海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
元仏教育相の若者批判
                         Apprendre a vivre

上の本は、現在もなおフランスの書籍ランキングで上位を占めるロングセラー『Apprendre à vivre』です。著者は哲学者で、2002年から2004年に仏国家教育相を務めたリュック・フェリーという人です。フランスでロングセラーなのに、仏洋書専門店、大手書店洋書コーナーに行ってみても見当たりません。たまたまレクスパンシオンという総合週刊誌レクスプレスの系列の経済月刊誌のサイトに、リュック・フェリーのインタビューが載せられていました。読んで見ると、日ごろ日本にいて新聞、テレビ、雑誌、HP、ブログに目を通しても伝わることのなかった、骨のある人だなという印象を持ちました。はっきり言って、いわゆる日本人の「フランスびいき」の人からするとこんな人が日本に伝わって欲しくないな、というのがわかる気がする。というのも、フェリーによると、若者がCPE問題で騒ぐのは自分たちの既得権を守るためであり、60年代の闘士を演じても所詮は不安でいっぱいの日和見主義者で、彼らこそ自らが批判するところのコンサバである、と一刀両断すれば、色んなサイトでまるでわが国の一大事のごとくこの問題を扱った日本人には、フランスの国情が日本より優れているという前提が崩れ、日本の不満を言う余裕はなくなるわけで・・・要は同じ日本人に対し優越感が浸れなくなるわけです。この傾向は仏語上級学習者に多く見られる傾向であることは以前にも書きました。

とにかく、フランスには色々な言動があるのに、一部マスコミ、書店、取次店、出版社、はたまた拘束のないブログまでが、このような言動があるのをひた隠すとはいかがなものかと、反発心からこの記事をご紹介することといたしました。誤解のないように言いますと、私はこの人の言うことを全面肯定をするわけではなく、金太郎飴のごとく似たような言説に一石を投じたいわけで、読みたい人は読めばよいし、読みたくない人はパスすればよいと考えております。

それにしてもリュック・フェリーは、若者を厳しく批判する一方、若者向けの哲学の手引書がベストセラーになっているわけで、フランスの若者から支持が得られていることは明白です。過去の著作を調べて見ると、『68年の思想―現代の反 人間主義への批判』(法政大学出版局)など邦訳も出ています。確かにアマゾンの紹介にある「フーコー、デリダ、ラカンなど68年5月革命の思想を担った思想家たちの反‐人間主義の背後にニーチェ、ハイデガー、フロイトの思想を読みとり、それらを自律的な主体を他律的な自我へと解体させる負の役割を担うものとして批判する。「現代思想」の再検討。」を読むと溜飲の下がる思いがし、フランスの知性は偏っていなかった、偏っているのは日本の学界、出版界、フランスおたくだという証でもある気がしてなりません。

著者については、仏Wikipedia、あるいは下記摂訳をご参照ください。

Luc Ferry

リュック・フェリー

哲学者、元大学教授。1951年1月1日オ=ド=セーヌ県コロンブ市生まれ。

マリ=カロリンヌ・ベック・ド・フキエールと結婚、3児の父(うち1人は前妻ドミニク・ムニエとの子)。

著書『エコロジーの新秩序―樹木,動物,人間』でエコロジストを批判。

ジャン=ピエール・ラファラン内閣の国家教育大臣として入閣、2002から2004年まで務める。

哲学のレトリック、若いルックス(長髪、小さな丸眼鏡、共産主義的な真っ赤なネクタイ)、文学テレビ番組の出演など、「ラファラン流コミュニケーション術」の真の後継者として目されている。

2005年4月9日のソルボンヌ大学における、『哲学とは何か』をテーマとした会議の席上、それを1種の救済学、つまり無神救済と定義。哲学はそれ自体に、主要宗教と相反する要素がある。よって哲学は批判的考察に過ぎない。フェリー曰く、ある哲学が神から遠ざかると、完全なものとなる。哲学が無神論になるほど、哲学自体の定義へと導かれる。

レクスパンシオン元記事



リュック・フェリー:若い人たちの保守的な態度にゾッとします

自らの大臣経験を飾らずに総括しながらも、この哲学者は、不安と賢明さとをごっちゃに理解している世代に不安を感じている。

哲学者で元教育担当大臣のリュック・フェリーが、つい先ごろ『若い世代に向けた哲学概論』(『生きるのを学ぶ』(プロン社刊)を発表、べストセラーとなった。CPE危機の直後から、若者たちが不安を抱く理由に疑問を抱いていた。

