海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
「ハチのムサシ」の人って「みみんあい」って言うんだ
先日突然学生時代の友人から電話がありました。先輩のAさんと会ったと言うので、「ああ、『ハチのムサシ』みたいな人ね」とこたえると互いに大笑いしてしまいました。話しているときに周りに人がいたのですが、知っているはずなのに知らないふりをしている人がいておかしかったです。

『ハチのムサシ』とは『ハチのムサシは死んだのさ』という1971年(昭和46年)のヒット曲のことです。この楽曲を歌っていたのが平田隆夫とセルスターズというグループ。中でもまん丸な眼鏡をかけた女性ボーカルの人はインパクトがありました。この時代の記憶がある人なら知らない人はいないぐらい、当時としてはビジュアルは強烈でした。でも歳がバレるから知らないふりをするんだな。今さら隠しても・・・。その女性、アラレちゃん元祖といっても差し支えないほどです。そしてそのAさんという人は大きめのまん丸な眼鏡をかけていた男性だったのです。ともあれ動画をご覧ください。

     

実は同じ年の昭和46年に「天才バカボン」のアニメ(元祖ではない)が放送されていました。第52話『パパは男のなかの男なのだ』でバカボンのパパがのど自慢大会に参加した時に早くもこの曲を歌っていたのを記憶しています。

そしてバカボンのパパの最大のライバルの青年が歌った曲が、これまた平田隆夫とセルスターズの『悪魔がにくい』だったのです。原曲と趣の異なる渋い低音の男性の声が今でも印象にあり、バカボンファンの間ではいまだに語り草になっているようです。動画は原曲です。

     

                 felista_00000563222.jpg


でその眼鏡の女性、「みみんあい」(前列左)という人だということがわかりました。ところでグループのリーダー平田隆夫(前列右)は間違いなくセルジオ・メンデスを意識していますね。訳の分からないグループが売れる時代でした。それにしても『ハチのムサシ』と言われる先輩Aさん、ハードロック志向だったので受け入れがたいことでしょう。



スポンサーサイト
【2011/03/30 23:40】 日本の音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
高橋幸宏ドラム名演集57
今日ご紹介したいのは高橋幸宏と鈴木慶一のデュオグループThe Beatniksの『NO WAY OUT』です。震災後の閉塞感ではないですが「出口なし」と称した彼らの音楽。それとは対照的にドラムは最初から最後まで同じパターンを繰り返しながらも力強いサウンドで聴かせてくれます。裏打ちの多用や「タッタタ」といったリズムパターンは、これぞ「ザ・幸宏ドラム」といってよいほどの特徴がうかがえます。

途中、「セッタン・キュルドゥサック」と聞こえるのはフランス語の"C'est un cul-de-sac"で「袋小路」、すなわち「出口なし」を意味します。でも正確に言うと"cul"は"l"を読まない「キュ」と発音しなければならないので間違いです。曲中の一拍目に入るアタックが強くサスティンの長い白玉(全音符)のシンセ、最後の環境音楽風のサウンドはブライアン・イーノを意識したと、後に高橋幸宏がコメントしていました。

     



高橋幸宏、THOM BROWNE.を着る
       2011_03260704070006.jpg 2011_03260704070008.jpg 2011_03260704070009.jpg

やはり予想通り、本日の日本テレビ系列『嵐にしやがれ』に出演した高橋幸宏はTHOM BROWNE.を着ていました。

       2011_03260704070011.jpg 2011_03260704070012.jpg 2011_03260704070013.jpg

トリコロールのグログランテープ、そして幅広のダブルのクロップドパンツ・・・これに白山眼鏡とハットをかぶるのがこの人のスタイルです。シューズはトムではなさそうです。

【2011/03/26 23:10】 THOM BROWNE.を着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
トム・ブラウンのワードローブ初公開
                             GQ JAPAN No.96

『GQ JAPAN』5月号にトム・ブラウンの自室とワードローブが公開されています。

                          2011_03260704070001.jpg

1月に引っ越したばかり新居とはいえ、ご覧の通り、アンティークな家具や調度品以外に何もない、生活臭を感じさせない部屋です。

                             2011_03260704070002.jpg

そして持っている服も自身のブランドのもの以外見当たりません。しかも数が多くありません。トム・ブラウンのユニフォームといってよいカシミヤのカーディガン6着、ロングウィングチップ等シューズが6足写真に写っています。シューズはウィングチップの他にカーフとスエードのコンビサドルなんかもあります。

                            2011_03260704070003.jpg

そして待望のワードローブはというと、これまた自身のブランドのスーツが20着、しかもほとんどがグレーです。

「朝起きて、何を着るかあまり深く考える必要がないんだ(笑)。スーツはだいたい20着を右から順に着ていって、最後までいったらまた右に戻る。グレーのスーツは僕にとって決して退屈することのない存在なんだ」

その日のシチュエーションを考えなしに機械的に右から左へと着ていくのでしょうか。ちなみに写真に写っているトム・ブラウンのスーツは珍しくグレンチェックです。

                          2011_03260704070004.jpg

ネクタイも意外と数が少なく、色も多くはグレーとのことです。スーツと共地のものがほとんどかと思われます。

かといってこれで持ち物のすべてだとは言えないはずですが、公開された服の写真はこれまでです。下着、靴下、パジャマ、カジュアルウェア、本、CD 、テレビ、ビデオなどはどこにあるのでしょうか。ないはずはありません。もしかしたらBAND OF OUTSIDERSやCOMME des GARÇONSなどの服もあるのかもしれませんが、どこかに隠しているのでしょう。トム・ブラウン自身、自身のブランドTHOM BROWNE.と楽器業界でいうエンドース契約しているようなものなのだから、当然といえば当然です。YAMAHAと契約している神保彰が、使いたくてもDWのドラムを叩けないのと同じようなものです。クローゼットを開けてみると、ADAM KIMMEL、Kitsuné、Engineered Garmentsなどがどっさり出てきたらおかしな話になります。

