海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
David PALMER(デヴィッド・パーマー)特集1
                          
前回までの「高橋幸宏ドラム名演集」を綴っているうちに、あるドラマーについてもっと広めないと、という想いがふつふつとわいてきました。そのドラマーとは写真のDavid PALMERです。ABCの一員としてはもちろん、YMO散開ライブ、高橋幸宏83年のツアー、坂本龍一NEO GEOツアーに参加したドラマーとして、YMOファンを中心に知られている人です。しかしです。私の場合、ABCのファーストアルバム「The Lexicon Of Love」の頃より注目していたわけで、彼がYMOに参加したかどうかはあまり大きな関心事ではありませんでした。むしろ、YMOが散会ライブのドラマーとして、結果論ではあるものの、彼を選んだ時は、なかなかいいセンスしてるじゃん、と思ったほどです。

今回の特集は時系列的に、パーマーのドラマーとしての魅力について語ってみたいと考えています。その前に、ABCまでの彼の略歴を分かる範囲でご紹介いたしましょう。

1961年5月29日生まれですので、48歳になったばかりです。実はABC初代のドラマーはパーマーではなく、David ROBINSON(デヴィッド・ロビンソン、1980-1982)という人だったようです。パーマーは1982-1983の期間に在籍、つまり、ファーストアルバムのレコーディング、プロモーション、ツアーに参加していました。21-22歳にして円熟のドラミングを披露していたわけです。当時はTAMAのSUPERSTARのセットでタムはシングルヘッドでした。ドラムセット他詳しくは次回以降でもご紹介しますが、パーマーのドラムの魅力を簡単に言えば、ハイハットのスティックさばき、シンバルを多用しない、16ビートの刻みがきれい、オールラウンドタイプ、ポップスにフュージョンタッチを取り込む、うるさくない、などがあげられます。

ABCの時のハイハットの音がきれいなので、PAISTEかなと思っていたら、1991年2月からPAISTEアーティストになっていたようです。ということは、ABCの時はPAISTEではなかったのか、過去の動画で検証が必要となります。それはさておき、PAISTEの制作したパーマーへのインタビュー動画があるので観てみましょう。

        

10歳の時(1971年)に親戚のおじさんからLED ZEPPELINを教えてもらってBONZO(John BOHNAM)を好きになったのが、ドラムを始めたきっかけのようです。サディスティック・ミカ・バンドのファンで、レコードを何度も聴きながら高橋幸宏のドラムを研究した・・・なんてことは言っていません。これは、散会ライブの頃に、幸宏がラジオパーソナリティをつとめた「オールナイトニッポン」でパーマーが語った言葉です。このエピソードはまたご紹介します。

さて今回の特集を準備するにあたり、パーマーに関する膨大な情報をお持ちの方とめぐり合いました。多分世界一デヴィッド・パーマーを愛している方に間違いありません。松井チェリーさんとおっしゃる卓球好きな方です。この特集はチェリーさんのお力なしには成り立ちません。この場を借りてお礼申し上げます。また、これからもどうかご協力お願いいたします。皆様には下記リンク先と照らしあいながら、当特集をご覧いただければ幸いです。

デヴィッド・パーマーな日々
cherryの大好物





スポンサーサイト

【2009/06/03 20:56】 ドラム | TRACKBACK(1) | COMMENT(24) |
この記事に対するコメント
んまあ、ありがとうございます!
くぅ。
デヴィッドが好きで好きで世界中に彼のHPが無いのを知り自分で立ち上げた甲斐が
あったというものです。(号泣)

多分デヴィッドのお母さんの次に私がデヴィッドを愛していますね。(笑)
日本では私が1位であることは自他共に認めるでしょう!(えっへん)

私のブログの方は最近デヴィッドがなかなか出てこなくて気味の悪い絵の菓子だとか
くだらない物ばっかりですがよろしかったら是非。(笑)
次回も楽しみにしております♪
私の知らないデヴィッドの情報などバンバンよろしくお願いします。(土下座)
【2009/06/03 21:20】 URL | 松井チェリー #aR5DLEYU [ 編集]

