海辺で気まま日記 改め 川辺で気まま日記
毎回気ままに綴ります。猫、仏・独・伊語、音楽全般、丹田呼吸など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
山口一郎、THOM BROWNE.を着る
          20131121_s02.jpg               org_3.jpg

サカナクションの山口一郎がTHOM BROWNE.のメガネをかけています。TB-011のべっ甲だと思われます。


【2013/12/06 22:38】 THOM BROWNE.を着る |
高橋幸宏、THOM BROWNE.を着る
                579183_553975408030613_1695629777_n.jpg

「GQ JAPAN」最新号掲載の「Tokyo Gentlemen ストリート・スナップ ファッションと車」で高橋幸宏がTHOM BROWNE.を着て登場。今季の星とボーダー柄のアイルランド製ニットです。高橋幸宏が着ているのを最近よく見かけます。私はこのニットをショップで確認しましたが、触った感じ、同じアイルランド製ならビンテージのフィッシャーマンの方がよいと思えたのはマイブームだからでしょうか。職人のレベルが今とは雲泥の差なのは触っただけでわかります。というわけで今季のトムはパスとなりそうです。


【2013/12/02 22:14】 THOM BROWNE.を着る |
中田英寿、THOM BROWNE.を着る
           img_no201401_cover.jpg

このシリーズで久々に中田英寿の登場。グレーのクラシックスーツで月刊誌「GOETHE」の表紙を飾ります。日本でTHOM BROWNE.の人気に拍車をかけた立役者と言って過言ではないでしょう。


【2013/11/29 22:38】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で熊谷闊歩
             DSCF2947.jpg

本日は用事があって埼玉県熊谷市まで行ってきました。東京を出る前は暖かかったのでインナーを着ずに出かけたところ、熊谷に着くと少し寒く感じました。東京に戻ると暖かく感じられ、温度差が少しであれその違いを思い知らされました。



【2013/11/17 19:20】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE. & BLACK FLEECEでつつじヶ丘~武蔵小山~高円寺闊歩
DSCF2942.jpgDSCF2944.jpg

本日の朝は寒かったですが、日中は暖かくなりました。最初はBLACK FLEECEのカシミアチルデンセーターを着ようかと思いましたが、それでは暑そうなのでTHOM BROWNE.のチルデンベストに着替えました。コートはBLAK FLEECEです。シャツ、ネクタイはTHOM BROWNE.でトラウザースはBLACK FLEECEのイタリア製でボタンフライです。シューズはBLACK FLEECEのオールデンでした。


【2013/11/16 22:51】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE.×BLACK FLEECEで保谷~品川~武蔵小山~丸の内闊歩
本日は台風が心配されましたが、午前に雨は降ったものの風はさほどでもなく、電車のダイアに大きな乱れもなかったです。普通の雨天といった程度で済んでよかったです。

             DSCF2907.jpg

デニムジャケット、デニムパンツ、シャツ、タイはTHOM BROWNE.を着て行きました。デニムジャケットはインディゴでサイズは1です。このインディゴはヘビーオンスのノンウォッシュドだったのでかなり縮みちんちくりんになりましたが、それがねらいだったのでしょう。インディゴのパンツも同様に小さくなり、日頃は0サイズの私もこのインディゴだけは1でないと小さすぎて着られません。今日のデニムパンツはグレーで、こちらはインディゴほど縮みはなく、多少小さめですが0がどうにかはけます。でBLACK FLEEECEはというと…

             DSCF2910.jpg

カーディガンです。クレイジパターンの素材はカシミア。今日みたいに少し寒い日は重宝します。やはり買える時に買っておいてよかったです。



【2013/10/26 23:18】 THOM BROWNE.を着る |
「Thom Browne」の発音のしかた
本当ですか、この発音。

     


【2013/10/16 22:13】 THOM BROWNE.を着る |
Samsoniteアタッシュケース
     DSCF2860.jpg

時々写真に出てくる上のアタッシュケースはTHOM BROWNE.のではなく、Samosonite創業100周年記念商品「サムソナイト・ブラックレーベル アタッシェ センティナリー」(インド製)です。THOM BROWNE.のものとは内装が異なるだけです。このアタッシュはPitti Uomoでのショーで有名になりました。以下見比べてください。

