海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
高橋幸宏、THOM BROWNE.を着る
 takeo kikuchi yukihiro takahashi (2)


GQ JAPAN誌上、高橋幸宏が日常の1ページを切り取り、出会った人々との交流を語る隔月連載「高橋幸宏の何気ないある日」の第6回は、菊池武夫との対談です。その際に着た服はもちろんTHOM BROWNE.のスーツ。

意外にも高橋幸宏は黎明期のビギのショップに通ったことがあり、最近でも表参道の40CARATS&525に足を運んだと言うから驚き。「当時の立場は違えど、お互いの存在は認識しており、挨拶やちょっとした立ち話はしていたそう。40年来となる年季の入ったすれ違いは続く」とありますが、過去記事でもご紹介したことがあるように、YMO散開ライブのスペシャル番組で二人は対談したことがあります。次の動画の00:47以降をご覧ください。

     

80年代、山本耀司と菊池武夫とではまったく相容れないとの認識があったかと思いますが、高橋幸宏はこれら二人の巨匠の行き来を、ある意味こだわりのなさとミーハーさがあるがゆえに可能としたのではないでしょうか。やはりミュージシャンということで、二人は胸襟を開くのでしょう。


スポンサーサイト
【2013/03/31 00:10】 THOM BROWNE.を着る |
渡辺香津美『インナー・ウィンド』はMahavishnu Orchestraの『Birds of Fire』
前回KAZUMI BANDの『TALK YOU ALL TIGHT』がジノ・ヴァネリの『Brother To Brother』と似ていることをお話しました。実は渡辺香津美はまだあって、ファンの方なら知っているはずですが、意外とネット上で話題となっていないようなので今回取り上げる次第です。表題の通り、渡辺香津美『インナー・ウィンド』のイントロはMahavishnu Orchestraの『Birds of Fire』のそれと瓜二つです。習作時代だからと言えばそれまでですが、当時渡辺香津美がいかにジョン・マクラフリンをアイドルとしていただかがうかがえます。ちなみに『インナー・ウィンド』の参加メンバーは以下の通りです。

渡辺香津美 / guitar
坂本龍一 / electric-piano,synthesizer
後藤次利 / bass
つのだヒロ / drums



     


【2013/03/30 23:29】 ジャズ・フュージョン |
筒美京平の隠れた名曲集110
今回も野口五郎のアルバム「ラスト・ジョーク GORO IN LOS ANGELES'79.」(1979年7月21日)収録の作品をご紹介します。『漂いながら揺れながら』(作詞: 阿久悠 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀)です。

イントロからロック色の強い、リズムの変化に富むプログレッシブな展開が見せ所の楽曲です。野口五郎の動画1:01のリズムが何かに似ているなと考えていたら、ジノ・ヴァネリの『Brother To Brother』のフレーズが思い浮かびました。ジノ・ヴァネリの動画6:17からのところです。こう言うと、筒美京平ばかりがパクリをしているようですが、何の何の。かつてご紹介したことがある、渡辺香津美率いるKAZUMI BANDの『TALK YOU ALL TIGHT』(1981年5月25日)もそうです。KAZUMI BANDの動画1:03からをお聴きください。筒美京平の方が渡辺香津美よりも2年も早くジノ・ヴァネリを引用しているなんて、その導入の早さにあらためて驚かされます。

     

     

     



【2013/03/22 22:07】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集109
立て続けに「筒美京平の隠れた名曲集」ですが行きましょう。筒美京平は朝丘雪路に実にたくさんの作品を提供しており、「GOLDEN☆BEST/朝丘雪路 筒美京平を歌う」というCDをリリースしているほどです。二人の組合せでは『雨がやんだら』があまりも有名ですが、筒美京平にしては珍しく趣味性を発揮されている作品もあります。シングル『いつもなら』(作詞:なかにし礼、編曲:筒美京平 1971年6月21日)のB面『大人の会話』(同クレジット)という曲です。タイトルからしてまたもやムード歌謡かと思いきや、筒美京平の敬愛するバート・バカラック風の洗練されたメロディーとアレンジで本領を発揮しています。



