海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
仏検1級読解文②
                  

先週に引き続き秋季仏検1級の読解文をご紹介します。第7問目として出題されたこの文は、デンマークの風力発電についての記事です。一応拙訳を用意しましたが日本語にするとかなり簡単ですね。高校入試ぐらいの国語の試験といった感じでしょうか。ちょっとチャレンジしてみてください。

さて沖合いにある風力発電のイメージは上の写真の通りです。この風力発電、台風のある日本だとどうなんでしょうか。


 次の文章を読み、右のページの(1)~(6)について、文章の内容に一致する場合は○を、一致しない場合は×を解答欄に記入してください。(配点 12)

Le gouvernement danois avait fait sourire, lorsqu’il avait claironné au début des années 1990 que 35 % de l’énergie consommée dans le pays en 2030 proviendraient de sources renouvelables, et en grande partie des éoliennes. Une dizaine d’année après cette annonce, le royaume scandinave démontre qu’un tel objectif est loin d’être farfelu. En 2004, 20 % de l’énergie consommée par 5,3 millions de Danois ont été produits par les quelque 5 400 éolienns qui se dressent dans les campagnes et au large du littoral de ce petit pays.
Et ce n’est pas fini : situés en mer du Nord et dans la Baltique, deux des plus grands parcs d’éoliennes géantes au monde vont être agrandis d’ici à 2008, pour porter la part de cette source d’énergie à 25 % du total consommé. L’un et l’autre auront une capacité de production telle qu’ils pourront alimenter chacun 200 000 foyers par an.
Ce développement a été rendu possible par divers facteurs. Balayé par les vents, Le Danemark a décidé dès les années 1970, à la faveur de la crise pétrolière, d’exploiter cette source d’énergie inépuisable plutôt que le nucléaire, fort impopulaire dans le pays.
Pour stimuler le développement des éoliennes, Copenhague a créé un système d’aider aux investissements privés. En effet, ce sont les citoyens du royaume ― en paticulier les agriculteurs ― qui ont, dès les années 170, constitué le gros des propriétaires d’éoliennes. Encore aujourd’hui, environ 80 % de ces machines appartiennent à des personnes privées.
Dans le même temps, les autorités ont encouragé la recherche dans ce domaine, tout en instaurant des norms pour garantir la fiabilité des installations. « C’est parce que le pays est le premier à avoir parié sur ce type d’énergie qu’il est encore un leader aujourd’hui », expique un responsible de l’Agence danoise pour l’énergie.
Cepandant le gouvernement actuel a décidé en avril dernier de réduire les subventions publiques accordées aux propriétaires d’éoliennes afin d’encourager ce secteur à s’adapter au marché de l’électricité, dérégulé depuis la fin des années 1990.


(1) Après leur agrandissements, les deux parcs d’éoliennes situé en mer du Nord et dans la Baltique pourront alimenter 400 000 ménages par an

(2) Au Danemark,c’est surtout grâce aux investisseurs privés que la production de l’électricité éolienne s’est développée.

(3) Le gouvernement acutuel va aider le secteur de l’énergie éolienne à s’adapter au marché de l’électricité,en lui accordant plus de subventions.

(4) L’objectifs fixé par le gouvernement danois au début des années 1990 pour la production des energies renouvelables promet d’être ré alisable.

(5) Loin de rester indifferent, le gouvernement s’est impliqué jusq’ici dans le développement de l’industrie de l’énergie éolienne.

(6) Sous l’effet de la crise pétrolière des années 1970, le Danemark a opté pour l’énergie inépuisable qu’est le nucléaire.


1990年代初めにデンマーク政府が、2003年には国内消費エネルギーの35%を自然エネルギーその大部分を風力から供給する、と触れ回っていたときは失笑を買っていた。この発表から約10年が経ちデンマーク王国が明らかにしたのは、このような目標は突飛なことでも何でもないことだ。2004年、デンマーク国民530万人が消費したエネルギーの20パーセントは、この小国の田園や沿岸沖にそびえる約5400基の風力発電機で発電された。
 それだけではない。北海とバルト海に世界一大きな風車を誇る最大級の風力発電ファームが2箇所あり、これから2008年までにさらに拡大していき、全消費量の25パーセントに当たるエネルギー源を供給する。両ファームとも著しい稼動能力があるので、各々年間20万世帯に電気を供給することができる。
 様々要因が働きこの成長も可能となった。デンマークが1970年代に入ってすぐ決定したことは、国内でかなり不評だった原子力ではなく尽きることのないこの資源をオイルショックをきっかけに開発することだった。
 風力発電促進刺激策として、デンマーク政府は民間投資支援制度を創設した。実際デンマーク国民、とりわけ農家を営む人々が1970年代に入った途端風力発電所所有者の主要部分を担った。さらに今日風力発電機の約80パーセントが民間人の所有となった。
 同時に当局はこの分野の研究促進政策をとる一方施設の品質保証基準を作成した。「というのもデンマークは風力発電エネルギーに希望を託した最初の国であり、今も主導権を握っているからです。」とデンマークエネルギー機関のある幹部が解説する。
 ところが現政権は今年4月、風力発電所所有者に交付する助成金の削減を決定した。この助成金は1990年代末から規制緩和された電気エネルギー市場への風力発電参入促進のため交付されていたものだ。