松井チェリー様
チェリーさん、コメントありがとうございます。
デヴィちゃん、もっと脚光を浴びるといいですね。
あんまりでしゃばって表に出るような人ではないし、
動画を観ても分かる通りシャイな人なんでしょうね。
幸宏のソロコンサートかなんかでまた来日してくれれば
いいんでしょうが。願えばかなう、かもです。

特集記事で間違いなどがあったら気軽につっこんでやってください。
チェリーさんの知らないデヴィちゃんの情報ってあるのかなと
いきなり高いハードルを要求されてビビッているところです(笑)。

【2009/06/03 21:38】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

ワクワク♪
私以外の方から見たデヴィッドのお話はとても新鮮で嬉しいです。
ワクワクします!
私のブログとHPの日記の方にもリンクさせていただいてよろしいですか?

わたしゃ、この動画の英語がさっぱり理解できず泣いていました。(笑)
どうか、またインタビューの動画が見つかったら訳してくださいませ。
英語力の無さに泣けてきます。
最近覚えた英語は”awesome”です。
これだけ・・・・(笑)
【2009/06/03 21:45】 URL | 松井チェリー #aR5DLEYU [ 編集]

松井チェリー様
リンクこちらこそお願いいたします。
david palmerで検索すると黒人の俳優とかが出てきませんか。
アクセス数を増やすことで、ドラマーDavid PALMERが冒頭に
来ることを目標にがんばりましょう。

私もそれほど英語が分かるわけではないので気にしないでくださいね。
【2009/06/03 21:57】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

どこのデヴィッド・パーマー?(笑)
そうなんですよー!
あのテレビドラマの”24”の1番最初の黒人の大統領がDAVID PALMERなんです。
とほほ。
スカッシュプレーヤー、整体師、ツアー会社、Jethro Tull・・・
どれだけいれば気が済むのか、DAVID PALMER。

今、試しにヤフー!で”DAVID PALMER”で検索したら私の作ったTime Lineが
1番にヒットしました!
ものすごく嬉しいです!
【2009/06/03 22:09】 URL | 松井チェリー #aR5DLEYU [ 編集]

松井チェリー様
>今、試しにヤフー!で”DAVID PALMER”で検索したら私の作ったTime Lineが
1番にヒットしました!

ほんとですね。でもデヴィちゃんの本国U.K版のグーグルでも2ページ目に来ていますよ。
http://www.google.co.jp/search?q=%EF%BC%A4%EF%BC%A1%EF%BC%B6%EF%BC%A9%EF%BC%A4%E3%80%80%EF%BC%B0%EF%BC%A1%EF%BC%AC%EF%BC%AD%EF%BC%A5%EF%BC%B2&hl=en&start=10&sa=N

「drummer palmer」で検索すると、Carl PALMERが出てきますね(笑)。
【2009/06/03 22:17】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

なんてこったい。
おととい位かな、「松井チェリー」さんの名前を当ブログで拝見して(2006年の卓球話題のところ)、ちびりそうになりました。なぜかというと松井さんのデヴィットパーマーのHP掲示板にたまに書き込んでるのはひろゆきこと私です。
私個人の勝手な思い込みですが「繋がっている!」って感じです。
正直松井さんのデヴィットHPは1000hit超えましたが「今後大丈夫かな」と思っていたんです(失礼!)しかし松井さんとドラム小僧さんもつながりがあることが判明し「大丈夫だ」と思った次第です。
デヴィットは僕も好きで、もっと光が当たっても良いドラマーだと思っているんです。YMOファンなのでYMOの事書きますが散開コンサートのサポートドラマーが彼でなければYMOの歴史は変わっていたと思います(大げさーぁっ)
スティーヴジャンセンももちろん好きなんだけど、デヴィットのあの正確無比なドラミングと化粧栄えのする美しいルックス!がなければ散開コンサートもYMOのその後もかなり変わっていたと思います。
とにかくデヴィットパーマーをみんなで応援しましょう。
【2009/06/04 11:32】 URL | HIRO #xte6k0Yo [ 編集]

