海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
筒美京平の隠れた名曲集119
筒美京平は、ハリウッド映画や全米ドラマに出演したことで知られる田村英里子の初期のシングルを3枚手がけています。今回はデビューシングル『ロコモーション・ドリーム』のc/w『涙の半分』(作詞:田口俊、作曲:筒美京平、編曲:小林武史 1989年3月15日)をご紹介します。この作品は、テレビアニメ「アイドル伝説えり子」(テレビ東京系列 1989年4月3日 - 1990年3月26日)のオープニングテーマ曲でもありました。なお、劇伴はその道のプロである渡辺俊幸が担当。

このアニメ、実在のタレントである田村英里子とタイアップして、芸能界を舞台にアイドル歌手としてデビューした少女のサクセスストーリーものですが、主人公の田村えり子役の声はなぜか田村英里子本人ではなく、別の声優が担当。意外と海外でも人気が高く「日本でのオンエアが終了した後も、スペイン、イタリア、フランス、また中近東でもオンエアが続いている」(Wikipedia)とのこと。アニメの海外進出により筒美京平作品が聞かれるようになったのは、「スプーンおばさん」と同じケースですね。

ところで動画の0:38で、作曲が筒美京平ではなく「筒見京平」になっているのを私は見逃しません。このブログにアクセスの際も結構「筒見」で検索される方が多いです。

     


スポンサーサイト
【2013/05/28 23:33】 筒美京平の隠れた名曲集 |
高橋幸宏のあのリズム、ロキシー・ミュージックの『Out of the Blue』
高橋幸宏が1980年前後に多用していたリズムがあります。大村憲司の『Maps』、加藤和彦の『サン・サルヴァドール』、そしてYMOの『Day Tripper』などに共通したものです。二拍目と三拍目にスネアが入るパターンです。まずはお聴きください。



     

     

先日InterFMで高橋幸宏がDJ務める番組「Everyday Music」でかかっていたロキシー・ミュージックの曲を聴いてこれだ、とわかりました。

     

ドラムはポール・トンプソン。高橋幸宏に少なからぬ影響を与えたと言ってよいでしょう。そのポール・トンプソン、1980年4月に指を骨折したためロキシーを脱退、アンディ・ニューマークが準メンバーとして加わりました。怪我はするものではありませんね。



【2013/05/28 22:55】 ドラム |
筒美京平の隠れた名曲集118
筒美京平は『雨音はショパンの調べ』で知られる小林麻美に対し、実にたくさんの作品を提供してきました。シングルはデビュー作の『初恋のメロディー』(1972年8月5日)から6枚目の『私のかなしみ』(1975年7月5日)まで手がけています。またアルバムにも多数提供していて、今回は2枚目のアルバム「20才の愛」(1974年12月1日)に収録の『小さな旅』(作詞:ちあき哲也/作曲:筒美京平/編曲:萩田光男)を取り上げます。

アルバムの楽曲なのでシングルのような演歌ぽいものやベタなものではなく、非常にリラックスした雰囲気で作られたのが目に浮かぶような作品です。小林麻美といえばやはり先の『雨音はショパンの調べ』のイメージ、都会的でアンニュイな雰囲気が今も定着していますが、20代の頃は動画の写真のような爽やかなイメージで売り出していたのでしょうか。だとすればこの作品はそのイメージにマッチしていたといえるかもしれませんが、今となっては隠れた名曲です。筒美京平の典型的な長調ポップスのコード展開で、かつ曲構成もAABAと王道を貫いています。

ところで小林麻美は1991年に田辺エージェンシー代表取締役社長、田邊昭知と結婚した後に芸能界を引退していたようです。田邊昭知は田辺昭知とザ・スパイダースのリーダー兼ドラマーだったのですね。ちなみに小林麻美は田辺エージェンシーの前は漫画家のすがやみつるの従兄弟が経営する芸能事務所に所属し、その事務所は「強引にスカウトして売り出そうとした小林麻美がスキーで骨折して計画が総崩れとなり、1か月で消滅してしまったという」(Wikipedia)ことだそう。

     



【2013/05/27 23:41】 筒美京平の隠れた名曲集 |
高橋幸宏「Everyday Music」 2013年5月19日 オンエアー曲
2013年5月19日放送分です。

