海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
イケメン仏ジャズピアニストインタビュー
                      soloⅡ

                             soloⅡ

フランスの若手ジャズピアニストで実力、ルックス共に評価?のあるバティスト・トロティニョン。Baptisteと書いてバティストと読みます。よく見るバプティスト間違い。ル・モンドで彼のインタビューが載せられていたので取り上げてみました。アラン・コルノー監督作品『アメリカの贈りもの(1994年)』に出演していたなんて知らなかった。私は『フリュイド』のジャケットがスタイリッシュでカッコよくて買ったのが彼の音楽との出会い。インタビューで本人が言っているように歌うことをなによりとしている感じです。この『フリュイド』一時輸入盤が入らなくなったと思ったら澤野工房が商権を得ていたのですね。お聴きになりたい方は澤野のHPでどうぞ。

さて最新の『ソロⅡ』フランスではCDとDVDのセットで売り出されている
みたいですが日本では各オンラインショップでもまだラインアップされていない模様。発売が待ち遠しいですが、仏ナイーヴだから国内はまたピーエスシーに牛耳られるのでしょうか。

元記事
        Baptiste Trotignon


インタビュー
バティスト・トロティニィン「ジャズはエリート主義のイメージがつきもの」

真っ白なシャツを着、優等生なイメージのあるピアニストバティスト・トロティニィンは、評論家よりも一般の人から支持されるという快挙を成し遂げた。とかくブラッド・メルドーと比較されるが、メルドーには容赦なく向けられる嫌味をトロティニョンは逃れることができた。このような嫌味はヒット作のあるジャズアーティスト全てに向けられる。

アラン・コルノー監督作品『アメリカの贈りもの(1994年)』に出演して以来、バティスト・トロティニョンには全ての成功が約束されているようだ。31歳のトロンティニョンはたくさんの賞(ジャンゴ・ドール、ジャズアカデミー賞、マルシャル・ソラ-ルコンクール、2003年度ジャズ大賞)を受賞してきた。またどのような編成でも成功を収めることで知られている。2000年リリースのデビューアルバム『フリュイド』でのトリオ、ダヴィ・エル=マレクとの共演でのカルテット、そしてアルバム『ソロ(2003年)』でのソロピアノがあげられる。11月23日水曜日にはパリのガヴォホールで『ソロ』第2弾が披露される。

『ソロ』ではオリジナル曲だけでしたね。今度は『ラブ・ミー・テンダー』のようなスタンダードに再び取り組まれています。曲を選ぶ基準ってあるのですか。

特に意図して選んでいるわけではありません。単純に好き嫌いで選んでいます。私の結婚式の際、オルガン奏者が弾く『ラブ・ミー・テンダー』をアレンジしたことがあったのです。ブラジル音楽が好きなものですからニーノ・ロータ作曲カエターノ・ヴェローゾ演奏の『Como tu me voi』も知っていました。この手の歌は特にアレンジを必要としません。ピアノをソロで弾くこと自体音の色彩感を変えていきます。そうしないとただのジャズになってしまいます。

今ほんと単純に音楽を聴きたいなという気分ですよ。ワールドミュージックなんかはアフリカのグワナやインド音楽の響きなど色んなものが混ざり合っています。

ナント音楽院で学んだクラシックの知識は役に立っている?

芸術を支配する法則は乗り越えられるべきものなのでしょうが、その前に習得されるべきものだと思います。私の好きな言葉にリヒターが残した「縛りの中で自由を見つけた」があります。

最初の先生はパーキンソン病を患っていた老婦人でした。先生は私には難しすぎる曲をお使いになっては初見視奏の潜在能力を引き出して下さいました。10歳でムソルグスキーの『展覧会の絵』を弾いていたのですから!

『展覧会の絵』をまた演奏してみたいとは思いませんか?

ガーシュインの『ラプソディ・イン・ブルー』や『ピアノ協奏曲ヘ長調』を時たま弾くことはありましたね。でも今は即興風にアフロ=アメリカ音楽を演奏することにはまっていますよ。クラシックの演奏家には音符を間違えてはならないというプレッシャーがありますが、私たちジャズ屋は間違えたところで誰も気づきませんからね。私がかつてインスピレーションを受けたのは何もジャズだけではありません。ジャズという言葉にはエリート主義のイメージがつきものです。自分の殻に閉じこもったことのあるミュージシャンも少なくありません。

私は一般の人に芸術音楽を満足していただいたことのあるミュージシャンを大変尊敬しています。私にとって何よりもの賛辞は、私が演奏する曲から歌を思い起こすことができたと言われるときです。

家ではどんな音楽を聴いて育ったの?

最初に聴いたレコードは2枚あって、バッハの『音楽の捧げもの』とビートルズの『アビー・ロード』でした。両親は後期ロマン派までのクラシックや70年代のポップスやロックを好んで聴いていました。
でもジャズを聴くことはありませんでしたね。ジャズは私にとって煎じ薬みたいなものでした。少年の頃、地元ナントのレコードライブラリーのジャズコーナーにあるレコードを聴き漁りました。映画音楽として最初に聴いたのは、当時上映されていたクリント・イーストウッドの『バード』やベルトラン・タヴェルニエの『ラウンド・ミッドナイト』でした。体に感じるグルーヴにはワクワクしたものです。クラシックの勉強を終えた後、ジャズピアノのメソッドに移行しました。

ロックをやってみる気はある?