(1) 拡大後北海とバルト海に位置する2箇所の風力発電ファームは年間40万世帯に電力を供給することが可能となる。

(2) デンマークではとりわけ民間投資家のおかげで風力発電が成長してきた。

(3) 現政権はさらに助成金を交付し風力発電の電気エネルギー市場参入援助をする。

(4) 1990年代初頭にデンマーク政府が定めた自然エネルギーの生産目標は実現しそうだ。

(5) 関心がないどころか、政府は今日まで風力エネルギー産業に関わってきた。

(6) 1970年代のオイルショックの影響もあり、デンマークは尽きることのないエネルギーとして原子力を選択した。

スポンサーサイト
【2005/12/04 22:23】 語学検定 | TRACKBACK(0) | COMMENT(19) |
この記事に対するコメント

お久しぶりです。大型のものでは風速が一定レベルに達すると回転が止まるようになっているように設計してあると何かの本で読んだことがあります。風車は風速や風向が割りと一定している欧州ではいいのだけど、日本のように風が湿って重く、風向も風速も変わりやすいところでは風車の効率的な利用が難しかったものの、昨今は小型モデルで開発が進んで微風でも発電できるものができていますよね。個人的には風車はこれから面白そうなアイテムだと思っています。
【2005/12/06 21:26】 URL | ムフテリフ #- [ 編集]

ムフテリフ様
お久しぶりです。日本で今ひとつ盛り上がらないのは気候風土に原因があったんですね。

そういえば風力、太陽発電業界のある人が言っていたけど、青島都知事の時に臨海計画をご破算にしたおかげで風力のプロジェクトまで宙に飛んだって嘆いていましたよ。
【2005/12/07 00:00】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/12/08 11:24】 | # [ 編集]

Bonjour
Je passais juste là par hasard quand j'ai remarqué que vous aviez mis un lien vers mon site ! (dictionnaire-japonais.fr) ^_^
仏検1級は難しそうですね。私には出来るのかな...
【2005/12/13 06:10】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
すみません勝手にリンクして。このブログで私はフランス語を書けない喋れない「キャラ」で通したいので日本語で書かせていただきます。

GCさんって在仏日本人の方、それともフランス人の方どちらでしょう。いずれにせよ役立つ辞書をお作りになって評判ですよ。

>仏検1級は難しそうですね。私には出来るのかな...
私も日本語検定1級受かるかわかりません。
【2005/12/13 19:00】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


>すみません勝手にリンクして。
いえいえ、それは嬉れしいことですよ。

>GCさんって在仏日本人の方、それともフランス人の方どちらでしょう。
フランスに住んでいるフランス人です。

>いずれにせよ役立つ辞書をお作りになって評判ですよ。
本当ですすか。すばらしいですねそういう評判ができらら。

>私も日本語検定1級受かるかわかりません。
日本人にも難しいでしょうね。

フランス語はどのぐらい勉強しているのですか。
【2005/12/14 03:51】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
>フランス語はどのぐらい勉強しているのですか。
このブログをご覧の通りのレベルですから高が知れています(笑)。

さすがに日仏辞典を主宰されているだけにGCさんの日本語の言い回しは自然ですね。
日本に住まれたことがあるのですか。

あとGCさんがブログを立ち上げられると人気が出ると思いますよ。色々質問攻めに会うかもしれませんが(笑)。私も色々とお聞きしたいことがあるので是非ご検討願います。
【2005/12/14 06:22】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


>さすがに日仏辞典を主宰されているだけにGCさんの日本語の言い回しは自然ですね。
日本に住まれたことがあるのですか。

住んだことがありますね。一年間ぐらい。それは随分前のことなので、日本語をどんどん忘れてしまいます。来年日本語能力試験の2級を受けてみたいと思いますが、これからちゃんと勉強しないと。

>あとGCさんがブログを立ち上げられると人気が出ると思いますよ。色々質問攻めに会うかもしれませんが(笑)。

ブログを作っても、自分の人生がくだらないので、意味ないと思います…

>私も色々とお聞きしたいことがあるので是非ご検討願います。

どうぞ、なんでも聞いてください。
【2005/12/14 07:04】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
>住んだことがありますね。一年間ぐらい。それは随分前のことなので、日本語をどんどん忘れてしまいます。
たった一年で会話をマスターされたのですね。しかも文字での表現もおできになる。日仏辞典は日本語を忘れないための備忘録みたいなものなのですか。それにしてもよくできています。あとどちらにいらしゃったのですか。

>来年日本語能力試験の2級を受けてみたいと思いますが、これからちゃんと勉強しないと。
GCさんだと1級でも可能だと思うのですが。

>ブログを作っても、自分の人生がくだらないので、意味ないと思います…
ご謙遜でしょうね。

>どうぞ、なんでも聞いてください。
そうですか。ではまず最初にお聞きしたいのは、GCさん実は日本人なのでは。あと語学がご専門ではないのですか。
【2005/12/15 06:40】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


