海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
オルネラ・ヴァノーネ、坂本龍一を歌う
齢78にしていまだ健在のイタリアの国民的女性歌手、オルネラ・ヴァノーネが坂本龍一の『Tango』を『L'Isola』とタイトルを替え、イタリア語の訳詞で歌った作品を聴きます。詳しくは過去記事を参考にしてください。

     

     


スポンサーサイト
スコティッシュフォールド三姉妹近影
     2012_10300704070001.jpg2012_10300704070004.jpg

三姉妹とも元気に過ごしています。



【2012/10/30 21:30】 ねこ |
オバマ夫人、THOM BROWNE.を着る
     Michelle Obama

今月22日、フロリダ州ボカラトンにおける3回目の大統領候補討論会の際に、オバマ夫人が着ていたドレスはTHOM BROWNE.だった模様。Estimated cost is $1,900 to $3,200と噂され、「庶民的」アピールにはなっていなったのかもしれません。先月の民主党全国大会でも着ていたようです。


【2012/10/24 02:33】 THOM BROWNE.を着る |
松下誠 / FIRST LIGHT
     2012_10220704070001.jpg

つい先日、中古CDショップでかかっていたのを聴いて買った松下誠のファーストアルバム「FIRST LIGHT」(1981年)です。どこかで聴いたことのある声だなと思っていたら、AB'Sのボーカルも務めていた松下誠だったとは。ソロアルバムを出していたことすらも知りませんでした。このアルバムはAB'Sのデビューよりも2年も前だったのですね。当時はアメリカのAORが日本にも浸透しつつある時期でしたが、国内アーティストでこのジャンルをやりこなすのはいないとずっと思っていたのが、31年後にしてそうではなかったと気づかせるほどの隠れた名盤だと思い手に入れた次第。もっとも、ドゥービー・ブラザーズやスティーリー・ダン、その他ブラコンと似ている曲は多々あるものの、アルバムとしての完成度はファーストアルバムにしては高いのではと思います。まずは何曲か聴いていただきましょう。

     

     

     

     

このアルバムでファンキなーベースを弾いているのは誰かなとクレジットを見ると、富倉安生の名前がありました。この名前ですぐにピンときたのが、ゴダイゴがスティーヴ・フォックスの脱退した直後にコンサートツアーをした時のサポートメンバー。こんな仕事もしていたんだとこれまた発見でした。

そうれはそうと私はこのCDを、amazonで検索しても法外な値段がついたプレミア品だし、他ではもう買えないだろうと思い即買したわけですが、本日タワーレコードをのぞいてみたところ、何とタワー限定で松下誠のアルバム、「FIRST LIGHT」、「THE PRESSURES AND THE PLEASURES」、「QUIET SKIES」の3枚が再発されているのを見て、やられた〜と思いました。他の2枚もその場で試聴したものの、ファースト以外はそれほど興味は湧かなかったので結局買い足しませんでした。とはいえ、松下誠のアルバムにご興味のある方は、お近くのタワーレコードに行けば手に入るはずです。

松下誠といえば、やはりAB'Sなのでここで1曲聴きましょうか。帽子をかぶった小太りな人が松下誠です。

     

個人的には松下誠といえば、SHOW-YAのアレンジャーを務めていた頃のことを思い出します。やはり筒美京平作曲の『その後で殺したい』がいちばん。イントロが中山美穂の『炎の舞』とそっくりですが、筒美京平の指示によるものでしょう。

     


【2012/10/22 21:31】 日本の音楽 |
筒美京平の隠れた名曲集82
井上順(当時井上順之)の唯一のヒット曲『お世話になりました』をB-21 SPECIALがカバーしていました。『B-21 SPECIALのお世話になりました』(作詞:山上路夫 作曲:筒美京平 編曲:崎谷健次郎 1989年11月21日)です。当時ダンスビートに凝っていた崎谷健次郎が編曲を担当しています。メロディーにシンコペーションを多用したり、リハーモナイズしたり崎谷健次郎なりの工夫が見られますが、今ひとつインパクトに欠けます。しかしこのカバー、オリコン最高位77位と意外と健闘していたようです。

ところでB-21 SPECIALのデビット伊東についてですが、かつて『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』の企画で渋谷道玄坂のYAMAHAの斜向かいあたりで「でび」というラーメン屋の店主をしたことがあります。当時そこのラーメンを食べたところ、なかなかうまかった覚えがあります。いつの間にかなくなったので、ラーメン屋は廃業したのかなと思っていたら、「現在「でびっと」(初期は「でび」)という屋号のラーメン店を全国で7店舗(中延本店、桜新町サザエさん通り店、神田駿河台店、立川ラーメンスクエア店、イトーヨーカドー大和鶴間店、相模大野モアーズ店、東静岡店)、海外で2店舗(マカオ店(『財神酒店』)、香港店)を経営(Wikipedia)」しているとのこと。資本金2000万円、従業員50人の社長とは立派ですね。

