海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
アメリカの未婚の母事情
                     California Cryobank

今日はル・プワン誌が伝えるアメリカの未婚の母レポートです。ル・プワンはフランスでは比較的保守派の雑誌として知られているようです。このレポートでは精子銀行に走る女性を少し皮肉っているように見えます。前にもご紹介したこの雑誌は問題の核心を抉る記事を載せますね。記事によるとフランスではアメリカほど人工授精が多くないようです。

デリケートな問題なのに頭でっかちな女性がアメリカには多いのでしょうか。でも確かに子供の生める期間は限られているので合理的な考えなのかもしれません。ところでこの人たちの平均年収が6万ドルって結構多いですよね。そういえばジョディー・フォスターが有名です。


女性欄
まず赤ちゃん、パパはそのあと

彼女らの多くが独身、高学歴あるいは30代であり、一番欲しいものを得ようと精子銀行に駆け込む。それは子供だ。その子の親は目録から選ばれる。

ニューヨーク特派員エマニュエル・サン=マルタン

その時クリスティ・ディは35歳になったばかりだった。「何年もかけて『ふさわしい人』を探してきましたが見つけることはできませんでした。もう赤ちゃんが授かれないなんて考えられませんでした。未婚の母でいいやと思いました。」そうしてクリスティはアメリカで毎年約10万人の女性がしていることを始めた。彼女は自分の幸せのために精子を購入したのだ。内分泌医の薦めに従い、彼女は全米最大級の精子銀行フェアファクス・クリオバンクのホームページにアクセスした。入手可能な精子ドナー目録閲覧し購入し始めた。ドナーは匿名だが名前以外の詳細は全て知ることができた。人種、宗教、目の色、髪の毛、背の高さ、3世代分の既往症、学歴等だ。彼女は何でも知ることができた。数ドルちょっと出せば、ドナーが3歳の時の写真を見ることができた。その写真を友人、母親、はては女主人にまで見せる。この身内全員は結局クリスティ自自身が幸せを選ぶことを勧めた。「そういうこと全てが結構楽しかったわ。」とクリスティが話す。その後彼女はつらい思いをした。妊娠するまで22回もテストを繰り返す必要があった。それでも23回目のテストで成功し、9ヶ月後にはクロエが誕生、現在2歳半になった。

ほんの10年前であればクリスティは草分けとして見られたことだろう。公式な統計がないものの、こういったことを全て見ると未婚の母を選んだ女性の数がアメリカで増えているのは一目瞭然だ。独身で高学歴の30代の女性からたくさん子供が生まれつつある。もっと若くて社会的身分が低い独身女性に比べ、彼女らは妊娠を決意しただけの余裕がある。とりわけ精子銀行は子供に恵まれない夫婦や同性愛カップルが駆け込むところだったが、今や「この新しい市場」に狙いを定めている。世界最大のカリフォルニア・クリオバンクでは、来客者に占める独身女性の割合は15年で10パーセントから15パーセントに推移している。もうひとつ驚くべき成果としてインターネットによるものがあり、自宅で自分の子の親を選び、選んだ精子を宅配してもらい、自分で受精できることがあげられる。精子銀行や「オプション」にもよるが、1回にかかる費用は締めて150から600ドルになる。しかしそれは一般に支出のほんの一部に過ぎない。年齢が原因で受精に問題があるため、たいていは事が簡単には出費も著しく増えていく。

フランスと異なりアメリカでは夫婦が頻繁に人工授精を試みる。独身女性にとって、精子という授かり物は養子縁組よりも至極簡単な解決策としてとらえられている。といのも養子縁組は大抵の場合同性愛カップルよりも独身女性の方が今もなお門戸が閉ざされているからだ。ここ3年で数が2倍に増えたシングル・マザーズ・バイ・チョイス会員のうち75パーセントが、妊娠する夢を実現するために精子を授かるのだと認識している。25年前にこの協会を設立したジェーン・マテスは「この選択が今や社会でこれほどまで多く認識されるようになったのです」と評価する。「同性愛者の親」については新聞で扱われる一方、片親についてはあまり取り扱われない。離婚が増えるにつれ片親家庭もまた増えてきた。「とりわけこういった現象は社会的にも余裕のある層で見られます。女手一つで子供を育てるだけの力が彼女らにはあり安心できます。」と2児の独身ママで手引き(Choosingmotherhood.com参照)の著者でもあるミッキ・モリセット氏は分析する。同氏の調査によると、「未婚の母を選んだ女性」の平均年収は6万ドルだそうだ。