どうしてフランスの若者たちの大部分が、将来に向き合うのに不安を抱いたり、リスクを受け入れようという気がなかったりするのでしょうか。

皆さんそう感じていらっしゃるとは思うのですが、私たちは15年ないし20年前から不安が文字通りに増大し、リスクを最小限にすることに腐心してきました。あらゆるものが病的な不安の対象となってしまい、例えば急激に温暖化の原因となったタバコ、セックス、遺伝子操作食物、ニワトリ、グローバリゼーションなどが不安材料となっています。しかしやるべきことは、このような状況を乗り越え、一切の出来事から未知の特性を的確に導き出すことにあります。まず新しい現象として、不安を抱くことが年々ある種の「ポジティブな」感情として捉えられていることがあげられます。私が子供の頃に学校や家庭で教わったのは、不安を克服することにありました。かつて不安を抱くことは、ちょっとみっともない感情であり、子供っぽくて男らしくない(フェミニズムが登場する前はよく言われていました)ことの表れで、大人になるまでには克服すべきものであると認識されていました。ところが70年代に政治的な自然環境保護思想が生まれ、不安を抱く感情が本来の意味とは対照的に賢明さの表れだとして評価されてきました。今後不安を抱くことにより、われわれはリスクを意識するようになり、産業成長が環境に影響を及ぼすという脅威に対し慎重になっていきます。次に新しい現象は、若い世代がこの重大な転換期を要領よく過ごしていることです。昔から反抗をするような若者は、大胆で危険をものともせず、革命家のごとく振る舞ってきましたが、今やその振舞いも代替世界連邦主義の見せ掛けのユートピアに加担し、既得権を守ることに躍起になっています。私は、2003年に学生の組織が「年金保護」とヨーロッパ内の修了証書調整反対を訴えていたのを見て驚きました。要は広がりを持つ世の中の流れに反対するのです。

そういった状況にある人のことを保守主義だとみてもよろしいのでしょうか。

CPEに反対したような若者たちは、自分たちのことを保守主義者だと決め付けられると激怒することでしょうね。確かに彼らは先輩たちのように資本主義に立ち向かおうと考え、資本主義をして「あらゆるものを商品化する思想」と呼びつけたりします。ところが彼らの行動はどう見ても保守主義としか言いようがありません。というのも彼らが一番狙っているものは期限付雇用契約、見習い期間といった既得権の確保にあるからです。とりわけ根の深い理由として、政治の授業を通じてみても、手に負えないほど世の中の流れに逆行する結論を導き出す傾向にあることがあげられます。政治家たちはそれほど大胆でもない最小限度の改革を新たに発する前に、2度ばかり上記の現状を踏まえ検討しようと考えていました。政治家たちがそんなことは言わないよういくら気をつかったところで、収まるところに収まる最も確実な方法は、できるだけ最小限にふるまいながらも、最大限に「改革」の流れを取り込むことだと考えたのは明らかです。次の大統領がやればよい問題だと考えていると、わが国の負債や記録的な失業率は楽観視できません。

卒業をしたところで雇用が保証されるわけではないと考える大学生たちが不安になるのは当然ではないのですか。

「将来への不安」「学生の動揺」・・・「引きこもり」が2秒で直ったところでどうなるというのでしょうか。哺乳びんやパンパースを取り上げようともしない、子供が大人になることを考えるだけでトラウマを受けると言うたびごとに精神医の助けを借りようともしないではありませんか。まじめに考えて見ましょう。冗談抜きに、今の二十歳の子たちが、1914年、1939年、アルジェリア戦争のあった50年代の二十歳の子たちよりも不安におののいているだなんて誰も言い切ることはできません。雇用を保証することが大学の本当の役割ではありません。保証があるとすれば、勉強ができることだけなのです。大学は職業訓練校ではありません。メリットや就職口があるかないかを心配しないで学問を究めるのが当然ですし、望ましいことですらあります。そういったことを心配するのであれば、別の進学コースに進めばよいのです。グランゼコールはもちろんのこと、高等技術者学校や工業短期大学など、ありとあらゆる職業訓練校への道が開かれています。

とはいえ多くの学部はいわば袋小路となっていて、吹き溜まりとも言ってよい状況です。入学試験を設けた方よろしいのではないでしょうか。

驚きになるかもしれませんが、私は大学入試試験には賛成しかねます。バックの資格を取得すれば高等教育をどの大学でも受けられる権利があるはずです。問題は、バックの水準がここ数十年で大きく落ち込んだことを憂慮することではありません。しかるべき水準を維持していないから、大学入試試験についての議論が沸き起こっているのです。ある審査委員長がちょっと意地悪く私に言ったように、問題は、今日ではバックの資格を取れにくくするため、受験者数をもっと増やさないといけないことです。クラスの80%がバック受験を、のスローガンは、皮肉にもジャン・ピエール・シュヴェヌマン当時教育大臣が発したものですが、それは水準を引き上げ、わが国の基本方針を立て直す思いが込められていました。おっしゃる通り、大学の学部が吹き溜まりにならないように、直ちに次の3つの対策をとる必要があります。第一に、小学教育の分を削ってでも予算を増やすことです。小学教育は大学教育と比べ十分すぎるほど予算がつけられているからです。第二に、公平なやり方で登録料の値上げをすることであり、パリ大学政治学部長が行ったように、学生からの収入で運営していくものです。政治的にはかなりきわどいものがありますが、数年後には必ず必要となる運営方法といえるでしょう。最後は、大学にもっと自治権を与え、政治学部だけでなく経営学部や産業および地方自治体学部にも広げていくことです。これこそが大学自治に関する私の法案のテーマでしたが、ご承知の通り、2004年に廃案へと追い込まれました。

