海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
井上ヨシマサってご存知?
                          

つい最近たまたまテレビを観ていたら井上ヨシマサの姿が目に入りました。井上ヨシマサって誰?と言われそうですが、最近はAKB48で楽曲提供をしている作曲家として知られています。その昔はというと、YMOの1980年ワールドツアー最後の武道館公演で中学生バンドとして出演、その後コスミック・インベンションという名になったメンバーの一人でした。このバンド、ファーストマンなる電子楽器メーカーの創業者が自分の娘を中心に同じ年頃の中学生をメンバーにしたものです。コスミック~は『コンピューターおばあちゃん』でご存知の方も多いはず。しかしあえてここでは他の曲『YAKIMOKI』をご覧いただきましょう。
 
     

そうそう、先の社長の娘森岡みまはトラディショナルグリップで太鼓を叩いていました。みまもこの2月で43歳になったんですね。「現在は夫と中華料理店を経営(Wikipedia)」とのこと。それはそうと井上ヨシマサ(当時は能征)は前髪を上げている男子です。その後コスミック~は解散。「1985年に井上ヨシマサ名義で小泉今日子のアルバム『Flapper』に楽曲を提供し作曲家デビュー(Wikipedia)」したんですね。その2年後の田原俊彦『KID』でブレイクしました。さらに90年代には中山美穂などを手がけます。この頃中山と噂されたのが井上です。中山の現在の夫辻仁成も元々はミュージシャンでした。そして現在は秋元康と組んでAKB48に楽曲提供しています。実は秋元とは80年代に作品を残しています。意外にも平山みきで、1987年リリースのアルバム「CHESS」の冒頭タイトルチューンを手がけています。井上の代表曲は何かと聞かれたらこの曲をお勧めします。鷺巣詩郎のアレンジもいいですね。

     


スポンサーサイト
【2010/03/31 22:51】 日本の音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
高橋幸宏、サイコバニーを着る
                     o0314023510154476358 (2) 

たまたまネットサーフィンしていたら、サイコバニーの服を着た高橋幸宏の画像に出くわしました。昨年3月、ちょうど1年前に写したもののようです。真っ黒なので分かりにくいですが、カーデガンかジャケットかと思われます。それではどうしてサイコバニーだと分かったかというと、左胸のエンブレムです。右は別のところから引っ張った写真で、Psycho BunnyのイニシャルであるPBと王冠を組み合わせたエンブレムと同じだからです。そういえば昨年高橋幸宏のソロライブでベースを弾いていた鈴木正人もサイコバニーのオックスフォードシャツを着ていました。近年トム・ブラウンなどアメトラづいている(といってもごく最近はMONCLER GAMME BLEUのダウンジャケットしか見ないが)高橋幸宏にとって、サイコバニーも守備範囲のひとつになっている(いた)のでしょう。


【2010/03/28 23:05】 ファッション | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
高橋幸宏ドラム名演集27
                             

伝説のライブから約1年を経てその映像が観られるようになりました。小坂忠ライブDVD『SOUL PARTY 2009 / CHU KOSAKA and SOUL CONNECTION』がリリースされたのです。ツアー最終日の模様を収めたライブ映像です。ちなみに私は初日を観ました。このDVDでも高橋幸宏のドラムを十分堪能できるのでしょうが、やはりライブで観た時の方がグルーブのうねりがありましたね。それと私が観た位置が正面から見て右手上方だったためか、幸ちゃんのスティックワークがつぶさに観察できたました。特にフィルインからライドへ移る振り幅の大きさはDVDではsの醍醐味が味わえないのが残念です。とはいえ幸ちゃんがライブ全曲ドラムを披露したのは、このライブと同じ年のWORLD HAPPINESSの時ぐらいで貴重です。しかもこのライブツアーは1回で十数曲を何回ももやっているわけですからなおさら貴重です。市販DVDとは異なるディレクターズカット版ですがご覧下さい。幸ちゃんと小原のグルーブは独特のうねりがあります。そういえば高橋幸宏が小坂忠から「幸ちゃん、幸ちゃん」と言われ、「50を過ぎて幸ちゃんはちょっとかんべん」みたいなことを述べていますが、かつて自分のことを幸ちゃんと言っていたのを私は思い出しました。