M1: Gone Baby Gone / Boz Scaggs
M2: Only Love Can Break Your Heart / Neil Young
M3: Fire And Rain / James Taylor
M4: Love Is The Drug / Roxy Music
M5: My Little Girl / Roxy Music
M6: Our Glances / Bobby & Blumm
M7: So Far Away / Carole King
M8: Still In This Town / Guther
M9: Midnight At The Oasis / Maria Muldaur
M10: Somewhere Over The Rainbow / Livingston Taylor




【2013/05/26 22:38】 高橋幸宏 Everyday Music |
高橋幸宏「Everyday Music」 2013年5月12日 オンエアー曲
2013年5月12日放送分です。

M1: Mr. Soul / Buffalo Springfield
M2: Eight Miles High / The Byrds
M3: You Better Think Twice / Poco
M4: Welcome Back / John Sebastian
M5: Out Of The Blue / Roxy Music
M6: Just Like You / Roxy Music
M7: Shades Of Gray / The Monkees
M8: You Didn’t Have to Be So Nice / The Lovin’ Spoonful
M9: Do You Want To Marry Me / Sketch Show
M10: Rainy Day / The Rascals
M11: Playground Martyrs (Reprise) / Steve Jansen

     

    
【2013/05/26 22:26】 高橋幸宏 Everyday Music |
高橋幸宏「Everyday Music」 2013年5月5日 オンエアー曲
2013年5月5日放送分です。

M1:If You Don’t Want My Love / Ron Wood
M2:Feelin’ Alright / Traffic
M3:Maggie May / Rod Stewart
M4:Do the Strand / ROXY MUSIC
M5:Chance Meeting / ROXY MUSIC
M6:Insomnia / Electric President
M7:All Right Now / Free
M8:Gimme Some Lovin’ / Spencer Davis Group
M9:My Name is Jack / Manfred Mann
M10:Wreck of the Hesperus / Procol Harm

     


【2013/05/26 22:13】 高橋幸宏 Everyday Music |
高橋幸宏「Everyday Music」 2013年4月28日 オンエアー曲
2013年4月28日放送分です。

M1:Promise Me Your Love / Margie Joseph
M2:Oh Girl / The Chi-Lites
M3:Free / Deniece Williams
M4:Here Comes The Sun / The Beatles
M5:Something / The Beatles
M6:The End / The Beatles
M7:Everybody Had A Hard Year März
M8:Life Is A Carnival / The Band
M9:California Dreamin’ / The Mamas & The Papas
M10:Smile A Little Smile For Me / Flying Machine
11:Our House / Crosby, Stills, Nash & Young

     


【2013/05/26 22:03】 高橋幸宏 Everyday Music |
高橋幸宏「Everyday Music」 2013年4月21日 オンエアー曲
2013年4月21日放送分です。

M1:Up Up And Away / The 5th Dimension
M2:My Eyes Adored You / Frankie Valli
M3:Make It With You / Bread
M4:Laughter In The Rain / Neil Sedaka
M5:Baby You’re A Rich Man / The Beatles
M6:Eleanor Rigby / The Beatles
M7:Let Me Be The One / Paul Williams
M8:Josie / Steely Dan
M9:Lookin’ For A Home / Al Kooper with Shuggie Otis
M10:From South Carolina / Her Space Holiday

     



【2013/05/26 21:46】 高橋幸宏 Everyday Music |
高橋幸宏「Everyday Music」 2013年4月14日 オンエアー曲
2013年4月14日放送分です。

M1:All Day and All of the Night / The Kinks
M2:Something in the Air / Thunderclap Newman
M3:In the Air Tonight / Phil Collins
M4:Life in a Northern Town / The Dream Academy
M5:A Salty Dog / Procol Harum
M6:Taxman / The Beatles
M7:Strawberry Fields Forever / The Beatles
M8:Aujourd’hui C’est Toi / Francis Lai
M9:Oslo / The Little Hands of Asphalt
M10:Homeward Bound / Simon & Garfunkel

     


【2013/05/26 21:33】 高橋幸宏 Everyday Music |
高橋幸宏「Everyday Music」 2013年4月7日 オンエアー曲
せっかくなので初回からの紹介曲を順次クリップ化することにしました。2013年4月7日第1回放送分です。

M1:Goodbye, Columbus / The Associates
M2:The April Fools / Dionne Warwick
M3:Silence is Golden / The Tremeloes
M4:Mr.Bojangles / The Nitty Gritty Dirt Band
M5:A hard Day’s Night / The Beatles
M6:I’ll Follow the Sun / The Beatles
M7:I can’t have Myself /The Four Tops
M8:Let’s Stay Together / Al Green
M9:Elusive / Ms.John Soda
M10:Wiper / Sketch Show
M11:Don’t Let Me Be Lonely Tonight / James Taylor