んまあ!ここでお会いできるなんて!
横レスですみません!
ひろゆき様にここでお会いできるなんて嬉しいですぅ!!
ほんと、繋がってます!!
いつもHPの方で暖かいコメントを頂き、感謝で下着がはち切れそうでした。
今後も末永く宜しくお願いします!
【2009/06/04 21:52】 URL | 松井チェリー #aR5DLEYU [ 編集]

HIRO様
ひろゆきさんってHIROさんだったんですね。
幸宏の逆読みなんでしょうか。
奇遇が続きますね~(笑)。
チェリーさんのHP掲示板に「たまに」ではなく
毎回書かれていますよね(笑)。
83年のABCのコンサートにYMO3人がファンで
観に行ったことがあるみたいです。
YMOのサポートメンバーで外人はパーマーを
入れても2人しかいなかったんじゃないでしょうか。
今の時点で当ブログの本日のヒット数277。
今日中に300は越えるので、ここでのやりとり
を多くの人に読んでもらえるといいですね。
【2009/06/04 22:34】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

YMO散会のビデオを見ると
デヴィッドのドラムの力強さをいつも感じます。
彼のバンド「Person To Person」のアルバムを最近入手し聴いていますが、
とってもイイんですよね。もっともっと彼の演奏を聴きたいと思います。
また、いろいろと教えて下さい。
【2009/06/04 22:36】 URL | shuuma #- [ 編集]

松井チェリー様
>感謝で下着がはち切れそうでした。

ワーオ、チェリーさんものすごいノリです(笑)。
今日はちょっとお休みしますが、
早いうちに次の記事を書きますね。
【2009/06/04 22:37】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

shuuma様
まだ22歳ぐらいっだったのですが演奏に余裕がありますね。
Person to Personは当時でもそんなにショップにはありませんでした。
最近手に入れられたというのは、ヤオフクで沖縄の方からの物でしょうか。
この質問、先日私がチェリーさんから受けたものです(笑)。
【2009/06/04 22:47】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


<YMO散開ライブ、高橋幸宏83年のツアー、坂本龍一NEO GEOツアーに参加したドラマーとして、>

上記の箇所になんか惹かれるものがありました。
非常に強い太鼓を叩くドラマーだなぁって、非常に感心した記憶もあります。
あの散開ライブで、彼がドラムスを叩いたことはなんかとってもいい感じでした。。。
【2009/06/04 22:56】 URL | もすもす #EBUSheBA [ 編集]

もすもす様
結構みなさんデヴィちゃんのドラムを力強いと評価されているのですね。
たしかに散開ライブでは、あの扱いの難しいSimmonsを自在に使いこなせて
いました。
83年の幸ちゃんの箱根ライブにおける『My Bright Tomorrow』はパワフル
でしたね。
【2009/06/04 23:09】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

Stronger than Reason
というアルバムタイトルなんですが、イギリスの友人にLPをMP3に変換したものを
頂きました。全10曲入り。High Timeが一曲目です。
【2009/06/04 23:11】 URL | shuuma #j2KS4BfU [ 編集]

Stronger than Reason
拙ブログにアルバムのジャケットをアップしました。
明日、また詳細を書きます。
【2009/06/04 23:25】 URL | shuuma #j2KS4BfU [ 編集]

shuuma様
アナログ版と同じですね。そのLP私持っています。
後日写真といっしょにアップしますね。
チェリーさんHPでもご紹介がある通り、
Person to Personは1枚のアルバムと
3枚のシングルをリリースして終わったグループです。
私はシングル1枚『LOVE ON THE REBOUND』以外
すべてあります。これらも紹介していきます。
【2009/06/04 23:27】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

shuuma様
貴ブログで確認しました。これこれ。パンツ一丁です(笑)。
明日のアップお願いします。
久々にTBさせていただきますね。
【2009/06/04 23:35】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