     

     

     

Band of OutsidersのBDシャツをゲット
                        

左は本日花見に行ったときの写真です。実は昨日渋谷のある古着店で前から探していたBand of Outsidersのボタンダウンシャツをゲットでき、早速本日着てみた次第です。右がそのシャツです。ユースケ・サンタマリアが「平成教育委員会」でこのシャツを着ていたのを見たことがあります。Band of Outsidersは巷ではよく「バンド」と言われるアメリカのブランドです。最近の若い人がはまりそうな細身で着丈の短いシャツですが、とにかく値段が高い。こんなシャツでも上代で2万オーバー(このシャツで25,000円前後?)ですから、「バンド貧乏」の若者が出てもおかしくありません。私もこのシャツが出た昨年の秋に買う決断がすぐできず、そうこうするうちにどのお店にもなくなってしまいました。古着店でこのシャツを見つけたときも「古着なのに高ーッ」と思いましたが、今回は無理してでもゲットしました。見れば見るほど不思議なデザインです。ついでながら、左の写真で着ているダッフルはMEN'S BIGIのSS新作、職場に着て行ったら、同世代の同性から「おしゃれなコートだな~」と言われました。プラス、Steven Alanの赤いセーターを着込みました。それでも寒かったーッ。


【2010/03/28 19:15】 ファッション | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
目黒川花見
                   
                   

本日目黒川に桜を見に行きました。いつもは阿佐ヶ谷近くの善福寺川めぐりをしるのですが、今回はじめて目黒川を見てみようと思い立ちました。晴天だったものの風が吹いていて体感温度は低く、そんなに人はいないかなと思っていたら、中目黒駅付近は人だかりがすごかったです。でもこの付近は食べ物屋やブティック、小じゃれた古書店などがあってよい雰囲気でした。座り込んだ花見客も少なく、その分酔っ払いも少ないのもよかったです。ただ今日は本当に寒かったです。桜の開花状態もおおむね五分咲きでした。しかし面白いことに、東急東横線と東京メトロ日比谷線の陸橋をくぐって北上すると、八分咲きに近い桜を見ることができました。また来週行くかもしれません。


【2010/03/28 18:19】 まち | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
坂本龍一の歌謡曲5:サーカス『アメリカン・フィーリング』
お次は1979年第21回日本レコード大賞編曲賞受賞作品。おそらく坂本龍一が音楽ではじめて賞を取ったと思われる楽曲がコーラスグループ、サーカスの『アメリカン・フィーリング』です。 JAL"COME TO AMERICA'79"キャンペーンソング として当時テレビなどで流れていました。しかしこの編曲が大賞を取るほどのものなのか今となってははなはだ疑問です。坂本らしいところといえば、サビの裏に入るアナログシンセの音色ぐらいで、大半は大先輩である筒美京平が当時すでに手がけていたイージーリスニング風のアレンジなのではと思ってしまいます。イントロのシンセフレーズなど当時の歌謡曲ではすでに導入されていました。とはいえこの受賞により箔が付き、その後の音楽活動に有利に働いたのは疑う余地はないでしょう。作曲は松田聖子の初期作品を提供した小田裕一郎。『青い珊瑚礁』とそっくりですね。松田聖子が『アメリカン・フィーリング』を歌ってもおかしくありません。そうそう、サーカスは当時alfaのアーティスト。alfaからの依頼で坂本龍一が受けたのでしょう。

     

     

サーカスついでにお話しすると、彼らの初の大ヒット『Mr.サマータイム』はフランスのアーティスト、Michel Fugain Et Le Big Bazarの『UNE BELLE HISTOIRE』です。原曲、カバーともに私は好きだな。

     

     


