海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
勝手に2周年
    みみ もも ころ

「歳月は勝手に来て勝手に去る」という山本夏彦の言葉通り、当ブログも今日で3年目に勝手に突入です。2005年はブログを始めた人が結構多かったのですが、その分おやめになった方も多いようです。2年やってきて思うのは、コメント返し欲しさに他人様のブログでコメントしたり、ランキングの順位を気にしたり、強迫観念的にブログを更新したりするのは長続きしないということです。また自分を良く見せようとするのも、プレッシャーとなるだけです。これでは何のためにやっているのか分からなくなり、突如やめる人もいるのでしょう。

お気づきの通り、最近の私は非常に付き合いが悪い。ただ言えるのはこのブログ、一応「日記」なんですよね。いわゆる音楽、報道、語学を専門とするブログではないので、見る人に応えなきゃという感覚がありません。時間ができた時にメモを残す程度での気持ちで利用しています。ですのでこれからも自分本位に進めてまいります。とはいえ何かの参考になることがあれば、それはそれで結構なことだとは思います。

写真の猫たちも勝手に歳月を過ごしてきました。左からみみ5歳3ヶ月、もも4歳5ヶ月、ころ2歳9ヶ月。野良猫の寿命は5歳と聞いたことがあるのですが、みみはいまだに子猫のようにやんちゃです。スコティッシュ・フォールドは顔や目が丸いので子供っぽく見えるんですね。家猫は15年ぐらい生きますが、台風や風雨をしのぎ、食べる心配もなく、寝たい時に寝られ、甘えたい時に甘える人がいるのだから、野良猫に比べずっと恵まれています。

ここ最近、うちの猫の記録をおろそかにしていたので、今後は多くアップしていくつもりです。

※追記
最近記事の最後のところに「拍手」というのがあるのにお気づきでしょうが、これは私が設定したのではなくFC2が各ブロガーに承認なく設定したものです。最初は何だろうと思っていたのですが、コメントと違って言葉を入力する必要もなく、ホストも残らないので気軽にご利用いただけます。コメント書くのも面倒臭いですものね。何か触れるものがあったらで結構です。


スポンサーサイト
【2007/07/18 20:00】 ねこ | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
Bunny Brunel「Touch」CDをゲット
                          Touch

以前からダニエル・ゴヨンヌ(Daniel Goyone、いずれまたご紹介)をフィーチャーしたバニー・ブルネル(フランス語に近い発音ではブリュネル)のファーストアルバム「タッチ」を聴きたかったのですが、手に入れる機会がなかなかありませんでした。音源はインターネットの試聴でしか聴いたことがなかったのですが、どうしても手に入れたくなって、LPでもいいからと中古店を探していたところ、図らずもCDを入手する機会に恵まれました。

上の写真は、ブルネルが渡辺香津美の「キロワット」ツアーで来日したのを記念して再発されたCDです。何とNEC Avenueで出していたんですね。1989年前後の発売だと思うのですが、解説を読んでもブルネルのことばかりで、参加したゴヨンヌ、チェカレリ(Ceccarelli)について全く紹介されていません。フランスのジャズミュージシャンが知られるようになったのもここ最近のことであることがわかります。


[READ MORE...]
フランス語のある音楽22(Ub-X、橋本一子)
                          Vega

写真の女性、誰だかお分かりでしょうか。ご自分で撮った写真とのこと。かつてクールな美少女と一部に言われたあの人です。YouTubeをご覧下さい。

     

この映像は、1980年5月ぐらいにフジテレビの「夜のヒットスタジオ」にYMOが初の生出演を果たしたものです。舞台右上にいるのが写真の女性、橋本一子です。1952年生まれというから高橋幸宏と同い年、つまり「ヒットスタジオ」出演時が27歳、上のジャケット写真時で54歳というからお若い。

