海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
フランス新聞界低迷
                       la Face cachée du “Monde”

以前ル・モンドが仏週刊誌レクスプレスのお家事情を伝える記事を紹介しました。その際予告したとおり本日は仏週刊誌ヌーヴェル・オプセルヴァテールがル・モンドのお家事情を伝える記事をご紹介します。この記事にあるとおりル・モンドも火の車で現在の2大株主のうち一方は外資系(スペイン)です。面白いことにル・モンドとヌーヴェル・・・は僅かながらも株の持ち合いをしています。

ル・モンドと言えば一部のインテリが読む新聞というイメージがありますが、最近『ル・モンドの裏面』という突っ込んだ内容の批判本が出版され、読者が離れていったとこの記事にあります。確かに「朝日新聞」とよく似た仮面左翼的なところがあります。両新聞は確か提携関係があり、極東(いやな言葉)特派員のフィリップ・ポンス氏も朝日あるいは岩波にも顔を出すところあたりその思想は推して知るべしところがあります。私はル・モンドの記事を「活用」することはあっても「信奉」することはありません。常にニュートラルな立場でいたいだけです。

危機にある新聞
フランスにおける発行部数
2004年第二四半期~2005年第一四半期
(10の位端数切り下げ)

Le Parisien/
Aujourd’hui   496 000 ↓
Le Figaro   326 800 ↓
Le Monde 324 000 ↓
Libération 134 600 ↓
La Croix 96 400 ↑
France Soir 58 500 ↓
L’Humanité 49 500 ↑

徐々に売上が減少する問題を抱え
「ル・モンド」紙面を刷新

夕刊紙「ル・モンド」失われた読者を求め新たなレイアウトやカラーを導入

とてつもないキャンペーンでワーワー騒ぎ立てる広報活動。「ル・モンド」が紙面レイアウト刷新の広報で出費のことなど惜しんでいられなかった。その広報に500万ユーロが費やされテレビのスポットでこう流れた。「記事をル・モンドにふさわしいものにしてまいります。」「ル・モンド」はそれどころか完全に刷新された。新たに登場した「ル・モンド」はイギリスの新聞「ジ・インディペンデント」を模範としている。「ル・モンド」は「ジ・インディペンデント」に移っていったかつての読者を呼び戻す必要があった。カラー、写真、グラフィックの多用した32ページの紙面だ。
編集長のジャン=マリ・コロンバニ氏は何ら理由を語らない。語っても自社を脅かし打ち負かしかねない危機感があると奮い立たせるのが理由ではない。フランスの代表的な新聞「ル・モンド」のオーナーにもはや選択肢はなかったのだ。ピエール・ペアン、フィリップ・コーアン共著『ル・モンドの裏面』が社会を揺るがしてからというもの、同紙の読者はたちまち離れてしまった。この社内の動揺からコロンバニ氏との対立で知られるエドウィ・プレネル氏は辞職せざるを得なくなった。元々二人は親友だったが、毎号の売上高が18パーセントも落ち込むようになってからは仲違いするようになった。それからというもの「ル・モンド」はライバル紙「フィガロ」に遅れを取るようになる(別表参照)。さらにグループ連結決算は著しい赤字に転じた。グループとして「テレラマ」「クリエ・アンテルナスィオナル」「ル・ミディ・リーブル」を所有する他、「ヌーヴェル・オプセルヴァテール(『ル・モンド』株4パーセント所有)」株6パーセントを所有している。昨年度の損失は6000万ユーロに達し、今年度はさらに2000万ユーロを超える見込みだ。同紙は6500万ユーロの増資を発表したものの従業員の20パーセントを削減した。同紙は現在突然現れた2大株主に支配されてしまった。この2大株主とはラガルデール・グループと「エル・パイス」の出版で知られるスペインのプリザ社であり、「ル・モンド」の失敗が最小限のうちにさらなる支配を強化しようと考える。
 販売促進の課題が残る。新しい紙面を押し付けては断じてならない。読者は慣れ親しんだものに愛着があるものだ。「ル・フィガロ」は10月3日発行分で紙面の刷新を行ったがまだ結果が現れていない。莫大な広告キャンペーンを打ってきたのにだ。「今確かに言えることは、10月3日から10月26日までの売上が前月比で6.8パーセント増えていることです。」と話すのはフランシス・モレル副社長だ。「最も重要な点は40歳の読者から評価を受けていることです。」含蓄のある言葉だ。国内で最も古くから続く新聞「フィガロ」が旧来の読者を失い「エコー」や「ル・モンド」を読む少し若い読者を対象としているのだが、同紙の目標の一つ、「読者の高年齢化を抑制」は少なくともクリアしそうだ。
 もちろんそれはジャン=マリ・コロンバニにとっても目標の一つだ。全ての新聞社が抱える問題として、読者が飽きっぽいことと高年齢化していることがあげられる。フランスでは生産・流通コストが他の国よりも高いため、販売コストは販売店の報酬が少ない割に高い。結果読者は多くても週に2-3回しか新聞を買わないこととなる。そうこうしているうちにキオスクは閉店していく。ここ最近は無料情報サービス(新聞のインターネット・サイトや「20ミニュット」「メトロ」のセット)が若者の間で幅を利かせている。新聞界全体に著しい経済的悪循環が生み出される。つまり販売価格は下落し広告収入ではこの差額を回収できないでいる。「今では激しい不安の中で編集しています。ついつい半信半疑になってしまします。」と「ル・モンド」の経営陣の一人が語る。この秋装いも新たにスタートする同紙が気まぐれな読者のハートを掴むことができるのだろうか。
クロード・スラ


