海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
筒美京平の隠れた名曲集104
石井明美3枚目のシングル『L'amant』(作詞:湯川れい子/作曲:筒美京平/編曲:戸塚修)のB面『春のまどろみ』(作詞:松本隆/編曲:山川恵津子 1987年2月26日)も筒美京平の提供作品です。ちょうど26年前の作品ということになります。この曲は後にアルバム「Joy」(1987年8月26日)にも収録されました。「Joy」は全曲筒美京平作品だということは以前にもご紹介しましたので詳細は割愛します。

スネアドラムの力強いリズムにポップで叙情的なメロディが乗った80年代らしい作品。WHAM!の『Bad Boys』を長調から短調にした感じがします。サビのところにチェンバロのバッキングが入っているのは、筒美京平の要請によるものかもしれません。チェンバロは筒美京平が70年代から導入しているバート・バカラック的アプローチで、楽曲に甘さを加える効果があります。

     



スポンサーサイト
【2013/02/28 23:18】 筒美京平の隠れた名曲集 |
「高橋喜代美」アクセス増
高橋幸宏のかみさん「高橋喜代美」を検索してのアクセスが多くなっているので、何でかなと思っていたら、サントリーウェルネスOnline「リフタージュ PG-EX」の広告で登場しているからだとわかりました。

"奇跡の50代"高橋喜代美さんも、「リフタージュ PG-EX」の愛飲者です。と書かれているだけで高橋幸宏の妻だとかは触れていなので、いったい誰なんだと思う人は多いのでしょう。


【2013/02/28 00:16】 ひと |
筒美京平の隠れた名曲集103
田原俊彦の16枚目のアルバム「TOKYO BEAT」(1989年5月17日)収録の『迷宮の夏たち』(作詞:森浩美、作曲:筒美京平)です。古舘伊知郎と柴俊夫がコンビで司会をしていた(1988年2月24日 - 1989年9月27日)頃の夜ヒットでの動画です。

これより以前にリリースしたシングル『どうする?』(1987年9月11日)の延長線上にある楽曲で、リズムやコーラスの掛け合いがロビー・ネヴィルの『セ・ラ・ヴィ』を彷彿とさせます。

また伴奏のストリングスのフレーズがSimply Redの『Money's Too Tight (to Mention)』ぽい、というかシンプリー・レッドもクラプトンの『レイラ』のフレーズを引用しているのですが、まあ似ています。 

     



【2013/02/26 23:03】 筒美京平の隠れた名曲集 |
トム・ブラウン流ボウタイの着こなし
            large_image-1.jpg

カーディガンがグレーグログランだった頃の写真。ボウタイの結び方がラフだが味わいがあると言えばある。そんなに結ぶことに神経質にならくても自然に形ができるのが自分流という好例。



【2013/02/21 00:26】 THOM BROWNE.を着る |
筒美京平の隠れた名曲集102
筒美京平は早見優に多数の作品を提供しました。今回は、資生堂「バスボン ヘアコロンシャンプー・リンス」CMソングとしてご存知の方もいるでしょうが、今では『夏色のナンシー』ほど聴く機会の少ない『誘惑光線・クラッ!』(作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗 1984.3.3)をご紹介します。この曲はアースから引用されている、と言ってもピンと来ないでしょう。まずは『誘惑光線・クラッ!』をお聴きください。



0:52からのサビで「誘惑光線・クラッ!」の直後でドラムのフィルインが入るところがあり、私はこれを初めて聴いたとき、アース、ウィンド&フィアーのアルバム「Electric Universe」(November 1983)に収録の『Spirit Of A New World』(M. White, M. Page, D. Foster, B. Fairweather)だとすぐに気づきました。次の動画の0:43の箇所など随所で聞かれます。



早見優の曲は冒頭から明るい雰囲気の60年代ポップス調かと思いきや、サビで突如『Spirit Of A New World』のリズムがくるので、驚きと同時に意外性のある組合せに当時感心したものです。