ところでトム・ブラウン自身、自身のブランドのアイテムをそれほど多く持っているわけでもないのに、本人以上にたくさんアイテムを所有していることを誇っている人たちって単なる「信者」ではないでしょうかね。出せば買う、また買わされるなんて・・・ほとんどビョーキです(山本晋也風)。といいながらも、トム・ブラウンというデザイナーの存在や行動、発言は常に興味深いです。そうかといって何でも買うというのは別問題であって。

                          2011_03260704070005.jpg

最後のページでトム・ブラウンの寝室が見られます。シングルベッドのようなので独身なのでしょうか。トリコロールラインのあるシーツが何ともエグイです。

私みたいに猫を飼っていたりずぼらで物がたくさんあふれていたりする者には、トム・ブラウンのような都会的で無生活臭なライフスタイルはできっこありません。たしかに理想ではありますが実現不可能です。

私にとって生活臭のない家に住んでいる人といえば、それこそTHOM BROWNE.好きで知られる高橋幸宏が思い浮かびます。『BLUE MOON BLUE』のPVで映っている部屋は目黒の自宅であるとTwitterでも述べていました。こんな生活がしたいものです。そういえば『嵐にしやがれ』に高橋幸宏がゲスト出演するので見なきゃ。

     



【2011/03/26 22:08】 THOM BROWNE.を着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
83年の歌謡曲はデカダン?①の続き
先日、沢田研二のアルバム「女たちよ」の中から『二つの恋』と『ただよう小舟』の2曲をご紹介しましたが、何か前にも同じようなことを述べたことがあるなと思ったら、2006年1月28日付の過去ログ「83年の歌謡曲はデカダン①」でだったことを思い出しました。『二つの恋』がジャパンの『アート・オブ・パーティーズ』、『ただよう小舟』はマルコム・マクラーレンの『オバタラ』に似ていることはすでに述べていたことだったのです。

しかしこの当時私自身YouTubeをまったく知らなかったし、また知っていたとしてもまだ件の2曲はアップされていなかったことでしょう。今この貴重な2曲が映像で観られるなんて本当にすごいことです。

そう思っていたら、またしても「女たちよ」の楽曲が2曲アップされていたことが判明しました。『夕顔 はかないひと 』と『物語の終わりの朝は』です。

     

この2曲は先の2曲とちがって、この曲のパクリだ!と鬼の首をとったように言うほどのものではありません。大村雅朗の当時としてはエッジのきいたアレンジ、筒美京平の歌謡曲としては前衛的な作風、高橋睦郎のコンセプチュアルな詩といった、今では絶対にこんな組合せで制作できないぜいたくなサウンドが聴けます。おそらくデモテープの段階で筒美京平はほぼこれ以上手がつけられないほどの完璧なアレンジで提出したと思われます。それでも大村雅朗は自分なりのサウンドこれらの楽曲を料理しています。

先の『83年の歌謡曲はデカダン?①』でもご紹介した研ナオコの『愛、どうじゃ。恋、どうじゃ。』(1983年8月5日)も、作曲は筒美京平、編曲は大村雅朗のタッグです。ここでもこの二人は研ナオコという芸能界の超メジャーアーティストを相手に、森雪之丞ばかばかしい歌詞に不思議かつ前衛的な歌謡曲サウンドで挑みます。

     

当時のミュージック・マガジンか何かの「女たちよ」に関するレビューで、沢田研二や筒美京平のようなメインストリームの人たちが前衛性までもカバーしなければならないほど、日本の音楽界の層は薄い・・・みたいなことが書かれているのを読んだことがあります。たしかに当時は歌謡曲でも結構好き勝手なことができた時代であると同時に、インディーズやマイナーな人たちのエッジ性は大衆に訴える力が弱かったのかもしれません。もっともこの当時EP-4みたいな今聴いてみても斬新なサウンドのグループはありましたが、沢田研二に歌ってもらうほどのポップ性を兼ね備えていなかった。職業作家がやりたいことをやれた最後の時代だったのかもしれません。

     

   
【2011/03/24 23:26】 日本の音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
似たもの同士
                2011_03090704070002.jpg 2011_03090704070003.jpg
       2011_03090704070004.jpg 2011_03090704070005.jpg 2011_03090704070006.jpg

左は長女の「みみ」、右は三女の「ころ」です。この2匹、実は血のつながりのない姉妹ですがキャラがかぶるところが多数あります。それに対して「みみ」と次女の三毛「もも」とは実の姉妹なのにここまで共通する点が少ないです。

ところでスコティッシュ・フォールドはあまり長生きしないという噂がネット上で流れているようですが、「みみ」はこの4月で満9歳になります。内蔵疾患で2週間入院したことがありますが、その後は順調に過ごしています。猫で9歳というと人間ですと諸説ありますが60歳は超えると思われます。その割には妹たち以上に飛び跳ねています。高齢なのでそろそろ体を労わってほしいなと思うこのごろです。


