海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
日本人選手、張継科を下す
オーストリアのウェルスで行われている卓球の「オーストリア・オープン」の準々決勝で、東京アート所属の高木和卓が現世界チャンピオンで五輪チャンピオンの張継科に勝利ました。最近国内大会でも張継科の調子がよくなかったとはいえ、日本人選手が世界の上位の選手に勝つのは今後の自信につながることでしょう。高木和卓はその後準決勝で惜しくも郝帥に敗れたようです。





スポンサーサイト
【2013/01/27 22:50】 卓球 |
オバマ夫人、THOM BROWNE.を着る
             amr13012207480000-p3.jpg
               elle-mobama-browne-de.jpg

このシリーズで2回目のご登場、オバマ夫人です。オバマ大統領の2期目就任演説の際に着たドレスはTHOM BROWNE.。「ネイビージャカードプリントドレス」、「シルクのネクタイ生地」などと記事では紹介されています。ベルトはJ. Crewのようです。やはりこういった華々しい場所では、いつもの庶民的なブランドは着ないということなのでしょう。ここぞという時のTHOM BROWNE.ですね。


【2013/01/22 21:31】 THOM BROWNE.を着る |
Thom Browne Fall/Winter 2013 | Paris Fashion Week
THOM BROWNE.の今年の秋冬ランウェイショーが昨日付のパリで催されました。モノトーン基調、スクエアモチーフ、アーミッシュが特徴のショーだったようです。昨年ほどお金をかけていないんだろうなと。インパクトという点では、最近のショー中では大人しい気がしました。

と言いながらも、ランウェイでの服はお店には並ばないのがほとんどなので、実際に売り物になるものが今回のコンセプトをベースにいかに発展していくのかが楽しみではあります。



それはそうと、木の骨組み、アーミッシュ、バックの音楽とくれば、映画「刑事ジョン・ブック 目撃者」のこのシーンを思い起こさずにはいられません。今回のショーはこのシーンにインスパイアされたのは間違いありません。ちなみに「目撃者」の監督はピーター・ウィアー、音楽は「アラビアのローレンス」のモーリス・ジャールによるものです。ジャン=ミシェル・ジャールのお父さんですね。





【2013/01/21 20:22】 THOM BROWNE.を着る |
トム・ブラウン流ヴェストの着こなし
                   12109-vest.jpg

ミラノ・ファッション・ワークの間に行われたGQのパーティでのショット。トム・ブラウンが珍しくヴェストを着ています。一番下のボタンを外すのは一般的ですが、第一ボタンも外しているのでそこに目が行っちゃいます。隣のGQの編集者、ジム・ネルソンも同様なので、第一ボタンを付け忘れたわけではなさそう。一般の人がすると、周囲の人から「外れていますよ」言われそうですね。



【2013/01/20 08:21】 THOM BROWNE.を着る |
筒美京平、70年代のスーツスタイル
今でこそ、BSフジやBSプレミアムの特集番組で姿を見せるようになった筒美京平。若い頃の貴重な映像があります。1971年(昭和46年)12月31日に帝国劇場で行われた「第13回日本レコード大賞」に出演しています。

筒美京平はこの時、朝丘雪路の『雨がやんだら』と平山三紀の『真夏の出来事』で作曲賞を受賞。動画は筒美京平が『真夏の出来事』で楽団の指揮をとっている模様です。ほんの一瞬だけですが、ジャストフィットで、しつこいようですがちゃんとジャケット袖からシャツがのぞく着こなしをしています。当時からあまり表には出てこなかったものの、お洒落であることは一部に知られたことでした。まだ若く背筋が伸びているのが印象的です。

     




【2013/01/20 01:46】 ファッション |
ビル・エヴァンス、60年代のスーツスタイル
やはりこの人も外せない、ジャズ・ピアニストのビル・エヴァンス。英BBCテレビのジャズ番組「Jazz 625」でのスーツスタイルです。1965年3月19日にロンドンのBBCスタジオでの公開ライブ。参加メンバーは以下の通りです。

