海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
フランス音楽業界好調(仏検読解対策③)
少し前の記事ですがフランスの音楽業界について。
世界主要国のオーディオレコード売上比率ドメスティック/インターナショナル)によると米(39.8%)、日(14.8%)、英(9.2%)に続き仏・独(共に6.4%)の順となっています。
国内アーティストが占める割合は米(94%)、日(74%)、英(52%)、仏(62%
)、独(48%)となっています。
詳しくは下記サイトをご覧ください。

文化審議会文化政策部会文化多様性に関する作業部会<参考資料>
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/019/04112601/005.htm

元記事:http://news.tf1.fr/news/economie/0,,3214177,00.html
-----------------------------------------------------------------
音楽業界、好調なすべり出し
音楽業界にとって危機的状況だった昨年から1年、2005年度第1四半期で業界に好調の兆しがみられる。売上金額は5.8%、売上枚数は16.3%上昇した。
全国音楽出版組合が火曜日に公表した数字によると、フランスにおける音楽CD売上(税抜卸値)は、2005年第1四半期の金額では前年同期比で5.8%、枚数では16.3%上昇した。年度の最初の3ヶ月で、レコード業界の売上高は、全ての音楽媒体(シングル盤、CD・レコードアルバム、ビデオ、ミュージックDVD)の売上部数が3630万で2億3660万ユーロに達した。

全国音楽出版組合が火曜日に公表した数字によると、フランスにおける音楽CD売上(税抜卸値)は、2005年第1四半期の金額では前年同期比で5.8%、枚数では16.3%上昇した。年度の最初の3ヶ月で、レコード業界の売上高は、全ての音楽媒体(シングル盤、CD・レコードアルバム、ビデオ、ミュージックDVD)の売上部数が3630万で2億3660万ユーロに達した。

「昨年のどうしようもない落ち込みを食い止められたようです。」とプレス企業没収財産管理国有会社(SNEP)の副総裁、ヘルヴェ・ロニは喜ぶ。しかし副総裁はマーケットの弱点をつき、2004年に実施された徹底的な値引き政策の調整効果を指摘する。2004年度第1四半期では、店頭への出荷は、実際21%後退していた、とロニ副総裁は繰り返す。売上げた1000点のうちある調査標本に基づきフランス世論研究所(IFOP)が試算した詳細売上部数は、前年同期比は「10.4%しか伸びなかった。」とSNEPは強調した。詳細売上金額は、「アルバムで17%、シングルで23%の著しい値下げ(税込小売価格)もあり、8.4%(3億1070万ユーロ)後退した。

この進展は同時に「海賊版撲滅運動が進み」「音楽制作会社がCDの値段に対する非難に応じている」ことを示す、とSNEP総裁ジル・ブルサンが評価する。

スポンサーサイト
【2005/08/17 12:56】 文化面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(18) |
この記事に対するコメント
外国語!
ドラム小僧さん、はじめまして!
といっても、ムフテリフさんとこでコメント拝見させていただいてますが。

ドラム小僧さんも外国語のオタッキーなんですね。
私は英、仏、西、独がメインです。
といっても、独は今住んでいるからやらなきゃいけないんですけれど。 アラブ、イタリア語もちとかじりましたん。
でも、頭がラテンの私にはドイツ語、とてもつらいっ! いつかは普通に会話できるようになるんだろうか、というところ。(そんだけのレベルかいって? はあ・・・。)

でも、ドラム小僧さんの興味はどうやら外国語だけではないみたいですね。 尊敬いたします。 
また遊びに来ますね!
【2005/08/18 19:06】 URL | Nori #- [ 編集]

Nori 様
コメントありがとうございます。でもいつもの「にゃん」ことばがないような・・・ところでオタッキーって言葉、ドイツにいらっしゃってどうやって仕入れたのですか。私はドイツのドラマー、マルコ・ミネマンのファンなんですよ。あとクラフトワークとか。フランスに比べてドイツの音楽は日本に入りにくい状況ですね。あまりポップな部分が伝わってきません。ディー・プリンツェンは本当に人気がありますか。NHKのラジオ講座のテーマ曲で一部話題になりました。ネーナはまだ現役みたいですね。まあこんな話が本当は好きです。これからもよろしくお願いします。
【2005/08/18 20:25】 URL | ドラム小僧 #- [ 編集]

にゃんと!
ばればれでしたか。 恥ずかしながら、実の兄はちなみに私のことを「にゃあ」と呼びます。
ドイツは去年の5月から住んでいて、”オタッキー"はフランスで仕入れました。(!?)