コメント数すごい。
みなさんデヴィットパーマーに関心を持たれているんですね。安心!?しました。
ドラム小僧さん。私は本名「宏幸」です。幸⇔宏。さすがに苗字はタカハシではありませんが・・・。
ドラマー、プロデューサー、シンガー高橋幸宏がいたからこそ、ドラマー デヴィットパーマーが注目されている。やっぱりYMOだと思うんですよ。日本では。
高橋幸宏を取り上げているドラム小僧さんのブログに感謝です。
最後に、YMOの散開コンサートを収録したアフターサーヴィスについて。当時発売後すぐにバンドスコア(楽譜)が出たんですよ。当時すぐ購入し利用したのですが、採譜者が各曲についての解説を書くじゃないですか。中国女の欄にほぼ開口一番「幸宏のドラムは前のりで昔のテクノっぽさがある。デヴィットは完全にデジタルのり。本当に叩いているの!?と思わせるくらい。完璧。」と書いてありました。確かにゴーストモーションの如く、「ここで16分のベードラ入れるか!」ってとこで入ってますもんね。もうゴーストじゃない。入っちゃってる!
【2009/06/05 06:33】 URL | HIRO #xte6k0Yo [ 編集]

HIRO様
「宏幸」さんでしたか。「幸宏」さんよりも「宏幸」さんの方がよく聞かれるお名前ですね。
苗字はまさか「橋高」では・・・ないですよね。

実は私、ABCでパーマーを知った頃から、レコードを何度も聴いては
コピーしていたんです。んで、YMO、というかその前に幸宏のツアーに
参加することを聞いた時は、おお、なるほどねと唸った訳です。
なので、YMOありきでのデヴィちゃんの評価とは私の場合
少し違うかもしれません。

「前回までの「高橋幸宏ドラム名演集」を綴っているうちに、あるドラマーについてもっと広めないと、
という想いがふつふつとわいてきました」というのも、
YMOとは別次元の見方から、もっと客観的な視点でデヴィちゃんを評価したいと考えたからです。
The The,Electronicなどへの参加は、YMO参加のキャリアだけでない、デヴィちゃん固有の
ドラマーとしての評価あるからこそではないか、そんなことから思い立ったわけです。
でないと、YMOファミリーのデヴィちゃんであって、ドラマーデヴィちゃんでなくなる、
そんな思いからです。

アフターサービスのバンドスコア、あればいいなと思っていましたが、
手に入れるほどのものか迷っています。もしよかったら詳細をお教え願います。
【2009/06/05 20:32】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

なるほど。
ここにお邪魔するようになってからデヴィットパーマーの話題がなぜでてこないのかな?「心の中で」勝手に特集を希望していました。
松井さんのHPをご紹介しようかしまいか。ずーっと迷っていました。
↑のような理由でしたのですね。納得です。
しかし皆様、毎日更新大変ですね。おそらくお仕事が終わられた後にUPされているんですよね。ぼくにはできないです。尊敬に値します。受身のぼくとしては「心の中で」希望するしかないんです。
↑のバンドスコアは今も売っているんでしょうか?コンプリートサーヴィスが出たときもスコア出版されたんでしたよね。
ぼくの持っているものは中学生の時購入したものですから25年前!位のものです。
表紙などはボロボロです。ここ数十年ページを開いていませんけど、ほぼ忠実に採譜してあります。教授のソロパートなんかもちゃんと採譜してあったと思います。
実際にそのスコアを用い中学校の文化祭でYMOのコピーバンドで演奏したんです。エレドラを借り、シンセ、シーケンサーを買って。
ぼくの目玉スコアコレクションは「パブリックプレッシャー」「ボク、大丈夫!?」「ニューロマンティック」です。レア物ですか?
【2009/06/06 05:25】 URL | HIRO #xte6k0Yo [ 編集]