「リベ」にも危機が

「リベラスィオン」にも不穏な空気が漂う。フロランス・オブナスを中心とした同紙の優秀な記者たちが陳情書を新しい株主に発送した。その株主とは持ち株比率38.8パーセントを所有するエドゥアール・ド・ロートシルド氏だ。彼らの陳情内容は、新しい編集方針が決まる前に従業員を削減しないことだ。低迷が続く売上(「リベ」はフランスで週に13万4000部を販売するが、今年度のキオスクでの販売が4パーセントダウンすると見込まれる)と回復する見込みのない広告収入に真正面から取り組むエドゥアール・ド・ロートシルド氏とセルジュ・ジュリー編集長は、販売促進に従事する前に決算内容を一定のレベルに戻すため従業員を削減する恐れもあると言及していた。だがエドゥアール・ド・ロートシルド氏自身と同氏が資金を供与した増資の助けもあり、編集部は問題に至らず資金も相当確保できた(2000万ユーロの資金)。なので「フランス・スワール」流の破産申し立てをすることはなさそうだ。「とはいえ私どもも編集方針や会社組織の見直しを避けては通れません・・・」と副社長ルイ・ドレフュス氏が考えを述べる。しかし同氏は希望を失わない。「私どもの実績に揺るぎはありません。私どもは25歳から35歳の世代から絶大なる支持と多くの読者を獲得しています。」            C.S.

FACE À L’ÉROSION DE SES VENTES
«Le Monde» refait «Le Monde»

Nouvelle maquette, apparition de la couleur, le quotidian du soir part à la recherche de ses lecteurs disparus