【2011/03/21 21:42】 ねこ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
高橋幸宏のゴーストモーション
ゴーストモーションをご存知でしょうか。ここではドラマーが行う動作のことをいいます。一般的に右利きのドラマーであれば、左足はハイハットスタンドのペダルの上にあります。たとえば8ビートを演奏している際に、その足で八分音符で調子を取っている動作で、サウンド的に効果を狙ったものではありません。言葉で述べるよりも映像を観た方が分かりやすいので動画を観ていただきましょう。私が最初にゴーストモーションを見たのは、次の高橋幸宏のドラム演奏においてでした。『夜のヒットスタジオ』初登場の時の映像です。これを最初に見た時、貧乏ゆすりみたいだなと思いました。

     

もう一つ『夜のヒットスタジオ』に出演した際の映像をご覧いただきましょう。こちらの方が分かりやすいかもしれません。

     

実は貧乏ゆすりとは似て非なるものです。つま先でしっかりとペダルの押さえをキープしないと微妙に開閉してしまうので、慣れていないと結構疲れます。

                          zoomImage_1151.jpg

調子をとるためとはいえ、ハイハットのボルトをしっかりと締めないと脚全体の上下運動により重力がかかるので、ボルトが緩んで上下のハイハットが徐々に開いていきます。

当時の高橋幸宏の場合、バスドラはかかとを下げたヒールダウン奏法、ハイハットは爪先立ちしたゴーストモーションという、あまり他には見ない組合せで演奏していました。普通は両足とも爪先立ち、すなわちバスドラはかかとを上げたヒールアップ奏法が多い気がします。

ヒールダウウン+ゴーストモーションということは、右ひざと左ひざの高さが違うことを意味します。実際上の映像を観ていただくと両ひざの高さが違うことがお分かりかと思います。

ちなみに高橋幸宏の自称一番弟子、スティーヴ・ジャンセンはヒールアップ奏法+ゴーストモーションなしです。意外とゴーストモーションをしている人は少数派のようで、あの超絶ドラマー、マルコ・ミネマンも普通の8ビートなどでもゴーストモーションはしていないようです。

そして最近の高橋幸宏はというとゴーストモーションはあまりやっていない模様です。おそらく膝や脚への負担が多少あるので割切ってやめたのかもしれません。これをしなかったからといってグルーヴができないわけではないからでしょうか。2009年のWORLD HAPPINESSにおける演奏です。

     

調子をとるつもりが、ゴーストモーションをすることでかえって調子が狂ってしまうことも大いにありえます。私の場合、ハイハットを開閉により刻むこと以外でモーションをすることはしないようになりました。バスドラはヒールアップ奏法です。要はマルコ・ミネマンと同じスタイルです。



【2011/03/20 22:28】 ドラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ユースケ・サンタマリア、BAND OF OUTSIDERSを着る
                2011_03200704070001-1.jpg 2011_03200704070002.jpg

本日放送のフジテレビ系列の番組『熱血!平成教育学院涙の卒業式スペシャル』でユースケ・サンタマリアがBAND OF OUTSIDERSの2009秋冬のチェックシャツを着ているのが見られました。このシャツは過去記事ですでにご紹介したことのあるシャツで私も所有しているものです。2009年の11月に放送された回において平山あやが最初で最後の優等賞を獲った時の模様をVTRで流した時に、司会のユースケが着ていたものです。ここでまたお目にかかるとは思いもよりませんでした。その後のBAND OF OUTSIDERSのコレクションではお目にかからないユニークな柄のシャツです。


【2011/03/20 20:58】 BAND OF OUTSIDERSを着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
国分太一、THOM BROWNE.を着る
       2011_03180704070007.jpg 2011_03180704070008.jpg 22968505_o1.jpg


ジャパネットたかたのCM「第1話 サスペンス本社篇」「第2話 サスペンススタジオ篇」「第3話 サスペンスコールセンター篇」において国分太一着ているボタンダウンシャツは、THOM BROWNE.のトリコロールラインシャツだと思われます。ネット上で見られるシャツとは赤と青のラインが逆向きですがほぼ間違いないでしょう。


【2011/03/18 21:32】 THOM BROWNE.を着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
つっぱりCDラック無用の長物
11日(金)の地震は、地震に慣れている関東人にとってもはじめて経験したほどの大きなものでした。私はその時たまたま埼玉にいました。そこから歩いて帰宅するつもりでいたら車で池袋まで運んでくれることとなってラッキーでした。渋滞でなかなか前に進みませんでしたが、途中で興味深い光景に出くわしました。空手教室で子ども達が稽古をしていたのです。あんな大地震の直後に稽古するんだ、と。それと食器などに被害がなかったのか、飲食店がいたるところで営業されていたのは驚きました。私も埼玉を出たのが17:00前後、池袋に着いたのが23:00前後であまりに空腹だったので営業していたラーメン屋に迷わず入りました。

そうして池袋から品川方面へバスを使って帰ろうとしました。池袋駅~渋谷駅を都営バス、渋谷駅~大井町駅を東急バスではしごしようと考えたのです。しかし池袋駅のバス停は人でごった返していました。しかたがないので明治通りを歩いて新宿方面に進んでいくことにしました。歩道は左右とも大勢の人が行きかい、まるでお祭りでもあったかのようににぎやかでした。不謹慎かもしれませんが活気があるようにさえ感じました。おかげで歩くのに気が紛れてよかったです。歩いているうちに前に走っていたバスに追いつき、新宿の伊勢丹とタカシマヤの間ぐらいのところで大勢の中に乗り込みました。都営バスの車内は絶えず地震情報を流し、また運転手も臨機応変に乗客を拾っていきました。原宿と渋谷のあたりで渋滞が長く続き、バス停までの途中ですが私を含め乗客が下車して、歩いて渋谷まで向かいました。