改革の企図は何であったかを総括願います。あと教育大臣としての裁量範囲をお教え願いますか。

今日、少なくとも大衆迎合に堕することはないものの裁量範囲が狭まったのは、基本的に次の2つの理由によるものです。1番目の理由は、その裁量範囲が純粋に政治的なものだからです。大抵大統領は教育大臣に対し、世間を騒がせることのないよう注文をつけるものですが、皮肉なことに、必要なこと、緊急を要すること、数々の改革には波風はつきものなのです。2番目の理由は、数年先に教育大臣に就く人全てが抱えることなる公債が莫大であることなど、予算城上の問題が山積しているからです。ところが、組合と改革について交渉をする段になると、彼らがちゃんと交渉の席につくようにしないといけません。このことは教育大臣の任期が短いことと関係があります。よって必要なことは、手間ひまかけられる余裕を取り戻すことなのです。不可能なことではなく、やる気のある大臣であればよい結果を引き出し、国の将来に関わる最重要課題に取り組んでいきますし、時間をかけられれば、予算上の理由に拠らず知的な手段に訴え、世論が改革の正当性を納得できるようにすることができます。

CPE危機をきっかけに、政治の世界が社会から孤立したと見られていますが。

忘れてならないのが、ドミニク・ド・ヴィルパンがCPEを発令したとき、57%の学生が賛成していたことです。後になって賢くふるまうことほど楽なものはありません。CPEそのものにより首相が政治的失敗を犯したわけではないのです。誰もが納得のいくわかりやすい説明をしています。また、わが国では爆発寸前の嫌リベラリズムが蔓延しているのです。あなたの質問の本質に迫ってお答えすると、1国の大臣ともなれば世論とは相反しなければならないことがあるものなのです。世論の方が現実からかけ離れている場合もありますし、恐らく世論が当然だと捉えていることですらも、実は誰も理解したり作り上げたりすることのできないドロドロに溶けたマグマのように捉えどころがなく混沌としているものなのです。でもこれは注目に値することです。入閣前から私は教育制度についてよく理解しているつもりでしたが、20年に及ぶ教師生活のとき以上に、2年の大臣任期で教育制度の本質について多くを学ぶことができました。でも皮肉なことに、こう話したところであなた方はまた別のことをお考えになります。あなた方が決まって意識なさるのは、それが可能か不可能か、うまくいくのかいかないのかであり、専門家の忠告など床屋政談のように捉えていらっしゃる。政治の「職業」ほど難しいものはなく、物事を本当に変えたいと思う人ほど大変なものなのです。

教育界の大部分が市場経済に反対する中、学校と企業の間に和解は可能なのでしょうか。

計画経済こそ、衆目を無視したイデオロギーの塊みたいなものだと思います。自分が考えていたほど両者の考えを変えられませんでしたが、そうした中、「企業」や「市場」といったそれまで常識を覆す概念を取り入れることができました。というのもこれらの言葉は、私の入閣前まで文言から外されていたからです。「代替」をつけた物の言い方がまかり通るのも、わかりやすく、粗野で、攻撃的なイメージがあったり、恐らく実際には何事にも向き合わずに済んだりするからなのです。わが国の右派は知的な計画をするには人材に乏しく、思想にも与しようとしない。それから多くの企業のトップは、自分の置かれた矛盾点について意識することがなかった。大抵企業のトップは、日々の浮き沈みに悩まされているので、逃げ出したい気持ちになるものだが、他方、折角自身が築き上げてきた企業価値の基礎が次々と揺らぎ出し、創り上げてきた顧客や販売チャンネルに直接関係していることなぞ考慮にない。私たちの頭の中に祖父母の代と同じ価値観はないので、消費は続く。ショッピング・センターが新たな神殿となっても、品がなく、みっともないことだと私たちは捉えなくなった。資本主義は絶えず変革を行い、伝統を少しずつ貶めてきた。イタリアの格言「樽が一杯になると、女は酔いつぶれる」をわれわれは持ち合わせていない。以上が自由主義経済に対する批判であり、私のようなリベラルは真面目に考えるべきだと言わんとしています。内容はお答えできませんが、実現可能で、将来に見通しを与える法案が検討されているところです。「あらゆるものを商品化する思想」を恐れる物言いは増える一方です。

インタビューについて

リュック・フェリーは私たちを、2004年より社長を務める社会分析コンサルタントの事務所に案内してくれた。同氏は先ごろ積極行動に関するレポート『新たな可能性のある社会に』(ラ・ドキュマンタシオン・フランセーズ、P.326、18ユーロ)を発表した。

聞き手:ベルナール・プレ
スポンサーサイト
【2006/07/16 15:10】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/201-6504a8d4

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。