海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
ブリリアント・クラシックスから超激安モーツァルト全集発売
                 MOZART

激安ボックスセットで知られるオランダのクラシック音楽レーベル、ブリリアント・クラシックスを紹介する記事です。私もブラームスの室内楽全集を持っていてその激安ぶりにはビックリします。安いからといって侮れませんぞと記事は伝えます。昔の廉価盤の方がひどかったみたいですね。

とにかく驚くのは、モーツァルトのコンプリートがCD170枚とCD-R1枚のセットで99ユーロ(1ユーロ142円として約14,000円、1枚当り約82円!)で売られていることです。まだ日本の大手ストアで見ていませんが赤いボックスに入っているそうです。

ところでこの記事を理解するのに結構時間がかかりました。興味のある音楽なのですが必ずしも理解しやすいとは限りませんね。お気づきの点があったらご遠慮なくどうぞ。ただし明らかな誹謗中傷はご遠慮ください。


99ユーロでモーツァルトの曲全てが

10月初めオランダの音楽レーベルブリリアント・クラシックスからモーツァルト作品全集が99ユーロで販売された。フランスにおけるその販売セット数はすでに1万を数える。つまり170万枚のCDが売れたことを意味し1枚あたりすると58サンチームの値段となる。同社は170枚のCDそして1枚のCD-ROMをセットとして送り出す。これらのCDと解説文が色とりどりに印刷されたポシェットに同封され、さらに奥行き30cm、高さ14㎝、幅13cmもある赤い小箱の中に収納されている。豪華というより使いやすくてしゃれた全集と言える。箱蓋の裏側には交響曲からオペラまでのジャンル分けによるCDリストが載せてある。

この激安記録を更新するのは至難の業だ。アベイユ・ミュージックの社長イヴ・リゼル氏も同様のことを話す。同社はこの全集の他、クラシック、ジャズ、ワールドミュージックを豊富に取り揃える問屋でもあり音楽レーベルでもある。「ブリリアントさんは相当な努力をされていますよ。というのもブリリアントさんのボックスセットは2-3ユーロか4ユーロで売られているのが普通ですから。あまりに売れるものですからパリのフナックさんから500セットの追加注文をさっき受けましたよ。」

質と値段の両方で記録達成

過去録の再編集と新録の演奏が等しく収められている。これらの演奏は、芸術的技術的な質からいっても、他社の高い価格の商品と比べても遜色がない。一儲けしようと倉庫から急いでかき集めた粗悪品ではない。

1975年の頃をちょっと思い出していただきたい。当時一番安いシリーズ物のLPレコードですら10フラン80サンチームはしていた。そのLPの演奏もフィリップス、EMIといった大手メーカーの目録の中でも古いもの音源としていたし、大部分はモノラル録音であった。貧弱なポシェットの中にぶっきらぼうに詰め込められていても中には素晴らしい演奏もあるのだが、聴いた限り安上がりに作られた演奏という印象は歪めない。というのも当時のLPのプレス方法だと盤からノイズが発生していたからだ。

1985年には、その2年前に先立って発売されていたコンパクトディスクで1枚156フランから162フランもしていた。さらにハルモニア・ムンディはフランスの国内市場で初めて廉価版CDを売り出した。その価格は90フラン以上だった。20年が経過し、新たな価格体制では26ユーロからとなり、年々CDの価格が下落し、反対に値上げをするのが難しくなった。この市場にあって、廉価版CDや臨時の特売の割合が極めて高くなってきた。

ブリリアントは今日でこそ質・価格の両方で記録を達成しているが、かつてはこの路線では遅れを取っていた。新録で質の高いCDが10ユーロを少し切って買える。例えば独立レーベルのナクソスはその一つで、同社のカタログ数は千を超え国際的にも幅広く販売されている。アルテ・ノヴァもその一つだが、同社のコレクションはソニー=BMGの傘下で扱われている。不安視された発足であったが、同社は何度もヒットを生んできた実績がある。中でもチューリヒにある有名なトーンハレの音響下で録音されたベートーベン交響曲全集が挙げられ世界で百万枚のヒットとなる。巨匠デイヴィッド・ジンマンに指揮されたこともあり、この全集はベートーベンの交響曲の中でも音楽学の最新資料として相応しい最高級の演奏録音として目されるであろう!