渋谷に着いたのはよいものの、大井町駅行きのバスはすでに最終を終え、大崎駅行きぐらいしかありませんでした。先のバスで東急線が復旧したとの情報を得たので、東急東横線に急ぎました。するとその改札口前は今まで見たことがないほどの人の群れで覆われていたのです。これだったら歩いて帰ろうと思い、山手線に沿って南下していきました。すると環6(山手通り)の目黒付近で、渋谷で乗り損ねた大井町駅行きのバスに追いつきました。これも大勢の中に押し入りました。大崎駅付近までは順調に流れましたが、そこから先は第一京浜の渋滞による影響のためか、ほとんど動かなくなりました。時間は26時を回ろうとしていました。運転手もこれが長くなるだろうと途中でドアを開いたので下車し、その後は自宅まで歩いて帰りました。

さあ今度は自宅の中がどうなっているか恐る恐るドアを開けると部屋は次の写真のようになっていました。

      2011_03140704070007.jpg 2011_03140704070008.jpg 2011_03140704070009.jpg
      2011_03140704070010.jpg 2011_03140704070011.jpg 2011_03140704070012.jpg

CDラックは無残にも倒れ、CDはあちこちにちらばっていました。つっぱり付きのものを買ったのにこれでは商品に偽りありです。天井いっぱいまでの高さに対し、底面の接地面積があまりにも狭いためにバランスを崩したのかもしれません。土日はこれを片付けるのに苦労しました。

                            2011_03140704070013.jpg

スーツなども悲惨なことになっているかなと思ったら、なぜか衣裳ラックの方はびくともしていなかったようです。

そして何といっても猫三姉妹の消息が気になるところです。先のCDラックのあるリビングに彼奴らはいたので圧死していなければと思っていたら・・・無事であること確認でき安心しました。

      2011_03140704070018.jpg 2011_03140704070020.jpg 2011_03140704070016.jpg

今ではそんな大地震があったことなど忘れているかのごとく過ごしています。しかしちょっとでも余震があると、すばやく安全な場所に逃げ込むところなど、飼い主としては頼もしい限りです。




【2011/03/14 22:51】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
松浦勝人、THOM BROWNE.を着る
                            2011_03100704070025.jpg

本日の『森田一義アワー 笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のコーナーにエイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長が出演、THOM BROWNE.のラウンドカラーチェックシャツを着ていたようです。それにしても『笑っていいとも!』1982年10月4日から放映開始で本日で7237回とは驚きです。


【2011/03/10 23:58】 THOM BROWNE.を着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
2月度当ブログアクセスサーチワードランキング
先月2月度の当ブログアクセスサーチワードランキングは以下の通りです。

1 井上ヨシマサ
2 thom browne
3 森岡みま
4 高橋幸宏 ドラム
5 野崎歓
6 サイコバニー
7 オックスフォードシャツ
8 black fleece
9 高橋幸宏 ドラム
10 高橋幸宏 結婚
11 トムブラウン シャツ
12 band of outsiders シャツ
13 野見祐二
14 band of outsiders
15 psycho bunny
16 矢沢永吉
17 高橋幸宏
18 沢田研二
19 Thom Browne
20 高橋喜代美

元コスミック・インベンションの「森岡みま」と「井上ヨシマサ」は変わらず強いです。井上ヨシマサについては、最近ほとんどメディアに登場していないからか顔があまり知られていなく、当ブログで初めて知った方が多いようです。

変わったところでは「矢沢永一」と「沢田研二」がランクインしています。いずれも「高橋幸宏ドラム名演集」で登場したワードです。

ついでながら本日は沢田研二の楽曲を紹介しましょう。以前ご紹介した1983年にリリースのアルバム「女たちよ」より『二つの夜』と『ただよう小舟』です。いずれも作詞:高橋睦郎、作曲:筒美京平、編曲:大村雅朗といった布陣です。<詩人の高橋睦郎が「源氏物語」を歌えるのは沢田しかない、と惚れこんで生まれたコンセプト・アルバムである>(Wikipedia)とのことです。作曲の筒美京平が意外にも沢田研二との仕事はこのアルバムだけしかないのは驚きです。参加ミュージシャンは以下の通りです。

吉田建 - ベース
上原裕 - ドラムス
柴山和彦 - エレクトリック・ギター
安田尚哉 - エレクトリック・ギター
西平彰 - キーボード
白井良明 - エレクトリック・ギター
ペッカー - パーカッション
松武秀樹 - コンピューター・プログラマー

後で楽曲を聴いていただくとお気づきだと思うのですが、『二つの夜』はJAPANの"The Art of Parties"、『ただよう小舟』はマルコム・マクラーレンの"Obatala"にソックリです。しかしこれは皮肉ではなく、JAPANとマクラーレンの楽曲を下敷きにしながらも、日本語の詞に乗った歌謡曲になってしまうあたりが筒美京平の職人芸だと思います。高橋睦郎の難しい詞に、しかもおそらく詞先で作られた筒美京平のメロディーは原曲とは異なる別次元の世界へと聞く者を誘います。

     

     

     



20代女子は「素足に靴」を許さない。Yes, but...
男性のファッションで理解できないものについてのアンケートが20代の女性を対象に実施されました。アンケート概要は下記の通りです。