Bill Evans - Piano
Chuck Israel - Bass
Larry Bunker - Drums

3人ともスリーピースで演奏しています。この当時は演奏者もですが、来ているお客もちゃんと正装しているのが素晴らしい。今は演奏者も観客もラフな格好をするまでに落ちぶれました。演奏者を見てお分かりの通り、ジャストフィットで着ています。ジャケット袖からシャツの袖がちゃんと出ています。最近の人はオーバーサイズでシャツをジャケット袖から出していない人が多い。

それと演奏者も観客もつけているネクタイがナローでノットが小さいところなど、トム・ブラウンがひょっとしたら参考にしているかもしれません。ビル・エヴァンスのかけている眼鏡も、今見てもモダン。この時代はよかった、なんてちょっと年寄り臭いでしょうか。音楽も服も最高のエヴァンスです。

     


【2013/01/20 00:29】 ファッション |
デヴィッド・ボウイ、00年代のスーツスタイル
何て言ったってやはりこれでしょう。THOM BROWNE.を着た「ファッション・ロックス」でのデビッド・ボウイ。ボウイが登場したのは、コンデナスト・パブリケーションズ主催、2005年9月8日にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールでのステージです。ボウイの他に、グウェン・ステファニー、デュラン・デュラン、アリシア・キーズ、ティム・マックグロウ、シャキーラ、ネリー、ビリー・アイドル、アーケイド・ファイア、デスティニー・チャイルドが出演しています。

ここでのボウイの着こなしですが、ボタンダウンシャツのボタン外し、シャツの袖ボタン外し、ポケットチーフ、ジャケット袖の第一ボタン外し、などをすでに行なっていますが、恐らくトム・ブラウン自身が施したのでしょう。今から見て少し違和感があるのが、ジャケットの第一ボタンを留めていること、茶色の靴を合わせていること、トラウザーズがシングルであることなどがあげられます。

いずれにしても、ライブパフォーマンスを通じてデザイナーを紹介するこのイベントに、新進のデザイナー、トム・ブラウンが早くも参加していることや、彼のスタイルがいまだに貫かれていることにあらためて驚きました。

     



【2013/01/19 23:23】 ファッション |
筒美京平の隠れた名曲集96
筒美京平は、姐御肌で飾らないぶっちゃけトークで知られるSILVAのシングル『Happy End』(作詞:SILVA、編曲:松井 寛 2000年9月6日)を手がけています。筒美京平が得意とする、70年代のスリー・ディグリーズなどに通じるファンキーな楽曲です。間奏ではハウスぽいリズムも盛り込まれています。チャート的には前後のシングルは100以内なのに対して、この作品は100位圏外。ヒットメーカーを自認する筒美京平としては不本意な結果でしょうが、2000年代からはそれまでとは異なる、チャートにこだわらない曲づくりをしだしたのがわかる作品です。

               



【2013/01/18 23:43】 筒美京平の隠れた名曲集 |
一聴凡庸だけど味わいあるフランシス・レイの曲
以前にもご紹介したことのあるフランシス・レイのインストアルバム「Inedits」(19982年)。Edition23という得体のしれないプロジェクトが手がけるシンセをフィーチャーしたイージーリスニング集といったところでしょうか。ジャケットはエグいは、シンセのインストは安っぽいは、どの曲も凡庸と言えば凡庸なものばかりだはといった感じですが、なぜか聴くほどに味わい深い、飽きのこない不思議なアルバムです。中でも愛聴するのが『Lonely Days Once More』という曲。筒美京平に限らず、日本の作・編曲家でこの人の影響をまったく受けていない人はいないほど。この曲は歌謡曲でもよく聴くゴージャスなアレンジが施されています。音楽の構成はこれぐらいシンプルなのがよいような気がします。

     



【2013/01/17 22:30】 フレンチポップ |
筒美京平の隠れた名曲集95
筒美京平は、香西かおりのデビュー二十周年記念作品『き・ず・な』(作詞:なかにし礼、編曲:船山基紀 2007年3月21日)を手がけています。記念作品と銘打った割にはオリコン最高位47位にとどまり、かつ、その年の紅白歌合戦ではこの曲ではなく『無言坂』を歌っているほどですので、あまり香西かおりの曲として一般に認知度はないかもしれません。ということもあり、筒美京平が香西かおりに楽曲提供したことさえも今では埋もれてしまっています。