Flonflons, trompettes et une grosse campagne de pub en prime. Pour lancer sa nouvelle maquette, «le Monde» n’a pas lésiné sur la dépense : 5 millions d’euros et des spots à la télévision pour nous expliquer : «Remettons les choses à leur place.»Le journal, lui, a fait plus que remettre les choses en place, il a été revu de fond en comble. Le nouveau «Monde»,qui s‘inspire du quotidien britannique «The Independant»,a dû faire tomber ses vieux lecteurs de leur chaise. Couleurs,photos et graphisme sont au rendez-vous sur 32 pages.
Jean-Marie Colombani,le directeur, n’affiche officiellement aucun objectif, si ce n’est celui d’éteindre l’incendie qui menace la maison et pourrait l’emporter. Car le patron du quotidien français de référence n’a plus le choix. Ses lecteurs s’évaporent,tandis que le fameux ouvrage de Pierre Péan et Philippe Cohen-«la Face cachée du “Monde”»-a déstabilisé l’institution. La crise interne a conduit au départ du directeur de la rédaction Edwy Plenel,en conflit ouvert avec Colombani. Les deux anciens complices se sont déchirés,pendant que les ventes au numéro se sont effondrées de 18% en trios ans.Il se situe désormais derrière son rival «Figaro»(voir tableau).Du coup,les comptes du groupe,qui possède aussi «Télérama», «Courrier international»,«Le Midi libre» ou 6% du « Nouvel Observateur»(actionnaire lui de 4% du «Monde»),ont viré au rouge vif.La perte a atteint 60 millions d’euros l’an dernier et devrait dépasser encore 20 millions cette année.Le jounal a supprimé 20% des effectifs,tout en lançant une augmentation de capital de 65 millions d’euros.Il se retrouve aujourd’hui avec deux gros actionnaires en embuscade,qui rêvent d’aller encore plus haut au moindre faux pas de l’équipe : le groupe Lagardère et l’espagnol Prisa,éditeur d’«El Pais».
Reste la relance commerciale.Une nouvelle formule,ce n’est jamais facile à imposer. Les lecteurs n’aiment pas qu’on change leurs habitudes.«Le Figaro»,dernier à l’avoir tentée,le 3 octobre,n’en connaît pas encore les résultats,malgré l’énorme campagne de pub qui l’a accompagnée :« Pour le moment,la seule chose certaine,c’est une augmentation de nos ventes de 6,8% en moyenne entre le 3 et le 26 octobre,par rapport au mois précédent, dit Francis Morel,le directeur général.Le point le plus important,c’est que les lecteurs de 40 ans sont satisfaits.»Sous-entendu,si le plus ancien des quotidiens nationaux perd des vieux lecteurs et en pique quelques plus jeunes aux «Echos» ou au «Monde», il aura au moins réussi un de ses objectifs : freiner le vieillissement de son lectorat.
C’est bien sûr aussi un des objectifs de Jean-Marie Colombani,confronté au même problème que tous les quotidiens français : la volatilité et le vieillissement du lectorat. En France,à cause de frais de fabrication et de distribution plus élevés que dans les autres pays,le prix de vente est cher sans que pour autant la rémunération de ses vendeurs ne soit suffisante. Résultat : les lecteurs achètent les quotidiens deux ou trois fois par semaine,au maximum,tandis que les kiosquiers ferment leurs portes. Pendant ce temps,l’information gratuite (sites internet des quotidiens, ou le duo «20 Minutes»-«Metro») s’impose auprès des jeunes.L’ensemble produit un effet de ciseau économiquement redoutable :les ventes baissent,la publicité ne compense pas ce recul.«Pour le moment,il y a une grande angoisse à la redaction,souvent sceptique»,remarque un des cadres dirigeants du «Monde». La grande toilette d’automne permettra-t-elle de reconquérir l’amour des lecteurs capricieux?
CLAUDE SOULA

Crise à «Libé»

Ambiance tnedue au sein de «Libération». Les grandes plumes du journal,autour de Florence Aubenas,ont lancé une pétition à leur nouvel actionnaire,Edouard de Rothschild,propriétaire de
38,8% des parts.Leur message : pas de réduction des effectifs avant d’avoir le nouveau plan rédactionnel.Confrontés à une baisse continue des ventes(«Libé» vend 134 000 exemplaires en France par jour,mais il reculera cette année de 4% dans les kiosques) et des recettes publicitaires qui ne s’améliorent pas,Edouard de Rothschild et Serge July,le directeur du quotidien,avaient évoqué la possibilité de tailler dans les effectifs,pour remettre les comptes à niveau,avant de s’occuper de la relance commerciale. Pas question pour la rédaction,d’autant que,grâce à Edouard de Rothschild et à l’augmentation de capital qu’il a financée,les caisses sont pleines(20 millions d’euros de tréssorerie). On est donc loin du dépôt de bilan à la « France Soir ». «Mais nous ne pourrons pas faire l’économie d’une révision de nos méthodes et organization du travail・・・»,estime le directeur général Louis Dreyfus, qui ne désespère pas : «Nos études sont formelles : nous avons une identité forte
et un public de conquête dans la generation des 25-35 ans.■
                C.S.

スポンサーサイト
【2005/12/03 23:46】 ビジネス | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/96-c26b812f

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。