     DSCF2861.jpg
     samthom1.jpg

いずれも実用的ではありませんが。こちらの記事に「15.4インチノートPCを収納可能」とありますが、それは無理だと私は思います。

私は遅れてTHOM BROWNE.を買うようになったので、THOM BROWNE.どころかSamsoniteのアタッシュでさえ手に入れることができませんでした。ネットで地道に調べていたら、新宿の古着屋でSamsoniteがあるのを知り、すぐに現地で確認、即買しました。しかしそれほど高くなく、3万ぐらいだったと記憶しています。

先日オークションでこのアタッシュが入札されていて、その落札額を見て大変驚きました。数量限定販売だったので絶対数は少ないですが、マメにネットで検索していると出会いがあるかもしれませんのでお試しあれ。



【2013/10/14 22:59】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で麻布十番~六本木~千駄ヶ谷闊歩
             DSCF2842.jpg

東京は本日も真夏日、昨日よりも暑かったです。お決まりの格好ですが、あまりにも暑く袖をまくってしまいました。ショーツはまだまだはけそうなぐらいです。


【2013/10/12 22:06】 THOM BROWNE.を着る |
トム・ブラウン、香港を行く
早くからTHOM BROWNE.を扱っていたセレクトショップが香港にあります。トム・ブラウンが今回の秋冬のプロモーションのため香港を訪れたのはJoyceというショップ。現地巡りをし、靴磨き、散髪などを経験します。出張先に赴くと必ずするジョギングはないようです。そしてJoyceの店内が紹介されますが、出資者のいる日本よりも豪華な店構えを感じさせます。コレクションにあった動くトンカチまで設置されています。

     



【2013/10/09 22:28】 THOM BROWNE.を着る |
石丸幹二、THOM BROWNE.を着る
     

ドラマ「半沢直樹」で浅野支店長を演じた石丸幹二が、本日都内で主演ミュージカル「モンテ・クリスト伯」の製作発表会見に出席、THOM BROWNE.のスーツで登場しました。袖、裾ともに通常のTHOM BROWNE.のスーツよりも長めであることから、リースの可能性があります。

※スタッフのtwitterによると全身THOM BROWNE.とのこと



【2013/09/30 22:34】 THOM BROWNE.を着る |
トム・ブラウン流自動車デザイン
日産の上位機種、インフィニティ・Q50の2014年版デザインを ザック・ポーゼンとトム・ブラウンの二人のファッション・デザイナーが手掛けます。普段車に乗らない私もこれなら乗る気にかもです。

     



【2013/09/30 20:23】 THOM BROWNE.を着る |
松島花、THOM BROWNE.を着る
            oggi.jpg

といってもスタイリストがTHOM BROWNE.を選んだのでしょうが。月刊誌「Oggi」の11月号で、10月号から表紙を飾るようになった松島花がTHOM BROWNE.のカーディガンを着て登場。シャツもそうでしょうか。THOM BROWNE.に興味のある男性がこれを見て反応することはあっても、レディースでTHOM BROWNE.が普及するのは、あまりにもトラッドか突飛かのいずれかのデザインだし、メンズと違ってトレンドの移り変わりが激しく、定番というのが成り立ちにくいので端から見ても困難だろうなと思います。



【2013/09/29 21:21】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で保谷~新宿~原宿~渋谷闊歩
             DSCF2786.jpg

本日も快晴、涼しかったのでジャケットを着て出かけました。しかし夕方には湿度が高く、ジャケットでは蒸し暑く感じられました。紺ブレにデニムって80年代に流行ったスタイルですね。タイは今シーズンのものです。



【2013/09/29 21:09】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で表参道~武蔵小山~新宿闊歩
            DSCF2781.jpg

本日は涼しい気候だったので久々にデニムジャケットを着て出かけました。噂ではもうデニム商品は作らないと聞きますが、はたして。普段はサイズ0を着る私ですが、このデニム生地はノンウォッシュドのヘビーオンスで洗うとちっちゃくなるのでサイズ1を選びました。それでも着丈や袖丈は短くなっています。チノパンはクロスカンパニーが支援しだした頃のもので以前から登場しています。シャツはJOUNAL STANDARDがTHOM BROWNE.を打ち切りを決めた最後のセールか何かで買ったものです。いずれも数年前のものばかりですが、まだまだ着られそうです。


【2013/09/28 20:46】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE.のソールが特別滑るとは思わない
     DSCF2776.jpg

THOM BROWNE.のシューズが滑りやすく、ソールに滑り止めを張ったりする人がいるとかつて聞いたことがあり、へーと思っていました。実際にTHOM BROWNE.のシューズを買ったまま履いてかなり経ちますが、私は今まで一度も滑ったことがありません。金具があるからという意見もあるようですが、はたしてそうでしょうか。

