海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
フランスで報道された日本の就職事情(仏検読解対策⑥)
Fuji-Yama

Tf1.fr Newsを見ていたら日本の就職事情を報道していました。image.netなんて会社聞いたことありません。調べたら同社は英国生まれのPR素材サイトで2002年に日本上陸を果たした会社。さらに企業からPR業務の一部を請け負い,ジャーナリスト向けに画像などの素材をオンラインで提供。現在は世界30ヵ国に展開し,大手映画会社やテレビ局,レコード会社などを主要顧客としている、らしい。HPを見てもほとんど実態の見えない会社です。
バブルの頃にアパレル業界の自衛隊研修があったけれど、それに比べればこの就職難では富士山登頂など大したことないように思います。それでは登ってみろと言われても困りますが・・・
でもこれ外資系企業がやっているのにね。こういうどうでもいいことを報道するんですね。

image.net
元記事
-----------------------------------------------------------------
就職試験に富士山登頂

ある日本の企業が大卒就職希望者採用を決める独自のメソッドを開発した。それは標高3776mの日本一高い山を登頂させるものだ。

「職探し、山をも這い上がるごとく。」今度ばかりはこの言葉が文字通りの意味となりうる。それというのも画像などの素材をオンラインで提供する専門サイトimage.net社が募集する4つの職種の1つを勝ち取るためである。実際、約50名の応募者が火曜日日本一高い山富士山の登頂を試みた。

同社の幹部数名も立会う中、彼ら大卒志願者たちは「若者向け」の職種に就くために3776mの火山登頂に挑んだ。その目的は努力、意欲、それとチームワークに耐えうる志願者を採用することにある。「私どもはナンバー1のネットサービス会社になると予想しています。だから日本一高い山に登るのはまさにうってつけわけです。」とimage.net社の親会社image社広報部長ツネダ・ヨシフミが話す。

とはいえ登頂はそんなに大変なものではない。出発点から1700mの高低差を6時間歩くに過ぎない。登頂にどのような採用基準があるのか定かではないにしろ、image.net社は富士山の「勝者」を採用の基準とする。

同様にこの方法がヨーロッパにおいても富士山に相当するモンブランでなされるのか定かではない。万年雪に覆われた4808mの高さを登るとなると、また別の職種で採用されるかもしれない。
スポンサーサイト
【2005/08/25 23:06】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |
この記事に対するコメント
全く、、、
初めまして。

本当にこういう「極端なある一面」を嬉しそうに(?)報道するのやめて欲しいですね~。全くもって同感です。
「や~、見たみた!日本って、変な国だね~。」って言ってくる人必ずいましたから。

それにしても、海外に行かずにこれだけの語学力を習得されていらっしゃることに、本当に尊敬します。
【2005/08/26 01:18】 URL | haricotmangetout #YlatNgdA [ 編集]


はじめまして、現在フランスに滞在しているmalowと申します。
私もこの日本のNEWSを今朝ちらっとTVで見ました。
この手のNEWSはよくフランスで報道されてますよ。
かなり前ですが愛知万博のNEWSで本田のロボットが取り上げられていました。
この映像何回も流れてました。それだけじゃないはずなのですが・・・

それにしても他の方もおっしゃってますが海外に行ったことないのにフランス語すごいですね。
私も自分のブログで翻訳などしていますがかなり難しいです。
理解するのと翻訳はまったく違いことに苦労しています。
【2005/08/26 08:52】 URL | malow #- [ 編集]

haricotmangetout 様
はじめまして。コメントありがとうございます。haricotmangetout さんもご自身のサイトでがんばってらっしゃいますね。でもニュース一筋は私にはできません。猫に行ったり音楽に行ったりとフラフラしています。仏検読解対策の一環で仏文和訳の域を出ていませんし(仏文和訳の問題はでません)。
 
ところでこの記事malowさんのコメントにあるようフランスのテレビで放映されたらしいですね。どんな映像か見てみたいものです。でもライブドアとか報道すればいいのにね。この記事みたいに就職状況を報道するとか。ホリエモンの本を買ってそれについてうまく答えないと落ちるとか。