     


【2012/10/17 22:37】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集81
筒美京平作曲にわれらが高橋幸宏が編曲を手がけた作品があります。守屋里衣奈のシングル『花・月・人』(作詞/のっこ 1999年4月21日)です。聴いた感じ、すぐに筒美京平や高橋幸宏が思い浮かぶような曲調ではありませんが、守屋里衣奈の歌はまさにのっこそのもの。レーベルはCON-SIPIOなので、高橋幸宏サイドから筒美京平へのオファーと考えられます。筒美京平作品に高橋幸宏がドラマーとして参加したのは数多くあっても、編曲で参加とは誠に稀有な作品といえます。

     



【2012/10/17 22:03】 筒美京平の隠れた名曲集 |
ランドリーポッドをついにゲット
     2012_10160704070004.jpg2012_10160704070001.jpg

前から欲しいと思っていたランドリーポッドをついに手に入れました。私が探していた時はちょうど国内で欠品状態でしたが、今は各販売店で在庫しているようです。ご覧のように非常に簡単なつくりで、こんなものが定価12,600円(税込)とは高いと思われる方も多いことでしょう。しかし意外と他にはない、ニッチな商品だと言えます。

手洗いだと1点1点洗ったりすすぎをしたりするのに時間がかかるし、マシンだといくら弱い設定にしてもドラムの回転が気になったり脱水が洗濯物を傷めるのではと心配したりと、その解決策に悩んでいました。たまたま東急ハンズでブラブラしていて目に入ったのがこのランドリーポッドでした。私の場合、ワイシャツですと1回で3枚を洗いますので、手洗いよりは時間が短縮できます。また自分の手で回転を調整できるので、回転によるシャツの傷みはほとんど心配ありません。先日お話したように、襟と袖の部分洗いはウタマロ、洗濯はシャボン玉スノールで行います。

     2012_10160704070002.jpg2012_10160704070003.jpg

さて上の写真はラランドリーポッドの取扱説明書兼保証書です。中を開くと、見開き左は日本語で右は英語で書かれています。左の日本語の説明書はなぜか3ページ後の見開き右ページへと飛躍します。一見おしゃれなデザインですが、このように抜けているところが大雑把でアメリカらしいです。

最後にアメリカの取扱説明動画をご覧ください。この動画、「動画の統計情報」を閲覧すると、中高年の男性を中心に視聴されているようです。男性の方が家事でもやりだすと凝っちゃうのでしょうね。




【2012/10/16 23:35】 ファッション |
『GANGNAM STYLE』全米大ヒットを考える
韓国のアーティスト、PSYの『GANGNAM STYLE』がビルボードHOT100で2位に位置していて1位に到達する勢いです。きゃりーぱみゅぱみゅのYouTubeアクセス数を遥かに超える4億以上のアクセス数には驚きです。私個人はこの曲のPVが面白くて結構観ています。登場人物がすべて韓国人であることと、ハングル語の歌詞であるにもかかわらず違和感なく観られるのが自分でも不思議です。しかしこの楽曲については、日本のイエローハットのCM音楽と酷似していることが指摘されています。聴き比べてみましょう。





オケやブレイク挿入、馬乗り振り付けは明らかにイエローハットの引用でしょう。イエローハット自体がKOYOTEというグループのパクリだと唱える人がいますが、馬乗りダンス自体は昔からよくあるもの。むしろ、イエローハットのCMが流れた後の絶妙なタイミングで『GANGNAM STYLE』がリリースされたあたり、確信犯であろうかと思います。

服の話をすると、最近は韓国でも人気のTHOM BROWNE.ですが、シャツの前立て裏のトリコロールのグログランテープは実はTHOM BROWNE.がするずっと以前からあるものであり、目新しいものでも何でもありません。ただ、先般のロンドンオリンピックで日本選手団が着たトリコロールのグログランテープ付きのシャツは、昔からあるそのスタイルの踏襲というよりは、明らかにTHOM BROWNE.あるいはセレクトショップなどのもどきシャツの流行を受けて導入したものだと言わざるを得ません。