他のメーカーのレザーソールもTHOM BROWNE.と比べ大きく異なるところはない気がします。考えられるのは、THOM BROWNE.のソールではなく、そもそもレザーソールが苦手なだけではないかと。とりわけ日本人は摺り足の人が多いので、そこらへんが原因かもしれません。私としては他の靴同様に、レザーソールは滑り止めなしに履き続けたいと考えます。



【2013/09/26 23:15】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で渋谷闊歩
             DSCF2764.jpg

本日の夕方以降は涼しくなりそうなので、今シーズンはじめてTHOM BROWNE.のカシミアカーディガンを着て出かけました。先日丸の内で着たものにカーディガンを加えただけなのですが。写真はBunkamura地下1階のブックショップ ナディッフモダンの前で撮ったものです。本日Bunkamuraといえばそう、あの人のライブに行ってきました。


【2013/09/23 21:14】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で飯田橋闊歩
            DSCF2761.jpg

本日はベーシックなコーディネートで飯田橋に出かけました。上下とも何度も当ブログでご紹介したポロとデニムです。飯田橋で何が、と思われますでしょう。欧明社本店と東京日仏学院に向かったのです。今回知ったのですが、今では東京日仏学院とは言わないそうです。それについては次の記事で。


【2013/09/21 21:54】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE, AMERICA'S MOST PROVOCATIVE DESIGNER
          scene-fashiontography-browne-14.jpg

アメリカでもっとも挑発的なデザイナー、トム・ブラウンと題する表紙です。茨の冠をかぶっていますが、聖書の「キリストは、私たちのためにのろいとなって、私たちを律法ののろいから贖(あがな)い出してくださった」(ガラ3:13)ほどではないとしても、異端児であるという意味なのでしょう。

細かい話ですがこの写真を見ると、ネクタイがハイゲージのニットタイで色は黒に見えます。黒だとしたらきわめて珍しい組み合わせです。やはりニットタイでないとこれほどノットを小さくできるわけがありません。

最近トム・ブラウンの紹介をコンパクトにまとめた動画がアップされたので観てみましょう。1:28でのトム・ブラウンのノットは最近にしては大きく、おそらく素材はウールだと思われます。また、スーツと共地でなく、コントラストの強いダーク色にしているのはあまりないことかもしれません。それとあれだけ支援しているのに、クロスカンパニーの「ク」の字も出てこないんですね。

     


【2013/09/17 00:14】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で表参道、池袋闊歩
             DSCF2751.jpg

本日午前は台風であったにもかかわらず、近所で卓球をして過ごしました。昼に終了した頃には台風は多少風があったものの雨はなく収まったものだと思ったほどです。夕方には台風一過だろうと思い、遅い時刻でしたが原宿・表参道と池袋に行ってきました。

写真のネクタイは今年春夏のものです。ショーツは最近ヘビロテのチノ。シャツは定番で、ジャケットはモヘア混の総裏です。



【2013/09/16 22:30】 THOM BROWNE.を着る |
トム・ブラウン流極端に小さいノット術
     12258819-essay.jpg

最近のトム・ブラウンを写真や動画で見ると、ネクタイのノットが以前に比べ極端に小さくなっていることに気づきます。同じように、THOM BROWNE.の店員の人もノットを小さくしているようです。私はウール地のネクタイでここまで小さくするのは破ってしまいそうで自信がなくいました。しかしトム・ブラウンの写真をよくよく見ると、ハイゲージのニットタイで仕上げているものもありました。そこで無地のニットタイを探すのですが意外とありません。THOM BROWNE.の店舗でグレー無地でシルク製のニットタイがあったのですが、今はどこにもないと言います。

     DSCF2730.jpg

どうにかこうにかして手に入れたのが写真のニットタイです。たしかにウール地よりも小さくしやすいようですが、私にはまだまだこの程度です。


【2013/09/08 19:55】 THOM BROWNE.を着る |
「ほぼ」全身THOM BROWNE.で丸の内闊歩
             DSCF2716.jpg

で今日丸の内に出かけた時のかっこう。夕方は雨が降るというのでTHOM BROWNE.のレザーソールのシューズではなくMARK McNAIRYのシューズにしました。タイクリップはビームスプラス、アタッシュケースはSamsoniteです。その後大雨に見舞われびしょ濡れになって帰ることとなりました。



