海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
David PALMER(デヴィッド・パーマー)特集2
                           

前回、この特集では時系列的にデヴィッド・パーマーのことを語ることを述べました。今日はABCが結成、デビューシングル『Tears Are Not Enough(涙まだまだ)』リリースまでのエピソードをご紹介しましょう。上の写真は、国内アナログ盤「ルック・オブ・ラブ」のライナーノーツに載せてある写真です。かなり初期のものと思われます。といってもベースのマーク・ニックレイ(Mark Nickley)が抜けた後ですが。左より、マーク・ホワイト(Mark WHITE)、デヴィッド・パーマー、ステファン・シングルトン(Stephan SINGLETON)、マーティン・フライ(Martin FRY)です。カンカン帽にステッキ、白地のたてストライプのジャケットに白無地のパンツで4人お揃いですが、靴はまちまちですね。

2004年にイギリスでリリースされた「The Lexicon Of Love Deluxe Edition」のライナーノーツから以下引用していきます。

Fry had grown up in Manchester, and was part of the generation who feasted on the meantand drink of soul, rock, David Bowie and Roxy Music. “I started going to a youth club disco in Cheadle Hulme when I was 14,” Fry recalls. “That was something really liberating, going somewhere public and hearing records you’d only heard on a transistor radio before. I’d hear a lot of R&B; things like Donnie Elbert’s A Little Piece Of Leather and Reflections by The Supremes. But then I’d go and see Dr Feelgood and Tangerine Dream at the Free Trade Hall.” This twin tradition was to inform a great deal of the music of the early 80s, but arguably ABC were the most successful synthesissers of it.

Fry moved to Sheffield to attend University and it was there he hooked up with Stephen Singleton and Mark White in their band, Vice Versa. “Vice Versa were inspired by Kraftwerk and The Human League. We were anti-rock and roll. The technology side was integral to what we were doing.” Releasing a clutch of singles, Vice Versa became popular. “We would play on biss with Soft Cell and Depeche Mod. We were about 75th on the bill at Futurama.

When Vice Versa morphed into ABC, Fry, Singleton and Singleton added bassist Mark Lickley and drummer David Robinson. After setting out their credentials, they struck upon a novel way of a getting a demo tape listened to by the London-based record business - recording a home video; back in the day when it was a tremendous novelty.
The three tracks, Surrender, Do As I Say and Boomerang, too rough for inclusion here, have all the widescreen ambition and lofty conceits that The Lexicon Of Love, just over a year later, was to realize. The promo gained them an international deal with the huge Phonogram label.

One thing that was to be an integral part of package was the manifestos that Fry, former editer of Sheffield fanzine, Modern Drugs, was to bring to the group. “From day one, we’d be sloganeering.” Fry remembers. “The idea that you advertised yourself turned the punk thing of pretending to be inarticulate on the head.” Fry held Dexys Midnight Runnners in high esteem. “What I really liked was the run out of Seaching For The Young Soul Rebels, Kevin Rowland said’everything I do will be funky from now on. When we heard that, we felt very threatened by it. We’d got our funky outfit together and then thought we’d be beaten on the punch.”

A demo in the Phonogram’s Marble Arch studios showed again the promise that the new group had. One thing was for sure - they only had a single target in their sights - chart success. “We don’t do anything flippantly or totally without humour, and we know that we’re not in a position to criticise the charts - that’s our competition and it’s up to us,” Fry told Paul Morley in 1981. “We have to compete on those terms, with Smokey Robinson, Michael Jackson, Kim Wilde…we’ll succeed we’ll succeed magnificently and if we’ll fail, it’ll be a magnificent failure. The magnificence is important.”

Teming up with Steve Brown, the group cut their debut single, Tears Are Not Enough and its B-side, their calling card, Alphabet Soup. The group soon were lumped in with the white funk movement that momentarily provided a diversion in the window of time after new romance and before the high 80s. “It was a real thing; Haircut 100, Stimulin, Funkapolitan, Pigbag, The Higsons,” Fry laughs. “Everybody was trying to get funky out ther. I think it was a reponse to how grey and desolate the 70s were as a time and place to grow up. In the early 80s, we wanted something more shiny and fun to happen.” Much was made in the press of this new movement as Tears Are Not Enough, released at the tail end of October 1981, reached No.19 in the UK chart, a very respectable placing for an unknown act. Top Of The Pops and the rush of initial fame - back in a time with just three TV channels - quickly followed. There was also a quick personnel change: David Robinson,who listened to jazz-funk drummer Steve Gadd for eight hours at a time, was replaced by David Palmer.