     


【2013/05/26 21:23】 高橋幸宏 Everyday Music |
高橋幸宏 「Everyday Music」 2013年5月26日オンエアー曲
前からやろうと思っていてやらずじまいだった、InterFMで放送中の番組、高橋幸宏の「Everyday Music」で紹介された曲をYouTubeでクリップ化するのを、途中ですが今回第8回分から始めます。私はラジオではなくradikoで聴くので、番組自体を録音したりすることはありません。同番組のブログに各放送回の詳しい内容が書かれていますので、とりあえずこのシリーズでは紹介された曲を羅列し、コメント等は控えていこうかと考えています。

20:02 "LOVE'S THEME" THE LOVE UNLIMITED ORCHESTRA
20:07 "FAMILY AFFAIR" SLY & THE FAMILY STONE
20:12 "WE DON'T TALK ANY MORE" CLIFF RICHARD
20:17 "ROXY MUSIC" SAME OLD SCENE
20:23 "ROXY MUSIC" AVALON
20:34 "CURUNCULA" PSAPP
20:34 "ROXY MUSIC" TARA
20:41 "THESE DAYS" PEOPLE PRESS PLAY
20:46 "ALL THINGS MUST PASS" GEORGE HARRISON
20:53 "RAINY NIGHT IN GEORGIA " BOZ SCAGGS


【2013/05/26 21:04】 高橋幸宏 Everyday Music |
フランス語のある音楽31
このシリーズ2回目の登場のアンジェラ・ウィンブッシュ。今回はソロデビューアルバム「Sharp」(1987)に収録でシングルカットもされた『C'est Toi (It's You)』です。1955年1月18日生まれなので、動画が撮影されたのは32歳か33歳だと思われますが、ミニスカートなど露出度が高く、異性への攻めの姿勢など、今でいう肉食系の美魔女を演じています。英米人はセクシーな曲にフランス語を使う傾向があるのかもしれません。

     



【2013/05/25 22:55】 ブラコン・ソウル |
イチロー、THOM BROWNE.を着る
今テレビで流れている「NTT東日本」のCMで、イチローがTHOM BROWNE.のスナップフロントカーディガンを着て登場、ペーパータグもしっかり映っています。ワイドスプレッドシャツとネクタイは他のブランドでしょう。それにしても、わざとらしいCMですね。





【2013/05/25 21:46】 THOM BROWNE.を着る |
着丈が長い頃のTHOM BROWNE.
           thom browne 2003

今から見ると少し違和感のある写真です。トム・ブラウンが今よりも着丈の長いジャケットやそれほどクロップドとはいえないトラウザースを身にまとった、2003年に写されたものです。ジャケットの第2ボタンの位置が低いですね。タイクリップが斜めになっているのも今では見られません。靴はまだ扱っていなかったはずなので、オールデンのビンテージものの可能性が高いです。先っちょの色が黒くないのは、メンテをあまりしていなかったからでしょうか。それと気になるのが、右隣の人がとんがった靴を、左の人がスエードぽい靴を履いているのが、THOM BROWNE.のスーツを着ているとしたら、これもまた珍しい組合せだといえます。



【2013/05/24 21:26】 THOM BROWNE.を着る |
筒美京平の隠れた名曲集117
最近は池畑慎之介☆と表記するようになったピーター。筒美京平はピーターにも作品を提供しています。今日ご紹介するのは、シングル『青春のさすらい』(1971年12月)のB面に収録の『明日の為に微笑を』(作詞:橋本淳 作曲:筒美京平 編曲:高田弘)という隠れた名曲です。

私はこの作品をピーターのではなく、平山三紀のアルバム「希望の旅」(1972年4月25日)に収録の『愛の賛歌』(作詞:橋本淳 作・編曲:筒美京平)ではじめて知りました。当時は同時期に別の歌手の楽曲をシングルのA面やB面、アルバムに収録して競作することが多かったようです。ピーターと平山三紀のリリースのインターバルは約5ヵ月ですね。