【2013/02/15 21:06】 筒美京平の隠れた名曲集 |
タケカワユキヒデ=鈴木明子=猪瀬直樹?
       070905_img_2.jpg20100227123022.jpg

先日、四大陸フィギュアスケート選手権大会をテレビで観て気になった鈴木明子。タケカワユキヒデに似ているなとあらためて思いました。涙袋とあひる口が似ているんでしょうか。

   31.jpgTKY201212170814.jpg

タケカワユキヒデといえばもう一つ、現東京都知事猪瀬直樹と似ている写真もあります。では鈴木明子と猪瀬直樹が似ているかというと…その公式は成り立たないようです。


【2013/02/13 22:07】 ひと |
筒美京平の隠れた名曲集101
松任谷由実が荒井由実から改名して初の仕事が筒美京平との共作だったとは知りませんでした。埋込みができないのでこちらからお聴きください。五十嵐夕紀のデビューシングル『6年たったら』(1977年7月3日)で、松任谷由実作詞、筒美京平作曲、萩田光雄編曲といった布陣。ですがオリコン最高位は120位と振るわなかったようです。イントロのラッパのところがゴダイゴの『銀河鉄道999』(1979年7月1日)のテーマ曲みたいで興味深いです。編曲したミッキー吉野はこの曲を聴いていたのかもしれません。

ところで動画の五十嵐夕紀は脚は太いですが、ルックスは今から見ても洗練されていると思うのは私だけでしょうか。『6年たったら』ではないですが、このシングルリリース7年後に「お色気路線の歌手として方向転換するもやはり売れず、1984年(昭和59年)には日活ロマンポルノの女優に、といっても、山城新伍監督『双子座の女』1本のみの出演であった」(Wikipedia)とは何とも悲しいですね。今は芸能界を引退しソシアルダンスのインストラクターとなったよう。見た目貫禄のある熟女に変貌しています。


【2013/02/13 21:07】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集100
「本人によると、スリーサイズはデビュー当時(15歳)から現在までほぼ変わっていないという」(Wikipedia)由美かおる。筒美京平は由美かおるのためにシングル『あこがれ』(作詞:ちあき哲也、編曲:高田弘 1971年9月)を提供しています。リリースの頃「ヒット大作戦」という日本テレビのわずか15分の歌番組で司会を務めていたりと、当時は音楽活動も多かったよう。シングルも20枚以上もリリースしていたとは驚きです。

     


【2013/02/11 23:42】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集99
ずいぶん前にご紹介したことのある沢田研二のアルバム「女たちよ」(1983年10月1日)よりもう1曲。このアルバムは「詩人の高橋睦郎が「源氏物語」を歌えるのは沢田しかない、と惚れこんで生まれたコンセプト・アルバムである」(Wikipedia)とある通り、文芸詩人の書いた詞に筒美京平がメロディーをつけた異色作。また筒美京平が沢田研二と仕事をしたのも後にも先にもこれ1作のようです。サウンドも当時先端を行くジャパンやマルコム・マクラーレンを意識したも凝ったものなので、売れなかったんだろうなと思いながらもあらためて調べてみたらオリコンで最高位12位と、なかなか健闘したようです。

今日ご紹介の『さすらって』(作詞:高橋睦郎/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗)も以前ご紹介した『二つの夜』同様にイントロからAメロバックのリズムやミック・カーンばりのベースラインがジャパンのアルバム「錻力の太鼓」に収録の『Art Of Parties』によく似ています。筒美京平の作品としては全体に暗くて重く、歌謡曲的なサビのない珍しい楽曲と言えます。




【2013/02/10 23:46】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集98
筒美京平は稲垣潤一に多数楽曲を提供していますが、稲垣潤一には珍しくファンキーな作品もあるようです。4枚目のアルバム「NO STRINGS」(1985年5月1日)に収録の『JAJAUMA』(作詞:秋元康、編曲:井上鑑)という曲で、聴いてすぐに稲垣に久保田を歌わせていると思いがちですが、実は久保田利伸のデビューは1986年6月21日リリースの『失意のダウンタウン』で1年も後のことです。それにしてもスキャットをしている稲垣潤一は珍しいですね。