ところでこの曲のAメロを聴いていて何かに似ているなと思っていたら、原田真二のデビューシングル『てぃーんず ぶるーす』(作詞:松本隆/作曲:原田真二/編曲:鈴木茂・瀬尾一三 1977年10月25日)であることがわかりました。原田真二が朝丘雪路を愛聴していたかどうかは知るよしもありませんが、中一ぐらいに家族が聴いていたのが耳に残っていたのかもしれません。





【2013/03/21 19:44】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集108
筒美京平は西村協に2枚のシングルA・B面計4曲を提供しています。西村協について私もあまり詳しくないので、以下本人のHP「NAKED CROSS」のプロフィールから引用します。

明治学院大学法学部在学中、昭和44年にフォーク系コーラスグループ『グリーメン(吟遊詩人)』を結成、北山修作詞、加藤和彦作曲「恋したら」でキャニオンレコードよりデビュー、以後レコード歌手として活躍する一方で日本を代表するエレキバンド、『寺内タケシとブルージーンズ』にボーカリストとして参加、ロシア公演など海外公演も多数経験する。また、TBS系TVドラマ「離婚ともだち」の主題歌『シー・ユー・アゲイン』(作詞:阿久悠/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗)をはじめTBS系ドラマ「愛の劇場」シリーズの主題歌を立てつづけに3本発表、なかでも「忘却の愛」の主題歌『黄昏』(作詞:作曲:岸田智史)がヒットし、本格派アダルトポップスシンガーとして、根強いファン層を抱えています。さらに1999年には初のスタンダードジャズCDアルバム『I'm In The Mood For Love』を発表、ジャズ界のみならず各方面で絶賛を博す。以降都内や横浜を中心に各地のジャズライブを展開、常に客席は満席の盛況ぶりである。

さて今回は『シー・ユー・アゲイン~see you again』(作詞:阿久 悠/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗 1980年4月21日)を聴きましょう。大原麗子、藤竜也、田村正和、津川雅彦、浅野温子といった豪華メンバーが出演したドラマ、「離婚ともだち」(JNN系列 1980/04/10~1980/07/03)の主題歌でした。クールファイブが歌ってもよさそうなゴージャスな曲調です。「シー・ユー・アゲイン」のサビの部分が引き立つメロディー展開がなされています。そのサビはゴダイゴの『(カミング・トゥゲザー・イン・)カトマンズ』(作詞:奈良橋陽子、松本隆 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野 1980年9月1日)と似ているようです。『シー・ユー・アゲイン~see you again』の方が5ヵ月ほどリリースが早いです。エンディングはその後の西村協のフィールドを予感させる、ストリングスの9thメロディーで締めくくられます。

     

西村協の最近のライブの模様を収めた動画がありますのでこれも観ましょう。曲はスティーヴィー・ワンダーの『You Are The Sunshine Of My Life』です。2011年5月30日の草月ホールにおける大西敏明グループによる演奏です。



【2013/03/20 20:52】 筒美京平の隠れた名曲集 |
BAND OF OUTSIDERS旗艦店、今秋千駄ヶ谷に出店
THOM BROWNE.の影に埋もれがちですが、BAND OF OUTSIDERSの旗艦店がこの秋千駄ヶ谷にオープンします。このブランドもずいぶん前から旗艦店を出す出すと言っていてなかなか具体化しなかったのが、今回のTHOM BROWNE.青山店オープンに触発され踏ん切りがついたのでしょうか、重い腰を動かしました。千駄ヶ谷と聞いてピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。サザビーリーグの本社やロン・ハーマンはまさにその千駄ヶ谷にあり、お膝下にバンドの旗艦店を置くことからも、力の入れ方がわかると同時に、失敗が許されないプレッシャーとの間をさまようのが目に見えてきそうです。

個人的に狙いっているのは、パジャマ、スーツ、サドルオクスフォードシューズなど。小物類なども充実させてセレクトショップにはないアイテム群を揃えてもらいたいものです。