調査時期:2010年12月8日〜12月20日
調査対象:COBS ONLINE会員
調査数:女性538名
調査方法:インターネットログイン式アンケート


アンケート内容は「男性のファッションで理解できないアイテムや着こなしを教えてください(複数回答)」で、順位は下記の結果となったようです。

1位 素足に靴 34.8%
2位 マニキュア 32.2%
3位 頭にバンダナ 32.0%
4位 腰パン 30.7%
5位 化粧 27.7%
5位 金のネックレス 27.7%


1位に「素足に靴」がトップに!これについてのコメントは以下の通りです。

・「靴下を履かないで靴を履く理由が分からない。むれると思う」(29歳/その他)
・「靴がくさくなるのでは?と突っ込みたくなる」(27歳/教育関連/営業)
・「足がにおいそうだし、見た目も良くないから、どう考えてもいいとは思えない」(28歳/IT/SE)
・「キザっぽい。バブルな感じがいやらしい」(29歳/金融/金融系専門職)


                             石田純一

「素足に靴」といえば多くの人にとって石田純一が思い浮かばれるはずです。先日あるテレビ番組で妻の東尾理子が登場し、夫が実際に素足で履いていることを証言していました。最初は衛生的ではないし臭いがあったらイヤだなと思っていたら、夫の靴をかいでみても不思議と臭いがなかったので今ではそれほど気にはならなくなったとのことです。

                トム・ブラウン ファルケ

ところでTHOM BROWE.好きな人にとっては聞き捨てならない結果ですが、トム・ブラウン自身素足で靴のようで実際にはアンクルソックスやインビジブルソックスを履いて靴、のようです。アンクルスタイルをするような男性は、素足で靴だと靴の劣化が進行することぐらいは分かっているお洒落好きが多いので、先のソックスを履いているケースがほとんどです。しかしそのインビジブルソックス、ドイツのFALKEの商品群を見ると圧倒的に女性向けのものが多く女性の愛好者の方が多いはずですが。それとも女性はいいが男性だとNGだということでしょうか。

この手のアンケートで女性が男性に対してあれこれ批判するものはあっても、その逆のものはあまりにも少ないのではないかとは、日頃から私が主張していることです。ですが男性が黙っているからといって何も思っていないわけではなく、男同士の集まりなどで共通の知り合いの女性の身なりなどについてコメントしあうことは実際によくあります。かといって、インターネット、テレビ、雑誌などで、男性が女性のことについて言いたい放題の企画を出しても、まじめな女性はムキになって怒るだけでなくクレームの嵐になるのが怖いため、実施されることはほとんど稀です。せいぜい2チャンネルなどで語り合われるのが関の山でしょう。

しかしあえて私が考える「女性のファッションで理解できないアイテムや着こなし」を述べるならば以下のことがあげられます。OJIガールについては前回述べたので割愛します。

                  パンツ・スカートレイヤード 150px-Wigan_pit_brow_lass.jpg

1.パンツとスカートのレイヤード
10年ぐらい前から見かけるようになりましたが、われわれ男性サイドから見て受けがよいものとは思えません。とりわけ電車の中で見かける、ジャージにスカートの女子中学生あるいは女子高生たちのセンスは相当に悪いものだと個人的には思います。以前の記事でご紹介した、「ヴィガンのビットブローガールズ(pit brow girls)」みたいでどうかなと。

                    ムートンブーツ 雪ん子

2.ムートンブーツ
これも男性受けがよいものか疑問です。雪ん子みたいで田舎風です。着こなし難易度はかなり高い気がします。自分の周りで履いている人は少ないですが、電車のシート横一列に申し合わせたかのようにムートンブーツが並んでいるのを見て、何か付和雷同でイヤだなと思いました。

                    レギンス 人足

3.レギンス
メンズのレギンスはもちろんですが、レディースのレギンスも着こなし難易度は高いと思われます。美人でかつよほどのスタイルのよさでもない限り、ヘタをすると人足さんのようになっちゃう可能性が大です。

                             Stella Bonasera

4.30も過ぎてノースリーブ、あるいは露出度大
最近は海外ドラマの中年女優が派手な格好をしているためか、影響を受けてがんばって着ようとする人がいます。しかし有名人やモデルがしているからといって、一般人もしてよいという道理がはたして傍から見て通用するかどうか疑わしい。また、クラシックの発表会などでも露出度が高い中年女性が結構な数いるのですが、一体どういうつもりなのか私には皆目分かりません。

5.顔と合っていないヘアスタイル
これを言っては元も子もないのですが、たとえば40代でブルドッグ顔、本人は染めたつもりでも他人から見ると白髪交じりなのにロングヘアにしている人をよくみかけます。また女性は男性に比べ、美容院などで「○○さんみたいにしてください」のようなことを言える人が多く、美容院も商売なのでハイハイ聞いて、トンだミスマッチに仕上がるケースがあるようです。

あげるとキリがないのでこの辺としますが、私個人の考えでは、アイテムや着こなしについては男性以上に女性の方が深刻なのではないかと思う次第です。深刻なだけに世の中的にはご法度になっている可能性大なのでしょう。



【2011/03/06 20:31】 ファッション | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
OJIガールも美魔女もニッポンを救わない
                          OJIガール

今朝の日本テレビ系列の番組「ウェークアップ!ぷらす」で『ニッポンを救う!?OJIガール&美魔女って何?』という特集が組まれていました。たしかにOJIガールっているよな、と思いながら見続けてしまいました。

アウトドア派の20歳代の女性を中心に流行した
「山ガール」や「釣りガール」ブーム。
そして今、それに続くトレンドは、“OJI(おじ)ガール”!
・・・って、いったい何???