ローリング・ストーンズのファンですしロックのパワーには魅力を感じます。でもプレーヤーとして私がやるのもねぇ。その気はないですね。でもロックのリズムはインスピレーションの宝庫ですから、自分のピアノ奏法にも取り入れていますよ。ザ・フーの『トミー』のハイライトを再録しました。よく考えてみると、キース・ジャレットはフォークやディランからインスピレーションを受け自分のモチーフにしたり、ブラッド・メルドーは左手でギターの和音を模倣したりしているのですものね

バティスト・トロティニョン。11月23日20時30分パリ(ガヴォ・ホール)でコンサート。入場料金は22ユーロから27.5ユーロ。12月1日セート、8日グルノーブル、1月27日アティス=モン(エソンヌ)、3月8日ラ・リシュ(アンドル=エ=ルワール)、23日メス。
『ソロⅡ』はCD1枚とDVD(ジャコバン・ライブ)でナイーヴから発売。

文:ブリュノ・ルスプリ
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
逆TBさせてください。
TBありがとうございます。バプティストでなく,バティストなんですね。急いで僕の記事を校正しました。お恥ずかしいかぎりです。ついでにSylvain Beufはなんて読むんですか。教えていただけますか。
【2005/12/25 21:32】 URL | クリス #- [ 編集]

クリス様
TBありがとうございます。数ヶ月前クリスさんの記事でバティストとちゃんと書かれてあったので気にせずこんな事書いちゃいましたが。今回の記事でバプティストって書かれてあったかどうか気づきませんでした。割とディスク・ユニオン等のCD紹介なんかでこのような書き方が多いという意味なので、お気になさらないようお願いします。フランス語ではこの場合pを発音しません。

Sylvain BeufはBeufの表記が難しいですね。euの発音は「エ」を発する時の舌の形をしつつ、口の形は「ウ」で発音するという日本人が最も苦手とするものです。日本語にはない発音ですからね。ここは一先ず「シルヴァン・ボフ」か「シルヴァン・ベフ」としておきましょう。「ボフ」としているケースが多いようです。
【2005/12/25 21:52】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


「ボフ」と言うってしまいますと、「bauf」ときこえますので、「ブフ」と発音したほうがいいと思います。「bauf」というと、「ばかな人」みたいな意味です。
「eu」は「オ」より「ウ」に近いだと思います。
【2005/12/27 19:05】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
「オ」と「ウ」をうっかり書き間違えました。ブフもいいかもしれません。日本の雑誌なんかではボフあるいはベフと割り切っているみたいです。日本語の「オ」はフランス語の「O」ほどはっきりしていないですから。口を突き出さない発音なんです。でも本人に向かって「ボフさん」と言うと怒られるかもしれませんね。

前にも発音についての意見があって、誰が正しいだのの話になったのですが、こういった話題は文字上ではきりがないのでもうやめましょう。ただBaptisteをバティストと発音するのだけは確かです。

【2005/12/27 20:21】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

難しいですね。
GCさんとドラム小僧さんのお話を聞いていると,なんだか頭がこんがらがってきました。
兎に角,フランス語が難しいことは分かりました。
とりあえず僕が「ブフ」と覚えることにしました。

でも,フランス語が堪能な方がいらっしゃたので,ホント助かります。
今後とも,よろしくご指導の程,お願いいたします。
【2005/12/28 22:37】 URL | クリス #- [ 編集]

クリス様
因みにGCさんはフランスの方です。在日期間はたった1年ですが、日本語のブログのコメントをよくご理解できるな、と驚きます。
【2005/12/28 22:59】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


「bauf」という言葉は「beau-frère」から来ています。今度詳しい説明をしてあげます。
そいえば、メーリクリスマスでしたよね。 ^_^
【2005/12/28 23:01】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
そうでしたね。ジュワユー・ノエルでした。クリスマスはいかがお過ごしでしたか。私は新しいパソコンを買いに行きました。来年到着予定です。ペンティアムDですよ。操作が速くなるかな。
【2005/12/28 23:17】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/87-e2213db9

Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)

バプティスト・トロティニョンの最新作。とは言っても今年の春頃にはDUの店頭に並んでいたと思ったけど,購入したのはつい最近の事。バプティスト・トロティニョンは2000年の1st アルバム『 Fluide 』を聴いてその超絶技巧ぶりに驚愕し,以来追っかけているフランスの若手ナ 雨の日にはJAZZを聴きながら【2005/12/25 21:25】

Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)

今日は妻とショッピングに出かけたついでに,10月1日に秋葉原にできた石丸電気のハイオーディオ・ショップ「レフィーノ&アネーロ」に行ってきました。GOLDMUNDやJEFF ROWLANDなどの僕には一生縁の無いであろう高級品が並び,ため息しか出ませんでした。「宝くじが当たった 雨の日にはJAZZを聴きながら【2005/12/25 21:25】

Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)

バプティスト・トロティニョンがサイドメンとして参加しているアルバムは,Moutin Reunion Quartet 『 Power Tree 』(2001 Dreyfus)Moutin Reunion Quartet 『 Red Moon 』(2003 Nocturne)Pierrick Pedron 『 Cherokee 』(2000 Elabeth)Christian Brun 『 French Songs 』( 雨の日にはJAZZを聴きながら【2005/12/25 21:26】

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/11/27 20:41】

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    08 | 2017/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