【2013/09/08 19:17】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で保谷~東久留米~新宿闊歩
            DSCF2694.jpg

本日は西武池袋線の保谷、東久留米に寄った後に、副都心線にて新宿三丁目に降りて伊勢丹新宿店に行ってきました。写真は以前札幌で着た時とほぼ同じ格好です。実は今年春夏のチェックのキャップもかぶっています。

ところで写真のチェックのトラウザースですが、売り出された段階ですでに短く裾上げされ、ダブルも7㎝ときわめて幅広で仕上げられていました。今年の春夏はシアサッカーのセットアップパンツもこれと同じような作りだったようです。生地はSchool Uniform Twillというウールとポリエステルの混紡。これがほとんどシワにならない不思議な素材です。

     DSCF2695.jpg

THOM BROWNE.のトラウザースは基本ボタンフライなのでただでさえジップアップに慣れていると開閉が面倒ですが、このチェックのトラウザースはご覧の通り、左のスタンダードなものと逆の作りとなっています。左利きの人には良いかもしれませんが、右利きの者としては、トイレでの開け閉めに悪戦苦戦する始末です。



【2013/09/01 20:30】 THOM BROWNE.を着る |
続・高橋幸宏着用THOM BROWNE.カーディガン、トリコロールが逆では?
                o0300030012662482321.jpg

先日話題にした高橋幸宏着用THOM BROWNE.カーディガンについての続きです。今書店に並んでいる「GQ JAPAN」10月号の「高橋幸宏の何気ないある日」に偶然にも件のカーディガンについて書かれています。これはアルバム「LIFE ANEW」のプロモで着ていたものと同じだと思われます。以下同誌からの引用です。

            DSCF2687.jpg

「3本のラインのほうが8年くらい前のもので、4本ラインが今年のもの。ラインの数が違う以外は基本的にまったく同じ形ですが、色違いをいくつか買いました」

おそらく8年前ではなく、前回ご紹介した5年前のものだと思われます。8年前というと2005年ですから、まだトリコロールは使われていないはずです。


【2013/08/31 22:55】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で渋谷~武蔵小山闊歩
            DSCF2685.jpg

佐川急便の制服ではありません。THOM BROWNE.の昨年春夏のポロシャツ、今年春夏のショーツにウィングチップで出かけました。ちなみに佐川急便の制服は以下の通り。スリーブとカラーが真っ青だから違いますね。

                sagawayuni.jpg

昼間かなり暑かったのが、風もあってか涼しくなった夕方近くに出かけました。渋谷に用があり、帰りは武蔵小山の接骨院で施術を受けに。お盆明けからまったく休めず、ゆっくりと過ごすことができました。

     DSCF2686.jpg

そして前にお話しした武蔵小山のCDショップで大量にCDを購入しました。当ブログでご紹介した「エーゲ海」「パシフィック」「「シーサイド・ラバーズ」「ニューヨーク」そしてAB'Sのファーストです。またいつ廃盤となって高値がつくかわかったものではないですから。

では景気づけに1曲。以前「高橋幸宏ドラム名演集」でもご紹介した「エーゲ海」収録の細野晴臣作曲『レゲ・エーゲ・ウーマン』です。

     


【2013/08/31 22:33】 THOM BROWNE.を着る |
高橋幸宏着用THOM BROWNE.カーディガン、トリコロールが逆では?
         10666-body.jpg

ミュージック・マガジン8月号の高橋幸宏特集をあらためて読もうと手に取った時に、表紙の高橋幸宏が着用しているTHOM BROWNE.カーディガンのトリコロールのグログランテープが目に付き気になりました。

                 636-843-large.jpg

THOM BROWNE.のトリコロールは左から赤・白・青なのですが、表紙の絵はその逆の青・白・赤とになっているからです。THOM BROWNE.のトリコロールはフランスの三色旗との混同を避けるために、それとは逆にしているはずが、高橋幸宏のカーディガンは三色旗と同じです。

                     t02200264largejpg1372267446.jpg

おかしいなと思い、元になっている写真を確認すると、たしかに逆になっています。まさかニセモノを着るでもあるまいし。

              takahashi_yukihiro_327_02.jpg

高橋幸宏着用の他のTHOM BROWNE.のカーディガンを確認すると、赤・白・青となっていて問題ありません。

     321419_358299070937968_1907566395_n.jpg

問題のカーディガンはジャケットで隠れているので、その他の要素が確認できません。高橋幸宏がジャケットを脱いで、カーディガンでドラムをたたく写真がありました。これを確認すると左袖のラインが三本線です。

     img0210ol9.jpg
            img0212nm4.jpg

高橋幸宏着用のものとは色味が違いますが、同時期のものと思われるカーディガンの写真がありました。2008年ぐらいのもので、Made in Italyと書かれているようです。これと同じものを加藤和彦が着ていたのを思い出します。グログランは左から青・白・赤と高橋幸宏着用のものと同一です。