(アースミュージック&エコロジー五十嵐美樹店長)
OJIガールとは、私が今日着ているような格好なんですが
靴はおじさんが履くようなカッチリとしたオックスフォード
の靴、ポイントはこのチノパンですね。そして上がシャツと
カーディガンの併せ。おじさんが着ていてもおかしくないような
格好がOJIガールです。

着心地はゆったり、見た目は英国カジュアル風。
こんな格好が、女の子に受けているという。
若い女性に人気のこのブランドでは、
OJIガールファッションの必須アイテムであるチノパンの売り上げが、
爆発的に伸びたとか…。運営会社の担当者は…

(クロスカンパニー営業本部 中村雅美課長)
2010年度のチノパンの売り上げが(前年比)3倍になっています。
ここまで売れるというのが、ここ最近ではなくて、
かなりOJIガールというところで影響が出ています。


たしかに昨年ぐらいから、ヒップや渡り幅がゆったりしたチノパン、ウェリントンめがね、ボタンダウンシャツ、ウィングチップシューズ、Vネックカーディガン、ネクタイを身につけた若い女性をよく見かけます。でもこれって私が身につけているのとほとんど同じなわけだからオヤジっぽいといえばそうかもしれません。しかしBLACK FLEECEのHPでウィメンズのLOOKを見ると、これだってオヤジっぽいといえばそうなっちゃう。このぐらいのブランドともなると若い子たちは手が出ないことでしょう。まぁ、男性以上にこのファッションは着こなしが難しいと言えそうです。

もちろん中にはこれがはまっている人もいて、着こなしによっては逆に可愛く見せられることも可能でしょうし、実際街中でそういう人を見かけたことがあります。しかし多くの人にとってこのファッションは困難です。まずウェリントンめがねみたいなものをかけても違和感なくいられる女性って、よほどのモデル級の人でもない限り無理です。男性と違ってよけいに不細工に見えます。チノパンの売行きがよいのも、不況の影響もあってかコレクションブランドがこぞってチノやカーゴ、ミリタリーなどカジュアルの定番を導入、国内ブランドがそれに追随して同じようなものを安く売っているとか、それに乗った女性誌「PS」などが「OJIガール」なる言葉を作ってブランドとタイアップしたとかなどが考えられます。

しかしこのOJIガールスタイル、肌の張りがあって若く見える20代前半が限界ではないでしょうか。30代、ましてや40代になってこんな格好をしてもオバサンがオジサンの格好をしているに過ぎず、何の取柄があってそんなことをしているのか分からなくなってしまいます。若くてかわいい子限定のファッションなので、この先それほどの経済効果があるかどうか疑わしいです。

そして美魔女については次のように紹介されていました。

ブームが生み出すビジネスチャンス。
こうした現象は、若い世代だけではない。
1分ごとに美女たちが、代わる代わる時を伝える「美人時計(とけい)」。
その「美人時計」に、新たな仲間が加わった。
なに?「美魔女時計」??
しかも、普通なら隠したいはずの年齢まで公開している!

(美人時計 田中慎也代表取締役)
今回、美魔女時計を作るということで応募を始めたときも、
通常の美人時計の10倍近い応募がありまして、そういう
ところも考えると、(40歳代女性は)すごく活動的で、
もっともっと自分の魅力を引き出せる世代の方たち
なんじゃないかと思うんです。

女性は誰しも「いつまでも美しくありたい」と願うもの。
だが、年を重ねるにつれ、気になるのが…

(街頭インタ)
50歳女性「いっぱいありますよね。シワもタルミも…」
48歳女性「シワとか、シミとか…」
43歳女性「小ジワだったり、張りですね」

いつしか諦めてしまうのが常だった。
ところが今、いくつになっても、まるで魔法を使ったかの
ごとく美しい女性たちが注目を集めている。それは…
(スーパー)美魔女
火付け役となったのは、おととし創刊されたこの雑誌。
年齢を感じさせない“美魔女”たちが、今、一大ブームを
巻き起こしているという。
編集長の山本さんは…

(「美STORY」山本由樹編集長)
その年齢とは思えないっていう価値観を言葉にすることによって、
みんなが認識できるようになったという面がひとつ。
あと、日々のコツコツとした美しくなるための努力とかが
必要で、そういう努力をすれば、自分たちも美魔女になれるんだって
いう風な共感を得たっていうのもひとつあると思います。

一般の読者モデルという身近さが、40~50歳代女性の心を
くすぐった。
出版不況といわれる中、「美STORY」の去年上半期の
販売部数は7万部以上。コスメ部門で1位に輝いた。
さらに、ブームの過熱に拍車をかけた、こんなイベントも
話題に!

(国民的“美魔女”コンテスト)
この「国民的“美魔女”コンテスト」には、全国から
なんと2500人もの応募者があったという。

(エイジレス評論家 くどーみやこさん)
昔の40代50代だと自分自身も「もう年だから」と諦めたり
周りから「もう年を考えなさいよ。みっともないわよ」みたいな
ことを言われがちだった。
それに対して、今の40代50代とうのは、バブルを経験して
若い頃から何かとスポットライトを浴びてきて、/なので
彼女たちは、年を重ねてもいつまでも輝いていたいという
願望が非常に強いんですね。

彼女たちは「国民的“美魔女”コンテスト」のファイナリスト。
みんな、普通の主婦や、働く女性たちだった。
なぜ、今の40~50歳代の女性たちは、ここまで若さや美への
探究心が強いのか? 美魔女たちを直撃した!