あ、あにょ~。
音楽には折り紙つきに(?日本語がなっとらん。)うといです。。。 
ネ、ネーナくらいは! わきゲーちゃんのでしょ? (10数年前)

ドラムと言えば、南西フランスに住んでいたときのお隣さんの20歳の男の子がアマチュアバンド(New Metal)、Amercid(アメルシッド)のドラマーです。
心の優しい坊ちゃんにゃんすよ。
めちゃめちゃマイナーですね。。。。。 はあ。

ちなみにドイツでは英語の曲ばっかり売れてるんじゃ!? ドイツ人、英語うまいし。

【2005/08/19 23:45】 URL | Nori #- [ 編集]

Nori 様
ええそうです。今から22年前に腋毛を生やしていたのがネーナです。

この記事にもあるように国内原盤制作がドイツでは全体の48%ですから低いですよね。私もドイツ人は英語ができると思っていたんですが、出張でドイツに行く人の話だと英語はほとんど使えない、オランダの方がよほど使えると聞いたことがあります。でもNori さんから見ると結構できると。

私は結構ドイツ語のロックが好きなのは、あのゴツゴツして無骨で聞きようによってはキッチュな響きが好きなんですがね。フランス語と違って「おしゃれ」からものすごい遠いところにあるこの言語が。

Nori さんも語学オタク道を究めてくださいね!
【2005/08/20 00:18】 URL | ドラム小僧 #- [ 編集]


に、22にぇん前ですか!? 小学生やないかあ。わたくし。(ぎりぎり)
じゃ、肝心のネーナは、もうかなりおばちゃんなんじゃ!?

オランダ人のほうが英語うまいと思います、というか、人口に対して話せる人の確立が多いと思います。  
もっとインターナショナルじゃないっすか。 ほら、ゲイちゃんたちの憧れの地だし。

あ、フランス人と比べてしまうので、ドイツ人は彼らよりもかなり英語はなしますよ。

気に入った音楽CDがないときは、普段はラジオを聴いてますが、ドイツ語の曲はあんまり流れません。
それに対して、英語はもちろん、フランス語、スペイン語が結構流れてきます。

にゃんと、うち、この次のブログのコメントに出てきたL'Affaire Louis TrioのCDがありました。  Mylene Farmerもあるし、よく考えたらパリ生活時代はフランス曲を熱心に聴いたものです。
個人的なお気に入りはDe Palmaです。
主婦になってからもうおしまいだにゃん。 にゃんこもおらんし。
でも音楽に疎いのには全く変わりにゃしです。
【2005/08/21 00:58】 URL | Nori #- [ 編集]

Nori 様
最近のドイツ人って国際的というよりよほど自分たちの言語が嫌いなのかね。マルコ・ミネマンもやたらに英語でしゃべりたがるし。日本で紹介されるドイツ語のポップスやロックは結構本国ではマイナーなんでしょうね。

ラフェールとミレーヌのCDがありましたか。ところでヨーロッパの輸入盤って日本では高いのですが、本国でも高いのですか。まぁ国内アーティストのものも高いのですがね。アメリカの輸入盤が一番安いですよね。
【2005/08/21 10:11】 URL | ドラム小僧 #- [ 編集]

CDをヨーロッパで買う
またまたカキコしちゃった。。。

ヨーロッパでのCDは高いです。
って言うか、アメリカを基準にするとどこも高いとは思うのですが、大体、新リリースのは、20ユーロから25ユーロくらいがほとんど。 (1ユーロは約130円くらいかな) 物によっては30ユーロを超えるものあります。

でも、ヨーロッパでは税金(消費税、金額に込み)が約20%もあるので、何でも高いです。

ちなみに、昔売れてたミュージシャンでもう今では過去の人となっているとか、昔あほほどヒットしたCDなどは10ユーロくらいやそれ以下で手に入ることもあります。
【2005/08/21 18:41】 URL | Nori #- [ 編集]

Nori 様
ヨーロッパは買い取り制度なのでしょうか。日本はまだ再販価格制ですよね。あと中古CDや日本等からの輸入盤を扱う店もあるのでしょうか。ヨーロッパ各国のアマゾンでPhewやGunjogacrayonのような日本のインディーも扱っていてマニアはいるんだなと思いました。因みこの2組のデビュー盤は坂本龍一がプロデュースしました。最後に沢田研二がかつてフランスのトップ10に入ったことがあるというのは本当ですかね。
【2005/08/21 22:30】 URL | ドラム小僧 #- [ 編集]


全くわかりましぇん!
一般人としての話しかできにゃいんすよ。

中古CDを扱う店はパリにはありました。 売れてるものは中古でもやっぱり高いです。 日本もそうですよね?