筒美京平はかつてオリコンのインタビューで久保田利伸に注目していると述べていたこともあり、彼に楽曲を提供したかったのだけどいまだかなえずといったところでしょうか。

     



【2013/02/09 19:40】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集97
郷ひろみの『美貌の都』で筒美京平と作詞で共作した中島みゆきですが、自身の書き下ろし曲として唯一筒美京平が作曲したのが『兆しのシーズン』(作詞:中島みゆき、作曲:筒美京平、編曲:瀬尾一三)です。といってもこの作品、シングル『ジェラシー・ジェラシー』(1993年4月21日)のカップリング曲で、ほとんど表に出ず埋もれているのではないかと思いご紹介する次第。

さてこの『兆しのシーズン』、メインの『ジェラシー・ジェラシー』が中島みゆきお得意の情念的でリズムがあるのと対照的に、イントロが当時のブラコンぽく中島みゆきにしては大人っぽい雰囲気の曲に仕上げられています。リラックスした気負いのない曲調なので、最初からカップリング曲として筒美京平がオファーを受けた可能性の高い隠れた名曲です。埋込みができないのでこちらからお聴きください。



【2013/02/09 19:04】 筒美京平の隠れた名曲集 |
1月度当ブログアクセスサーチワードランキング
1月度の当ブログアクセスサーチワードランキングは以下の通りです。

1 トムブラウン シャツ
2 高橋喜代美
3 thom grey
4 サイコバニー
5 ブラックフリース
6 森岡みま
7 筒美京平
8 thom browne
9 高橋喜代美 モデル
10 black fleece
11 THOM GREY
12 海辺で気まま日記
13 dude9
14 高橋幸宏 ドラム
15 トムブラウン スタジャン
16 野見祐二
17 高橋喜代美 高橋幸宏
18 トムブラウン
19 海辺で気まま
20 black fleece サイズ

「森岡みま」「高橋幸宏 ドラム」が大きく後退。「トムブラウン シャツ」が躍進。「高橋喜代美」「thom grey」「サイコバニー」「ブラックフリース」「筒美京平」が着実に伸びています。

                    FM00090_BBLOOK (1)

さて、今年春夏のTHOM BROWNE.の新作はカラフルなマドラスチェックが特徴ですが、BLACK FLEECEにおいてもマドラスチェックが導入、さらに植物文様調のものも見られます。THOM BROWNE.、BLACK FLEECEともにこの春夏は賑やかな色彩が多いようですが、国内の店舗で買付けているものが本国と異なる可能性があるので、よくよく見極めて買うタイミングを図らないといけません。

BIGBANGメンバー、THOM BROWNE.を着る
韓国のグループBIGBANGのメンバーが全員、早くもTHOM BROWNE.の春夏新作の服を着ているのが、Twitterなどで話題となっています。地元の「ソウル・ミュージック・アウォード」というイベントで着用したもののようです。

G-DRAGONが無類のTHOM BROWNE.好きで、他のメンバーまでもがそれに合わせて着ているのかどうかは知りませんが、日本のタレントでもここまで早くに新作を着用していることはないかと思います。ちなみに韓国でTHOM BROWNE.を取り扱っている店舗数はリストによると、Corso Comoなど4店舗しかありません。THOM BROWNE.の最大出資者はクロスカンパニーで取扱店舗数も本国を大幅に上回る世界一であるにも関わらず、日本でTHOM BROWNE.の新作を目にするのは、いつも韓国より遅い気がしてなりません。

ところでファンの人たちがG-DRAGONのことを「ジョン」と呼ぶのは、本名が권지용 / クォン・ジヨン(權志龍)だからなんですね。世界一THOM BROWNE.が好きなミュージシャンと言って過言ではないでしょう。





【2013/02/03 13:00】 THOM BROWNE.を着る |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    01 | 2013/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。