【2013/03/18 23:19】 BAND OF OUTSIDERSを着る |
筒美京平の隠れた名曲集107
筒美京平は中原理恵のデビューから8枚目までのシングルを手がけてきました。『東京ららばい』はあまりにも有名なので今日は『枕詞(ピロー・トーク)』(作詞:松本 隆 編曲:矢野 誠 1979年3月21日)をご紹介します。

この曲をお聴きになってバッキングのリズムがスモーキー・ロビンソンが在籍したミラクルズの『Love Machine』(October 1975)だとお気づきの方は多いことでしょう。でもこのリズム、YMOの作品などでもよく聴かれる定番といえば定番。それともう一つ、Lipps Inc.の大ヒット曲『Funkytown』(February 18, 1980)にも似ていますが、実は『枕詞(ピロー・トーク)』の方が1年早いことは今回調べて知りました。『ファンキータウン』よりも1年先に行っていたなんて、さすが筒美京平、流行には敏感です。編曲は矢野顕子の初婚の夫、矢野誠です。

     

     

     


【2013/03/18 21:25】 筒美京平の隠れた名曲集 |
BAND OF OUTSIDERSデザイナー直伝ボウタイの結び方
久々にBAND OF OUTSIDERSについてご紹介します。デザイナーのスコット・スタンバーグがGQ Rules Season 2に出演、自らボウタイの結び方を披露します。以前はBAND OF OUTSIDERSの手結び用のボウタイが日本のショップにも並んでいたのが、最近はほとんどお目にかかることがありません。この動画を見ると、今持っているバンドのボウタイを締めたくなってきました。





【2013/03/18 20:38】 BAND OF OUTSIDERSを着る |
Tommy HilfigerとTHOM BROWNE.のボートシューズ
tommyhilfigerboatshoes.jpgthombrowneboatshoes.jpg

日本ではデッキシューズで親しまれていますが、アメリカではボートシューズと呼ぶことが多いようです。写真左はTommy Hilfiger、右はTHOM BROWNE.のボートシューズです。トミーのはいつのかわかりませんが、少し前のシーズンのもののようです。トムのは今シーズンのものです。よく似ていますが、トミーは中国製、トムは米国製でウィングチップ風のメダリオンが施されています。

個人的には中国製ですが前者の方をとります。同じく中国製のボートシューズといえばBAND OF OUTSIDERSがありまして、数足持っています。トミー、バンドとも先端部に丸みがあるのに対し、トムのは先端部に高さがなく薄べったいのがモードぽい感じなので、今季はパスしたいと思っているところです。ちなみに今回トミーのシューズに注目したのは、本日紀伊國屋書店で立ち読みした、フランスの報道週刊誌L'EXPRESSのファッションコーナーで紹介されていて、意外とトミーのデッキって結構いいじゃん、と思ったからです。



【2013/03/17 23:27】 THOM BROWNE.を着る |
さっきの『ロスチャイルド夫人のスキャンダル』、ポール・モーリアの『エーゲ海の真珠』
さきほどご紹介した加藤和彦の『ロスチャイルド夫人のスキャンダル』をあらためてよく聴いてみるとどこかで聴いたような。あ、あれあれ、ポール・モーリアの『エーゲ海の真珠』と気づくとは我ながら歳をとったなと。この曲を三拍子にすれば『ロスチャイルド夫人のスキャンダル』となるわけです。

ファッションブランド「ROPE(ロペ)」やメルシャンワインのCM曲、TBSラジオ「林美雄のパックインミュージック」第2部エンディングなどにも使用された(Wikipedia)とあるように、40代後半の人であれば『エーゲ海の真珠』のメロディを聞いたことないなんてほとんどありえません。筒美京平などの歌謡曲界の人たちのみならず、加藤和彦のような自由な立場のシンガーソングライターにも影響を与えたポール・モーリア。我々の世代にとっても、好き嫌いに関わらず耳に馴染んで離れない音楽の一つです。