ピーターの方をご紹介しておいて難ですが、やはり最初に聴いた平山バージョンの方が個人的には聴きやすいです。こちらは作曲者自身が編曲のみならず、イントロから聴かれるピアノ伴奏も手がけていることからも、筒美京平の並々ならぬ思い入れがあるのが伝わります。また、バックコーラスであるシンガーズ・スリーの「ヘイ、ヘイ、へイ、ヘイ、ヘッヘーイ」という掛け合いがユニークだったっり、サックスの入り方が当時としては小粋だったりと、ピーターバージョンよりも上品に仕上げられています。エンディングのピアノがミニマルミュージックみたいなのが興味深いです。

     

     



【2013/05/20 20:57】 筒美京平の隠れた名曲集 |
PSY・Sの『コペルニクス』と郷ひろみの『花のように鳥のように』
最近は韓国のPSYの知名度があまりにも高くなったため、名前の元祖ともいえる日本のPSY・Sの存在が霞んできた感がありますが、根強いファンからはいまだに支持されているようです。活動期間は1985年から1996年と、意外と長かったんですね。解散後、再結成らしきものはやっていないはずです。

初期のアルバム「PIC-NIC」(1986年7月2日)に収録の『コペルニクス』という曲を聴いた時に、何か懐かしい感じの曲だなと思った記憶がありました。たまたまYouTubeであらためて聴くと、それが何であるかがわかりました。郷ひろみのシングル『花のように鳥のように』(作詞:石坂まさを/作曲・編曲:筒美京平 1975年4月21日)です。それと、イントロとAメロのつなぎのところはビートルズの『ミッシェル』かもしれません。

ただこの曲をソックリな曲としてだけ括りたくはなく、Aメロのバックのハーモニーやリズムのアレンジは特筆すべき点があり、松浦雅也のセンスの良さをあらためて感じさせられ、あらためてご紹介した次第です。韓国のPSYより断然品がありますね。

     

     





【2013/05/20 20:12】 日本の音楽 |
世界卓球パリ、ITTFホームページで観戦
     松平健太

世界卓球も終盤にかかりますが、地上波で観戦するにはテレビ東京でしかなく、録画であったりCMが多かったりと、臨場感に欠けています。また、民放だからしかたがないのでしょうが、日本人選手の試合ばかりが放送され、他の国の選手の試合は最終日の決勝でしかお目にかかれません。今はインターネットでたくさん情報が引き出せる時代なのに、民放ですとリアルタイムで観られないだけでなく、結果は分かっているのにあたかも今やっているのかのように放送したり、国内でのニュースがそれに合わせて遅くなったりと旧態依然。かといって今からスカパーに入会するのもどうかと。

そんな時は、ITTF(国際卓球連盟)のホームページでライブ動画を観ることができるので活用しましょう。松平健太を含む準々決勝等本日のスケジュールはこちらでご確認を。今の東京‐パリの時差は7時間なので、表記の時間に7時間を足した時間にホームページにアクセスすれば、ライブ動画で楽しめます。
【2013/05/19 09:52】 卓球 |
元祖「ヒットエンドラーン」、ケイト・ブッシュ
あらためてケイト・ブッシュの作品を聞き返すと、アルバム「The Dreaming」(13 September 1982)が個人的にはいいなと感じました。特に冒頭の『Sat in Your Lap 』(21 June 1981)は、音楽、PVともにインパクトがあったのをお追い出します。でPVを見直すと、冒頭のケイト・ブッシュの頭の振り方や目張りが誰かに似ているなと思ったら、鳥居みゆきであることを思いつきました。声、特に高音は矢野顕子に似ていますね。

それとローラースケートはその後の光GENJIにも影響か。ま、光GENJIはミュージカルのスターライト・エクスプレスからきているのですが。しかしその「スターライト」、初演は1984年ロンドンのウエスト・エンドでなので、ひょっとしたらこのPVがモチーフになったのかもしれません。

     

     


フランス語のある音楽30
もう一つついでにケイト・ブッシュのフランス語歌詞の作品を取り上げます。前回ご紹介したフランス語圏でリリースされたシングル『Ne t'enfuis pas』(July 1983)のc/w『Un baiser d'enfant』です。この作品はアルバム「魔物語」(1980年9月8日)に収録された『The Innocents』のフランス語バージョン。なぜ3年前に発表した曲をフランス語訳にしたかは不明です。




Un baiser d'enfant

Je dis bonne nuit-nuit.
Je le borde dans le lit.
Mais ça ne va pas.

Qu'est-ce que c'est? Un baiser.
Ça me fait frémir.

Je n'ai jamais avant
Aimé un enfant
Sans contrôle.