ところでharicotmangetoutさんはどうしてそういうお名前にされたのですか。

今後もよろしくお願いします。
【2005/08/27 00:00】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

malow様
はじめまして。コメントありがとうございます。どこかでお目にしたお名前だと思ったらpistacheさんのブログでコメントされた方ですよね。

確かにフランスの各メディアが一斉に愛知万博を報道していましたね。そして開幕したころシラクさんが来日し関西に寄ったあと愛知万博を見学したとか、相撲を見て楽しんだとか、小泉さんと会談したけれどもあまり芳しくなかったとか・・・すごい知日家が来たのに日本ではあまり話題とはなっていませんでしたね。

ところでovniという新聞はそちらでは読まれていますか。FRANCE JAPON ECO,LES VOIX,なんとかMixという小さな冊子は本当に手に入るのでしょうか。

あと海外に行ったことがないのは飛行機がダメなのとお金がないからです。猫の世話もしないといけないし。

ドイツ在住のNoriさん同様、当ブログのご意見番になっていただくしかなさそうですね。これからもよろしくお願いします。

【2005/08/27 00:26】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


ドラム小僧様
はい、そうです。pistacheさんのブログからきました。
ちょうど気になっていた記事をここで見たのでコメントさせて頂きました。

万博の報道はよくやっていましたね。海外から懐かしい映像が見れました。
事故とかのニュースならよく目にしますが・・・
万博でのシラク大統領の日本来日はこちらのTVでは何回か報道してましたが、彼はすぐに中国に行ったということも耳にしました。そのころ、フランスは中国の年でしたからね。
フランス政府も中国との外交を必死でやっていましたから。日本は2の次扱いでしたよ。

OVNIはこちらで読まれていますよ。私の知る限り一番有名かと。
FRANCE JAPON ECO、les voix、mixはみたことありません。
私はparisには住んでいないのでもしかしたらparisでは有名なのかもしれませんね。
フランス人ならもっと知っていると思いますが。お役に立てなくてすいません。

海外は確かにお金かかりますね。今はユーロも高騰してますから。
猫もいるならなおさら難しいですね。こちらにつれて来るのにいろいろ検査もあるみたいだし、飛行機の中で病気になってしまう猫もいるとか。

すいません、長くなってしまって。
ではこちらこそよろしくお願いします。
また翻訳のコツとか教えてください。


【2005/08/27 06:58】 URL | malow #- [ 編集]

malow 様
情報いろいろありがとうございます。フランス気分が少しでも味わえました。

それでも昔に比べフランスのメディアも多種多様となり日本に対する報道もよくなってきていると思います。バブルの頃フランス進出する日本人のことを"tueurs"と言ってましたからね。日本のオタク文化が違う面を見せているのかな。

翻訳(とは思っていないのですが)のコツはこちらが知りたいと思っていますが、とりあえず鷲見洋一著「翻訳仏文法上下巻」と「小学館ロベール大辞典」は役立っていますね。
【2005/08/27 07:49】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


ドラム小僧さま
昔はそこまでひどかったんですか。知りませんでした。
確かにオタク文化がこちらでは浸透していますね。
フランス人で日本語をやっている人はよくオタクを見かけますよ。

やはり大辞典は必要ですよね。今度帰国時に見てきます。
またいい本があったら教えてください。お願いします。
【2005/08/27 19:11】 URL | malow #- [ 編集]

malow様
オタク文化のおかげで両国の文化交流が進むわけですか。アニメも相当人気があるようですしね。
大辞典は必要ですよ。究めるのであれば。しかしこの分厚い辞書を完成するのに何年かかったんでしょうね。
第2、3弾も乞うご期待!
【2005/08/27 21:02】 URL | ドラム小僧 #hZnWT6s6 [ 編集]


ドラム小僧様
確かにそうですね。オタク文化で文化交流。
ただよくあるのがフランス人は日本人はみんな漫画オタクだと思っていること。
私は全然漫画を知らないので苦労します。

ますます大辞典がほしくなりました。
【2005/08/28 17:59】 URL | malow #- [ 編集]

malow 様
私もアニメは詳しくないので辞書オタクとして・・・そういえばpistacheさんのブログでもコメントしたことですが、たこ焼きってフランスで受けませんかね。作りながら食べる文化ってないでしょう。
【2005/08/28 18:36】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/37-04ced1da

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。