【2013/03/17 22:24】 フレンチポップ |
高橋幸宏ドラム名演集105
加藤和彦のいわゆる「三部作」の最後を飾るアルバム「ベル・エキセントリック」(1981年7月25日)から聴きます。アルバム冒頭の作品『ロスチャイルド夫人のスキャンダル』(作詞:安井かずみ 作・編曲:加藤和彦)です。三部作の中でももっともヨーロッパ的な雰囲気の作品の一つといえます。

高橋幸宏のドラムはお決まりのロールから始まり、三拍子に合わせて変則的なドラムを披露しています。またサビのドラマチックな展開を引き立てる奏法は聴きごたえがあります。当時ムーンライダースのかしぶち哲郎もそうでしたが、30前後ながら大人っぽいドラム叩いていたんだなとあらためて思った次第です。

     



【2013/03/17 20:51】 高橋幸宏ドラム名演集 |
あらためてTHOM BROWNE.はPITTI IMMAGINE UOMOに限る
本日THOM BROWNE.青山旗艦店に行ったことはお話しましたが、やはり何だかんだ言ってもTHOM BROWNE.は定番がいいとあらためて思いました。要するに2009-2010秋冬コレクションとして発表したPITTI IMMAGINE UOMOでのスタイルを10年でも20年でも続けてもらえればよいのですが、それではブランドとしての発展がないのかもしれません。

とはいえ、PITTI IMMAGINE UOMOの動画をあらためて観ると、カーデガンの4本線、ジャケットの袖裏とコートのベンツ裏のトリコロールグログランは今と同じであっても、ジャケットやコートの襟下、カーデガンの後部、トラウザースの尾錠上、シューズのロッカーループ部にこのグログランはありません。一見普通に見えるものに隠れた主張があるからこそ面白いのだと思うのですが。

と言いながら、クロスカンパニーのおかげで皆買いやすくなったわけだから感謝すべきことは多々あります。PITTIの定番スタイルを一過性でなく何十年も継続できる基盤があればこそ、コレクションの何をやってもよい世界があるのかもしれません。

    

Thom Browne at Pitti Uomo from Hudson's Corner on Vimeo.




【2013/03/16 22:20】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE.青山旗艦店に行ってきました
thombrowne aoyama2013_03160704070025.jpg

本日オープンしたTHOM BROWNE.青山旗艦店に行ってきました。UNDER COVERの横に位置するドアだけの外観で、なかなか入りにくい雰囲気があります。予定の12時よりも開店が早かったようです。ドアの前にがたいのよい外人が仁王立ちでいたり、入口付近にTHOM BROWNE.を着た関係者が群れでいたりしたので、入りたくても入れないで帰った人もいるかもしれません。いったん入るとそうでもないのですが。

1階はメンズフロアで、入って右手が定番を中心としたドレスもの、左手はコレクションを中心としたカジュアルもので占めていました。2階はウィメンズフロアでメンズと同じような配置。店員は伊勢丹や阪急から異動した人や応援で来た人がいるようでした。一人年配の人がいましたが、私は見たことのない人でした。その他外人スタッフなど。トム・ブラウン本人や間違いなければクロスカンパニー社長石川康晴さんもいらしたようです。

人の入りは、オープンセールがあるわけではないのでそれほどいた感じはしませんでした。ツイッターでは盛り上がっていましたがそれほどでもないというのか。土曜初日でこの来客数だと、しばらくたってからの平日はかなりガラガラでしょう。先ごろMAISON KITSUNÉの路面店もオープンしましたが、平日はもちろん、今日のような土曜日も客数は少ない模様。

旗艦店の近くにはTHOM BROWNE.を扱っているLOVELESSやSUPER A MARKETがあり、これらとどう共存していくのか。消費税率アップ導入も本格的となり、さらには円安により価格が高くなることが予想されるメゾンブランド。伊勢丹や阪急でついでにTHOM BROWNE.に寄るという気軽さや、カード優待率といったメリットのない旗艦店をどう維持するのか。また、旗艦店にある在庫を他の直営店で取り寄せ可能といったことなど、旗艦店の存在意義がこれから問われるのでは。一つ他との違いを言えば、常時オーダーメイドができることなどがあげられます。