今後マニアックなクラシックファンが、狩人のようにCD店のクラシックコーナーを貪り漁る可能性はある。有名な曲目を含むヒットアルバムをリリースしているだけでなく、ナクソス、アルテ・ノヴァ、ブリリアント・クラシックスは、18~20世紀のレアな曲を世界初録音で収めたりしている。さらによいこととして、各社は価格を下げることで売上を伸ばし収益を上げていることだ。LP時代のように安価なCDが高価なものと比べ質的に劣るというようなことはもはやない。選曲、録音やプレスの質、エンジニア、どれをとってもそう言える。

それにしてもブリリアント・クラシックスは、1枚当り2~4ユーロのボックスセットや58サンチームのモーツァルト全集をどうような方法でリリースしているのだろうか。リゼル氏が答える。「簡単ですよ。ブリリアントさんはマイナーおよびメジャーレーベルとのライセンス協定に基づき録音使用権を買収するのです。これらの音源はお蔵入りのままになっているか、まだカタログに残っているかのどちらかなのです。ところが市場ではCD店でCDが徐々に姿を消しつつあるのに、CD店が望む商品の売れる値段でこれらの音源が売られることはないのです。そこでブリリアントさんは何とか切り抜けようとボックスセットのみをリリースするようになったのです。ボックスセットCDだと複数でも1商品つまり1製品番号としてまとめられます。」

ダウンロードを懸念

それにしても1音楽レーベルが他社主要カタログから得た一部の所有権に社運をかけて利益が出るものなのだろうか。リゼル氏によると問題は早々解決されている。「ブリリアントさんは権利使用許可を現金で支払い、他社から使用権を得ることでこのような成果をあげることができるのです。他社はCDの製法や流通に留意することはありませんでした。メジャーレーベルはわずかな資金でやりくりする一方、マイナーレーベルは新たな資金源を得て新譜を録音し続けることができるのです。」

確かに。でも新録盤モーツァルトボックスセットについてはどうであろう。「新録盤については高く売られているCDと同じ製作方法に則っています。新録音は共同制作であり、CD制作のためオーケストラ自らの予算から費用を捻出したものであり、全面的にブリリアントさんが出資するものです。」

実際数年前から、かつてしのぎを削ったメジャーレーベル同士が、百科事典的な機能をもつ商品をリリースするため使用権を売買あっている。フィリップスが全力を上げて取り組む『20世紀の偉大なるピアニスト』という2枚組100アルバムシリーズには、ユニヴァーサル、EMI、ソニー、RCA、他優良マイナーレーベルのアーティストの演奏が複合して収められていた。1世紀あまり経ったレコード製作史上初の試みだった。

とはいえブリリアント・クラシックスのように激安CD商法をしたからといって、録音音楽メディアは、ネット違法コピー支持者が非難するように、CDでは値段が高すぎるため今後製造される必要はもはやないのではという考えに至るのはどうであろうか。リゼル氏が答える。「ブリリアントさんはCDが存続する糸口を見つけ出すことができたのです。CDは周期の最後にさしかかった成熟した商品です。CDはなおも長きに渡る商品として存続していきますよ。CDマニア向けという特定の分野には期待が持てます。そうは言っても製品化されていない商品やオンライン・ショッピングがにわかに市場シェアを占めてきました。音楽レーベルは、あらゆる点で今日の携帯電話決済に匹敵しうる月間予約による割引制度の総合カタログを世に出します。願わくは豊富なラインナップを揃える音楽レーベルに地位を占めてほしいし、演奏の組合せを念入りに仕上げかつ商品を安く売りに出せる確かな商才のある人がいればなと思います。」

アラン・ロンペシュ


Enquête
Tout Mozart pour 99 euros
LE MONDE | 11.11.05 | 13h22 • Mis à jour le 11.11.05 | 13h22

Mise en vente, début octobre, l'intégrale de l'oeuvre de Mozart publiée par l'éditeur néerlandais Brilliant Classics s'est déjà écoulée à 10 000 exemplaires en France, au prix de 99 euros. Cela fait 1,7 million de CD au prix unitaire de 58 centimes d'euros : l'acheteur emporte 170 CD et un CD-Rom contenant les textes de présentation, glissés chacun dans une pochette de papier coloré, serrés dans un coffret rouge qui mesure 30 centimètres de longueur, 14 centimètres de hauteur et 13 centimètres de largeur. Pas le grand luxe, certes, mais un produit plutôt joli et facile à utiliser : le revers du couvercle liste chacun des disques regroupés par genre, de la symphonie à l'opéra.