私が所有しているTHOM BROWNE.のカーディガンは三本線のグレーグログランです。おそらく高橋幸宏のカーディガンは過度期の2008年ぐらいに入手したカーディガンではないかと推測されます。つまり、イタリア製・カシミア素材・三本線・トリコロールグログランテープ(青・白・青)という、今では見られない貴重ななものかと。




【2013/08/18 00:16】 THOM BROWNE.を着る |
トム・ブラウン流ノーネクタイの着こなし
     481107_10151490787852461_1522438051_n.jpg

今から8年前の写真、トム・ブラウンが若いです。チェックのジャケットを着、シャツは第一ボタンを留め、ネクタイは着用しないといった珍しい取合せ。ノーネクタイのトム・ブラウンは今から見ると違和感があるほどです。


【2013/08/08 22:32】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE.用インナーソックスはユニクロで十分
2013_07270704070002.jpg

昨日の新宿闊歩の続きです。ビックロに寄ったことを書きましたが、そこで今回は写真のインナーソックス(ユニクロは「ベリーショートソックス」と呼称)を合計9足購入しました。以前「アンクルソックスはユニクロのローゲージリブショートソックス」という記事で、コスパの高い商品であることを書きました。まる2年使っていますが、いまだにボロくなることなく丈夫で長持ち。今回も同じく、トム・ブラウンスタイルであれこれで十分です。欲をいえば、前出のローゲージリブショートソックスもあればなおよいのになと思いますが、残念ながら廃番です。ちなみに、ローゲージリブショートもベリーショートも素材は東レ・オペロンテックスのライクラ(LYCRA)です。


【2013/07/28 18:12】 THOM BROWNE.を着る |
全身THOM BROWNE.で札幌闊歩
    2013_07110704070001.jpg

昨日と本日は札幌に出張していました。昨年の同じ時期に来たときは、暑いといってもカラッとしていた覚えがあり、今年もそうなんだろうと思って現地に向かいました。そして着いてみたら湿気が多くて蒸し暑かったです。おそらく飛行機の中で、毛穴が勝手な思いで乾燥モードになっていたのか、東京と変わらないかそれ以上の湿度に感じたほどです。とはいえ夕方は多少涼しくなりました。

夕方は涼しくなるからと、シャツは長袖にしました。昨年秋冬のもの。シューズ、ソックス、ショーツは今年の春夏。ショーツは先日青山を闊歩したときのと同じものです。

札幌のセレクトショップなどをのぞいてみましたが、かつてTHOM BROWNE.扱っていた店が扱わなくなったりするなど(バンドはあるが)、少々さびしい限りでした。

ところで札幌に行ってなかなかよいジンギスカンの店に出会えず、何となく狸小路7丁目アーケードをフラフラしていたら、生肉で食べられるマトンのジンギスカンが食べられるような看板が目につきました。一見にはなかなか入りづらくカウンターのみの「アルコ」という店です。思い切って入ることにし食べてみたら私好みの味で大変満足しました。かつて東京でカルニチンブームがあった頃に、「熱風ジンギスカンカルニチン堂」という今はなきジンギスカンの店があってよく通ったのですが、そこのによく似ていました。札幌の観光客相手のジンギスカンは肉をたれ漬けしているのが多くあまり関心していなかっただけに、札幌に出張した際はアルコに通おうと決めた次第です。


【2013/07/12 23:59】 THOM BROWNE.を着る |
THOM BROWNE.のシューズ、やはりサンダース製
BLACK FLEECEが製作工場をオープンにしているのに対し、THOM BROWNE.はクローズであることは知られています。今年になってTHOM BROWNE.のシューズが軒並みアメリカ本国並みの価格設定に安くなり(他のアイテムも同様)、イギリス製であの価格はあそこの工場しかないと一部に囁かれていました。そしてこのたび、こちらのサイトでオープンになりました。

     Thom-Browne-shoes-made-by-Sanders-600x449.jpg

Besides selling under their own brand, Sanders devise bespoke designs for Mark McNairy and for Thom Browne – roughly half their production finds its market in this way. During my tour of the factory I came across a batch of particularly nice long-wing brogues being made for Thom Browne. The pebble-grain shoes were distinguished by the addition of a (slightly frivolous) red, white and blue heel-pull ribbon. Some of Sanders’ own-brand shoes also sport such heel-pulls, but in a more sober Brigade of Guards colorway.