THOM BROWNE.を後にして、表参道から明治神宮前で乗り換え、学芸大学まで向かいました。たまたま用事があったからですが、本日から東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が始まったことを思い出し利用した次第。横浜から伊勢丹に一気に行けたりと、かなり便利な路線だと思いました。


【2013/03/16 15:26】 THOM BROWNE.を着る |
ドラマー、Jon Deitemyerに注目
本日ANA機で機内オーディオ番組6CH(SMOOTHING JAZZ FROM CONCORD MUSIC GROUP)を聴いていたら、ドラム、とりわけスネアの音に興味を引く音楽がありました。Patrcia Barberというピアニスト兼ボーカリストの最新アルバム「Smash」の『Code Cool』という曲でした。ドラムはJon Deitemyerと書いてどう読むのか(ジョン・デイトマイアー?)知りませんが、ドラムサウンドも作れるジャズドラマーです。Patricia BarberもJon Deitemyerも、今回聴くまでまったく知らないミュージシャンでした。「Smash」から2曲聴きます。





【2013/03/14 23:57】 ドラム |
筒美京平の隠れた名曲集106
なぜこの時期になのかは不明ですが、野口五郎のアメリカ録音4部作アルバムがタワーレコード限定で再発しました。今日はその中から、「ラスト・ジョーク GORO IN LOS ANGELES'79.」(1979年7月21日)収録のタイトル曲『ラスト・ジョーク』(作詞:阿久悠 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀)を聴きます。このアルバムの参加メンバーは以下の通りです。

演奏:ロサンゼルス・スーパー・セッション
ドラムス:ジェームス・ギャドソン
ベース:デビッド・ハンゲイト、マイク・ポーカロ
ギター:ラリー・カールトン(ゲスト)、デビッド・スピノザ
キーボード:ラリー・ナッシュ
パーカッション:スティーヴ・フォアマン、ゲーリー・コールマン
トランペット:チャック・フィンドレー、ゲリー・グラント、スティーヴ・マダイオ
トロンボーン:ディック・ハイド、ルー・マックリアリー、ジャック・レッドモンド、チャーリー・ロバー、アーニー・タック
フレンチ・ホルン:リック・ペリシ、ウィンル・デロサ
テナー&バリトン・サックス:トム・スコット
アルト・サックス:デビッド・サンボーン
女性コーラス:ミルナ・マシュケーズ、マーチ・マッコール、リサ・マッケイ
ストリングス・コンサート・マスター:シド・シャープ

ウェストコーストのフュージョン、セッションミュージシャンが多数参加しているのがわかります。ベースのデビッド・ハンゲイトとマイク・ポーカロはいずれもTOTOの歴代ベーシストですね。編曲の船山基紀は早稲田大学でハイ・ソサエティ・オーケストラでサックスをしていたらしく、サックス奏者としては?だったようですが、編曲を独学で習得してプロデビュー。まさかトム・スコットやサンボーンを従えるとは夢にも思わなかったことでしょう。出世作は沢田研二の『勝手にしやがれ』(1977年5月21日)。70年代中盤から80年代にかけて、筒美京平の作品を数多く編曲した人です。





【2013/03/14 00:32】 筒美京平の隠れた名曲集 |
筒美京平の隠れた名曲集105
稲垣潤一のセカンドアルバム「SHYLIGHTS」(1983年2月1日)収録のタイトル曲(作詞:秋元康/編曲:井上鑑)も筒美京平によるものです。同アルバムにはヒットシングル『ドラマティック・レイン』(作詞:秋元康/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀)も収録されていますが、当時の稲垣潤一のAOR路線を代表するのはやはりこの曲でしょう。

     



【2013/03/12 18:59】 筒美京平の隠れた名曲集 |
高橋幸宏ドラム名演集104
1996年8月に中野サンプラザで行われた松任谷由実のライブでの模様です。ゲストに高橋幸宏の他、福井ミカ、高中正義らが参加してミカバンドの『タイムマシンにおねがい』を演奏しています。ここではミカの手前加藤和彦が外されたのでしょう。

