海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
仏検1級読解文③
                     le permis a un euro par jour

このシリーズを一つ残して年を越すところでした。あまりめでたい話ではありませんが、今年最後のアップといたします。

何かのフランス映画で教習所に通う女性の話がありました。その教習所は日本のものと違い、ほとんど個人経営によるものでした。いきなり路上で実習していくものでした。何せ古い映画なので、今は違うのかもしれません。フランスでは教習所の料金相場が千ユーロぐらいらしいです。日本よりかなり安いのですが、それでも払うのが困難な人がいて、この問題文にある貸付金利優遇策がとられているようです。詳しくは下記サイトをご覧ください。

LE PERMIS DE CONDUIRE À UN EURO PAR JOUR


次の文章を読み、右のページの(1)~(3)に、指示に従って日本語で答えてください。句読点も字数に数えます。
  解答欄は解答用紙の裏面にあります。( 配点 15 )

Le gouvernement français a annoncé la mise en place du « permis de conduire à 1 euro par jour » à partir du 1er juillet. La mesure s’adresse aux moins de 25 ans, dont la mortalité sur la route a augmenté en 2004 à l’inverse de la tendance générale. Désormais, l’État prendra à sa charge les intérêts des emprunts bancaires liés aux prêts d’une durée de dix-huit mois à trios ans destinés à financer la préparation du permis. Le système, sur le modèle de celui mis au point pour aider les étudiants à acquérir des ordinateurs, reposera sur des conventions signées entre l’État, les auto-écoles et les banques. Il doit éviter aux jeunes des mises de fonds trop importantes pour un exemen dont le coût attient couramment 1 000 euros.
Avec ses implications sur les routes, l’accès au permis de conduire apparaît comme l’enjeu du débat sur la sécurité roitière. En fait, il ne s’agit là que d’un élément d’un phénomène plus large : la conduite sans permis. Largement, médiatisée, cette réalité est d’autant plus mal cernée qu’elle concerne plusieurs catégories distinctes. Aux conducteurs adultes qui n’ont jamais passé leur permis (considérés comme peu dangereux car soucieux de se faire remarquer le moins possible) s’ajoutent les jeunes sans permis dont les tendances à la transgression sont porteuses de risques importants. Il faut compter, enfin, ceux à qui le permis de conduire a été retiré.
La multiplication des contrôles et l’aggravation du barème des pertes de points ont nourri l’inflation de cette dernière catégorie : le nombre d’invalidations a augmenté de 80 % entre 2003 et 2004 pour s’élever à 37 000. En parallèle, la justice enregistre une hausse du nombre de condamnations pour conduite sans permis ou après invalidation (48 000 en 2003 contre 43 000 en 2001). Pourtant, l’hypothèse d’une « explosion » du nombre de conducteurs sans permis n’est étayée par aucun chiffre. Dans le débat actuel sur la sécurité routière, l’inquiétude sur l’augmentaion des « sans permis » pourrait nourrir les arguments de ceux qui serait tentés de dénoncer les effets pervers d’une politique de répression qui a, cependant, permis d’éviter 2 000 morts en dux ans.


(1) « permis de conduire à 1 euro par jour »とはどのような制度ですか。( 35字以内 )

(2) 無免許運転の実態が把握しにくい理由は何ですか。( 35字以内 )

(3) 筆者は、免許取消しによる無免許運転の増加に伴ってどのようなことが危惧されると指摘していますか。( 30字以内 )

(以下拙訳)

 フランス政府が、7月1日より実施する「日に1ユーロで運転免許証」を発表した。今回の施策は、25歳以下を対象としている。この年齢層の2004年度交通事故死亡者数が、全体の傾向とは裏腹に増加したからだ。免許取得準備金融資制度として、18ヶ月から3年以内の期間における銀行の貸付金利については、政府が負担をすることとなった。同制度は学生のためのパソコン取得奨励制度を参考に設けられ、政府、自動車学校、銀行の三者間が締結する協定に基づく。若年層にとって、試験にかかる経費は相場価格千ユーロとあまりにも高いため、負担を軽くする必要がある。
 この施策のおかげで運転免許証が取りやすくなった反面、交通安全上懸念があると取り沙汰されている。大きく見れば一要素に過ぎない無免許運転ばかりが問題となっている。マスコミで大きく取り上げられる割には、同じ無免許運転でも様々なケースがあることまでは知られていない。免許証を一度も取得したことのない成人運転者のケース(できるだけ事故のないよう配慮があるため事故の危険性が低いと見られている)と無免許の若年者のケースが挙げられる。若年層に無免許運転をする傾向が見られ、そこに重大な危険性が潜んでいると言える。さらに運転免許証の取り消しを受けたケースも挙げられる。
 取締りに拍車がかかり減点もどんどん増えるため、免許の取り消しを受けるケースが激増している。その数は、2003年から2004年の間に80パーセント増え、3万7千人に膨れ上がった。また警察でも、無免許運転あるいは免許の取消し(2001年に4万3千人に対し2003年は4万8千人)のかどで有罪となった人の数が上昇したと確認されている。とはいえ、無免許運転の件数が「爆発的に増える」と仮説を立てたところで、数字で何でも説明できるとは言い切れない。交通安全についての議論の中で、「無免許運転」が増加するのに乗じて取締りを強化をしている、と訴えられる可能性がある。しかしその取締り強化により、2年で2千件の死亡事故を防ぐことができたのだ。
スポンサーサイト
【2005/12/31 22:22】 語学検定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
この記事に対するコメント
こんばんわ
フランスの教習所は今でもいきなり路上実習させていますよ。私は日本の免許をこちらで切り替えましたが、AT限定なのではっきり言って運転できません。フランス人から見るとオートマは年寄りか障害者用の車らしいです。ToyotaがAT車を販売していますけどね。
教習所に通い直してマニュアル免許を取ろうかとも考えましたが、いきなり路上はちょっと怖いものがあります。こうやってペーパードライバーになっていく私でした。