Ce record de prix sera difficile à battre, mais comme le dit Yves Riesel, patron d'Abeille Musique, distributeur de cette somme, ainsi que de nombreux catalogues classiques, jazz, musique du monde plus luxueux, et éditeur lui-même : "Brilliant a fait là un effort particulier, car habituellement ses coffrets de disques sont vendus au prix de 2, 3 ou 4 euros le CD. Les ventes se portent si bien qu'une Fnac parisienne vient d'en commander cinq cents coffrets de plus."

RECORD DU RAPPORT QUALITÉ/PRIX

Les interprétations proposées se partagent entre rééditions d'enregistrements anciens et interprétations nouvelles ; leur qualité artistique et technique est en tout point comparable à ce qui est publié au prix fort par la concurrence. Ce ne sont pas des rogatons hâtivement compilés dans un boîtier pour faire un coup.

Petit rappel, en 1975, un microsillon des séries les plus bon marché valait 10,80 F. Les interprétations provenaient du vieux fonds de catalogue de grands éditeurs, comme Philips et EMI, et étaient souvent des enregistrements monophoniques. Mal pressés, glissés dans des pochettes fragiles, certains proposaient de grandes interprétations, mais leur caractère économique se voyait autant qu'il s'entendait, car les pressages étaient bruyants.

En 1985, le disque compact, apparu deux ans auparavant, valait de 156 F à 162 F l'unité, et Harmonia Mundi publiait le premier CD économique vendu sur le marché français. Son prix était de 90 F. Vingt ans plus tard, le prix d'une nouveauté est de 26 euros et la part de disques économiques et d'offres spéciales temporaires a crû singulièrement dans un marché qui voit le prix moyen du disque baisser année après année et celui des plus chers stagner.

Si Brilliant gagne aujourd'hui le record du rapport qualité/prix, cet éditeur a été précédé sur cette voie. Quantité de disques publiés en nouveauté valent juste un peu moins de 10 euros. Ceux de l'indépendant Naxos, par exemple, dont le catalogue dépasse le millier de références distribuées internationalement. Ceux aussi d'Arte Nova, collection qui est dans le giron de Sony-BMG. Après des débuts incertains, elle a quelques succès à son actif, dont une intégrale des symphonies de Beethoven, enregistrée dans l'acoustique fameuse de la Tonhalle de Zurich : un million de disques vendus dans le monde. Dirigée par un grand chef, David Zinman, elle aura été la première interprétation discographique à utiliser l'édition musicologique la plus récente de ces symphonies !

Mélomanes curieux comme fauchés peuvent désormais puiser dans les mêmes bacs des disquaires. Car loin de ne proposer que quelques tubes du grand répertoire, Naxos, Arte Nova et Brilliant Classics vont jusqu'à enregistrer des raretés des XVIIIe, XIXe et XXe siècles en première mondiale. Mieux encore, ils les rentabilisent en raison même d'un prix réduit qui accroît les ventes. Qualitativement, plus rien ne sépare un disque cher d'un disque économique comme au temps du microsillon : ni le programme, ni la qualité d'enregistrement et de pressage, ni la prise de son.

Mais comment Brilliant Classics fait-il pour publier des coffrets dont chaque disque vaut 2, 3 ou 4 euros et une intégrale Mozart à 58 centimes d'euros le CD ? M. Riesel donne la réponse : "C'est très simple, cet éditeur achète les droits d'exploitation d'enregistrements sous licence à des indépendants et à des majors. Ces bandes dorment dans leurs placards ou sont encore au catalogue, mais dans un marché où le disque est de moins en moins exposé chez les disquaires, elles ne se vendent pas aussi bien qu'ils le souhaiteraient au prix où leurs disques sont vendus. Et Brilliant ne publie que des coffrets qui sont plus faciles à gérer. Un CD comme un coffret sont un produit, une référence dans un logiciel."

EN ATTENDANT LE TÉLÉCHARGEMENT

Cependant, l'intérêt pour un éditeur de confier à d'autres l'exploitation de pans de son fonds de catalogue n'est pas évidente. Pour M. Riesel, la question est vite tranchée : "Brilliant paie cash les licences d'exploitation et améliore ainsi les résultats d'exploitation des éditeurs, qui n'ont pas à s'occuper de la fabrication et de la distribution des disques. Les grands font un peu de trésorerie, les indépendants touchent de quoi continuer à enregistrer de nouveaux disques grâce à une source de financement nouvelle."