Cited from: Sanders Shoes Guide & Factory Tour — Gentleman's Gazette http://www.gentlemansgazette.com/sanders-shoes-guide-factory-tour/#ixzz2YSNuPKJX


やはりサンダースでした。スーツもそうですが、ブランド側は必死に工場を伏せるのに、工場が公開してしまうケースが多いですね。記事にもあるように、Mark McNairyのシューズも手がけています。このブランドのロングウィングチップシューズも私は所有していて、価格は定価でも42,000円ほど。セールで買ったので半額で入手できました。それを考えると、まだまだTHOM BROWNE.のシューズは高いといえます。個人的にはTHOM BROWNE.もMark McNairyも品質的には同レベルだと思うのですが。

ついでながらTHOM BROWNE.やMark McNairyではなく、サンダース・オリジナルシューズの製作現場の動画がありますので観てみましょう。



【2013/07/08 21:32】 THOM BROWNE.を着る |


PROFILE
ドラム小僧
  • Author:ドラム小僧
  • ようこそ!やっとBlogができるようになり楽しみです。
    今スコティッシュ・フォールド3匹と暮らしています。
    楽器はドラム。スポーツは自転車。
    語学は英・仏・独・伊(飛行機が怖いので海外に行ったことはありません)。
    音楽は近現代フランス音楽、フレンチジャズ、フレンチポップス、イタリアンポップス、ジャーマンロック、ブリティッシュポップス、テクノ。
    国内は坂本龍一、加藤和彦、大貫妙子、Phew等。
    好きなドラマーはMarco Minnemann(NHKラジオ講座ドイツ語テキスト投稿欄でも紹介)、高橋幸宏等。
    丹田呼吸を日々実践しています。
    以上のことを気ままに書こうと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
  • RSS1.0


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • スコティッシュフォールド三姉妹末っ子、ころちゃんが旅立ちました(01/16)
  • 今年聴いた音楽(12/31)
  • 日本語になったフランス語19(12/31)
  • フランス語のある音楽32(07/09)
  • JUSTIN TIMBERLAKE ”CAN'T STOP THE FEELING ”ライブ動画(06/17)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」(06/15)
  • 筒美京平の隠れた名曲集151(06/14)
  • 井上ヨシマサ「ジャムセッションが止まらない」@ROPPONGI C★LAPS(06/12)
  • THOM BROWNE.で免許更新(06/12)
  • 【告知】ブログ名が変わります。(05/09)
  • 井上ヨシマサ トークライブ@HMV shop 渋谷(04/10)
  • アーバン・ダンス30周年記念ライブ(03/12)
  • モーリス・ホワイト安らかに(02/05)
  • 三越伊勢丹冬のセール後ろ倒しとセールなし初売り3日に笑止千万(12/30)
  • 伊藤超短波のツインセラピーをゲット(12/24)
  • 森岡みま O HOLY NIGHT 2015(12/24)
  • 元祖THOM BROWNE.ともいえるデサント製adidasのウィンドブレーカー(12/23)
  • クリスマスツリー&三四朗クリスマスライブ @丸の内KITTEアトリウム(12/23)
  • 筒美京平の隠れた名曲集150(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集149(12/20)
  • 筒美京平の隠れた名曲集148(11/21)
  • 若宮三紗子、李暁霞を撃破(11/15)
  • 「高橋幸宏 & LOVE PSYCHEDELICO "Special Session" 」(10/17)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月27日 オンエアー曲(09/27)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月20日 オンエアー曲(09/20)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月13日 オンエアー曲(09/13)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年9月6日 オンエアー曲(09/06)
  • トム・ブラウン流めがねの着こなし(09/01)
  • 高橋幸宏ドラム名演集135(08/30)
  • 高橋幸宏「Everyday Music」2015年8月30日 オンエアー曲(08/30)