それと同じように『GANGNAM STYLE』のリズムや曲構成、振り付けなどはずっと前からあるスタイルの寄せ集めに過ぎませんが、これらの要素をPSY自らが組み込んだというよりは、不完全ながらもこれらの要素を上手に取り入れたイエローハットのCMからヒントを得て手っ取り早く作ったというのが本当のところではないでしょうか。それにしても、一体どうやってPSYがこのCMを知ったのか不思議でなりませんが。

私がここで言いたいのは、日本人だから、韓国人だからパクリをやっていると罵ているわけではなく、ヒット曲の多くは日本だけでなく、アメリカにおいても実は多くあるということです。有名なのは、1984年に全米1位となったレイ・パーカー・ジュニアの『ゴーストバスターズ』は、「半年前にリリースされたヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのヒット曲『アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ』(1983年発表のアルバム『スポーツ』に収録に酷似していたことから裁判沙汰となり、結果敗訴(Wikipedia)」した経緯があります。ヒューイ・ルイスだけでなく、Mの『ポップ・ミュージック』にも似ていることからロビン・スコットからも訴えられていました。しかしそれだとヒューイ・ルイスもMをパクッたことにならないのか。







ここで気になるのが、そのイエローハットのCMを作曲したEager Lush(イーガー ラッシュ)/ Take Igarashiの動向です。実はEager LushとPSYの共通点があって、二人ともバークレー音楽院で学んでいることです。Eager Lushは二十歳の頃に入学、PSYは彼よりも3歳上ですが、バークリーよりも前にボストン大学で国際事業を学んでいますので、ひょっとしたら在籍期間がかぶっていて顔見知りなのかもしれません。ちなみにバークリー音楽院といえば、90年代頃より入学するのはアジア系ばかりだと聞いたことがあります。あまりにアジア系が多くて知り合いではないかもしれませんが。Eager Lushの作品でオノマトペのヴォイスが印象的なBVDのCMを聴いてみましょう。



そうれはそうと、ヒューイ・ルイスがレイ・パーカー・ジュニアに訴えたように、Eager LushがPSYを訴えるのであればタイミング的には今ですが、静観を決め込んでいる模様です。相手がパクリでヒットしようが資金力はあるのであろうし、かたや米国在住とはいえ日本国内でCM音楽で生計を立てている程度では太刀打ちできない、イエローハットのCMの知名度が全米にないなどの理由があるのでしょうか。

いずれにしても今回のPSYの『GANGNAM STYLE』、今は楽しく観させてもらっていますが、いずれはカマオの『LAMBADA』(1989年、ロス・カルカス (Los Kjarkas)のオリジナル曲「Llorando se fue(ジョランド・セ・フエ:泣きながら去った、日本語題:『泣きながら』)」を無断で盗用)、ロス・デル・リオの『恋のマカレナ』(1993年)、スキャットマン・ジョンの『スキャットマン』(1994年)のような運命をたどることでしょう。日本でヒットするかというと、日本人にはこの楽曲を洋楽として捉えることができないのと、PVにしてはあまりにも下品なので女性受けも悪く、ヒットすることは困難だと思われます。










【2012/10/10 22:51】 未分類 |
手洗いの必需品、シャボン玉スノールとウタマロ
シャツについて洗濯は手洗いで行うことは以前にもお話したことがあります。今日は久々に手洗いのお話を。

その前に、私は普段スーツで過ごしますが、シャツはオクスフォードばかり着ている一方、ブロード生地のものは最近はほとんど着ません。面倒くさがり屋なので、多くはオクスフォードの洗いざらしです。ですので、これも以前お話したタキイのアイロンというプロ仕様のアイロンの出番がほとんどないわけです。

とはいえ、オクスフォードだからと洗濯機に無闇に入れることはありません。たしかにその方が楽なのですが、やはりマシンウォッシュすると、シャツやとりわけソックスなどは痛みが早く現れると思われるからです。トム・ブラウンはシャツはマシンウォッシュして乾燥機にポイすると述べていますが、私はこれには同意できません。供給者サイドは消費者がなるべく早い期間のうちにに商品の劣化に伴いシャツを買い直すことを期待することでしょう。しかし買う側からすれば、なるべく大切に扱い長い期間着用したいと思うものです。

そんなわけで手洗いを続けているのですが、やはりこれが面倒くさい。実は最近までおしゃれ着洗い用の市販の洗剤で洗っていました。漂白剤も使用することもあり、素手で行うと手が荒れて困っていました。