(美魔女インタ)
草間さん「ちょっとシミができたなとか感じるようになった
     ときに、やらなきゃ危険と思って…。」
川島さん「出産を機に考えましたね、ホントに。
     何とか戻したいっていう…」
貞吉さん「働き始めて人前に出るようになりまして、
     顔というのは化粧しなくちゃいけないのだなと…。」

若さや美しさを保つための秘訣は?

(美魔女インタ)
川島さん「自分で決めた小さい目標を作って喜ぶっていう、
     今日は昨日よりお肌の調子がいいっていうのも
喜びになって、次の目標につながったり…。」
草間さん「毎日美しくなりたいっていう気持ちだけでも、鏡に
     向かって自分の顔を見たり、お肌を触ったり、そう
     いったことだけでもいいと思うんです。」

こうした美魔女ブームは、新たな市場をも生み出した。
下着メーカーのワコールでは、ミドル世代を狙った、
こんな商品が人気を集めている。
その名も、「胸もと年齢マイナス5歳をめざすブラ」。
いったい、何がどう違うのか?

(ワコール・ミドルシニア営業課 竹中智治課長)
この胸もとの上辺の部分、この辺りにふっくらとした丸みを
持たしてあげると。/従来ですとカップの中にパットを
入れたりする形だったのを/ハリ・コシのあるリフティング
シートと呼んでいるんですが/かなり伸縮性のある生地で、
これがバスト全体を上に持ち上げてくれると。

200人以上の女性の体の変化を、45年間にわたって追跡し、
その結果生まれたのが、この下着。
20歳代と40歳代では、形も大きく変化する。
しかし、年齢に合った下着を着けることで、
胸の形の崩れを防ぐことも可能だという。
1枚およそ8000円という高額ながら、去年下半期の
販売数は、前年の6倍にもなったのだとか…。

(ワコール・ミドルシニア営業課 竹中智治課長)
その世代の方が20代の頃、寄せて上げるというもので提案
させていただいたブラジャーが、累計で1000万枚の大ヒットを
した商品なんですけれども、その世代の方が40代頃に入られている
ということで非常に大きなマーケットだと期待しています。

1兆円規模ともいわれるアンチエイジング市場。
そこへの期待は…

(エイジレス評論家・くどーみやこさん)
美魔女の人たちは、もちろん化粧品だけではなくて、エステ
行ったりとか、最近は美容医療やったりとか、あと食品、
衣服なんかもいろいろ気にかけていますので、本当にかなり
大きい市場規模がある。

さらに、くどーさんは“美魔女”世代の価値観にも注目する。

(エイジレス評論家・くどーみやこさん)
お金を出すところは思い切り出すんですけれども、節約する
ところはキュッと締めるという、いわゆるメリハリをつけた
消費の仕方、こういった価値観の女性が美魔女には多いと
思われています。


「美STORY」の美魔女と言われている人たちの写真を見ると、照明をふんだんに当てているんだなと分かるぐらい顔が真っ白でシワのかげが見えなくなり、反則技だなと思ってしまいます。多分この世代の人たちが先のOJIガールファッションをしたら洒落にもならないことになるでしょう。若い女性はことさら女であることを強調しなくても女性ホルモンの分泌が旺盛なので、どんなにボーイッシュな格好をしても女だと他人は分かってくれる。でも美魔女たちは40代を過ぎると20代のようにはいかなくなることを知ってか、ことさら女であることを強調しなければ誰も見向きもしてくれないことを悟り最後のあがきに邁進する。40代になってもボーイッシュな格好をしても、いわゆるガーリーに見える人がいたらそれこそ本物です。しかし実際はそんなことは稀なので、化粧や美容、はたまた「胸もと年齢マイナス5歳をめざすブラ」など金に糸目をつけずに消費していく。というよりも金を使えば当然その報いはあるはずだと言って信じて疑わない。しかしこの不況下、実際にお金を落とせる人はそんなにいません。

OJIガールに美魔女、韓流ブーム、女子会や最近では女子旅など、雑誌やメディアの戦略に踊らされる女性達を見るにつけ、自分は男性に生まれてよかったなといっそう確信を深めるばかりです。


【2011/03/05 22:58】 ファッション | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
ヨドバシカメラの店員でも石田純一でもなし
                            2011_03050704070002.jpg

BLACK FLEECEの2007年立ち上がり時のチルデンセーター、100%カシミヤです。実はブルーのオックスフォードシャツはあまり持っていなくて、とりあえずここで着ているのはPsycho Bunnyのシャツです。くれぐれもヨドバシの店員ではありません。うちの妻がこのセーターを最初に見たとき、「石田純一みたいで自己主張しすぎ。それじゃ<40代女子>のミニスカ批判できないでしょ」と言われたのですが、石田純一がこの組合せでいるのを見たことがないので何ともコメントできません。実際に着てみると「思ったほど変じゃない」、まぁ似合わなくはないとのことです。

                            2011_03050704070004.jpg

カシミヤですが地厚の生地で、とりわけ袖のボタンホールの部分は厚くなっているため、ボタンを通すのに十分注意しないといけません。当時18万はしたと言われるこのチルデンセーター。やはり2007年秋冬のアイテムは価格もスペックも非常に高いものであったことがここでもうかがえます。