>日仏辞典は日本語を忘れないための備忘録みたいなものなのですか。
それもありますね。でも、元々の作った理由は遊びとしてオンライン辞書を造ってみたかっただけです。

>GCさんだと1級でも可能だと思うのですが。
今のところは絶対無理です。漢字や文法を一層に勉強しなけれ受かるはずが全くあります。

>ご謙遜でしょうね。
そうかもね。

>GCさん実は日本人なのでは。
違います。

>あと語学がご専門ではないのですか。
それも違います。実は語学が苦手です・・・専門なら、絵を描くことと数学ですよ。小さい頃からずっと漫画家になりたかったのです。結局なりませんでした。でも、今はウェブデザイナーという仕事していますので、それで満足です。

ドラム小僧は仕事していますか。

うちも猫がいますよ(一匹)。悪戯猫です。写真はこちらにあります:
http://gc.world.free.fr/forum/viewtopic.php?highlight=chat&t=670
【2005/12/16 04:00】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
毎度コメントありがとうございます。GCさんとの文字による会話が日課となりつつあります。

>ドラム小僧は仕事していますか。
ええもちろん。プー(太郎)するほどの余裕などありませんよ。私は文系の大学出身ですが技術系の国家資格を2つ持っています。ある会社で主任技術者と営業を兼ねています。

>うちも猫がいますよ(一匹)。悪戯猫です。写真はこちらにあります
かわいいでございますね~。種類は何ですか。何ちゃん?


GCさんのサイトを見ると陣内智則がお好きみたいですね。割と最近ブレイクした人ですがどうやって知ったのでしょうか。ごく最近ではネゴシックス、摩邪、レイザーラモンHGなんかが人気があります。ネゴシックスは陣内に近いかもしれません。

あとちょっと教えていただきたいのですが。私の好きなフランス人のジャズドラマー(batteur)にBenjamin Henocqという人がいます。このHenocqってカタカナ表記だとどう書けばいいのでしょうか。
【2005/12/16 21:28】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


>漢字や文法を一層に勉強しなけれ受かるはずが全くあります。
「全くあります」でなくて、「全くありません」と書きたかったのです。すみませんでした。
【2005/12/17 03:21】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
日本語は最後まで読まないと肯定形なのか否定形なのかわからない言語(S-O-V型)ではあるのですが、話の流れで話者の言いたいことは大体推測できます。最近日本語をどう教えればいいのかということに興味があります。
【2005/12/17 07:16】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

ドラム小僧様へ
どうも、お久しぶりです。

>あとちょっと教えていただきたいのですが。私の好きなフランス人のジャズドラマー(batteur)にBenjamin Henocqという人がいます。このHenocqってカタカナ表記だとどう書けばいいのでしょうか。

そうですね。「バンジャマン・エノク」だと思います。

あのう、このブログのことですが、オレンジ色に白は読みにくいだと思わないでしょうか。

あと、質問していいのかな。実はですね、この次の意味はよく分かりませんが、説明して頂けないでしょうか:
「いいっぱなし」
「ドアを開けっ放し」なら分かりますが、「言いっ放し」っていったいどういうニュアンスでしょうかね。宜しくお願いします。
【2005/12/21 22:14】 URL | GC #- [ 編集]


>この次の意味はよく分かりませんが
また間違えてしまった。「この次の表現の意味はよく分かりませんが」と呼んでください。すみませんでした。
【2005/12/21 22:15】 URL | GC #- [ 編集]


>と呼んでください。すみませんでした。
「と読んでください」... ^_^
【2005/12/21 22:15】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
どうもどうも。お待ちしていました。

>「バンジャマン・エノク」だと思います。
私はゥノクだと思いました。エノクだとeにaccent-aiguが必要なのかなと。


>あのう、このブログのことですが、オレンジ色に白は読みにくいだと思わないでしょうか。
他の人からも言われたことがあります。でも私のパソコン画面では白地に黒の文字なんですよね。何でそうなるのかわかりません。

>「言いっ放し」っていったいどういうニュアンスでしょうかね。
「ドアを開けっ放し」に近いですが、それよりも嫌悪感を示す表現です。他に「売りっ放し」があります。例えば「あの人は言ったら言いっぱなしで何のフォローもしない」とか「あの会社は売ったら売りっ放しでクレームを全く受け付けない」という言い方で使います。要するに、自分のやりたことをやるだけで、他の人の反応や意見を全く受け入れない無責任な行動をする人に向けられた言葉、だと思います。

【2005/12/21 23:24】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


説明どうもありがとうございました。

今日新しいサイトを作り始めました。サイトというよりも、ツールですね。
こちらです:
http://www.dictionnaire-japonais.com/_outils/jpinput.html
これで、だれでも、どこのコンピュウタからでも日本語が書けます。まだまだ終わっていないのですが、平仮名、カタカタ、漢字も書けます。
詳しい使い方はこちらです:
http://gc.world.free.fr/forum/viewtopic.php?t=817
【2005/12/23 08:13】 URL | GC #- [ 編集]

GC様
また面白そうなツールを作られましたね。こちらもまた活用させていただきます。
【2005/12/25 17:32】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/97-46ce9c16

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。