2005/08 | 09
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。