Il n'est qu'un jeune, et a l'école.
Chez nous ils n'aimeront pas.
Sa petite main joue dans mon coeur,
Juste la ou ça fait mal.
Toc-toc. Qui est dans ce bébé?
Tu sais bien y faire.

Toutes les barrières tombent.
Ça va se voir.
Ça se voit. Ça se voit. Ça se voit.

Je ne peux laisser faire
Je le regretterais.
Ouh, il m'effraie!.

Il y a un homme la dans les yeux.
Je le vois en me penchant.

Ouh, il me fait peur
Quand ils chuchotent entre eux.
-
Le vent souffle.

Sur leurs levres des caresses
Qui parlent de l'amour.

Je veux frapper, je me retiens.
Je veux juste toucher.

Je dois rester et arrêter
Tout ça avant qu'il soit trop tard!

Toutes les barrières tombent.
Ça va ce voir.
Ça se voit. Ça se voit. Ça se voit.




【2013/05/17 23:39】 フランス語のある音楽 |
フランス語のある音楽29
久々のこのシリーズ、今回はケイト・ブッシュがフランスとカナダで限定リリースしたシングル『Ne t'enfuis pas』(July 1983)を聴きます。この曲は本国イギリスでは、アルバム「The Dreaming」(13 September 1982)からシングルカットされたシングル『There Goes a Tenner(邦題:10ポンド紙幣が1枚)』(2 November 1982)のC/Wとして収録されたものです。

音楽的にはケイト・ブッシュの当時の作品としてはエキセントリックではない、シングルとしては大人しいぐらいごく普通に仕上げられています。フランス語で挑戦しているせいか、彼女なりのエレガンスを表現したのかもしれません。

     

Je viens
Comme un chat
Par la nuit si noire.
Tu attends,
Et je tombe
Dans tes ailes blanches, la-la-la...
Et je vole,
Et je coule
Comme une plume.

Si les grands yeux de mon Dieu
Ne me gardaient pas,
Je te volerais

Ne t'enfuis pas!
Tu as des ailes,
Le pouvoir de me quitter.
Tu es tombe
Du ciel comme un ange, la-la-la
Et j'ai peur
Que le ciel
Te reprenne.

Si les grands yeux de mon Dieu
Ne me gardaient pas,
Je te volerais.

Je viens
Comme un chat
Par la nuit si noire.

Je t'en prie,
Je t'en prie,
Je t'en prie,
Je t'en prie,
Je t'en prie,
Je t'en prie--
Ne t'enfuis
Pas!

【2013/05/14 23:00】 フランス語のある音楽 |
バタフライスター、世界卓球パリ会場に集結
日本の卓球用品ブランド、バタフライ契約選手たちが、国籍を問わず世界卓球パリベルシー体育館会場に集結の様子を伝える動画がアップされています。地元フランスのアドリアン・マトゥネをはじめ、現世界チャンピオン張継科、ドイツのティモ・ボルらの姿が見られます。日本の丹羽孝希や水谷隼もいますが、他の国の人たちがリラックスしているのに比べ、コメントや表情が硬い。

ちなみにバタフライはブランド名で、会社名はタマスといいます。会社概要は以下の通りで、世界的トップシェアとはいえ、規模としては中小企業。卓球以外の扱いはほとんどありません。

本社所在地 日本
〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南1-7-1
設立 1950年12月19日
業種 その他製品
事業内容 卓球用品製造販売
代表者 代表取締役:山田俊策
資本金 9960万円
売上高 59億円(2010年10月)
従業員数 130人





【2013/05/14 20:31】 卓球 |
THOM BROWNE. & BAND OF OUTSIDERSで新宿闊歩
     2013_05120704070002.jpg

本日THOM BROWNE. & BAND OF OUTSIDERSの組合せで新宿へ行きました。高橋幸宏風にモノトーン調にしたのですが、どこかのウェイターみたいかもしれません。さて、ではどれがトムでバンドかお分かりでしょうか。正解はポロシャツ、ウェストコート、ボウタイ、シューズがTHOM BROWNE.で、トラウザースがBAND OF OUTSIDERSです。

最近のバンドのトラウザースはイタリア製でペーパードがかかっているものが多いですが、これはマーティン・グリーンフィールド製の裾幅があるタイプで、比較的THOM BROWNE.に近いものだと思います。素材はかなり質の高いサマーウールで、シアサッカーのような手触り。履き終えた後にハンガーにかけておくと自然にシワが取れてしまう、そんな素材です。サイズは0なので若干きつめですが、どうにか履きこなしているところです。まさにお宝と言えます。