「買い物リスト」。「変革は地味ですが確実に進んでいます。」とマサチューセッツ市立ウェレズリー大学社会学者でこの問題に関する本(『赤ちゃんが二人を作る』)が近々出版される著者ロザンナ・ハーツが断言する。「これらの女性は妊娠と愛情ある性生活との間にあるギャップを感じています。彼女らの多くは、たいてい愛情ある生活を犠牲にしてでも仕事に全力を注いできました。しかしついには妊娠したいという思いが彼女らを捕らえるのです。40代に近づくと夫よりも赤ちゃんの方が欲しくなります。」レイナ・レイターがそれに気づいたのはちょうど40歳の時だった。「私の親友がちょうど妊娠したばかりでした。私もママにならなきゃと思いました。」今度はドナー目録から欲しいものを選んだ。ユダヤ人である彼女が夫を探す際宗教を重要なポイントにしていた。しかし結局カトリック信者のドナーを選んだ。「目録にはユダヤ人は少ないし大柄の人がよかったから(小柄な家系のため)。」「うまくいったでしょ。」今日2歳半になるジャックのふさふさしたブロンドを撫でながらそう付け加える。

「こういう風にドナーを選ぶ時っておかしな話ですが本当はまっちゃいます。できるだけ全ての条件が揃った魅力ある人を探している自分に気づきますよ。」と話すのはエレン・スリグスビー36歳マサチューセッツ在住のジャーナリストだ。彼女が選んだ男性は大柄でもなく肌は浅黒くて(「同じように子供も日焼けすることでしょう」)スポーツマンタイプで(「私自身全く苦手なもので」)当然極めて健康だ。なぜだか多くの精子銀行が提供している博士号サービスを彼女は申し込まなかった。そのサービスとはオプション料金でドナーが博士号取得者か博士課程の学生かが保証されるものだ。精子銀行もあの手この手で考え、沢山の質問に対する録音された口頭回答を聞いたり筆記回答を読んだりできるサービスを提供している。その質問の中には「子供時代で一番の思い出は。」「今までで出会った一番おかしなことって。」などがある。  

社会学者ロザンナ・ハーツは、彼女が呼ぶところの「買い物リスト」には「未婚の母親が安心できるノウハウ」があり、そのため彼女らは父親がいなくても子供を生む心の準備ができると見ている。というのも父親のいない家庭を築いてもそれを否定されては、独身の彼女らにはとても厄介なこととなるからだ。彼女らが優れた著書を読んだことがあるものだから、全員が自信を持ってこう口を揃える。「「子供は父親がいなくても立派に成長するわ。周りに父親役を演じる男性がいればね。」その男性とはお爺さん、おじさん、ママの友だちを指している。しかしそれだけではない。未婚の母が未婚のままでいる必要はないからだ。たとえばクリスティに関しては、クロエを生んだ数ヵ月後には大分前に出会ったことのある男性を探しあてた。ミッキ・モリセットは人工授精で2人目の子供を妊娠中にその後夫になる男性と出会っていた。こういったことは何も珍しいことではなさそうだ。ミッキがかいつまんで言う。「生理を気にしながらの性生活なんてとんでもないことです。赤ちゃんを授かったら自由の身です。」まず赤ちゃんを作って父親を探しなさい。

Femmes
Un bébé d'abord, le père ensuite

Pour la plupart, elles sont seules, diplômées et trentenaires, et s'adressent aux banques de sperme pour acquérir ce qui leur manque le plus : un enfant. Dont le géniteur est choisi sur catalogue.