【2011/03/05 21:59】 BLACK FLEECEを着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
BAND OF OUTSIDERSのスーツにMACKINTOSHのコート
                            Scott Stenberg

“ MACKINTOSH is a true treasure from our past – pure technology, just like Polaroid which I love so much, that is so many years old but will never be replaced. ”

上のコメントはBAND OF OUTSIDERSのデザイナー、Scott Sternbergによるものです。だからと言うわけではありませんが・・・

                     2011_03030704070002.jpg 2011_03030704070001.jpg

BAND OF OUTSIDERSのスーツにMACKINTOSHのコートを合わせて過ごしました。スーツ上下、ボタンダウンシャツ、スーツと共地のネクタイ、すべてバンドです。バンドのネクタイはTHOM BROWNE.以上にナローです。

実は今日、コートを着たままざるそばを食べていたら汁がコートにほんのちょっとですが飛び散って少しあせりました。ベージュはいいんだけどこういう時汚れが目立つんだよな~。あるショップの人が、消しゴムで汚れが取れることを言っていたのを思い出してすぐに脱いで汚れを指でこすると、あら不思議取れちゃいました。たしかに他には代えがたい素晴らしいコートです。






【2011/03/03 20:49】 BAND OF OUTSIDERSを着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
Y-3は三本線、THOM BROWNE.は四本線
                             Y-3.jpg

伊勢丹メンズ館の2階でフラフラしていたら左袖に三本線のあるパーカーが目に入りました。おお、これぞ元祖三本線と思わず心で叫びました。そのパーカーの写真が見当たらないので2010秋冬のカーディガンを代わりにご覧ください。シルエットや着丈はまったく違いますが、元祖と言わんばかりにはっきりと三本線が刻まれています。その後近くのJOURNAL STANDARDに行ったら、THOM BROWNE.の左袖四本線のパーカーがありました。どうでもよいことですが、一応本数を確認しに行った次第。

                             f0089299_1021950.jpg

かつてはウィメンズでも三本線でした。シルエットは窮屈そうです。




【2011/03/03 20:25】 THOM BROWNE.を着る | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
高橋幸宏ドラム名演集56
前回の記事で『CHINESE WHISPERS』がその後の『BOUNDS OF REASON BONDS OF LOVE』の暗示をしていたのではないか、といったことを述べました。今回ご紹介するのは他人の楽曲ですが、その後の自身の楽曲に少なからず影響を与えたと思われるものです。それは現在残念ながら廃盤になってしまった戸川純ユニットのアルバム「極東慰安唱歌」(1985年3月25日)の冒頭の楽曲『眼球綺譚』(作詞:戸川純、作曲:戸川純+吉川洋一郎)です。イントロのドラムには聞き覚えがあることかと思います。まずはお聴きください。

     

高橋幸宏のソロアルバム「Once A Fool, …―遥かなる想い―」のラストに収録の『今日の空』がそうですね。私はてっきり『今日の空』のドラムパターンを『眼球綺譚』で援用しているのかなと思っていたらそうではないようです。というのも「Once A Fool, …―遥かなる想い―」は「極東慰安唱歌」よりもよりも約7ヶ月遅れてリリースされているからです。それにしてもドラマ性のある『今日の空』のドラムの原点が『眼球綺譚』とは不思議な感じがしないではありません。もっともこの楽曲のオリジナルは、2:05までがサンプリング、それ以降は生ドラムといった趣向のものではありますが。前半のプログラムによる演奏、実に見事に高橋幸宏の叩きグセを再現しています。味があるとでも言うのでしょうか。

     

「Once A Fool, …―遥かなる想い―」のリリース時のコンサートツアーではスティーヴ・ジャンセンがドラムを演奏していました。高橋幸宏の意を汲んだドラムを披露しています。

     




高橋幸宏ドラム名演集55
久々にYMOからの名演をご紹介しましょう。と言っても私の独断と偏見で選んでいますのでご了承願います。初期YMOのオリジナルラストアルバム「SERVICE」(1983年12月14日)より『CHINESE WHISPERS』です。高橋幸宏本人はあまり好きではない曲らしいですが、その割にはドラムは気合が入っている気がします。

全体的にパワフルなドラムです。タムのチューニングを低く設定してあるのか、高橋幸宏のタムの音にしては深く響く感じがします。ハイハットの音がクリアなのは、他のパートと別録りをした可能性があります。1:19あたりのフィルインはジェフ・ポーカロのお決まりパターンみたいです。

     

ところで1983年のYMOの散開ツアーではこの曲をDavid Palmerが叩いているのですが、テンポがあまりにも速く、シモンズの音なので、高橋幸宏の叩いたオリジナルバージョンと比べ安っぽい印象があり失敗かなと個人的には思います。

     

高橋幸宏本人がこの曲を気に入っていないと先に述べました。私は「SERVICE」におけるYMO3人のそれぞれの楽曲は、その後の音楽スタイルを暗示していたのではないかと思います。細野晴臣の『MAD MAN』はソロアルバム「S・F・X」、坂本龍一の『PERSPECTIVE』はソロアルバム「音楽図鑑」、そして高橋幸宏の『CHINESE WHISPERS』はソロアルバム「WILD & MOODY」の『BOUNDS OF REASON BONDS OF LOVE』を暗示している気がします。たしかにYMOのライブでは散開ライブだけなので、それほど好きな楽曲ではないからかもしれませんが、YMOの中でもかなり珍しいほどのパッションのあるドラミングを披露している気がするのですがいかがでしょう。

     




PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    02 | 2011/03 | 04
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。