それともう一つ付け加えると、このバンドのトラウザースは、ジップアップでベルトループ付ですが、いわゆる「持ち出し」があります。ちなみにTHOM BROWNE.は、ボタンフライでループレスの場合多くはは持ち出しはありますが、今季のカジュアルパンツに見られる、ジップアップ+ループ付では持ち出しが見当たらないようです。たかがですが、されど「持ち出し」だと個人的には思います。

ついでながらTHOM BROWNE.について、ウェストコートは写真では分かりにくいですが、トム風に第一と最下のボタンを外しています。最近このブランドであまり見なくなったボウタイですが、結びやすさと形の良さは絶品です。写真はねじれていますが。



【2013/05/12 21:57】 BAND OF OUTSIDERSを着る |
カーリー・サイモンの『Let the River Run』と高橋幸宏の『6,000,000,000の天国』
そして今度は、映画「ワーキング・ガール(Working Girl)」の主題歌『ステップ・バイ・ステップ(Let the River Run)』(1989年)を聴きます。カーリー・サイモンはこの曲でアカデミー歌曲賞を受賞しています。映画もメラニー・グリフィス、ハリソン・フォード、シガニー・ウィーバーなどが出演し、当時かなりヒットしました。

これもどこかで聞いたことがあるなと思ったら、高橋幸宏のアルバム「Broadcast From Heaven」(1990年4月4日)に収録の『6,000,000,000の天国』(作詞:鈴木慶一 作曲:The Beatniks 編曲:高橋幸宏)であることが浮かびました。ちょうどタイミング的にも、『Let the River Run』が1989年、『6,000,000,000の天国』が1990年なので、無関係ではないように思われます。

カーリー・サイモン、これほどYMOと近いものがあったとは意外でした。



     




カーリー・サイモンの『Why』と坂本龍一の『千のナイフ』
先日もお伝えしたように、後追いでカーリー・サイモンの作品をいろいろと聴いているところです。「Soup for One」という映画のサントラ盤に収録の『Why』(August 1982)を聴いていて、 "La di-da, di-da"のリフレインがオリエンタルメロディなので「へ〜」と思ってクレジットに目をやると、ナイル・ロジャーズとバーナード・エドワーズの名があり、こんなレゲエ調もやるんだと聴き入りました。何となくベースライン、どこかで聞いたことがあるなと思ったら、坂本龍一の『千のナイフ』(1978年10月25日)が浮かんできました。これはもしかして、もしかするかもしれません。

なお、坂本自身はレゲエや賛美歌、ハービー・ハンコックの「Speak Like A Child」にもインスパイアされたと発言している(Wikipedia)そうなので、ハンコックの曲と合わせて聴くと面白いかもしれません。と言って、『Why』と『Speak Like A Child』が似ているわけではありませんが。

     

     

     


竹中直人、THOM BROWNE.を着る
      926753_o.jpg

竹中直人がまたもやTHOM BROWNE.を着用、今度は「Men's Ex(2013年05月07日発売号) 」の表紙で登場です。ジャケットの第二と第三ボタンをつけています。デヴィッド・ボウイは第一と第二ボタンをつけていました。竹中直人がここにきて凄まじい勢いでTHOM BROWNE.を着ています。遅れてきた青春を謳歌するかのごとしです。日本のG-Dragon(笑)。



【2013/05/09 23:07】 THOM BROWNE.を着る |
Carly Simon / You Belong To Me
あるサイトで筒美京平が作曲した大橋純子の『たそがれマイラブ』とソックリな曲として、カーリー・サイモンの『You Belong To Me』が指摘されていました。私は彼女の作品に不案内なので、YouTubeで確認したら、たしかにイントロは似ていますが、全体の曲調はまったく別物だと言ってよかろうかと思いました。

それよりもこの『You Belong To Me』、おかげでカーリー・サイモンを掘り下げてみたくなる衝動にかられました。何となく今聴いてみたいと思っていた曲調です。こういう良い意味での大人の女性の音楽、今はかなり少なくなってきました。