  • RECENT COMMENTS
  • ドラム小僧(12/10)
  • hyro(12/10)
  • ドラム小僧(12/06)
  • hyro(12/06)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/04)
  • ドラム小僧(12/04)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/03)
  • hyro(12/03)
  • ドラム小僧(12/02)
  • hyro(12/01)
  • hyro(12/01)
  • ドラム小僧(11/26)
  • 1818(11/26)
  • ドラム小僧(11/04)
  • hyro(11/04)
  • ドラム小僧(10/29)
  • 1818(10/29)
  • ドラム小僧(10/27)
  • ドラム小僧(10/27)
  • tdfpo1(10/26)
  • tdfpo1(10/26)
  • ドラム小僧(10/25)
  • tdfpo1(10/24)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/22)
  • 1818(10/22)
  • ドラム小僧(10/19)


  • RECENT TRACKBACKS
  • Secrets of the Beehive:Person To Person / Stronger Than Reason(06/05)
  • 私を生かすRipple:父親たちの星条旗 ~アメリカから見た硫黄島~(11/21)
  • Jazz&Drummer:ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会(08/24)
  • Jazz&Drummer:Benjamin Henocq(08/15)
  • Jazz&Drummer:Prysm/On Tour(輸入盤)(08/15)
  • Jazz&Drummer:Harvey Mason(08/10)
  • ヌーディスト・ライフ:ヌーディスト体験ブログ!パート2(05/31)
  • 私を生かすRipple:梅田望夫 【ウェブ進化論】(05/14)
  • プラウドシティ梅島 自治会:国家の品格(05/13)
  • Sugarのちょっとお寄りなさいよ:蛙の子はカイル:イーストウッドの初リーダー作(05/05)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Aldo Romano 『 JAZZPAR Quintet + 1 』(02/24)
  • Secrets of the Beehive:飯島真理   「ROSE」(02/01)
  • marikzioのn'importe quoi!:遂にヴェールを脱いだミレーヌ(02/01)
  • cinelog:『若き警官』@第11回カイエ・デュ・シネマ週間(01/31)
  • Transparence:2005-12-28(01/03)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(3)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(2)(12/25)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:Baptiste Trotignon 『 trotignon el-malek ~ 』(1)(12/25)
  • TOEICハイスコアラーの英語:▼ イングリッシュ・ウィズ・モーツァルト(12/23)
  • ネタ蔵:モーツァルトのネタ(12/11)
  • ネタ蔵:クラシックのネタ(12/11)
  • Jazz&Drummer:Mirko Signorile Synerjazz Trio/The Magic Circle(11/09)
  • ジョン万中国語:中国語を学ぶということ(11/05)
  • ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog:日替ランチ148(11/01)
  • BAR ZAZIE 酒とジャズと薔薇の日々:これは!!打ちのめされました!(僕のおすすめの一枚)(10/31)
  • 電車で轟(GO)!:116 West 238 St. / 百々徹(10/30)
  • Secrets of the Beehive:MARK ISHAM 「 Castalia 」(10/28)
  • Jazz&Drummer:Don Sebesky/Giant Box(10/15)
  • 雨の日にはJAZZを聴きながら:ムタン・リユニオン・カルテット 『 Something Like Now 』。(10/09)
  • Jazz&Drummer:Moutin Reunion Quartet/Something Leke Now(輸入盤)(10/09)