それでもこの曲のYouTube動画があったので観てみましょう。五木ひろしやクールファイブに提供した曲もそうでしたが、筒美京平は洋楽のサウンドに演歌ぽいメロディを乗せるのはうまくても、ド演歌はさすがに作ることはありません。この『き・ず・な』もメモリアルな楽曲であったにも関わらず、非常に構成の難しい楽曲に仕上げで、演歌ファンからすると親しみやすいとは言い難い。そうやって考えると、元一風堂の見岳章が美空ひばりのために書き下ろした『川の流れのように』がいかにすごいかがわかってきます。





【2013/01/17 21:27】 筒美京平の隠れた名曲集 |
出版社も昼間は暇ですか
私は昼間働いていて人のブログなど見る暇はありません。少年ジャンプの出版社が暇とは思えないが周りの目は気にならないのか。人のブログではなく自分のブログで言いたいことは言えばいいのです。該当者のコメントすべてを削除します。


【2013/01/17 20:13】 未分類 |
新○鉄ソリューションズ株式会社の社員の方へ
この二日間、日中に当ブログへ40アクセスとは多過ぎではありませんか。お仕事ちゃんとやっているのか心配です。


【2013/01/16 22:32】 未分類 |
本国HMVが経営破綻
1921年創業英国の老舗レコード販売チェーン「HMV」が経営破綻した模様。日本国内の46店舗はローソンの傘下にあり、「イギリスのHMVとは資本関係がなく、破綻による影響はない」とのことなのでひとまず安心。日本法人の方が、リストラなどの合理化、ネット販売に注力するなど、時代の変化に対応できたから生き残ったのでしょう。タワーレコードにしてもこのHMVにしても、日本法人は本国を上回るビジネスモデルを構築しています。



【2013/01/15 22:44】 ビジネス |
クラフトワーク12枚のアルバム聴き終えました
先ほど約10時間かけて全アルバムを聴き終えました。YouTubeでこんなに連続して視聴したりするのは初めてです。クラフトワークとしてはこの12枚ですが、ラルフ・ヒュッターとフローリアン・シュナイダーが在籍した前身バンド、オルガニザツィオーン (Organisation)の「TONE FLOAT」(1969年)も加えてみましょうか。クラウト・ロックの重鎮、コニー・プランクがプロデュースをしていますが、当のクラフトワークの二人はこのアルバムを失敗作とし、今は正式にリリースはされておらず、ブートレグでしか聴くことができません。

     
【2013/01/14 23:56】 ジャーマン・ロック |
高橋幸宏ドラム名演集102
立花ハジメのファーストソロアルバム「H」(1982年5月21日)は高橋幸宏がプロデュースしたことはよく知られていますが、どの曲でドラムを叩いているのかはっきりしませんでした。意外にも『Soprano Silhouette』と『Alps』と、2曲も叩いていたのです。

今回は『Alps』を聴きましょう。「やっとこ、やっとこ」みたいなドラムパターンが続くかと思うとお得意のロールが不意に現れます。高橋幸宏には珍しく、前衛的で変則的なドラム演奏を披露しています。このスタイルは当時限定といった感じで、今あるいはこれから披露することはないと思われます。そういえば、還暦記念ライブに旧友の立花ハジメはお呼びがなかったのでしょうね。

        


【2013/01/14 13:36】 高橋幸宏ドラム名演集 |
雪の日はクラフトワーク全アルバムを10時間かけて聴こう
今日の東京は雪が積もっています。阪急メンズ館に行こうと思っていましたがあきらめました。部屋で大人しくクラフトワークの全アルバムを逆年代順にじっくり聴くよい機会かもしれません。