なお音楽とは関係ないですが、動画の写真で一緒に写っているのは、元夫のジェイムズ・テイラーです。





THOM BROWNE.とBLACK FLEECE、シューズは後者に軍配
最近デニムパンツ着用の際も革靴を履くことが多く、そのほとんどがTHOM BROWNE.のウィングチップでした。先日ご紹介したくじら柄ネクタイでのジャケパンスタイルの時に、久々にBLACK FLEECEのオールデン製ウィングチップを履いてみたら、その履き心地のよさにあらためて気づかされたぐらいでした。もう2年ぐらい経つからでしょうが、足に吸い付くようなフィット感があり、足に馴染んで歩いていて疲れを感じることもなく、オールデン製がなくなるギリギリに駆け込んで買ってよかったなと思いました。現在のクロケット製のウィングチップも所有はしていますが、まだ一度も履いたことがないので一律には言えないかもしれませんが、私は個人的にはTHOM BROWNE.よりもBLACK FLEECEの方が足に馴染みやすく履きやすいです。

     2013_05070704070006.jpg

履きジワは味と言えばそうとも言えますが、写真をご覧の通り、左のBLACK FLEECEに比べ右のTHOM BROWNE.は履きだして間もなくこのようなシワできてしまいました。今回の大幅な値段改訂がいくらか関与しているのかもしれません。

それにしても、ブルックスブラザーズとオールデンの蜜月の関係は終わってしまったようで、今ではカジュアル、ドレスともにクロケット製が主流となっています。もし今所有のTHOM BROWNE.やBLACK FLEECEのシューズが履き倒してダメになった際は、ためらうことなくオールデンのシューズを買うこととなるでしょう。


【2013/05/07 22:59】 BLACK FLEECEを着る |
筒美京平の隠れた名曲集116(弟が語る兄筒美京平)
                 渡辺忠孝

今回は急遽番外編としてご紹介します。筒美京平こと渡辺栄吉には音楽業界に弟がいます。「コブクロの生みの親で音楽プロデューサーの渡辺忠孝」(Wikipedia)がそうで、写真の人です。彼が兄筒美京平についてラジオで語った貴重な音源がYouTubeにアップされていますのでお聴きください。



弟の渡辺忠孝は兄の筒美京平と正反対の雰囲気がありますね。しゃべりが滑らかというか。上の写真を見た感じも面長であまり似ていません。

いろいろなエピソードは聴いていただくとして、この動画で特筆すべき点が一つあります。20:51あたりから「人気作曲家の秘密・筒美京平 わたしはこうしてヒット曲を作る!」という記事の内容が見られます。筒美京平には珍しく雑誌に記事を書いた形跡があるようです。

 私は作曲家をはじめて三年、暗中模索からはじまり、最近、やっとコツのようなものがわかってきたというのが本音です。
 自分の作ったものがヒットすれば、流行作曲家として認められ、次から次へと作曲し、依頼者の期待にこたえなければなりません。したがって、じっくり練りながら作る余裕など、まったくといっていいほどないのです。
 だから、”私はこうして作る”などと正面切っていえる柄ではないのですが、あえて紹介することにします。
 私は歌詞にメロディをつけるのがほとんどで、90%はそうです。いまメロディが先に出来て、それに歌詞をつけるのが多くなっているのですが私の場合は、詞のリズムにメロディをつけた方が、歌謡曲っぽいものが出来るのです。
 まず歌詞をよく読み、自分のなかにリズムが動き出したら、とにかく、十通りぐらいメロディを作ってしまいます。そして、その中で、これと思うメロディをとりだし、煮つめていくわけです。ひとつの曲を、いじくりまわすことはほとんどありません。はじめに書いたものが、そのままレコーディングということもあります。
30分で作って大ヒット
 では、一昨年の12月25日に発売し、大ヒットした『ブルーライト・ヨコハマ』について説明しましょう。
 この曲は、いしだあゆみを大スターにした思い出深い曲ですが、意外にスラッと出来あがった曲です。
 あれはたしか、翌日がレコーディングという日でした。夜中の2時になっても橋本淳さんの詞が出来てこないのです。当然、楽器編成をきめていないと、当日になって、演奏者をきめるわけにはいきません。ですから、どういう楽器編成でアレンジするかは、詞、メロディが出来る前にきまっていたという、まさに、珍妙なものでした。
 こんな状態でしたから、夜中の2時すぎになって、はじめて五線紙に向かい、30分ぐらいで作ってしまいました。そうでもしないと、あとアレンジの仕事。つぎにそれを、それぞれの楽器別に楽譜を作るために、写譜する人が待ちかまえているのですから―。
『涙いろの恋』が大ヒット
 私はいつもそうですが、前号でやられた“ホット作曲術”にあるように楽曲の形式をある程度後において、作曲するようなことはないのです。すらっと出来たものが、あとで説明するように、たまたまAA’BA’という形式でまとまっているのであって、全体的にメロディー、リズムが、こころよく響くというおほめの言葉は、結果論というのが私にとって真実なのです。
 この曲がヒットすると、
「歌謡曲に、新しいサウンドをもたらした」
 ということをよくいわれましたが、実は、この前にも、いくつか作っているのですが、ヒットしなかっただけです。
 さて、本題にもどりましょう、私の場合メロディーの中にリズムをいかにおりこむかというのが重要なことですが、この歌には、前身ともいえる曲があるのです。この歌が出る少し前に、奥村チヨがうたった『涙いろの恋』がそうです。
<譜例1>をみて下さい。はじめの歌いだしの「あなたのやさしい―」をうたっただけで、リズムやトーン(調子)が『ブルーライト・ヨコハマ』に似ていると思うはずです。