  • ARCHIVES
  • 2017年01月 (1)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年06月 (5)
  • 2016年05月 (1)
  • 2016年04月 (1)
  • 2016年03月 (1)
  • 2016年02月 (1)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (1)
  • 2015年09月 (5)
  • 2015年08月 (15)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (11)
  • 2015年04月 (5)
  • 2015年03月 (5)
  • 2015年02月 (4)
  • 2015年01月 (5)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (7)
  • 2014年09月 (7)
  • 2014年08月 (14)
  • 2014年07月 (11)
  • 2014年06月 (17)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (21)
  • 2014年03月 (20)
  • 2014年02月 (17)
  • 2014年01月 (19)
  • 2013年12月 (20)
  • 2013年11月 (30)
  • 2013年10月 (56)
  • 2013年09月 (43)
  • 2013年08月 (30)
  • 2013年07月 (27)
  • 2013年06月 (24)
  • 2013年05月 (39)
  • 2013年04月 (12)
  • 2013年03月 (22)
  • 2013年02月 (13)
  • 2013年01月 (29)
  • 2012年12月 (22)
  • 2012年11月 (25)
  • 2012年10月 (13)
  • 2012年09月 (21)
  • 2012年08月 (9)
  • 2012年07月 (20)
  • 2012年06月 (13)
  • 2012年05月 (11)
  • 2012年04月 (8)
  • 2012年03月 (11)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (15)
  • 2011年12月 (21)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (8)
  • 2011年09月 (17)
  • 2011年08月 (34)
  • 2011年07月 (40)
  • 2011年06月 (60)
  • 2011年05月 (19)
  • 2011年04月 (26)
  • 2011年03月 (19)
  • 2011年02月 (41)
  • 2011年01月 (26)
  • 2010年12月 (30)
  • 2010年11月 (14)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (24)
  • 2010年08月 (22)
  • 2010年07月 (10)
  • 2010年06月 (8)
  • 2010年05月 (23)
  • 2010年04月 (12)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (13)
  • 2010年01月 (37)
  • 2009年12月 (21)
  • 2009年11月 (17)
  • 2009年09月 (2)
  • 2009年07月 (6)
  • 2009年06月 (40)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (13)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年02月 (4)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (5)
  • 2007年11月 (3)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (1)
  • 2007年08月 (5)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (11)
  • 2007年05月 (11)
  • 2007年04月 (10)
  • 2007年03月 (4)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (8)
  • 2006年11月 (6)
  • 2006年10月 (1)
  • 2006年09月 (7)
  • 2006年08月 (15)
  • 2006年07月 (22)
  • 2006年06月 (10)
  • 2006年05月 (20)
  • 2006年04月 (15)
  • 2006年03月 (13)
  • 2006年02月 (11)
  • 2006年01月 (11)
  • 2005年12月 (15)
  • 2005年11月 (15)
  • 2005年10月 (19)
  • 2005年09月 (17)
  • 2005年08月 (30)
  • 2005年07月 (12)


  • CATEGORY
  • 高橋幸宏ドラム名演集 (138)
  • 高橋幸宏カヴァー曲と原曲比較 (7)
  • 高橋幸宏 Everyday Music (131)
  • 筒美京平の隠れた名曲集 (79)
  • 井上ヨシマサ小研究 (4)
  • 坂本龍一ドラム名演集 (8)
  • THOM BROWNE.を着る (178)
  • BLACK FLEECEを着る (33)
  • BAND OF OUTSIDERSを着る (37)
  • Psycho Bunnyスーツですが、何か (8)
  • フランス語のある音楽 (32)
  • 日本語になったフランス語 (18)
  • 当ブログアクセスサーチワードランキング (50)
  • ねこ (65)
  • ドラム (60)
  • 呼吸法 (2)
  • 卓球 (20)
  • 自転車 (1)
  • フランス語 (7)
  • 語学検定 (10)
  • 4ヶ国語比較 (3)
  • 社会面 (49)
  • ビジネス (9)
  • 文化面 (13)
  • マルチメディア (12)
  • 日本文化 (9)
  • 建築・土木・造園 (2)
  • ひと (44)
  • 研究シリーズ (2)
  • 本 (37)
  • 本屋 (2)
  • ショップ (14)
  • まち (17)
  • 映画・ドラマ (14)
  • 作曲家 (83)
  • アメリカン・ロック&ポップス (16)
  • イタリアン・ロック&ポップス (2)
  • オセアニアの音楽 (0)
  • ジャーマン・ロック (5)
  • ジャズ・フュージョン (64)
  • テクノ・エレポップ (19)
  • 日本の音楽 (132)
  • ブラコン・ソウル (21)
  • ブリティッシュロック・ポップス (17)
  • フレンチポップ (50)
  • その他ヨーロッパポップス・ロック (2)
  • 古楽 (3)
  • クラシック音楽 (5)
  • 現代音楽 (10)
  • ファッション (132)
  • ヘルスケア (15)
  • 未分類 (39)


  • LINKS
  • [room66+]-Yukihiro Takahashi Official Information BLOG
  • 欧明社BLOG
  • dictionnaire-japonais.com
  • GCworld
  • M...in FRANCE
  • カーザビアンカ
  • amazon.fr
  • JAZZ magazine
  • Citzen Jazz
  • Jazzitalia
  • Jazz thing
  • 大野修平 Ca gaze!
  • marcominnemann.com
  • TSF 89.9
  • rfi musique
  • france musique
  • BATTEUR MAGAZINE


  • SEARCH
                     


    サーチする:
    Amazon.co.jp のロゴ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。