海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
雨降りで思い出す映画
雨が降りがちなこの季節に思い出すのは、映像の魔術師ジャック・ドゥミと音の魔術師ミッシェル・ルグランのコンビによるあの映画です。最初のシーンからして印象的です。ご覧下さい。
                  

『シェルブールの雨傘』をリアルタイムで観た世代ではありませんが、ミッシェル・ルグランの代表曲であるテーマ曲を聴くと、何だか物悲しい気持ちがこみ上げ、この季節にはぴったりな気持ちになれます。最初から最後までオペラのように台詞にメロディーが乗るミュージカル映画ですが、踊りがあるわけではありません。

舞台はフランス北部の港町シェルブール。傘屋の娘と自動車修理工場工員の青年が結婚を誓うものの、アルジェリア戦争が勃発すると青年は徴兵に駆り出されます。青年が徴兵の間、彼との子を身ごもった娘は母のすすめで宝石商の男性に嫁ぎます。そして青年が戦争から帰還すると娘が結婚していたため、自暴自棄な生活が続きます。その後、青年の育ての親を死ぬまで面倒を見てくれた娘と結婚します。育ての親の遺産を元手にをガソリンスタンドを経営します。クリスマスの夜、青年の妻と子供が買い物に行っている間に、別れた娘が青年のガソリンスタンドにギイとの間に生まれた子供を車に乗せて現れます。青年はその子供を見ようともせず、娘は去っていきます。そうするうちに妻と息子が戻り、青年はその子と雪遊びをしてラストとなります。

この映画をソープオペラと言うことは簡単です。それでもこの作品が今でも支持されるのは何故でしょう。

この映画が「ミュージカル」という明らかに虚である表現形態が採られることにより、却って二人の間の愛情や溝という相対する要素が、同じメロディーが奏でられることにより一層際立ってくるような気がしてなりません。またよくある戦争反対をストレートに表現する映画などと違い、とてもデリカシーのある表現の仕方で、二人の悲劇的な結末により暗示しているのが、これもまた心に残るのでしょう。ジュヌヴィエーブがギイに不義理をしたとか、ギイがジュヌヴィエーブのために駆け落ちしなかったとかはこの際問題ではないのです。

この映画は、今のフランス映画にはない手作りでシンプルで男女の心の機微の奥ゆかしさのような何かがあります。ある意味何の変哲もない作品ですが、映画がいかに映像と音楽の組合せにより結晶されていくかがわかる作品でもあります。

最後にテーマ曲を歌う二人(吹き替えですが)を観てみましょう。



Geneviève: J’avais tellement peur de ne pas te trouver. Je suis si heureuse d’être avec toi.
Maintenant je ris parce que je me rends compte combient je suis bête quand je suis toute seule. J’ai parlé à maman de notre mariage. Elle m’a évidemment traitée de folle. Et puis ce soir elle m’a interdit de te voir. Tu comprends, j’ai eu si peur.
J’aime mieux partir n’importe où ne plus revoir maman, que de te perdre.
Nous nous marierons en cachette.

Guy: Oh! Tu sais maintenant ça n’a plus d’importance.
Nous avons même tout notre temps. Ce matin j’ai reçu cette feuille de route et je dois partir pour deux ans. Alores le marriage, on en reparlera plus tard.
Avec ce qui se passé en Algérie en ce moment, je ne reviendrai pas d’ici longtemps.

Geneviève: Mais je ne pourrai jamais vivre sans toi. Je ne pourrai pas, ne pars pas, j’en mourrai. Je te cacherai et je te garderai mais mon amour, ne me quitte pas.

Guy: Tu sais bien que ce n’est pas possible.

Geneviève: Je ne te quitterai pas.

Guy: Mon amour il faudra pourtant que je parte. Tu sauras que moi je ne pense qu’à toi mais je sais que toi tu m’attendras.

Geneviève: Deux ans. Deux ans de notre vie.

Guy: Ne pleurs pas, je t’en supplie.

Geneviève: Deux ans, non, je ne pourrai pas!

Guy: Calme-toi, il nous reste si peu de temps, si peu de temps, mon amour, qu’il ne faut pas le gâcher.
Il faut essayer d’être heureux. Il faut que nous gardions de nos derniers moments un souvenir plus beau que tout. Un souvenir qui nous aidera à vivre.