日本はもう1日ですね。フランスは夕方5時半になるところです。
2006年もよろしくお願いします。
【2006/01/01 01:26】 URL | 18eme #- [ 編集]

18eme様
もうこちらは年を越しました。明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

情報ありがとうございます。非常に身近な話なので興味あります。やはり教習所事情は今も同じなのですね。マニュアル操作が普通ですか。日本のオートマ主流と正反対ですね。

確かにいきなり路上は怖いでしょうね。右側通行ですし。他の人の路上での運転も荒っぽそうですものね。

ところで更新は日本が一番厳しいと聞いていますが、そちらではどうなのでしょうか。
【2006/01/01 06:04】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

BONNE ANNEE!!!
コメント有難うございます。NRJ、早速投票してきましたよ。私の好みとはちょっと違う歌手が多かったのですが、とりあえずVote!結果が楽しみですね。

免許の更新は日本が1番厳しいのですか。知りませんでした。でも事実かもしれませんね。フランスでは1度免許を取ったら終わりですよ。更新しないんです。恐ろしいと思いませんか?人身事故を起こしても免停にはなりますが、取り上げられることはありません。飲酒運転なんて当たり前。ちなみに私の主人のおじいさん(94歳)は去年まで運転していたんですよ。さすがに最近は耳が遠くなってきたので、無理矢理説得して運転やめさせました。

はっきり記憶していませんが、こんな話もありました。
日本のようにシルバーマーク?を導入したのですが、60歳以上と定めていた年齢もChirac大統領が当時60代だったために反対派がでて、結局だめになったとか、年齢をきりあげたとか。

ラテンの血が混ざっているせいか、自己中心なお国柄のせいか、フランス(特にパリ)の交通マナーはかなり悪いです。歩行者もマナー守りませんけどね。私も今では堂々と赤信号を渡っています。
【2006/01/03 06:17】 URL | 18eme #- [ 編集]

18eme様
NRJは若者向きですか。確かに日本で言うヤンキー系の人がたくさんノミネートされています。ヤンキーってフランス語でどう言うのでしょうか。

日本では逆に免許取得は簡単だけど、更新で手間どるということで批判がありました。免許取得は1回ですが更新は何回もあります。国土交通省(旧運輸省)系の人たちの利権の温床と言われたことがあります。因みに、更新の時に渡される印刷物も天下り機関であるとも言われています。日本の場合、構造改革で着手すべき問題なのでしょうね。

かといってフランスみたいに更新が全くないのも怖いですね。私の印象では、フランス人にしろドイツ人にしろスピード狂のように思います。人身事故を起こしても免許の取り消しがない?酔っ払い運転当たり前?18emeさんが運転されないお気持ちよくわかります。この記事にある優遇措置って何なのでしょうね。

そうやって考えると、日本は交通事故を大きく取り上げるし、飲酒運転もどんどん厳しくなってきているのでまだいい方ですよね。旧運輸族の効果かな。年末年始にかけて富士山付近で暴走族が騒ぎまくりますが、フランスではそれが日常的にあるのでしょうか。

高齢者マーク、通称もみじマークと言います。お年寄りにはいい話なのにね。でもしたところで周りの配慮がないということですかね。それとも老人のスピード狂が多いのか。そうやって考えると小泉さんの方が、余程多くを決断していますよね。老害議員退職勧告とか。

日本人(というか東京しかしらない)のマナーはいい方なのでしょうね。合図をしたりお礼をしたりする人が大半だと思います。あえて言えば、トレーラーなどのトラック運転手のマナーが悪いです。でっかい図体で割り込んできたり、クラクションを大きく鳴らしたり。日本は高速料金が高く納期も厳しい、でも流通コストは下げろで運転手への負担が増しているのかもしれません。

また色々教えてください。



【2006/01/03 09:33】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/108-621d014a

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。