沢田研二については、彼の出演しているDVDは出ています。 「カタクリ家の幸福」(買っちゃったよん。武田真治目当てだったんだけど)、「Gemini」というやつ。
ちなみに、こんなの見つけました。
http://www.bide-et-musique.com/song/3628.html

もう、ドラム小僧さんったら、質問形式でコメントするからまたカキコしちゃったじゃにゃいですか。
【2005/08/22 01:52】 URL | Nori #- [ 編集]


Nori-san、こんにちは。
>ちなみに、こんなの見つけました。
>http://www.bide-et-musique.com/song/3628.html

このサイトお気に入りに入ってます~!4月までmixiしていた時「フランス歌謡」というコミュに入っていたのですが、メンバーからまさにこのジュリーのフランス版について書き込みがありかなり内輪では話題になってました♪これからもNori-sanのカキコ楽しみにしています♪♪♪
【2005/08/22 11:40】 URL | cahier de collage #- [ 編集]

す、すげー。
Cahier de Collageさん、すげーです。
お気に入りにすでに入ってるんですか!? って、もちろん沢田研二のページじゃないでしょうが。
他のサイトで彼はJulieって名前でも出ていますね。 女の子の名前なんだけど。。。。


ドラム小僧さん、この前(昨日)のコメントで書くの忘れましたが、日本からの輸入版について。
日本のアーティストが見つかることはほとんどありません。
が、外国人アーティストの日本版を見つけることは結構あります。 日本のってオビがついてるからすぐ見つかるんですよ。
よくそのオビに目にするのが、「日本版のみボーナストラック」というやつ。
でも、他のに比べてめちゃ高です。 

クラシックも日本版、結構目にします。  音が良いのかな? (わかりませんが)

ちなみに2,3年前はアメリカで日本のPizzicato Five TYOが結構売れたそうな・・・・。
【2005/08/22 17:35】 URL | Nori #- [ 編集]

追加
さっきのコメントに追加です。
あくまで私の話は一般人が行くような一般的なMusicショップです。 なんせ私は一般人。
【2005/08/22 17:40】 URL | Nori #- [ 編集]

cahier de collage 様
ジュリーのファンだったんですか・・・悠木千帆(樹木希林)並みですかね。寺内貫太郎一家の。
【2005/08/22 19:07】 URL | ドラム小僧 #- [ 編集]

Nori様
一部の日本編集のアルバムが輸出禁止となっています。あと一般に国内盤はボーナストラックが多いですし。

意外に思うでしょうが、ジャズの世界では日本のプロデューサーが活躍していますね(日本原盤ということ)。一部アメリカのジャズミュージシャンからすると、日本はジャズにお金をかけてくれる奇特な存在。というのも今のアメリカはジャズミュージシャンには冷たいですからね。日本人や欧州人の方がよほど理解があります。

クラシックはDEN-ONなどが代表的なんでしょうね。

日本のアーティストのCDを持っている欧米人は相当なOTAKUなんですかね。ではフランスのアーティストのCDを持っている日本人は・・・
【2005/08/22 19:42】 URL | ドラム小僧 #- [ 編集]

J・クレールにも会いに来てくれたジュリー
・・・のお話をみにきました。教えてくださってありがとうございます。
これは確か日本語版は「パリに独り」というような題で、フランス版の内容とは反対で、恋人を日本に残して、パリに来てむなしい・・・という内容になってますね。わたしは、フランス語版の方の(いい意味で)うれしそうで能天気な感じの方が好きです。

 ところでみなさんの書き込みを読んで思い出したドイツ語のヒット曲の話ですが、83年の2月にパリでラジオを聞いたとき、ファルコのドイツ語(多分ドイツ語だと思う)の歌がかなり流れていました。。。「C’estClaire?M・COMMISSAIRE?」って確かフランス人の歌手もフランス語で、カバーしているのも流れましたが、やはりこの歌はドイツ語(ですよね?)の方が合っている!と思いました。
 ではまた遊びに来ますね(^^♪。
【2005/10/03 01:52】 URL | がやこ #l4dVfclY [ 編集]

がやこ様
>フランス人の歌手もフランス語で、カバーしている・・・って例えば西城秀樹がヤングマンやったり、郷ひろみが「アッチッチ」を歌うようなものですかね。
【2005/10/03 20:44】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

ドラム小僧様
そうです。そんなかんじです。そのフランス人歌手の名前はわすれてしまったんですけどね(^^ゞ。
【2005/10/04 01:27】 URL | がやこ #- [ 編集]

がやこ様
フランスも日本の芸能界に近いノリがありますね。俳優が歌ったりするのもそうですね。
【2005/10/04 21:00】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/31-2d6867a3

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