De notre envoyé spécial à New York Emmanuel Saint-Martin

Kristy Day venait d'avoir 35 ans. « J'avais passé les dernières années à chercher "Mr Right" [le bon], sans jamais le trouver. L'idée que je n'aurais pas de bébé était simplement inacceptable. J'ai décidé que j'en aurais un toute seule. » Kristy a donc fait ce que des dizaines de milliers d'Américaines font désormais chaque année, elle s'est acheté le sperme qui manquait à son bonheur. Sur les conseils de son endocrinologue, elle s'est connectée sur le site Internet de Fairfax Cryobank, une des plus grandes banques de sperme du pays, et a commencé son marché dans le catalogue de donneurs disponibles. Ils sont anonymes, mais leur nom est bien le seul détail qui manquait à Kristy. Race, religion, couleur des yeux, des cheveux, taille, histoire médicale sur trois générations, diplômes... elle savait tout. Pour quelques dollars de plus, elle a même pu voir des photos des donneurs à l'âge de 3 ans, qu'elle a montrées à ses amies, à sa mère et même à sa patronne. Tout ce petit monde a fini par porter son choix sur l'heureux élu. « Tout cela était plutôt amusant », dit Kristy. La suite fut plus pénible : en butte à des problèmes de fertilité, elle dut s'y prendre à 22 reprises avant de parvenir à être enceinte. Mais son 23e test fut positif et neuf mois plus tard naquit Chloe, qui a aujourd'hui 2 ans et demi.

Il y a seulement dix ans, Kristy aurait fait figure de pionnière. Si aucune statistique officielle n'existe, tout montre que le nombre de mères célibataires qui ont choisi de l'être est en nette augmentation aux Etats-Unis. De plus en plus d'enfants naissent de femmes seules diplômées et trentenaires, plus susceptibles d'avoir choisi leur grossesse que les mères seules plus jeunes et de niveau social moins élevé. Surtout, les banques de sperme, qui s'adressaient autrefois principalement aux couples stériles puis aux couples homosexuels, se tournent vers ce « nouveau marché ». Chez California Cryobank, l'une des plus importantes au monde, la proportion de femmes célibataires dans la clientèle est par exemple passée de 10 à 50 % en quinze ans. C'est un autre miracle de l'Internet : on peut choisir le géniteur de son enfant sans quitter son salon, se faire envoyer le sperme ainsi sélectionné directement à domicile et pratiquer soi-même l'insémination. Chaque dose coûte au final entre 150 et 600 dollars, selon les banques et les « options » choisies. Mais ce n'est en général qu'une fraction des dépenses : les problèmes de fertilité, dus à l'âge, viennent souvent compliquer les choses et augmenter considérablement la facture.

Les Etats-Unis, contrairement à la France, ne réservent pas l'insémination artificielle aux couples. Pour les femmes vivant seules, le don de sperme est même une solution beaucoup plus simple que l'adoption, qui leur est souvent fermée plus encore qu'aux couples homosexuels. Parmi les membres de Single Mothers by Choice (Mères célibataires par choix), dont le nombre a doublé ces trois dernières années, 75 % ont recouru à un don de sperme pour accomplir leur rêve de maternité. Jane Mattes, qui a créé l'association il y a vingt-cinq ans, mesure « combien ce choix est devenu aujourd'hui socialement acceptable ». Alors que l'« homoparentalité » s'étale dans tous les journaux, la « monoparentalité » s'y fait plus discrète. La multiplication des divorces a diffusé le modèle du foyer monoparental. « Surtout, ce phénomène concerne des classes sociales aisées, ce qui rassure sur la capacité de ces femmes à élever leurs enfants seules », analyse Mikki Morrissette, mère célibataire de deux enfants et auteur d'un guide (cf. Choosingmotherhood.com). D'après son enquête, le revenu moyen des « mères célibataires par choix » est de 60 000 dollars par an.

La « liste des courses ». « La révolution est discrète, mais c'en est bien une », assure Rosanna Hertz, sociologue à Wellesley College, dans le Massachusetts, et auteur d'un livre à paraître prochainement sur la question (« When Baby Makes Two »). « Ces femmes prouvent que maternité d'un côté et vie sexuelle et sentimentale de l'autre sont déconnectées. Beaucoup de ces femmes se sont consacrées à leur vie professionnelle, souvent au détriment de leur vie sentimentale. Mais le désir de maternité finit par les rattraper : quand la quarantaine approche, le bébé leur manque plus que le mari. » Rayna Leiter avait exactement 40 ans quand elle s'en est aperçu. « Ma meilleure amie venait d'accoucher, j'ai su qu'il fallait moi aussi que je sois mère. » A son tour, elle a fait son choix dans le catalogue de donneurs. Elle qui est juive et qui, lorsqu'elle cherchait un mari, faisait de la religion un critère important, a finalement sélectionné un donneur catholique : « Il y avait peu de juifs dans le catalogue et je voulais un grand (on est petits dans la famille). » « J'ai bien choisi, non ? » lance-t-elle encore en ébouriffant la crinière blonde de Jack, qui a aujourd'hui 2 ans et demi.