HIRO様
なぜ高橋幸宏、あるいはYMOはデヴィッド・パーマーをサポートメンバーとして
オファーしたのか、それは意外と単純な理由ではないかと考えています。
要は結構ミーハーな理由からです。
元々YMOは3人ともバグルズのファン、つまりトレヴァー・ホーンのファンだったのです。
坂本龍一も証言しているのですが、3人でバグルズのアルバム「The Age of Plastic」
を研究していたそうです。
加藤和彦のアルバム「うたかたのオペラ」にバグルズの「I Love You, Miss Robot」と
そっくりな曲があります。
トレヴァー・ホーンの動向を気にしていた3人は、ABCのアルバム「The Lexicon Of Love」に取り付かれていきます。このアルバムには当時3人が注目したファアライトが使われているのですが、いかにも使いました、という感じではなく、ごく自然に使われていたことを評価していたようです。
また、ロキシー・ミュージックに通じるゴージャスで悪趣味、初期YMO的なノン・ストップでダンスチューンが続く構成のアルバム作り(これは元々ジョルジョ・モロダーの手法で、同じ頃ではソフト・セルなどもやっていました)など、興味が尽きなかったのでしょう。
ちなみにABCは83年に来日、ロキシーも同年来日しています。
そしてそのABCのドラマー、デヴィッド・パーマーの正確さ、グルーヴ感が3人の考える
サポートメンバーとしての理想像に近かったのかもしれません。
おそらく、デヴィッド・パーマーにサポートメンバーに「なってもらった」ではなく、「なっていただいた」のではないでしょうか。

「アフターサーヴィス」のバンドスコアは今では絶版で高値で取引されています。
>実際にそのスコアを用い中学校の文化祭でYMOのコピーバンドで演奏したんです。エレドラを借り、シンセ、シーケンサーを買って。
中学生ですごいですね。その時のテープあるのでしょうか。
結構忠実に採譜されているのであれば手に入れてみたいですね。
お持ちのスコアはどれもレアものです。
最近ヤフオクで、昔家族に勝手に捨てられた「増殖」と「サラヴァ/音楽殺人」を手に入れましたが、
どちらも高かったですね。
でも今はなき音楽春秋の楽譜って味があっていいんですよね。
【2009/06/06 06:15】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

なるほど。
デヴィットのYMOサポートのいきさつはなんとなくわかりました。
散開コンサートのバンドスコアは増刷とかしていないんですか?コンプリートサーヴィス(アフターサーヴィスに12/22の音源を追加したもの)のバンドスコアはずいぶん前に楽器店で見たことがあったので、アフターサーヴィスのスコアもういらないじゃんと思っていました。
音楽春秋のスコアは貴重だと思っています。この3冊は15年くらい前に古本屋で見つけました。パブリックプレッシャーは肝心の教授のオーバーダブソロパートは楽譜上に「~FREE」でほとんど採譜してません!このスコアはアルバム 
パブリックプレッシャー全曲とイエローマジックオーケストラ全曲、ソリッド~数曲載っているんです!マッドピエロとか!
ニューロマンチックのカーテンは打ち込みして歌入れて録音したのを覚えています。
録音物は中学時代の文化祭を含めあるんですが・・・。もちろん恥ずかしすぎて門外不出です!
【2009/06/06 07:14】 URL | HIRO #xte6k0Yo [ 編集]

HIRO様
「コンプリートサーヴィス」のバンドスコアはその存在すらも知りませんでした。
ヤフオクでも見たことないですね。
あとで紹介しますが、散開ライブの『Shadows On The Ground』がいいなと
思っていたので。それ欲しいです。
「パブリック・プレッシャー」の「~FREE」ってそうでしたか。すごい逃げ方しますね。
「増殖」にも一部ファーストやパブリック・プレッシャーの曲があります。
「ニューロマンチック」はいいですね。
「カーテン」といえばYouTubeのLEONバージョンがおもしろいです。
http://www.youtube.com/watch?v=XIFGuCTEdfI
【2009/06/06 08:16】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/372-8f20b8ef

Person To Person / Stronger Than Reason

コレです。 明日、詳細を書きます。 デヴィッド・パーマー率いるバンドPerson To Personのファースト。 いや、これ一枚で解散しちゃった。 Secrets of the Beehive【2009/06/05 08:43】

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。