Geneviève: J’ai tellement peur quand je suis seule.

Guy: Nous nous retrouverons et nous serons plus forts.

Geneviève: Tu connaîtra d’autres femmes… Tu m’oublieras…

Guy: Je t’aimerai jusqu’à la fin de ma vie.

Geneviève: Guy, je t’aime, ne me quitte pas. Mon amour ne me laisse pas.

Guy: Viens, viens. Mon amour, Mon amour.




スポンサーサイト

【2006/09/29 22:35】 映画・ドラマ | TRACKBACK(0) | COMMENT(13) |
この記事に対するコメント
こんにちは
当時、戦争で引き裂かれたカップルって少なくなかったのでしょうかねぇ。

セリフが歌になってるミュージカルってこの作品くらいと思うのですが
病気のお婆さんまでが「薬取っておくれ~」と歌うのは異様でした。
(どう思われますか???)
【2006/10/01 05:22】 URL | Rimbeau #- [ 編集]

Rimbeau様
Rimbeauさんは朝型なんですね。「こんにちは」を5:22でおっしゃるとは。

現代ではこのような話にはならないのかもしれませんね。
当時はフランスでも女性は経済的にも精神的にも自立できていなかったのでしょう
(1965年までフランスでは女性名義の銀行口座は作れませんでした。因みにこの映画の製作年は1964年)
今二人の結末を思い起こすと、ギイの方が幸福な人生を歩んでいると言えるのかもしれません。気立ての優しく義理堅い女性と結婚でき、前の女性との間の子供は、お金持ちが育ててくれているわけですから。女性の方は一生夫と娘に隠さないといけない過去があるわけで。

戦争によって残された女性の運命が変わった話として、ちょっと違うけどラディゲの『肉体の悪魔』がありますよね。あと、男女が運命に従って成就されないで終わる映画として『男と女』があります。60年代の作品にはまだモラルを守る傾向があって、それが却って大人の作品へと仕上げているような気がします。最近のものは、とにかく運命に逆らって無理やり成就するような、あまりにもデリカシーに欠けているものが多いですからね。

この映画は全てに節が入っているのでオペラに近いものなのでしょうね。オペラだとお婆さん(エリーズ)の台詞ようなものもよくありますから。
それでも考え直したのか、次作『ロシュフォールの恋人たち』では完全なミュージカルで、節のない台詞の場面が多くなり、ジーン・ケリーが登場したりで踊りが入ったりと、全体的に明るい雰囲気になりましたよね。



【2006/10/01 06:24】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

おはようございます!
・・・と今日ははじめてみました。

ドラム小僧さんのブログではいつもお勉強させていただいてます♪
フランスで女性が口座開けるようになったのは65年なのですね。
「肉体の悪魔」もまだ読んでいません(映画も見てません。。。)。

ただのフランスかぶれでは終りたくないので
いろいろお勉強しなければと思って
いろいろ本を読んでますが、なかなか頭に入らなくって、、、

それかこのまま超おバカなフランスかぶれを極めて行こうかなぁ
と思う今日この頃であります。。。
【2006/10/02 05:57】 URL | Rimbeau #- [ 編集]

Rimbeau様
おはようございます。今日も早起きですね。

口座の件は、サイマル出版会から出版された倉田康雄著『新ジャポネとフランセ』に書かれていたのを思い出しました。今は絶版のようです。

ラディゲについては、最近アンドレ・モーロワの『女の愛について』という絶版書を手に入れ、そこに書かれていたのを読んだばかりでした。

なかなか落ち着いて本を読む時間ができないのですが、最近は絶版本で面白い本をとにかく収集しているところです。まだ先の話ですが、老後にじっくりと読もうと思っています。
【2006/10/02 06:42】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


お無沙汰してました。私もこの映画が大好きなんです。以前、記事にも書いたことがあるんです。(’ヤフーブログの人しか見れなかったかも。)懐かしさとかも感じたりして、(なんで?)何度もビデオをみました。悲しいのに不思議な物語ですね。記事を読ませて頂いて、なんで引かれるのか?少しわかったような気がします。
【2006/10/12 23:13】 URL | Mii #uszzu23E [ 編集]

Mii様
ご無沙汰です。Miiさんもお好きでしたか。

実は仏和対訳本が白水社から出ていて
全て歌のシナリオでできているこの映画を選んでいるんですよね。

第5刷まで刷られていることから、この手(フランスもの)の割には
結構売れているんだなと思います。
【2006/10/13 09:31】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