【2013/01/14 13:09】 ジャーマン・ロック |
イヴ・モンタン、80年代のスーツスタイル
ジャック・ドゥミ監督の遺作「想い出のマルセイユ(Trois places pour le 26, 1988年)」の冒頭シーンでのイヴ・モンタンのスーツ姿。本人役のモンタンが、世界ツアーのリハーサルの地としてかつていたマルセイユを選び現地に登場したところ、記者たちに取り囲まれてインタビューを受けるところです。動画は途中で切れてしまいますが、この後全員がマイケル・ジャクソンのPVみたいに踊りだす、80年代らしい映画です。

以前にもこの映画をご紹介したように、ドゥミの得意なミュージカル仕掛けですが、ミシェル・ルグランの音楽が打ち込み中心となり、賛否両論のあった映画です。イヴ・モンタンは1990年にジャック・ドゥミがエイズで亡くなった後、まるで追うかのように1991年に亡くなっています。死因は心臓発作で、彼の遺作映画「IP5/愛を探す旅人たち」の撮影直後とのことです。





【2013/01/13 20:52】 ファッション |
高橋幸宏ドラム名演集101
高橋幸宏は、中西俊夫と佐藤チカがプラスチック解散後に結成したプロジェクト、MELONのシングル『P.J.』(1982年11月5日)の録音にもドラムで参加しています。曲名のイニシャルは二人が出演も果たした資生堂「パーキー・ジーンズ」を意味します。参加メンバーは以下の通りです。

中西俊夫 Vocal & Guitar
土屋昌巳 Guitar
高橋幸宏 Drums
Percy Jones Fretless Bass
Bernie Worrell Clavinet
Steven Scales Conga & Cowbell
佐藤チカ Back Up Vocals
Dolette McCdonald Back Up Vocals
ヤン富田 Steel Drums

一風堂のツアーメンバーだったパーシー・ジョーンズも参加しています。この人のイニシャルも「P.J.」ですね。高橋幸宏のドラムはいたってシンプルではあるものの、フィルインではいつものパターンで存在感を示します。スネアの音は当時ピーター・ゲイブリエルが使い出したゲートエコーを早くも導入しています。シンバルはまったく使われず、YMOでの録音と同じようにドラムを演奏しているのが分かります。

     



【2013/01/13 19:48】 高橋幸宏ドラム名演集 |
ユベール・ムニエ、90年代のスーツスタイル
1982年リオンで結成され、”文化コミュニケーション・革命200周年記念事業”の一つである、ジャック・ラング(当時)文化大臣主催のポップス・コンクールで優勝したフランスのポップグループ「ラフェール・ルイ・トリオ」。グループのリーダーでリードボーカルのクリート・ボリスことユベール・ムニエの1995年のライブにおけるスーツスタイルです。80年代では、キッド・クレオール&ザ・ココナッツを意識したのか、オーバーサイズのスーツを着た彼ですが、90年代ではよりスタイリッシュなスタイルに変わっています。埋込みができないので、こちらでご覧ください。


【2013/01/13 00:06】 ファッション |
ファッションセンスが抜群だったヘアカット100
     10318934-haircut-one-hundred-logo.jpghaircut100338200.jpg
    Haircut100CatalogueCover.jpgb1.jpg
    tumblr_mczwh4twPu1qd418mo1_500.png
          Haircut+100+WA3534691FBHaircut100GrahamJon.jpg
  bbb94ad0-3bb7-42af-99cd-e92f5a42c4c5.jpg

ケーブル編みニット、チルデンベスト、ショートパンツ、ナロータイ、などなど。あの頃のニック・ヘイワードとヘアカット100はかっこよかったのに、今は何なのでしょうね。残念でしかたありません。


【2013/01/12 23:31】 ファッション |
有吉弘行、THOM BROWNE.を着る
     ariyoshi (1)
     aiyoshi2.jpg

今月号のGQ JAPAN誌上に全身THOM BROWNE.で登場する有吉弘行です。グレーのスーツとタキシードの2種類でいずれも日本製の価格帯よりも高いのでアメリカ製かもしれません。テレビではFred Perryでの姿をよく見かけますが、GQ誌上では何ランクも上のTHOM BROWNE.で勝負をしかけてきます。前回の明石家さんまもそうですが、スタイリストが誰でも彼でもTHOM BROWNE.を着せたがるのでしょうかね。