【2010/03/17 21:10】 日本の音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
坂本龍一の歌謡曲4:石川セリ / フロッタージュ氏の怪物狩り
石川セリって本名が石川セイディ、井上陽水の二人目のカミさんだったんですね。80年代前半のFM雑誌で陽水と坂本龍一の対談を読んだことがあります。そんなつながりからか石川セリの1985年9月5日リリースのアルバム「楽園」で坂本龍一が楽曲を提供しています。この頃の坂本はアルバムは「エスペラント」、シングルは『ステッピン・イントゥ・エイジア』をリリースした時期で、どちらもサウンド的には硬質な印象が個人的にはありました。それに対しこちらの楽曲はかなりポップな仕上がりです。実は編曲は、一時期YMOのサポートメンバーをつとめた大村憲司が担当しています。大村が職業作家としてこんなポップな編曲を残していたのは今さらながら意外な気がします。作詞は坂本の旧友、友部正人です。曲がポップなのに詞がかなり変でアンバランスですが、石川セリの声のせいか妙に曲と詞が溶け合っています。思うにこの曲はその後坂本が楽曲を提供することとなる中谷美紀の原型なのではないかと。

ところで石川セリは「楽曲」から数えて10年後の1995年に武満徹のトリビュートアルバム「翼~武満徹ポップ・ソングス」をリリースします。井上陽水と武満徹は家族ぐるみで付き合いがあったと聞きます。そういえば坂本の盟友デヴィッド・シルヴィアンは武満と仲がよかった。一方、学生時代に武満の「ノヴェンバー・ステップス」に腹を立てた坂本は武満の中傷ビラをまく。かと思うとYMOの『キャスタリア』は武満をイメージして作曲したと坂本は告白する。坂本の周辺では武満と親しい人はいても、坂本本人は武満と最後まで交わることがなかった。不思議な関係です。

     


【2010/03/17 20:31】 日本の音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
Il'ich(イリイッチ)SS新作着ました
               


以前の投稿でパルコ渋谷にて買ったのがこれです。昨日、今日とあたたかく春物でも着るかと着たはいいのですが、意外と他の人は冬服を着ているんですね。見ての通りシャツ、コートとも派手で目立ちます。この二つはデッドストックの生地で作られたもので、どちらも左右の色柄が違います。パンツは写真では分かりにくいですが、斜めの切り替えしがあります。今日はこのかっこうで近くの図書館とスーパーに行ってきました。


【2010/03/14 13:57】 ファッション | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
「ころ」と「もののけたま」
昨日池袋のナンジャタウンに10年以上ぶりに行ってきました。90年代の頃とは大違いでした。たとえば以前あった昭和30年代の商店街を再現した「福袋七丁目商店街」はなく、現在は福袋餃子自慢商店街にかわっていました。銭湯クイズ・どんぶらこといえば、「カエルやアヒルなどの形をした動く回答席に乗り、昭和30~40年代の音楽、邦画、アニメなどの三択問題を早押しで答えていくクイズ(Wikipedia)」だったのが、今では「ご当地すごろくじゃらんツアーズ」というものになっている。前者のクイズで優勝したことのある私ですが、後者を挑戦して最下位。銭湯クイズ・どんぶらこの時は非常に人気のあったアトラクションで、待ち客が観客と化し大きな盛り上がりを見せていましたが、今では土曜の夜でもガラガラ状態。その他、もののけ番外地、地獄旅館、りらくの森、ナンダーバードなどに回ったのですが疲れました。以前の方がテーマが絞られていてよかった印象があったので少しがっかりでした。とはいえアトラクションだけでは集客がのぞめなかったのか今ではフードパークで集客増を狙っているようです。それにしても、土曜日の夜で人があまり入っていないのを見ると、このテーマパークも先は長くないかもしれません。

                      
         

それはそうと、90年代にいたのかどうか覚えのない「もののけたま」というキャラクターがうちの「ころ」に雰囲気が似ていたので小さいぬいぐるみを買ってきました。「ころ」は興味、無関心、どっちだろうか。

【2010/03/14 13:41】 まち | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
スコ三姉妹近況
          
        

ここ2,3年うちのスコ三姉妹についてあまり書いてこなかったですが、ご覧のとおり元気に過ごしております。ただ縞模様の長女「みみ」につきましては、一昨年に腎臓の調子が悪くなり二週間ほど入院したことがあります。しかし今では食餌療法の成果も手伝ってかいたって快調の状態です。他の2匹(三毛次女「もも」、クロ三女「ころ」)についても特に大きな病気をしたこともなく、非常に飼い主孝行な三姉妹と言ええそうです。

【2010/03/14 12:57】 ねこ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    02 | 2010/03 | 04
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。