« Cette sélection du donneur est un truc vraiment bizarre. Vous vous retrouvez en train de chercher un type séduisant, avec toutes les qualités possibles », dit Ellen Sligsby, 36 ans, journaliste dans le Massachusetts. Celui qu'elle a sélectionné n'est pas trop grand, a la peau foncée (« comme ça l'enfant pourra bronzer »), des qualités de sportif (« parce que moi je n'en ai aucune ») et, évidemment, une santé de fer. En revanche, elle n'a pas souscrit au service « doctorants » offert par certaines banques qui, moyennant une surprime, garantit un géniteur « docteur ou étudiant en doctorat ». Les établissements, qui ont pensé à tout, offrent également la possibilité d'écouter un enregistrement audio du donneur ou de lire une dissertation répondant à des questions comme : « Quel est votre meilleur souvenir d'enfance ? » ou « Que vous est-il arrivé de plus drôle dans votre vie ? »

Dans ce qu'elle appelle cette « liste des courses », la sociologue Rosanna Hertz voit « une manière pour ces mères de se rassurer », alors qu'elles s'apprêtent à mettre au monde un enfant sans père (cf. encadré). Car cette absence, programmée sinon voulue, est la grande affaire de ces mères célibataires. Puisqu'elles ont lu les bons auteurs, toutes répètent, confiantes, qu'« un enfant peut très bien vivre sans père s'il a dans son entourage un homme qui incarne la figure paternelle » : un grand-père, un oncle, un ami de maman. Mais pas seulement, car la mère célibataire n'est pas condamnée à le rester. Ainsi Kristy a-t-elle trouvé l'homme qu'elle avait si longtemps cherché quelques mois après avoir donné naissance à Chloe. Mikki Morrissette était, elle, enceinte de son deuxième enfant conçu par insémination artificielle quand elle a rencontré celui qui est depuis devenu son mari. La chose n'est, semble-t-il, pas rare : « Vivre sa vie sentimentale l'oeil sur l'horloge biologique est une recette pour l'échec, résume Mikki. Quand la question du bébé est réglée, vous êtes libérée. » Faites le bébé d'abord, vous trouverez le père ensuite
スポンサーサイト
【2005/12/06 23:26】 社会面 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10) |
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/12/07 17:54】 | # [ 編集]


quoi,moi,soi,foisをクワ、ムワ(トワ・エ・モワがありますが)、スワ、フワと言う方がよいかなと個人的には思います。日本語でコワと発音するとコは[o]の発音が入るからです。桑もクワと表記しますがこれは完全にクは[u]という母音が入っています。しかしご存知か知りませんが「おれたちひょうきん族」で明石家さんまが扮したブラックデビルが叫ぶ「クワ」はクがほとんど[u]を含まない子音で発音されます。例えばこの「されます」の最後の「す」は母音がほとんどありません。薬屋の「く」もほとんど母音を含まないと石井晴一さんのNHKラジオフランス講座で聞いたことがあります。よく外国人がたどたどしい日本語で話すのも、日本人が無意識で子音化しているものをも、母音を入れて発音するからだと推測します。この辺りについては日本語教育ガイドブックの類の発音指導の部分に詳しく載っているのでご覧下さい。よって私が「プワン」としたのもブラックデビル的な意味での「クワ」の「ク」と同じく[u]がほとんど入っていないプを意識して利用した次第です。