以下は上の英文と「ルック・オブ・ラブ」のライナーノーツとをまとめたものです。

リーダーでボーカルのマーティン・フライはマンチェスター生まれ、デヴィッド・ボウイ、ロキシー・ミュージック、ドニー・エルバート、シュープリームス、ドクター・フィールグッド、タンジェリン・ドリームスなどを聞いて育ちました。その後シェフィールド大学で英文学を専攻したものの、大学生活に嫌気がさして中退。音楽雑誌の記者の時にVice Versa(ヴァイス・ヴァーサ)というシンセバンドのインタビュー中に意気投合し合流。そのバンドのメンバーがサックスのステファン・シングルトンとギターのマーク・ホワイトだったのです。クラフトワークやヒューマン・リーグから影響を受け、アンチ・ロックンロールを標榜していたみたいです。ヴァイス・ヴァーサからABCへとグループ名を変える頃になると、ジェームズ・ブラウンを意識するようになります。ファンク路線です。そうなってくると強力なリズム隊が必要となります。マーク・リックレイ(ベース)とデヴィッド・ロビンソン(ドラムス)がABCに加わります。このメンバーで、英フォノグラムのマーブル・アーチ・スタジオでデモテープが制作されます。1981年7月20日のことです。とにかく売れ線狙いで、当時人気のあった、スモーキー・ロビンソン、マイケル・ジャクソン、キム・ワイルドと競い合わなきゃいけなかった、とフライが述べています。そうして、同年10月に、デビューシングル『Tears Are Not Enough(涙まだまだ)』(B面『Alphabet Soup』)をリリースします。同年12月5日付けの全英チャートで19位まで登りつめました。同じ頃にホワイト・ファンク・ムーヴメントがあり、ヘアカット100、ファンカポリタン、ピッグバッグなどがあげられます。さらに、人気TV番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」にも出演するまでになります。人気が出だした頃になってドラマーが突然変わります。デヴィッド・パーマーの登場です。

ということは、「The Lexicon Of Love Deluxe Edition」の2枚目にあるフォノグラムのデモ曲で、デヴィッド・パーマーはドラムを叩いていないことになります。それだけでなく、デビューシングルの『Tears Are Not Enough(涙まだまだ)』もデヴィちゃんではないのです。デヴィちゃんがABCでドラムを叩くようになるのは、セカンドシングルの『Poison Arrow(ポイズン・アロウ)以降だということがこれで分かりました。それにしても、前のドラマー、デヴィッド・ロビンソンのことを、ジャズ・ファンクドラマー、スティーヴ・ガッドのドラムをひとたび聴きだすと8時間は聴くというのは笑えます。聴くだけではダメなんでしょうね。それだけデヴィちゃんのドラムが素晴らしいと言いたいのでしょうが。デヴィ・ロビのノリはかなり悪いです。こちらをお聴きください。

それでは、デヴィッド・パーマーが叩いていないと思われる、『涙まだまだ』を12インチシングルバージョンでお聴きください(笑)。

        
スポンサーサイト

【2009/06/05 23:47】 ドラム | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
この記事に対するコメント
Look Of Love!
この写真はLook Of LoveのMVのですね。
かわいい♪
Valentine's Dayは日本のみのシングルカットです。
車のCMかなんかで使われていたはず。
私は大好きな1曲です。

Vice Versaについてはあんまり調べたこと無かったです。
音楽も私には合わないしなあ。
YOU Tubeでヒットします。

ABCは最初のアルバムが1番でしたね。
デヴィッドがいるいないに関わらず。
どの曲も好きです。
【2009/06/06 10:45】 URL | 松井チェリー #aR5DLEYU [ 編集]

松井チェリー様
この写真のデヴィちゃん、何かふてくされた感じなんですよね。

ヴァイス・ヴァーサ、もろヒューマン・リーグ初期ですね。
ソフト・セルにも近いものがあります。
これがどうしてファンク路線へと変換したのか大いに謎です。

ファーストアルバムはやはりトレヴァー・ホーンのプロデュースと
その後ホーンとThe Art Of Noiseを立ち上げる女性アレンジャー
アン・ダドリーのオーケストレーションによる功績が大きいのでしょうね。
デモと比べると雲泥の違いです。
【2009/06/06 11:17】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/374-c7bfa4aa

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。