【2013/01/11 23:23】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE.は1月20日、パリファッションウィーク
待ちに待ったTHOM BROWNE.の2013-2014秋冬のコレクションが来る1月20日に催されます。毎回予想のつかない演出が今から楽しみです。

Calendrier de la Fashion Week masculine automne-hiver 2013-2014

Mercredi 16 janvier
9:30 Lucien Pellat Finet
11:30 Alibellus+
12:30 Julien David
13:30 Y. Project by Yohan Serfaty
14:30 Carven
15:30 John Lawrence Sullivan
16:30 Walter Van Beirendonck
17:30 Valentino
18:30 Mugler
19:30 Christian Lacroix Homme
20:30 Raf Simons

Jeudi 17 janvier
9:30 3.1 Phillip Lim
10:30 Kolor
11:30 Issey Miyake Men
12:30 Rick Owens
14:30 Louis Vuitton
16:00 Viktor&Rolf Monsieur
17:00 Jean Paul Gaultier
18:00 Yohji Yamamoto
19:00 Dries Van Noten
20:00 Henrik Vibskov

Vendredi 18 janvier
10:00 Junya Watanabe MAN
11:00 Ann Demeulemeester
12:00 Maison Martin Margiela
13:00 Atelier Gustavolins
14:00 Juun J.
15:00 Krisvanassche
16:00 Cerruti
17:00 Comme Des Garçons Homme Plus
18:00 Givenchy
19:00 John Galliano
20:00 Berluti

Samedi 19 janvier
10:00 Bill Tornade
11:00 Boris Bidjan Saberi
12:00 Bernhard Willhelm
13:00 Tilmann Lauterbach
15:00 Dior Homme
16:00 Wooyoungmi
17:00 Smalto
18:00 Miharayasuhiro
19:00 Damir Doma
20:00 Hermès
21:00 AMI Alexandre Mattiussi

Dimanche 20 janvier
10:00 Melinda Gloss
11:00 Lanvin
12:00 Agnès B.
13:00 No Editions
14:00 Rynshu
15:00 Songzio
16:00 Paul Smith
17:00 Qasimi Homme
18:00 Thom Browne
20:00 Saint Laurent


【2013/01/09 22:25】 THOM BROWNE.を着る |
中居正広、THOM BROWNE.を着る
THOM BROWNE.を着ると言うほどではないかもしれませんが、スマップの中居正広がエイブルのCMでTHOM BROWNE.のネクタイを着用しています。シャツやスーツ(裏地がエンジ色)は別のブランドかと思われます。それにしても不動産の仲介業者がTHOM BROWNE.ネクタイのワンポイント使いですか。




【2013/01/07 22:52】 THOM BROWNE.を着る |
ニック・ヘイワード、80年代のスーツスタイル
ニック・ヘイワードがヘアカット100を脱退した翌年1983年にソロデビューしたシングル『Whistle Down The Wind』をTop Of The Popsで披露した時の動画です。ニックには珍しくスーツスタイル。どちらかというとカジュアルなジャケパンスタイルの印象があるだけに新鮮です。この時代としてはオーバーサイズではないのが今見ても野暮ったくありません。ラペル広め、ネクタイ狭めは当時ぽいですが。

ところでこの動画でアコギ型のベースを弾いているのはPino Palladino(ピノ・パラディーノ)。同時期にゲイリー・ニューマンのアルバム「アサシン」やポール・ヤングのファーストアルバム等でフレットレスベースを披露しました。

ではニック・ヘイワードスーツスタイルの『Whistle Down The Wind』とジャケパンスタイルの『Blue Hat For A Blue Day』(PV)の動画をご覧ください。

     

           


【2013/01/06 19:11】 ファッション |
スコティッシュフォールド「ころ」近影
     2013_01050704070003.jpg
     2013_01050704070007.jpg
     2013_01050704070008.jpg

わが家のスコティッシュフォールド三姉妹末っ子の「ころ」の近影です。座ることを得意とします。仰向けに寝っ転がった状態から腹筋を使って人間のように座ることのできる器用な猫です。