フランスでは人工授精が禁止なのかなとアップする前にサイトや本で調べました。私の嫌いな岩波新書の「フランス家族事情」には、代理母は禁止とありますが、人工授精が禁止とは見当たりませんでした。この本には「フランスはアメリカに次ぐ人工生殖の先進国」と書かれています。下のサイトにフランスではセコスというバンクが一元管理をしているそうです。http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/OJ1-1/nishimura.html
そういえば最近フランスで養子縁組が盛んだという記事を何度か読んだことがあります。

本題に移ると、男性である私からするとこの記事に登場する女性たちは自己中心的なところがあってあまり快いとは思えません。子供がこういったことを後で合理的に納得したとしたら逆に末恐ろしいなと思います。取りあえずできのよい人の遺伝子で子供を作り、その後は別の居心地のいい人と結婚する。天才の子供が必ずしも天才ではないと歴史が証明しているのに、イデオロギーにとりつかれた人は一つの考えに固執します。秀才に多い頭でっかちなビヘイバーだと思います。

問題ないと思われますので今後忌憚ないご意見は公開にてお願い申し上げます。
【2005/12/07 23:09】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


大変親切な解答ありがとうございました。
まず、「プワン」と「ポワン」についてですが、コメント投稿の前に何人かのフランス人に聞いてみたところ、全員が「絶対にポワンの方がフランス語の発音に近い」と断言していました。現在日本で流行のフの発音がどういうものであるにしろ、「poi」を「プワ」と表記するのには、いささか無理があると思います。又、調べてみたところ、現在日本で「Le point」は、「ル ポワン誌」とカタカナ表記されているようです。どうしても、「「ル プワン」と表記したいのなら、「Le point」と併記しないと、読者の誤解を招く可能性もあると思います。

それから、人工授精に関する件ですが、調べたところ、やはりフランスでは、独身女性の人工授精は禁止されているようです。気になったので、Google で検索してみたところ、次のような記述が見つかりました。
7- Procréation Médicalement Assistée (PMA) :
Les lois de bioéthique de juillet 1994 encadrent strictement la pratique de la PMA : Elle n'est autorisée, de facon clairement discriminatoire, qu'aux couples hétérosexuels vivants en couple depuis au moins deux ans au moment de la tentative et en âge de procréer.
以上は、
http://blogs.aol.fr/cfanfan83/Atoimonamour/entries/419 にあった記事です。
【2005/12/08 23:31】 URL | lemon.fr #SMThlAj2 [ 編集]

lemon.fr 様
別にこだわってはいませんが、日本の仏和辞典の発音の日本語表記ではpointをプワンと書かれています。フランス人の方にどう発音されたかを聞いていないので何とも言えません。ただ言えることは、このブログの読者でフランス語がわかる人はル・プワンと言おうがル・ポワンと言おうがLe Pointのことだとおわかりでしょうし、フランス語がわからない人にル・ポワンと書いてLe Pointを併記しても、何でワンって発音するの、って思うだけで私にはどうでもいい問題です。ヌーヴェル・オプセルヴァテールはどう表記すればよいのでしょうか。また一字が違うだけで大問題になりえるのでしょうか。どういう誤解を生むのかわかりません。私の拙い文章が誤解を生むとおっしゃるのなら話は別ですが。意地になって問題にするほどのことではないと思いますよ。
【2005/12/08 23:53】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


日本の仏和辞典の発音の日本語表記ではpointをプワンと書かれているとは知りませんでした。それなら、おっしゃる通り意地になって問題にするほどのことではないと思います。
【2005/12/09 01:37】 URL | lemon.fr #SMThlAj2 [ 編集]


プワンではなんのことやらわかりません。ネイティブのひとには通じない発音でフランス語を話しているのですね。海外に行きたくないと発言していたので関係ないのかもしれませんが、センスありませんね。

前からお尋ねしたいと思っていましたが、あなたのおっしゃる「語学力」、そして「コメント力」とは一体なんでしょう?

せっかくコメントしてくれた方を不愉快にしていることにお気づきではないのですか?