Certes, mais il y a aussi de nouveaux enregistrements dans ce coffret Mozart : "Ils obéissent à la même logique de production que les disques chers. Ils sont soit coproduits, soit autofinancés par des orchestres qui provisionnent dans leur budget la production de disques, soit intégralement financés par Brilliant Classics."

De fait, depuis quelques années, les majors, autrefois farouchement concurrentes, s'échangent des droits d'exploitation pour des publications à caractère encyclopédique : la série de cent albums de deux CD consacrée par Philips aux "Grands pianistes du XXe siècle" mélangeait les artistes Universal, EMI, Sony, RCA et de quantité d'autres éditeurs indépendants. Une première en un peu plus d'un siècle de production discographique.

Cependant, vendre ainsi des disques si peu cher, comme le fait Brilliant Classics, ne revient-il pas à accréditer l'idée que la musique enregistrée ne vaut guère plus que l'objet sur lequel elle est gravée, que le disque est trop cher, ce que lui reprochent les partisans de la copie illégale sur Internet ? Pour M. Riesel : "Brilliant arrive à un moment-clé de la vie du CD. C'est un produit mature, en fin de cycle. Le CD durera encore longtemps en tant qu'objet, espérons-le, pour certaines productions de discophiles, mais la dématérialisation et l'achat en ligne vont s'imposer rapidement. Les éditeurs pourront proposer leur fonds de catalogue à prix réduit grâce à un abonnement mensuel en tout point comparable à celui payé pour le téléphone portable aujourd'hui. En attendant, il y avait une place à prendre pour un éditeur ayant une grande connaissance des catalogues et un goût sûr pour faire des assemblages soignés d'interprétations et les vendre très peu cher."

Alain Lompech
Article paru dans l'édition du 12.11.05

スポンサーサイト
【2005/12/10 20:29】 ビジネス | TRACKBACK(3) | COMMENT(4) |
この記事に対するコメント

お久しぶりです。
なんじゃこれは!? というのが第一印象です。
こんなに激安でなんだか個人的には嫌かも。
とりあえず聴いてみよう、というのなら安いのは助かりますが、モーツアルト全曲入っているって、なんだか「??」です。 聞いてて訳分からなくなるでしょうね。
でも、ほんとに質も良いのでしょうか??
聴いてみたいけど、こういうのってきっと視聴もさせていないのでしょうね。 なんてったって激安ですから。

ところで、「にんげんバトン」なるものが回ってきました。
ドラム小僧さんにも回します。
詳しくは私のブログをみてくださいね。
【2005/12/11 19:55】 URL | Nori #- [ 編集]


すごいものがあるんですね。全部聴くのも大変そうですね。モーツァルトは好きです。でも全曲聴いたことはありません。どんなのがあるのか?聴いてみたいですね。
【2005/12/11 20:57】 URL | Mii #uszzu23E [ 編集]

Nori様
お久しぶりです。何じゃこれの値段ですが問題ないですよ。私もいくつかボックスセット持っていますが、間違っても下手なアマチュアが演奏しているとかはないと思います。モーツァルトに関してはジャンル別の全集はあったのですが、全曲網羅したものはなかったんで話題沸騰もわかります。ドイツでは売られてないのですか。日本ではまだ見ませんが年末商戦のクラシックコーナー最後の切り札となるのでしょうか。

バトンものってフランス在住ブロガーさんの間で流行っているみたいですね。どんなものか覗いてみます。
【2005/12/11 22:29】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

Mii様
モーツァルトお好きですか。彼は膨大な数の作曲をしたので自分でもわかってなかったでしょうね。デッカから出ているハイドンの交響曲とピアノ全集を持っていますが、合わせて何百曲もありいつ聴き終わるかわかりません。このモーツァルト全集もヨボヨボになった頃聴き終わりそうです
【2005/12/11 22:35】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/100-611a9162

クラシックのネタ

クラシックのネタを毎日ネットから集めてブログ形式でお届け中。ブログや飲み会でのネタを見つける為に利用してください。「○○のネタ欲しい!」とキーワードのご提案もお気軽にどうぞ!お待ちしてます。 ネタ蔵【2005/12/11 01:16】

モーツァルトのネタ

モーツァルトのネタを毎日ネットから集めてブログ形式でお届け中。ブログや飲み会でのネタを見つける為に利用してください。「○○のネタ欲しい!」とキーワードのご提案もお気軽にどうぞ!お待ちしてます。 ネタ蔵【2005/12/11 01:18】

-

管理人の承認後に表示されます 【2014/01/25 00:44】

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/03 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。