当時の音楽制作の現場の雰囲気が伝わるのがいいですね。また筒美京平の謙虚な語り口も好感が持てます。

筒美京平が『ブルーライト・ヨコハマ』と似ているという奥村チヨの『涙いろの恋』も聴いてみましょう。たしかにサビの部分が似ていますが、『ブルーライト〜』の方がイントロの2菅など洋楽エッセンスに溢れています。なお、『涙いろの恋』は奥村チヨのアルバム「チヨとあなたの夜」の1曲として収録されています。

     

【2013/05/07 00:29】 筒美京平の隠れた名曲集 |
全身BAND OF OUTSIDERSで下北沢、吉祥寺闊歩
     2013_05060704070004.jpg

そして今日はBAND OF OUTSIDERSで下北沢と吉祥寺に出かけました。

チェックのシャツは今年春夏のTHOM BROWNE.のシャツに似ていますが、こちらは昨年春夏のアイテムでした。シアサッカー生地です。これは伊勢丹のバーゲンで買いました。サイズが0と小さいので妻と兼用の約束でしたが、何だかんだで私の方が着ています。

ウェストコートはたしか2011年春夏のもので、マーティン・グリーンフィールド製のハンドメイド。ビームスのギャラリーで買いました。これと同じ生地のショートパンツがバーニーズで売られていたのですが、買い損ねてしました。バンドはショップによって買付がまちまちで、今回の場合、ベストはビームス、パンツはバーニーズと、買い揃えるのに苦労しますが、秋には路面店ができるというので、このあたりが解消される可能性があります。

チノパンは2011年秋冬のアイテムでこれはビームス渋谷で手に入れました。イタリア製のボタンフライです。このグリーンの色合いが素晴らしいです。試着で別の客がボタンフライの上のホックを無理やり留めたため、破れたのを補修したものです。元々買う気もないのに試着するのもどうかと思いますが、無理に破ってそれを買い上げることもないような客に対し、お店には見定める術を得て試着をさせてほしくないものです。

シューズは写っていないですが、同じくバンドのデッキスニーカー、Made in Chinaです。

で久々に下北沢に行ってきて、小田急の地上が閉鎖され、駅も仮設状態だったたり、中心部のお店もずいぶんと変わっていたりと、相変わらず変化の激しい街だなとあらためて思いました。以前来た時はそれほど気づきませんでしたが、古着屋が増えたんじゃないかなとも感じました。

吉祥寺はつい先日も来たことがあるのでそれほど変化は認められなかったものの、メンチカツで有名なサトウ吉祥寺店の前に今まで見たことのないほどの長蛇の列がありました。私も吉祥寺は80年代から長く通っていますが、これほど並んでいるのは初めて見ました。


【2013/05/06 21:05】 BAND OF OUTSIDERSを着る |
初夏だ、THOM BROWNE.くじら柄ネクタイしよっと
     2013_05060704070002.jpg

今日は連休最後の日で少し暑いぐらいでした。昨日の話ですが、THOM BROWNE.の紺ブレとデニムパンツに、写真のチェックシャツとくじら柄ネクタイで出かけました。昨年よりTHOM BROWNE.の動物柄ネクタイを集めています。昨年はビーグル犬とペンギン、そして今年はくじら柄と推移していますが、最後のくじら柄だけはビジネスではなかなか使いづらい大柄。なのでこのようなカジュアルなジャケパンスタイルで使用しています。このネクタイはこれからの季節に使いたくなる色です。



【2013/05/06 20:33】 THOM BROWNE.を着る |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    04 | 2013/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。