あなたがしている他の方のブログでのコメントをみて、アダルトサイトのコメント以下だと思ったことがあります。この機会に考えてください。
【2005/12/09 21:29】 URL | hirom #- [ 編集]

hirom様
かなりご立腹のようですね。できればURLを残してください。最初にmelonさんから管理人のみ閲覧コメントできていたので、同じようにmelonさんのブログで管理人のみ閲覧コメントで答えればよかったのでしょうが、たとえ私が間違ったことを言ったとしても公開した方がよいと思いそうしました。こそこそするより堂々とした方がよいでしょうし、melonさんも賛同してくださいました。そこらへんのことはご理解願います。

melonさんが日本語の辞書の発音表記にプワンとあるとわかると納得されたのですからそれでいいではないですか。蒸し返す必要はないと思います。hiromさんはセンスがおありなのですね。

私は自分に語学力があるとは言ったことはないですしまだまだ足りないことはこのブログでも書いているとおりです。コメント力については、齋藤さんの説と私の教師だった人のアドバイスをご紹介したものです。実際多く話す傾向があるので少なく簡潔にした方がよい、と自省を込めた記事です。hiromさんのようにご批判される方もいますが、役に立ったとおっしゃる方もなかにはいますので、ご自身のお考え方がすべてではないと思います。

アダルトサイトのコメント以下だとおっしゃっていますが、hiromさんのコメントも負けず劣らず上品ではないように思います。お言葉ですが、URLぐらい残して批判する覚悟もなければ今後コメントなさらないよう切に願います。できないようであれば今後コメントされても全て削除することご了承願います。

あと何で怒ってらっしゃるのかご自分で整理された方がよいかと思います。この記事の内容自体に怒りを感じているのであればそのものズバリに切り込むのは構いません。瑣末なことで他人の足を引っ張ったつもりでしょうがケツの穴の小ささを物語るだけです。URLも残さないのでhiromさんの素晴らしいブログも見ることができません。もう一つ誤解のないように言っておきますが、私はmelonさんのブログをリンクしまた彼女の並々ならぬ読書力を尊敬している者です。割って入ってきてちゃちゃを入れるのはもうやめてください。

追伸:警告しておきますがFC2ブログのアナライザーで貴女のホストはわかります。118.114.44.61.fbb.aol.co.jp
貴女のブログらしきもののも発見しました。http://skeethie.air-nifty.com/la_vie_quotidienne/他の人のブログからリンクしてきてわかりにくくしていますね。言えることは他人のことをとやかく言う暇があったらもっと勉強しろということです。まだ初級ではないですか。遊んでばかりいては上達しませんよ。貴女もフランス語学習者として何か記事を全訳するくらいの前向きなことをやってみればいいのではないですか。もちろん非難は覚悟で。ご自身に迷いや行き詰まりがあるからと言って他人に当たるのは子供のすることです。2度とうろうろしないように。卑怯者の相手をする暇はありません。
【2005/12/09 22:05】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]

lemon.fr 様
貴ブログでコメントしましたのでご覧下さい。
【2005/12/10 00:46】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


ドラム小僧様
連日の記事の翻訳、大変な勉強量で頭が下がります。
ところで、大変興味深いこの記事の最後の部分- Vivre sa vie sentimentale l'oeil sur l'horloge biologique est une recette pour l'échec, ~. »
-ですが、「生理を気にしながらの性生活なんてとんでもないことです」とありますが、
私は la vie sentimental は la vie sexuelle, la vie charnelle との比で 恋愛に関する生活だと思うのですが。
l'horloge biologique は体内時計ということですから、女性の子供が産める年齢のことを言っているのではないかと思います。
私は「体内時計を気にしながら恋愛していると人生失敗する」
ととりました。細かい綴りなどはどうでもよいですが、
ドラム小僧さんの激しい訳を、同じ女性として又、Mikkiさんの為にも見過ごし出来なくて、迷いましたが敢えて勇気を持って、コメントさせて頂くことにしました。
「生理を気にしながら性生活は煩わしい。子供ができればSexは自由」ともとれますので、
この部分はあらためてちゃんとドラム小僧さんのご意見を伺い確認をとりたいと思います。


【2005/12/11 10:12】 URL | ウラン #- [ 編集]

ウラン様
私もここが一番迷ったところだったんです。いいところをつきますね。

ウランさんの意見を参考に近々修正させていただきます。

【2005/12/11 11:01】 URL | ドラム小僧 #ABp1BeuE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://urbanbay.blog17.fc2.com/tb.php/98-2dec28eb

PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 近況(08/22)
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (66)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。