お願いがございます
ドラム小僧さん、いつもお世話になっております。
オラシオ主催万国音楽博覧会のオラシオです。
もしよろしければ、拙ブログから御ブログへのリンク張らせていただいてよろしいでしょうか?
何度もコメントいただいたことですし、御記事には色々勉強させていただいております。
広い広いブログ世界、このせっかくのご縁を大切にしたいと思っています。
よろしくお願い致します。
失礼します。
【2006/10/15 18:31】 URL | オラシオ #8zyxN7ck [ 編集]

オラシオ様
オラシオさん、お久しぶりです。
貴ブログでのリンク、光栄ですので是非お願いします。
オラシオさんのブログも、ならではの情報が満載でためになります。

最近はちょっと忙しくて滞りがちですが、
まだまだネタはたくさんあるのでいずれご紹介していきたいと思っております。

こちらこそヨロシク。
【2006/10/15 21:54】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

リンク
快諾いただきましてありがとうございました。
早速張らせていただきました。
あと、御ブログご紹介記事も書かせていただきました。
どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。
失礼します。
【2006/10/16 06:53】 URL | オラシオ #8zyxN7ck [ 編集]

オラシオ様
快諾だなんて滅相もありません。誠にありがとうございます。
【2006/10/16 22:13】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/10/19 10:03】 | # [ 編集]

はじめまして
ドラム小僧様、ブログ拝見いたしました。文化への理解が広くて深い方ですね。
シェルブールの雨傘のメロディーはは感情に訴えるものがありますよね。ジュヌビエーヴの若い純情さが、彼女のピンク色のワンピースとポニーテールに反映されていてきれいでした。戦争に行った恋人のことを忘れられず彼の子を宿した彼女に一目ぼれした若い宝石商の男性は、単なる富裕者ではなく自分の弱さを打ち明けつつも愛する人を守ろうとする人でした。時に流されて時に自分を見失っても、なんとか意味を見つけて生きていく人間の生き方が、新しい家族と念願のガソリンスタンドを経営するようになったギイの、裕福になった元の恋人と自分の実の子に再会し別れた後での、自分の子と雪の中で遊ぶ様子に感じられました。
肉体の悪魔も今度見てみます。
またよろしくお願い致します。楽しみにしています。
【2006/10/27 19:52】 URL | ゆう #- [ 編集]

ゆう様
はじめまして。コメントありがとうございます。

ジャック・ドゥミのパステルな色使いとは裏腹にテーマは複雑で重いものかもしれませんね。

それぞれがそれぞれの道を歩むということは、年を若くして諦念を伴うものなのでしょうが、
ラストシーンではギイの開き直りや意地ではない潔さが感じられます。
男女の立場や時代性もあるのかもしれません。
でも、そもそも男女とは違うもので一線を引くのがちょうどいいものなのに、
最近ではその差異を認めようとしない傾向があります。

世界的に見ても19世紀の芸術(文学、絵画、音楽等)に比べ現代の芸術に古典(後世に残るものという意味)が少ないのも、性差、貧富の差、運命、えこひいき、不公平といったものに正面から立ち向かうものが少ないからではないかと思うのです。要するに時代を超えたリアリティがないということです。

例えば性差の違いひとつとっても、古今東西の芸術(文学、演劇、オペラ等)というものは、
乗り越えられない性差や男女のすれ違い等をテーマに、いくつものバリエーションで創作され、文化や時代を超えて受けてが理解します。

でも、現代では、世の中全体が均等化、画一化の方向にあり(大衆消費の影響もありますが)、男女の違いといったものを深く追求するものは少なくなり、その影響もあるのかフランス文学も失墜してしまったように感じます。要は何でもありの世界になってしまうとテーマが絞りきれず、結局何にも描ききれないものが多く見受けられます。

そういった意味でこの映画は、オペラや演劇に通じる古典的なテーマを、ミュージカルという虚の姿を借りて、男女の機微のリアリティを巧みに表現したもので、決して観客がフランス的なカラフルでお洒落なイメージからだけで評価しているものではないと思います。

ミッシェル・ルグランのテーマ曲と共にこれからも古典として残る映画でしょうね。
【2006/11/12 11:55】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/232-662900b3

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。