                    2012_10080704070005.jpg

そうこうしているうちに、『MEN'S EX』のサイト『UOMO』9月号にたどり着き、上のシャボン玉スノールとウタマロを知るきっかけができました。

     2012_10080704070007.jpg2012_10080704070006.jpg

2つとも植物性純石鹸分が高く、手洗いをして手が荒れることがありません。シャボン玉スノールを使うと洗濯物が柔らかい仕上げになり柔軟剤は必要なしです。ウタマロを使ってえり、そでの汚れを取るため部分洗いをするのですが、劇的とまでは言わないまでも、白く輝いているような仕上がりが見られます。というわけで、今の私には手洗いでは欠かせないアイテムとなりました。ただ面倒なのが、2つともいわゆる近くの薬局にはほとんど置いてありません。東急ハンズのクリーン&ランドリーコーナーにありますが、通販の方が安いのでそちらを利用します。

ところでうちのかみさんが、「シャボン玉って『シャボン玉ホリデー』のスポンサーだったところ」と聞くので、「それは牛乳石鹸」と答えました。たしかに最近東京でCMが流れているのを見たことがありません。YouTubeでアップされているCMがありますので、それを見て思い出してみてください。たしかに「おくりもの」でもらうとうれしいかもしれません。

     


【2012/10/09 00:48】 ファッション |
掃除機のホースに絡んで寝る
     2012_10080704070001.jpg2012_10080704070003.jpg

スコティッシュフォールド次女の「もも」です。いつの頃からか掃除機のホースに絡まって寝ることが多くなりました。人間界でも枕や毛布を抱いていないと安心できない人がいるくらいだから、猫に掃除機のホースが近くにないと落ち着かないのがいてもおかしくないのでしょうが。

                    2012_10080704070002.jpg

スコティッシュフォールド三女の「ころ」です。たまたまなのですが、珍しく掃除機の近くで寝ているところを撮りました。お腹を見せていると、他の姉御たちに襲われはしないかと思う次第です。



【2012/10/08 23:51】 ねこ |
相葉雅紀、THOM BROWNE.を着る
第29回ベストジーニスト授賞式の際に、相葉雅紀がTHOM BROWNE.のシャツを着て登場しています。

ところでこのベストジーニスト、過去の受賞者をどう見ても、 男性はジャニーズ事務所、女性はエイベックスの所属タレントで占められる出来レースであることと、普段ジーンズなどはいていなくても、その時その時で話題性のある人が多いところから、日本ジーンズ協議会のプロモーションの一環でしかないのかなと、周囲から冷めて見られているのではないでしょうか。





【2012/10/05 05:49】 THOM BROWNE.を着る |
9月度当ブログアクセスサーチワードランキング
9月の当ブログアクセスワードランキングは以下の通りです。

1 高橋幸宏 ドラム
2 森岡みま
3 thom browne
4 トムブラウン シャツ
5 black fleece
6 トムブラウン スーツ
7 高橋喜代美 高橋幸宏
8 筒美京平
9 野見祐二
10 高橋喜代美
11 テレサ野田
12 遠藤響子
13 thom grey
14 高橋幸宏 妻
15 竹野内豊 ダーバン
16 トムブラウン
17 練馬変態クラブ
18 遠藤響子 ブログ
19 長塚京三 フランス語
20 david palmer

意外にも「高橋幸宏 ドラム」が初の1位。「テレサ野田」が圏外から躍進。すでに契約が切れている「竹野内豊 ダーバン」もランクインしています。

「長塚京三 フランス語」がちょうど1年ぶりに返り咲きました。長塚京三が実はソルボンヌ出身でフランス語が堪能であることは過去の記事でご紹介したことがあります。その中でフジテレビ系列の「愛の嵐」という昼ドラで長塚京三と共演した中尾彬もフランスに留学した過去があり、多少フランス語ができるはずです。

記事を書いた当時はYouTubeの扱い方も知らなかったし、知っていてもこのドラマの動画はアップされていなかったしで、動画まではご紹介できませんでした。先ほどYouTubeを確認したら、二人の隠れフランスかぶれが共演している動画ありました。あらためて観ると、登場する俳優が皆若い。とりわけ田中美佐子はこの頃がいちばんよかったと個人的に思う次第です。

     


木村拓哉、THOM BROWNE.を着る
今テレビで流れているNikon「COOLPIX S800c」のCMで、木村拓哉がTHOM BROWNE.のブレザーを着て登場していますシャツも実物を見たことはありませんが、カフスの感じからしてもTHOM BROWNE.の可能性が大です。




【2012/10/02 20:15】 THOM BROWNE.を着る |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2012/10 | 11
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。