【2013/01/06 18:55】 ねこ |
ジーン・ピットニー、60年代のスーツスタイル
たまたまテレビで音楽番組を観ていたら、Gene Pitney(ジーン・ピットニー)の『Town Without Pity』(1961年10月)のビデオが流れ、その時に着ていたスーツがかっこよかったのでご紹介します。何とラペルのないジャケット。ジャケットのボタン位置も高く、パンツ丈はツンツルテンです。トム・ブラウンもこういったアーカイブを収集しているのかもしれません。




【2013/01/05 08:28】 ファッション |
明石家さんま、THOM BROWNE.を着る
最近のGREEのCMで登場する明石家さんまがTHOM BROWNE.のシャツを着ているようです。もはや芸能人なら誰でも着るブランドになってしまいましたね。




【2013/01/04 17:08】 THOM BROWNE.を着る |
筒美京平の隠れた名曲集94
筒美京平はDOUBLE(ダブル)のデビューシングル『For me』(作詞:SACHIKO 編曲:福富幸宏 1998年02月04日)の作曲・プロデュースを手がけています。作詞にクレジットされているメンバーのSACHIKOは翌年5月にクモ膜下出血により25歳で死去。現在までDOUBLEはTAKAKOのソロ・プロジェクトとして活動を続けています。編曲の福富幸宏は、最近でこそハウスのDJとして知られていますが、デビューは80年代インディー界の雄、ZAZIEが率いたバンドSODOM(ソドム)のメンバーだったことを知る人は少ないかもしれません。私は中野ゼロワンにおけるPsychic TVの前座でSODOMを観たことがあります。そんなインディー界にはまっていたかように見えた福富幸宏がメジャーの音楽シーンで活躍するとは当時夢にも思いませんでした。

Km14319L.jpg

話を『For me』に戻すと、私はこの楽曲をリアルタイムでは知っていたわけではなく、2005年にBSフジで放送された『HIT SONG MAKERS~栄光のJ-POP伝説~』で知りました。写真は出演時の筒美京平です。たまたま明後日1月5日(土)13:00~14:55で筒美京平の部が放送されるので、興味のある方は是非ご覧ください。私は放送当時DVDプレーヤーを持っていなく、市販の高いこの番組のDVDを買うことを検討していたところ、今回の再放送を知り非常にラッキーでした。この数年後にBSプレミアムでも筒美京平の特集をしたのはご存知の方も多いはず。筒美京平と松本隆の意地悪なコメント合戦をお楽しみに。先日ご紹介したTOKUも登場します。

     


【2013/01/03 15:42】 筒美京平の隠れた名曲集 |
12月度当ブログアクセスワードランキング
12月度の当ブログアクセスワードランキングは以下のとおりです。

1 森岡みま
2 高橋幸宏 ドラム
3 高橋喜代美
4 thom grey
5 トムブラウン シャツ
6 サイコバニー
7 野見祐二
8 thom browne
9 dude9
10 ブラックフリース
11 高橋幸宏
12 海辺で気まま日記
13 海辺で気まま
14 筒美京平
15 thom browne スタジャン
16 ごぼう茶の効能
17 髙橋喜代美
18 thom browne g-dragon
19 高橋喜代美 モデル
20 中川勝彦

昨年最後の締めくくりは「森岡みま」でした。「thom grey」が急浮上、「サイコバニー」が復帰。「高橋幸宏」は「還暦記念ライブ」でアクセスされたものです。「中川勝彦」が初登場。

珍しくというかはじめてカタカナで「ブラックフリース」が登場。さてこの時期といえばセールが気になるところ。ブルックスブラザーズのサイトで告知しているように、伊勢丹に右に習えなのか同ブランドは1月18日(金)からスタートするようです。なお伊勢丹は明日から初売ですが、館としてはセールではないのでご注意ください。一部にセールをすでに始めているブランドもあるようなので、気になる方は店員の方にお聞きになるとよいでしょう。




PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    12 | 2013/01 | 02
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。