この時期に橋本がYMOに参加したのは、矢野顕子が坂本龍一との間でできた美雨を出産のため、その代行としてオファーがあったとのこと。Technopolis 2000-20というYMO初の国内ツアーでのサポートメンバーとなりました。個人的にはこの時期のYMOの演奏が一番充実しているように思います。当時FM東京の「セレクテッドアーティスト'80」(司会:山田康雄)という番組でこのツアーの模様がオンエアされ、中でも「ジ・エンド・オブ・エイジア」はアップテンポのスカリズムのアレンジ、「ソリッド・ステート・サヴァイヴァー」での高橋幸宏のシャウトボイスは今でも印象にあります。細野晴臣が橋本一子のメンバー紹介をする時に「お~、女だ~。女がいるぞ~」みたいなことを言っていました。その後橋本一子はソロ活動をしていくのですが、私の知っている限りではYMO関係者との共演はなかったように思います。

話は一気に現在に戻るのですが、昨年橋本を中心とするピアノトリオ「Ub-X(ユービクス)」の名義でアルバムを発表、渋谷のタワーレコードジャズ部門で1位となるほどの支持を獲得しています。そして今年、Ub-Xとして2枚目のアルバム「Vega」を発表します。この現象に目をつけたユニヴァーサルミュージックが、廃盤になっていた橋本のポリドール時代のアルバムを再発することとなりました。同じように徳間ジャパン時代のものも再発されると良いのですが。

今回なぜ「フランス語のある音楽」シリーズとして橋本一子をご紹介するのかと言いますと、これまでの作品のタイトル、歌詞でフランス語を多用するフランスかぶれアーティストだからです。最新アルバム「Vega」でも『Aventure』というタイトルの曲があります。YouTubeをご覧下さい。



ご覧の通り、このトリオはアドリブ中心のブイブイいわせる演奏はしません。元々ギター、ベース奏者の藤本敦夫のドラムもよく言えばジャズプロパーのドラマーにはない感性型だけど、リズムが一様で引き出しが少なく基礎ができているとは言えない。あくまで橋本のピアノによる甘美なハーモニー、官能的なヴォイスとメロディーを主体としたアンサンブルが売りのトリオなのかなと思います。自身のアンサンブルをポリグルーブと称していますが、やはり橋本のピアノセンスが光るからこそそれも生きてくるわけで。それぞれのパートがバラバラのようでいて、全体の響きは一丸となる、そんなサウンドです。

この曲を収録したアルバム「Vega」には、橋本が以前より愛して止まないブラジル音楽『マシュケナダ』、『イパネマの娘』がカバーされています。坂本龍一と同じように、キャリアを重ねるごとにブラジルの洗練された和声、サウンドが自分のルーツであることに感じられるようになったのでしょうか。

かつてはクールビューティだった橋本も、Ub-Xでは自ら「隊長」と名乗って精力的に活動しています。当ブログでは今後、橋本の過去のアルバムを「フランス語のある音楽」として紹介していきます。最後にこれも橋本一子による音楽です。

     



日本語になったフランス語⑧ニュアンス
                           ニュアンスしましょ

今晩放映された「熱血!平成教育学院」の問題にもあった「ニュアンス(nuance)」も日本語になったフランス語の一つ。同番組によると、この語が日本で広まりだしたのは、1909年8月に「スバル」で発表された森鴎外の『鶏』においてだとのことです。「新明解国語辞典(三省堂)」には、「言葉の意味・色合・音の調子などの、他と違う微妙な特色」とあります。

よく会話で聞かれる「ニュアンスが違う」というのは「頭痛が痛い」と言うのと同じく意味が二重に用いられていて正しくないと思うのですが、「明解」「大辞林」で用法を調べてみると「ニュアンスが違う」も書かれていてちょっと疑問。「微妙なニュアンスがある」も変です。他にどのような動詞と組み合わせればよいか「究極版逆引き頭引き日本語辞典(講談社+α文庫)」で調べてみると、「言い尽くす」「醸し出す」「具有する」「考慮に入れる」「含める」とあります。

この語で思い出すのが、香坂みゆきが歌った1984年資生堂キャンペンソング『ニュアンスしましょ』(作詞:大貫妙子、作曲:EPO、編曲:清水信之)。これも一見おかしいのですが、「ニュアンスが違う」と違って二重の意味にはなっていませんのでセーフですよね。「ニュアンスしましょ」というフレーズはあまり広まりませんでしたが、日本語に「ちょっと違う微妙なニュアンス」を吹き込んだのは事実なのでしょう。




PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    06 | 2007/07 | 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。