高橋幸宏のドラムセットはすでに今の形と同じ。得意のツインドラムですが、1:05と1:12あたりでタイミングがずれ、片方のドラマーとの息が合っていないのも露見されます。





【2013/03/10 22:44】 高橋幸宏ドラム名演集 |
筒美京平の隠れた名曲集104
昨年タワーレコード限定で再発された近田春夫のアルバム「天然の美」(1979年5月21日)で筒美京平は2曲作品を提供しています。YMOが編曲と演奏で参加した『プシー・キャット・ラブ』(作詞:近田春夫 作曲:筒美京平 編曲:イエロー・マジック・オーケストラ)を聴きます。

楽曲は童謡ぽいオールディーズをテクノアレンジしたもので、ある意味コスミック・インベンションの先を行くものだったのかもしれません。間奏ではロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」の引用が登場。これは近藤真彦の『ギンギラギンにされげなくに』へと受け継がれます。近田春夫が高音で苦しそうになるようになっているのは筒美京平の狙いだったかもしれません。ポルタメントと演歌っぽいビブラートに特徴がありますね。

     


【2013/03/10 01:56】 筒美京平の隠れた名曲集 |
高橋幸宏ドラム名演集103
以前にもご紹介した加藤和彦プロデュース坂口良子のアルバム「果実酒」(1979年12月)よりまた1曲。『失恋コラージュ』(作詞:三浦徳子、作曲:佐藤健、編曲:加藤和彦)という作品です。おそらくYMO初のワールドツアーより前に録音されたものでしょう。この曲での詳しい演奏メンバーは判然としませんが、YMOの3人は参加しているものと思われます。

高橋幸宏のドラムはあくまでボーカルのバックに徹しているものの、フィルインに短いロールやフラムを隠し味に混ぜています。この時期の後に頻繁に使われることとなる、アタックが強くサスティンの短いチャイナシンバルのような音もある気がします。

     


【2013/03/09 14:13】 高橋幸宏ドラム名演集 |
明石家さんま、THOM BROWNE.を着る
                 p_im5114752333e79.jpg

明石家さんまがまたまたTHOM BROWNE.を着てCMに出演しています。「キリン 濃い味 糖質ゼロ」というCMです。シャツは今季のもので直営店やセレクトショップにたいていが陳列されています。

それはそうと、CMとはいえTHOM BROWNE.のシャツを着ながら焼肉を食べるなんて、タレがシャツに飛び散るのではないかと気が気でないように感じますがいかがでしょう。





【2013/03/09 01:19】 THOM BROWNE.を着る |
2月度当ブログアクセスサーチワードランキング
2月度の当ブログのアクセスワードランキングは以下の通りです。

1 高橋喜代美
2 トムブラウン シャツ
3 森岡みま
4 ブラックフリース
5 高橋喜代美 モデル
6 thom browne
7 thom grey
8 海辺で気まま日記
9 black fleece
10 トムブラウン
11 サイコバニー
12 高橋幸宏 ドラム
13 thom browne ブログ
14 高橋喜代美 高橋幸宏
15 野見祐二
16 dude9
17 ワルドナー
18 g-dragon thom browne
19 郭躍華
20 トムブラウン スタジャン

「高橋喜代美」が1位の座に。「森岡みま」が復調で「筒美京平」が圏外。今回の特徴は「ワルドナー」や「郭躍華」といった往年の世界卓球チャンピオンが名を連ねていることです。

今日は郭躍華の動画を観ることにしましょう。1979年の世界卓球選手権平壌大会団体戦決勝の模様です。欧州チャンピオン、ハンガリーのゲルゲリーとの対戦です。当時の欧州選手も、台上プレーやスマッシュをしているのがわかります。

     


日本の動画メディアによる珍しい「トム・ブラウンさん」報道
日本の動画メディアでは、芸能人や有名人が彼の服を着るのを見ることはあっても、彼自身についての報道はなかなかお目にかかることがありません。1月にオバマ夫人のドレスコートが話題となったのをきっかけにトム・ブラウン自身をクローズアップした報道がありました。

     


【2013/03/07 22:40】 THOM BROWNE.を着る |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    02 | 2013/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。